2022年07月17日

2022奥野田ヴィンヤードクラブ〜傘紙掛け作業〜

7月16日(土)17日(日)の2日間、奥野田ヴィンヤードクラブの皆さんと一緒にHIYAKE VINEYARDのカベルネ・ソーヴィニヨンの傘紙掛け作業をしました。
IMG_1291.jpg

ワイナリーに到着したメンバーさんはスタッフの作業手順の説明を受けて、傘紙掛けに取り掛かります。
IMG_1340.jpg

お越しになったメンバーの皆さんはたくさん実ったカベルネソーヴィニヨンに迎えられ畑に入っていきます。冬の剪定作業から葡萄のお世話をしてくれてるメンバーさんにとってはとっても嬉しいかわいい葡萄との対面の瞬間です!
IMG_1318.jpg

笠紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄の房を守ってあげるために行う作業ですが、特に晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンは秋雨の影響を受けやすいため丁寧に笠紙を掛けてケアをしてあげます。
畑の中には葡萄がたーくさんあり、その一房一房に傘紙を掛けてあげる作業はとても大変。
IMG_1335.jpg

作業の途中のかき氷休憩!!一日目は雨の合間を縫いながらの作業、二日目は暑さと闘いながらの作業となりました。みんな思いの外、かき氷に大喜びしてくれてうれしい♡みんなで作業をしてかき氷を食べるあたりがまさに大人のクラブ活動って感じです。

IMG_1287.jpg

今年は剪定を全面的にコルドンにしたため、例年よりも房が小さくその分葡萄はたーくさん!!

IMG_1289.jpg

ちょっとお昼を遅めにずらして両日ともに皆さん懸命に作業をしてくれて、HIYAKE VINEYARDのカベルネ・ソーヴィニヨン全ての房に笠が掛けられました。

IMG_1326.jpg

秋の収穫まで後約2ヵ月。ぶどう達は傘紙に守られて色付き、熟度を上げていきます。
この若々しい葡萄たちが真っ黒の立派なぶどうになってくれるのが楽しみで仕方ありません。

IMG_1333.jpg

傘紙がすべてかかった畑の光景。

IMG_1300.jpg

作業の後はお楽しみのランチタイム。今回のランチワインは6月にリリースしたばかりの2021ハナミズキ・ブラン。新醸造場での仕込となったハナミズキブランは今までにないふくよかさ、華やかさがあり、例年よりもやや甘やかな仕上がりですが、その分酸とのバランスが良くとてもおいしく仕上がっています。
合わせて楽しんでいただいたマダムの一皿は旬の枝豆のポタージュ。枝豆の甘さが伝わってくる濃厚な味わいと上にたらしたちょっと高級な香り高いオリーブオイルがいいアクセントになっています。ハナミズキにもピッタリ♪

IMG_1352.jpg

7/16(土)にご参加いただいたメンバーの皆さん。途中雨に降られたりハラハラドキドキでしたが皆さん雨の間を縫って作業をしてくださり、楽しい一日でした。お昼過ぎに雨に降られてしまったためみんなでテラスで記念撮影。お疲れ様でした。

IMG_1342.jpg

7/17(日)にお越しいただいたメンバーの皆さんと。雨の翌日で湿度と温度が高く、暑さと闘いながらの傘紙掛け、お疲れ様でした。

2日間、大変でしたがどうにかHIYAKE VINEYARDのすべてのカベルネソーヴィニヨンの房に笠が掛けられこれでひとまず秋までこの傘が大切なぶどう達を守ってくれます。
これから葡萄は色付き、熟期を迎えますが今よりもずーっと成長した美しい葡萄になっていることを楽しみにしていてください。9月に皆さんとここに集ってかわいい葡萄たちを収穫する日が待ち遠しいです。
posted by ワイナリーマダム at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2022年07月03日

ワイナリーリノベーション完成お披露目会

7月2日(土)、7月3日(日)の2日間、全4部制でワイナリーリノベーション完成お披露目会を開催しました。
IMG_1193.jpg

一昨年までワインを造っていた古い醸造場は昨年新醸造場を造ったことにより役割を終えて、今度はお客様をお迎えするとっても素敵な空間へと変身!!大きな窓のちょっとおしゃれなサロンに生まれ変わりました。
実際にはまだ外観は完成前ですが、はやる気持ちが抑えきれず完成前お披露目会となってしまいました。
IMG_1160.jpg

全4回、全ての会に30名以上のお客様がお祝いに駆け付けてくれて、まずは私たちのここ数年の歩みを知っていただくべくお披露目会スペシャルワイナリーツアーへ。ヒヤケヴィンヤードではカベルネソーヴィニヨンの生育について、私たちの葡萄栽培のロジックについてお話。
IMG_1128.jpg

そして普段はお見せしない昨年造った新醸造場へ。今回の醸造場を造るに至った経緯、こだわり、新しい醸造施設の説明、搾汁機の性能など色々お話をさせていただきました。
IMG_1121.JPG

