2018年04月05日

あたり一面ピンク色です

4月上旬とは思えないほど暖かい毎日が続いていますね。
私たちのワイナリーが位置する甲州市では今まさに桃が見ごろを迎えています。
IMG_1137.jpg

辺り一面ピンク色!!そして下草の緑やタンポポの黄色、空の色とのコントラストが本当にきれいです。
この週末はドライブも最高ですね!!
毎年この時期に写真撮影している桃の花が最高に美しく見えるこの場所はワイナリーから車で1、2分のところ。
一年で最も地域全体が美しく色づく季節、是非是非遊びにいらしてください。
posted by ワイナリーマダム at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月01日

2017ラ・フロレット ローズ・ロゼ

IMG_1119.jpg

2017La Florette Rose rose
(2017ラ・フロレット ローズ・ロゼ)

価格:1944円(税込)
2017年奥野田地区収穫ミルズ使用(栽培者:的場和明氏)
ロゼ/甘口
内容量:720ml
リリース日:2018年4月1日
生産本数:約1360本


華やかな香り、ふくよかな味わいを持つ希少な黒葡萄、ミルズをごく浅く発酵させて、
チャーミングな味わいのロゼワインに仕上げました。
爽やかな甘みと酸味、バラの花やライチ、白桃を思わせる芳香のデザートワインです。
外観、香り、味わいからイメージして描いたバラのラベルとともにお楽しみください。

希少な黒ぶどうミルズを使ったこのワインは、フルーティな味わいと華やいだ香りが特徴のとってもチャーミングなロゼワインです。美しいロゼの色調は、仕込みの際に葡萄の果汁と果皮との接触時間を持つことによって得られたものです。ミルズの持つ香りや味わいから、製造工程を組み立て、ワインを醸造する過程でさらにイメージをふくらませ、その華やいだ印象からバラの花のラベルを描き下ろしました。女性らしい優しい雰囲気をイメージを味わい、香り、ボトル、ラベルに表現したワインです。

ご注文方法:オンラインショップで承っております。
華やいだ香りと味わいを持つデザートワイン、是非ご賞味くださいませ★

posted by ワイナリーマダム at 15:16| Comment(4) | TrackBack(0) | ワイン

2018年03月25日

メーカーズディナー@ブラッセリーミエル/埼玉県吉川市

埼玉県吉川市にある名店ブラッセリーミエルさんでメーカーズディナーを企画していただきました。ミエルの小谷野さんご兄弟はワイナリーにも何度も来てくれていて、今回何年越で念願の会が実現しました。
IMG_1086.jpg

住宅街にあるお店はとっても素敵な雰囲気!!到着するとお店の前には手描きの蝶々の看板が!!到着早々温かいお心遣いに気持ちが和みました。
IMG_1093.jpg

シェフのお兄さんとサービスを担当するソムリエの弟さん、ご兄弟の夢の詰まったお店は店内も所々におもてなしの温かい心配りが感じられます。

IMG_1118.JPG

テーブルセッティングはカーネーションの赤とナフキンの緑が美しく会が始まる前からテンションが上がります。
本日は25名のゲストの皆さんをお迎えしてのワイン会、顔見知りの方やワイナリーにも来てくださったお客様も多く和やかな雰囲気の中で会が始まりました。
アミューズは白菜と長ネギのコンソメジュレ。トロトロになった野菜の旨味が凝縮した食べるスープ。乾杯の奥野田フリザンテに合わせてディナーがスタートしました。
オードブルは色々な野菜と帆立のソテー、甘エビのタルタル添え。
野菜は全てそれぞれのおいしさを引き立たせるため別々に調理がしてあります。もちろんハナミズキブランにぴったりです♪

IMG_1101.jpg

真鯛のパイ包み ハーブクリームソース
どのお料理もとってもおいしかったけど私の今日一はこちら!!
サクサクのパイの中には真鯛と真鯛のムースが2層になっていて濃厚なソースも抜群においしい。
本日は2016VTと2013VTの2ヴィンテージのシャルドネを飲み比べしながら楽しみました。
2013VTの桜沢シャルドネはヴィンテージも素晴らしかっただけに熟成してとっても奥行のある味わい。素晴らしい変化を遂げていました。2016VTの桜沢シャルドネは果実が十分な力を持っているだけにまだまだこれからが楽しみなワイン、ワインそのものの完成度やおいしさは2013VTに、本日のお料理とのマリアージュでは2016VTに軍配が上がりました。

IMG_1102.jpg

牛タンのブレゼ 奥野田スペシャルソース
口の中でほどけるほど柔らかく煮込んだ牛タンの一皿。ソースは奥野田の秘蔵料理酒、奥野田スペシャルを使っています。牛タンの味わい深さに濃厚なソース、最高においしいです。
こちらはワインヴィーナスメルロ&カベルネ・ソーヴィニヨンに合わせました。
IMG_1104.jpg

デザートには紅まどんなのムース ゴルゴンゾーラチーズのマカロン添え
もうこれはこれはローズロゼを楽しむためのデザートと言っても過言ではないくらいのマリアージュ!!
ゴルゴンゾーラのマカロンの塩味がローズロゼの華やかな甘みを引き立て最後を彩るにふさわしいデザートでした。
IMG_1107.JPG

本日ご参加いただいたゲストの皆様とみんなで記念撮影。
ブラッセリーミエルさんでの初めてのワイン会でしたが、それぞれのワインに合わせて最高のマリアージュを堪能できる素晴らしいコース料理を作っていただき、お客さんだけでなく私たちも感動の嵐でした。
また本日のゲストの方々の中にはワイナリーに来てくださっているお客様やプロの方も多く和やかながらも鋭い質問も飛び交うとっても刺激的で楽しい会でした。楽しいディナーをご一緒いただきましたゲストの皆様、素晴らしい時間を提供してくださったブラッセリーミエルの小谷野さんご兄弟、本当にありがとうございました。来年もまた吉川で皆様にお会いできますように。。。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月18日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜3月誘引作業〜

3月18日(日)は2018年奥野田ヴィンヤードクラブ第二回目の作業日。
29261926_1585639698222305_1992438073098502144_n.jpg

日差しが眩しい最高のお天気!!
可愛らしいオオイヌノフグリが畑に彩りを添えてくれて前回の作業日からたった一ヶ月で見違えるようにあちらこちらが春めいています。
IMG_1027.jpg

昨日に引き続き、本日も80名を超えるメンバーの皆さんが集まってくれてみんなで誘引作業について学びます。まずは前回行った剪定作業の復習や畑で起こっていることなどを楽しくお話。

IMG_1033.jpg

講義の後半はホワイトボードを使って誘引作業について詳しく説明していきます。
中々に難しい誘引作業ですが、ホワイトボードを使って丁寧に作業目的、作業手順を説明することによりかなりわかりやすい講義となりました。ただ1度の学びで理解することは難しく何人かのメンバーさんに「今年の講義を聞いて、3年目だけどやっとすべてのストーリーがつながった!!」って言われました。まさに石の上にも三年ですね(笑)こんなメンバーさんに支えられて今のOVCがあることを改めて実感しました。
IMG_1044.jpg

本日行う誘引作業とは2月の剪定作業で選んだ結果母子(今年収穫する枝)を支線にくくりつける作業です。
一株当たり複数個ある芽の成長を均一にして圃場全体の葡萄が同一時期に熟期を迎えるようにするために行います。収穫に向けて、圃場内の全ての葡萄が同じ高さになるように上に伸びた結果母子を水平に誘引していきます。この作業は、水を上げ始めて枝がしなやかになった今の時期に行います。誘引作業は大変難しく今年の収穫だけでなく、将来の樹形も左右してしまうため基本的にはスタッフがマンツーマン指導を行い作業を進めていきます。
IMG_1039.jpg

誘引作業のスタッフの指導の待ち時間や作業が終わったメンバーさんは葡萄の木の皮剝きを。。。カイガラムシの被害を抑えるために行う作業ですがこの人数で皮むきをしてもらうと畑中の木があっという間にきれいになります。
IMG_1020.jpg

そしてお待ちかねのランチタイム。本日のグラスワインは奥野田フリザンテ&メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン!!どちらも旨味が乗ってきていて今最高に自信があるワインたちです。

IMG_1049.JPG

そしてマダムの一品は野菜たっぷりのミネストローネ!!
昨日と合わせて畑には170名ほどの方たちが集まってくれたので、この2日間で30リットルほどのミネストローネを手作りしました(笑)野菜の旨味が染み出しだ愛情たっぷりのスープ、美味しく飲んでいただけたでしょうか??