ガーデンテラス&ワインセラー。
私たちの憩いの場所として6年前に造ったガーデンテラス、そして一昨年のコロナスタート時にリノベーションが完成してちょっとおしゃれに生まれ変わったワインセラーをご案内。ここは今年の2月に日テレドラマの撮影でも使っていただいた場所で少しずつ手を加えてちょっとずつ素敵な空間へと変化を遂げてきました。
IMG_1270.jpg

そしてスペシャルツアーの後はいよいよリノベーションを終えたワイナリーサロンへ。
大きなアーチが入口から連なり窓の向こうには葡萄畑が広がるワインサロンになっています。
IMG_1280.jpg

本日のテイスティングワインとグラスワインたち。
今一番ホットな奥野田ワインをご用意しました。乾杯ワインはヴィンテージブリュット。
1990年の甲州種とフレッシュな甲州種をブレンドして造った瓶内二次発酵の奥野田自慢のスパークリングワインです。ワインの歴史と共に奥野田ワイナリーの歩みを感じていただきたくてセレクトしました。
IMG_1118.JPG

ワインと一緒に楽しんでいただくおつまみプレート。
1日目はお友達の料理研究家の守屋若奈ちゃん(写真右)がきて枝豆のポタージュや甲州ワインビーフのキンパ、甲州地どりの鉄板焼きやケークサレ等作ってくれました。
IMG_1157.jpg

2日目はワイナリーマダムプレート。一番手の込んだ真ん中のパテドカンパーニュは私のリクエストで元フレンチシェフのワイナリースタッフ颯が作ってくれました。キスのカルピオーネやツナと人参、黒トリュフのタルティーヌや前日の夕方収穫してもらった桃の生ハム巻等をお出ししました。

IMG_1113.jpg

どの会も素敵なゲストの皆さんが集まってくれてとっても盛り上がりました。
IMG_1110.jpg

日ごろからワイナリーにお越しになってくれているOVCのメンバーさん、私たちのワインをご愛飲いただいているお客様、仲良くさせていただいている飲食店の方々、いつも私たちのワインを大切に扱ってくださるお酒屋さん、そして大好きなお友達たち。
IMG_1100.jpg

私たちの大切な瞬間にたくさんの皆さんがお越し下さって一緒に喜んでくれてこの上ないハッピーな時間となりました。

IMG_1093.jpg
7月2日第1部
IMG_1107.jpg
7月2日第2部
292679696_534922575083399_2248052852079077042_n.jpg
7月3日第1部
292356627_372419051686414_9080069748932819036_n.jpg
7月3日第2部

130名を超える楽しい時間をご一緒いただきました皆様、ワイナリーリノベーション完成(本当はあと少し笑)をお祝いしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

古い醸造場がとっても素敵な空間になって感無量、これからも少しずつ歩みを進める奥野田ワイナリーであるよう頑張っていきますので応援して頂けたら嬉しいです。
これからも奥野田ワイナリーをどうぞ宜しくお願い致します。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告

2022年06月12日

2022奥野田ヴィンヤードクラブ〜除葉作業〜

ようやくコロナも少しずつ落ち着きを見せ始めた6月。
ぐんぐん育つ葡萄の葉っぱを取り除いてあげる除葉作業を6月11日(土)、12日(日)の2日間、OVCのメンバーの皆さんと一緒に行いました。

IMG_0968.jpg

6月11日はワイナリーから徒歩7分ほどの場所にある急斜面のシャルドネ畑、長門原圃場へ。
周りはサクランボが最盛期を迎え驚くほど混雑しています。

IMG_0966.jpg

結構広い畑なので予めこの日はハードです宣言をしておいたのですが(笑)、いい具合にお天気は薄曇りで暑さもそこまでではなく絶好の除葉日和に恵まれました。

IMG_0967.jpg

いつもは座学から始めるOVCの作業ですが、この日は午後寄りお天気が崩れそうだったのでワイナリーに到着したメンバーさんから畑に送り届け、畑でスタッフが作業の説明をしてそのまま作業に取り掛かっていただきました。

IMG_0975.jpg

除葉作業とは房回りの葉っぱを取り除き、風通しを良くして葡萄を健全に保つために行います。
葡萄の下方面から覗いた時に房回りがすっきりとするように葉っぱを取ってあげます。
葡萄の上にある葉っぱはこれからの強い日差しから葡萄を守ってくれるため残します。
作業自体はとても楽しいのですが葡萄と目線を合わせて作業を行うため、立っているのが大変なほどの急斜面の長門原圃場では特に長時間この作業を続けるのはちょっときついです(笑)