IMG_0750.JPG

本日参加いただいたOVCメンバーの皆さんと記念撮影♪
本当に日差しが気持ち良く最高の作業日でした。
しっかりとした知識と葡萄の木の特性を理解したうえでの力加減が問われる誘引作業、難しかったですね!!
皆さん、お疲れ様でした。


そして夜は2018奥野田ヴィンヤードクラブ顔合わせワイン会!!
IMG_0785.JPG

塩山にある完熟屋さんの2階を貸し切って約50名もの大ワイン会です。
本日は既に売り切れになってしまっているヴィンテージブリュットやワイナリーでリザーブしているとっておきの2013桜沢シャルドネ、2014奥野田ビアンコ、そしてリリース前の2015HIYAKE VINEYARDなどスペシャルなラインナップで楽しんでいただきました。

IMG_1069.JPG

それぞれどのテーブルも大盛り上がり!!
ワイナリースタッフも皆さんの間に入って楽しく交流させていただきました。
一年間畑での時間を一緒に過ごすメンバーの皆さんがより充実した楽しいワインライフを送っていただける様に又色々企画していきたいと思います★是非是非お付き合いください♪

IMG_1065.jpg

ワイン会も合わせて長く楽しい一日、お付き合いをいただきました皆さんありがとうございました。

次回5月にお越しいただくときにはブドウの芽が顔をだし、畑の中の光景も一変しています。
誘引作業+ワイン会、お疲れ様でした。また次回、畑でお待ちしております。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年03月17日

2018富士通ワインファーム〜3月誘引作業〜

本日は富士通ワインファーム3月作業日、お天気にも恵まれて富士通社員の皆さんと仲間に入れてもらったOVCのメンバーさん、合わせて80名近くの皆さんが集まってくれました。

29261697_1585639644888977_1476145620723957760_n.jpg

2月の作業日から1ヶ月ちょっと、畑のあちらこちらに春の息吹が感じられます。
葡萄の木も水を上げて命の滴を輝かせています。
IMG_1004.jpg

本日の作業は誘引。前回の剪定と同じくらい、それ以上に難しい作業なので今回もみっちり座講で勉強していきます。

IMG_1005.jpg

前回の剪定作業の復習を踏まえ、誘引の作業ポイントや畑で現在起こっていること、葡萄の石を読み解く座講をみっちり1時間行い、その後は皆さん頭がパンパンの状態で(笑)畑に出ます。

IMG_1013.jpg

まずはデモンストレーション。オーナーの中村やスタッフたちが誘引のお手本をしますが、これがあたかも簡単そうに見えるのです(笑)デモンストレーションの後は一人1本の木を目安にマンツーマンで誘引指導をしていきます。
IMG_1017.jpg

葡萄の芽を傷つけないように、芽が適した位置に納まるように、色々なことを考慮しながら絶妙な力加減で丁寧に慎重にでもスピーディーに作業を進めていきます。折れてしまうとおしまいなので緊張感のある作業です。
IMG_1076.JPG

皆さん誘引作業を終え、その後空いた時間で葡萄の木の皮剥きもしてもらい、午後1時過ぎにはお待ちかねのランチタイム!!
IMG_1026.jpg

本日お弁当と一緒に召し上がっていただくマダムの1品はミネストローネ。
野菜たっぷりで甘みと旨味が染み出したミネストローネスープは3月の定番、心を込めて作りました♪

IMG_1018.jpg

ランチタイムに合わせたワインは、濁りスパークリングの奥野田フリザンテと自社農園の葡萄を樽熟成で仕上げたメルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン!!どちらも2015ヴィンテージのワインですが、フリザンテはボトルの中でしっかりと旨味が広がり味わい深くなってきています。メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨンはやっと飲み頃に入りかけたところ。まだまだこの先が楽しみなワインですが果実味が柔らかく溶けはじめて来ています。どちらも今とってもおいしくおススメのワインですよ。

IMG_0771.JPG

畑の前での記念撮影。富士通の皆さん、本日参加してくれたOVCの皆さんと一緒に!!
今回の3月の作業で富士通さんとの活動は一区切り。新たなステージに入っていきます。
環境問題への取り組みの一環で始まった富士通さんとの関係も今年で9年目、歴代の担当者の方々や多くの富士通社員の皆さんに力を借りながら長く楽しい活動を共にしてきました。その中でITCの設置や蓄積データの分析、そしてアプリケーションの開発など活動が始まった当初は思いもよらなかった功績も実現できました。まだまだ形を変えながら富士通さんとの関係は続いていきますが、ひとまず活動が環境部門から離れて歩みを進めることになりました。長い間お世話になった環境本部の皆様、本当にありがとうございました!
今後も富士通さんとの活動は拠点を山梨支社に移し続いていきますので、富士通ワインラヴァーの皆様、今後も宜しくお願い致します。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム

2018年03月12日

2018春の昼下がりワインパーティのお誘い

暖かな日差しと新緑がまぶしい季節がいよいよやってきます!!
一年で最も心地よく、また甲州市が一番美しい季節、今年も農繁期を迎える前にこれからリリースワインのお披露目を兼ねて春色ガーデンパーティを開催しようと思います。
心地よい春風を感じながら、ガーデンBBQを中心にワインに合わせたおつまみや約10種以上の奥野田ワインを心行くまでお楽しみいただけるスペシャル企画です。
お料理に関しましては、今年は春らしくエスニック薫るアジアン料理も!!
山梨県内の美人料理研究家若奈先生プロデュースの野菜たっぷりエスニック料理をお楽しみいただこうと思っています。私たちも大好きな若奈先生のお料理、是非楽しみにしていてくださいね。
そしてBBQのプロ、大森氏を今回も迎えて豪快なBBQをお楽しみいただきます。プロならではのダイナミックなBBQは毎回大盛り上がり、大興奮です!!
ワインに関しては春〜夏にかけてリリースを予定している2016奥野田フリザンテ(今回はラベルの色が変わります(笑))や初リリースの桜沢ブリュット、そして既に完売してしまったヴィンテージブリュットヌーベルバーグも数量限定でご用意、その他にも今飲んでいただきたい奥野田ワインをフルラインナップでご用意して皆様のお越しをお待ちしております。新たにお目見えするワイン達のお披露目も兼ねてワインラヴァーの皆さんと陽気に楽しいひと時を過ごしたいと思っています。
もちろんせっかくお越しいただきますので会の前には春の畑やセラーのご案内もさせていただきます。
ワインがお好きな方でしたらもちろんどなたでも大歓迎ですので、是非お誘いあわせの上お気軽にご参加ください。
春風を感じるテラスでワイン片手に楽しいランチタイムをご一緒しましょう♪
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ 
奥野田ワイナリースペシャル企画!!
★春の昼下がりワインパーティ★


●日時:2018年4月15日(日)11:45受付開始、〜15:00

●場所:奥野田ワイナリーガーデンテラス
山梨県甲州市塩山牛奥2524-1 電話番号:0553-33-9988
※ガーデンテラスの場所がわからない場合は、醸造所よりお電話をいただければご案内します。
最寄駅:JR塩山駅より徒歩25分/タクシー5分(塩山駅より1.8q)

●会費:7000円
(食事、ワイン、春のワイナリーツアーすべて込)

●プログラム
11:45〜受付開始
12:00〜12:30畑、セラーのご案内
12:40〜ワインパーティスタート
ガーデンBBQ、春らしいワインにぴったりなお料理と奥野田ワイン約10種をフリーフローにてお楽しみいただきます。
〜15:00終了

定員:50名

●参加お申込み方法
エントリーフォームよりお申し込みください。
追ってご確認のメールを返信させていただきます。
春の昼下がりワインパーティエントリーフォームはこちら!!
定員になり次第、受付を終了しますのでお早めにお申し込みください。

参考:昨年開催した春色のガーデンパーティの様子→ http://blog.okunota.com/article/179548615.html

皆さまのお越しを心よりお待ちしております!!

✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ 

IMG_0970.JPG


posted by ワイナリーマダム at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

ボトリング前のテイスティング

この時期ワイナリーではボトリングに向けた準備で醸造所の中は大忙し!

熟成を終えたワインを樽から出して樽ごとの味わいをチェックしたり、畑ごとの味わいの違いを確認したり、昨年収穫して出来上がったワインのボトリングの準備をしたり、タンクの中の赤ワインを熟成する樽を決定したり。。。
みんなでワインを丁寧にテイスティングしながら味わいをチェックしていきます。
IMG_0932.jpg

こんなにおいしくなってくれた。。。そんな瞬間は感無量です。
posted by ワイナリーマダム at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリー

2018年03月11日

春の訪れ。。。

今日はポカポカと春の日差しが暖かな一日ですね。
IMG_0761.jpeg

長い冬を越えてぶどう畑にも春がやってきました。
下草にはオオイヌノフグリがあちらこちらで可愛らしく咲いていて冬の間さみしかった畑に彩りを添えてくれています。
IMG_0763.jpeg

ぶどう畑もすべての品種の水揚げが始まり、滴り落ちる樹液が輝いています。
永い眠りから覚めた葡萄の木たちの息遣いが聞こえてくるようです。
posted by ワイナリーマダム at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2018年02月19日

ワインを訪ねて〜2018フランス旅行記〜 シャンパーニュ2日目生産者を訪ねて。。。

シャンパーニュ2日目は昨晩宿泊したシャトー・レ・クレイエールの馬田シェフと2人の若いフランス人シェフに一日お付き合いをしていただき、シャンパン生産者を訪れました。

CHARTOGNE TAILLET
IMG_0911.JPG

午前中訪問したシャルトーニュ・タイエが位置するのはランスの北西に位置するメルフィという小さな村。背が高くさわやかでとっても素敵な現当主アレクサンドル氏が笑顔で出迎えてくれました。彼はジャックセロスの下で修業を積んだ今大注目のシャンパン生産者です。2階にあるゲストルームでワインや葡萄栽培について話し始めると、熱心であり、その上でとっても気さくな人柄に一気に引き込まれます。土壌には強いこだわりを持っていて地図や絵を描いて丁寧に説明してくれました。
IMG_0785.jpg

早速シャンパンをいただきます。ブランドブランのシュマンドランス、しかもマグナムです(笑)
シャンパンは大好きなのですが実はシャルトーニュタイエをいただくのは初めて。。。(おそらく。。)
本当に本当においしく、複雑なミントやハーブの香りとしっかりとしたミネラル、香ばしさと奥行き、、、丁寧に造ったシャンパンであることを飲んだ瞬間にわかる味わい深さ。。。今まで飲んだ中で一番感動した気がします。もう一口飲んだ瞬間に大ファンになってしまいました!!

IMG_0804.jpg

とっても陽気なアレクサンドルは次々とシャンパンを空けながら蔵や畑を案内してくれます。みんなグラスを片手に飲み歩きしながら移動です(笑)途中お父様にふざけてシャンパンシャワーを浴びせるなんてことも(笑)8人で8本くらい空けていただいたでしょうか??シャンパングラスを持って歩きながら素敵な造り手さんにどんどんついでもらうって楽しすぎます(笑)

IMG_0806.jpg

シャルトーニュタイエの所有するすべての施設は驚くほど美しく手入れが行き届いています。長年使ってきた建物や醸造設備を大切にしながらも少しずつ手を加えて進化し続けていることを強く感じました。
カーヴもとても美しく、彼自身がワイン造りもワインも大好きなことが手に取るように感じられました。

IMG_0856.jpg

美しい自社農園の中でアレクサンドル、馬田シェフと記念撮影。シャルトーニュタイエは今世界中から大変注目されていて造りだすシャンパンも大人気!!蔵元には販売するシャンパンが無いとの事でしたが、熱烈なファンとして日本で大人買いしたいと思います(笑)

LES AVISES/DOMAINE JACQUES SELOSSE
2時間以上シャルトーニュタイエに滞在し、ランチはアヴィーズにあるジャックセロスのオーベルジュ、レザヴィーズへ。
IMG_0851.JPG

こちらはとっても行ってみたくて結構前にリクエストして予約しておいていただきました。
すごい人気店らしく本日も満席です!!
言わずと知れたシャンパンの偉大な生産者ジャックセロスが経営するオーベルジュで全体にフレンチシャビーな雰囲気のとってもオシャレなレストラン。施設内には宿泊もでき、もちろん醸造所もあります。
IMG_0850.JPG

ランチのコースはフレンチでありながらややエスニックでスパイシー、でもとてもおいしい洗練された味わい。午前中に訪問したシャルトーニュタイエでたくさんいただいたけど、やはりせっかくなのでジャックセロスのV.O.をオーダー。みんなで少しずついただきました。かなり飲んだ後だけどやっぱりセロスは美味しいのです。
IMG_0853.JPG

そして食事を終えると馬田シェフがなんとジャックセロスを事務所から呼んで来てくれました!!蔵の中を見せていただいたり記念写真を撮ってもらったりシャンパンの神様を前に大大興奮!!シャンパンも売り切れのところシェフが交渉してくれて2本だけ分けていただきました。これはもったいなくて飲めませんね。(笑)

Champagne Augustin
IMG_0912.JPG

次に訪れたのはビオディナミのシャンパン生産者オーギュスタン!!
5代目当主のマーク氏が案内してくれました。
こちらは「Le Coeurviculteurル・クールヴィキュルトゥール」をコンセプトにしていてcoeur(心)viti(葡萄の)cultiver (栽培する)culteur (栽培者)を組み合わせてマークが作った造語ですが、「心を込めて葡萄栽培する人」の意味で、マークのシャンパンづくりにかける思いと、一貫した価値観のうえに築きあげられた家族の哲学を一言で言い表すシャンパーニュ・オーギュスタンのコンセプトになっています。

IMG_0848.JPG

マークのビオディナミ精神は栽培、醸造にストイックに反映されています。何よりも自然の恵みと力を大事にしていて、アンフォラや樽が眠る部屋も星空が輝きとってもロマンチック。そして何よりも可愛らしかったのは樽やアンフォラ、タンクからワインを汲み出す際にワインに話しかけ了解を得てから汲み出していました(笑)こちらでは珍しい瓶内二次発酵前のベースワインのテイスティング。とっても貴重な体験をさせていただきました。

IMG_0842.jpg

畑や醸造施設の案内をしていただいた後はシャンパンのテイスティング。品種や造りが違うワインを6種ほどテイスティングさせていただきました。ベースワインを飲ませていただいた後なので2次発酵後の味わいの変化がとても分かりやすく楽しいテイスティングでした。
IMG_0847.jpg

すっかり日が暮れてしまい最後にみんなで記念撮影。仲良しご夫婦のチャーミングな奥様エマニュエルも一緒に。。。心温まるご案内、本当にありがとうございました。

シャンパーニュの旅、ご一緒してくれたOVCのワイン好き女子2人や何よりも現地でお世話をいただいた馬田シェフ、そして素晴らしい生産者たちとの素敵な出会いがこの2日間を忘れがたい時間にしてくれました。

この後私たちはパリに戻り帰国。
ブルゴーニュ、シャンパーニュで出会った暖かく優しく素敵な方々、本当にありがとうございました。
またの再会と再びこの地を伺える日を夢見て。。。。

〜2018フランス旅行記〜 完
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜

2018年02月18日

ワインを訪ねて〜2018フランス旅行記〜 シャンパーニュ1日目

前日遅くにブルゴーニュからパリに戻り、翌日早朝はパリからシャンパーニュに向けて出発。
パリ東駅からランスまではTGVを使って45分ほどで到着します。
シャンパーニュでは現役OVCのシャンパン大好き女子2人と日程を合わせて2日間一緒に過ごす予定です。
ランスの駅からはやや距離があるため、タクシーでまずは本日の宿泊先シャトー・レ・クレイエールへ。
IMG_0691.jpg

まさにまさにシャトーですね!!ぴかぴか(新しい)広大な敷地の中に佇む美しいシャトーホテル、テンションを抑えるのに必死です(笑)ご一緒したワイン女子の方は5回以上こちらに訪れているとの事です!!すごい★
IMG_0682.jpg

早めに到着したためお部屋の準備が出来るまでサロンでウェルカムシャンパンをいただきます。
ウェルカムはバロンドロスチャイルド!!クラシカルで格式あるややブリティッシュ風のサロンのソファ席で。。。やはりランスでいただくシャンパンは最高ですね。
IMG_0702.jpg

初訪問の私たちは敷地の中をお散歩。美しく青々とした芝がどこまでも続いていて2月なんて嘘のよう!!この日が今回の旅の全日程の中で最もお天気良い一日で空と緑とのコントラストが美しくお散歩もとっても気持ち良かったです。
IMG_0745.jpg

チェックインを済ませた後、すぐ近くにあるポメリーへ。
そもそもシャトー・レ・クレイエールはマダムポメリーが娘のルイーズのために建てた別邸でもともとはポメリーのオーナーが住んでいたお城。ため息が出るほどどちらの建物もきらびやかです。
IMG_0774.JPG

ポメリーでは、2種のシャンパンのテイスティングがついたツアーに参加しました。まずは長ーい階段を下り、ワインカーヴへ。担当のお姉さんがシャンパンの製造工程について、熟成について、詳しく説明してくれます。カーヴの中はとにかく広くて階段の上り下りから始まり、全部歩くとかなりの距離。これは先にテイスティングだと確実に階段から転げ落ちる人が出てしまいますね(笑)
無事地上に帰還した後はお楽しみのテスティング。スタンダードなものとヴィンテージシャンパンの飲み比べ。やはりヴィンテージシャンパンの方が味わいに香ばしさと厚みがあり好み。でもヴィンテージシャンパンを先に飲むとスタンダードなものが飲めなくなってしまうという葛藤の中でのテイスティングでした(笑)とにかく規模も置いてあるアートも本当にすごい!!さすがトップシャンパンメゾンです!!
その後再びホテルに戻り、ディナーの準備を。

IMG_0775.JPG

再びサロンでシャンパンをセレクトしているとこちらでスーシェフをされている馬田シェフが登場!!今回の旅は手配からディナーコース、翌日のコーディネートまで何から何までお世話になりました。まずは馬田シェフが厨房やセラーを案内してくれました。ランチの営業もしたのにピカピカで美しく一寸の乱れもない厨房、そしてなんといっても圧巻なのがセラー!!常時6000本ほどのワインをこちらの保管しているとの事ですがそのラインナップがすごすぎです。山のように積まれたDRCや来月のおすすめワインに予定されているSALONも箱積み。ため息の出るようなセラーです。4人ともここに住みたいと連呼(笑)

IMG_0751.jpg

厨房の中でこれから2日間お世話になる馬田シェフと記念撮影!!
IMG_0908.JPG

そしてメインダイニングに案内され、いよいよ待ちに待ったディナーがスタートです!!
せっかくシャンパンの地なので、コース料理に合わせてすべてシャンパンをペアリングしていただく事に決定!!アミューズ・ブーシュにはキャビアを添えた色々な貝のクリーム仕立てが運ばれてきました。
美しくおいしくシャンパンに合う!!
IMG_0761.jpg

シャンパンで蒸したサンピエール フレッシュシャンピニオンを削りかけていただきます。
大きなシャンピニオンの豊かな香りと旨味が最高です。
IMG_0762.jpg

そして次は今まで生きてきた中で最高においしく贅沢な卵料理。周りにはリースのようにジャガイモのニョッキが添えられており、濃厚なクリームのソースと目の前で削ってくれるたくさんの黒トリュフと一緒にいただきます。今まで私が見たトリュフの中で最も大きいトリュフでした。もっともっとと言わなくてもたくさん削ってくれました(笑)
IMG_0763.jpg

メインはまるでデザートのようなかわいらしい一皿。鳩のお肉でフォアグラを包み、肉の血をコトーシャンプノワで煮詰めたソースを絡めてあります。濃厚な味わいのこちらのお料理はロゼシャンパンとの相性が抜群!!本当にお料理全てが美しすぎます。
IMG_0909.JPG

チーズはたっぷりのフレッシュトリュフをサンドしたブリアサヴァラン。滑らかな口当たりとさわやかな酸味、トリュフが香り高い最高の味わい。デザートはこれまたトリュフをたっぷり使ったチョコレートデザートとレモンシャーベットを中に入れて食べる温かいスフレ。

本当にすべてが美しく、美味しく、シャンパンと寄り添い、こんな素敵なディナーがこの素晴らしい空間でいただけるなんて!!感動の嵐です。しかも今回はこの後サロンでコーヒーまでいただき、睡魔にも打ち勝つ事が出来ました(笑)夢のようなひと時です。

翌日は馬田シェフと若手のフランス人シェフお二人にシャンパンメゾンを案内していただく予定。
感動が押し寄せる大興奮のシャンパーニュ1日目の夜でした。
シャンパーニュ2日目につづく。。。
posted by ワイナリーマダム at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