IMG_0971.jpg

こちらは除葉前の樹の様子。房の周りに葉っぱがたくさんあって風通しが悪く湿度が高いです。
また防除の際にもスプレーヤーが房にうまく届かず効率が良くありません。

IMG_0972.jpg

こちらは除葉後の葡萄の樹。房回りがすっきりとしていて風通しが良い上、葡萄の上の葉っぱは確保されているため強い日差しをうけて日焼してしまう事を防いでくれます。

IMG_0979.jpg

土曜日、広ーい長門原圃場でシャルドネの除葉作業をしてくれたメンバーで記念撮影。
お昼ご飯をお預けでこの畑の除葉を終わらせていただき、本当にお疲れ様でした。
ちょっとハードでしたが、美しい景色と眼下に見える電車とたまに吹く風がとても気持ち良かったですね。

IMG_0990.jpg

日曜日に集まってくれたメンバーさんはいつも通り座学をテラスで行い、いつものHIYAKE VINEYARDで除葉作業。デモンストレーションを見ていただき、まずはご自分のプレートの付いている木から作業をスタート!!
IMG_0995.jpg

前回来ていただいた芽かき作業の時は赤ちゃんの様に小さかった葉っぱが、ぐんぐん成長をしてこのころにはなんとなく秋の収穫の様子も連想できワクワクします。
IMG_1001.jpg

この日も皆さん協力して、テンポよく除葉作業を進めてくれてHIYAKE VINEYARDの葡萄がみーんなすっきり風通し良くなってとっても気持ちよさそう。
IMG_1010.jpg

HIYAKE VINEYARD除葉作業にご参加いただいたメンバーの皆さんと。
途中雨に降られたりしてヒヤヒヤしましたが、すぐに止み日焼圃場全部の除葉を完了する事が出来ました。皆さんお疲れ様でした。
小さなカベルネソーヴィニヨン達はこれからぐんぐん成長を続けてきっと秋には黒く熟した葡萄をたくさん実らせてくれることでしょう。

IMG_0996.jpg

今までよりも少し長めの作業の後はお楽しみのランチタイム。本日の乾杯ワインは初日のシャルドネ畑の除葉作業にちなんで2018桜沢シャルドネ。シャルドネのワインを中心にグラスで楽しめるワインも色々ご用意しました。

IMG_0982.jpg

第一日目、長門原圃場のシャルドネ除葉作業にお越しいただいたメンバーの皆さんと。
IMG_1016.jpg

HIYAKE VINEYARDのカベルネ・ソーヴィニヨンの除葉作業に参加いただいたメンバーの皆様と。

IMG_1005.jpg

本日のマダムの一皿はタイグリーンカレー。蒸し暑い時期に爽快に辛くスパイシーなカレーがピッタリで食欲をそそります。今回は2日間で余裕を持って約150人分くらいのカレーを作りました(笑)
そのうちワイナリーでもお出しする日が来るといいなぁなって考えながら作りました。
みんな「辛ーい」と言いながら食べていただくのを見るのが幸せです(笑)

6月のOVC作業から畑が活発に動き始めていることもあり今までのゆったりペースから一気に忙しくなってきます。
次回は7月傘紙掛け作業。また皆様と畑で集えるのを楽しみにしています。
posted by ワイナリーマダム at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2022年05月15日

2022奥野田ヴィンヤードクラブ〜芽かき作業〜

5月8日(日)、14日(土)、15日(日)の3日間にわたってOVCの皆さんと一緒にHIYAKE VINEYARDで芽かき作業を行いました。
IMG_0775.jpg

少し落ち着いてきたもののコロナ禍という事で3日間と多めに作業日を取り、ありがたいことにメンバーの皆さんも概ねバランスよく参加いただいたため、3日間で120人以上のメンバーさんと一緒に作業をする事が出来ました。冬のぶどう畑とは一変!!可愛らしい葉っぱたちがメンバーの皆さんをお出迎え♪
IMG_0715.jpg

今回の新梢作業(芽かき作業)はこの時期に出た芽の中で樹形を整えるために必要のない芽を摘み取ってあげる作業です。
IMG_0770.jpg

この作業はとっても難しく、何よりも摘んでしまったところからは葡萄が育たないため慎重かつ失敗が許されない作業。。。そんなわけで座学も約1時間と長めにみっちり行います。
IMG_0772.jpg

これまで奥野田ワイナリーではギョィヨー剪定を中心としていましたが、今年は畑全体の剪定をコルドン主体にしたためもう何年も通ってくれているベテランOVCメンバーさんも今までと少し違った剪定、芽かきの作業に驚き、戸惑いながらもしっかりと学んでくれています。座学では毎回、これまでの作業の復習、その日の作業の目的、作業手順、注意点等を話しながら葡萄の生理について学んでいきます。

IMG_0774.jpg

座学の後は畑に出てまずはデモンストレーション。
IMG_0800.jpg

中村が説明をしながら芽かきの手順を詳しく説明していきます。
IMG_0718.jpg

何本かの木の芽かきデモンストレーションの後は、皆さんそれぞれご自分の名前の付いた木に移動して芽かき作業を行います。
IMG_0803.jpg

とはいうもののなかなか難しい上必要な芽を摘んでしまったら一貫の終わりなので皆さん慎重に中村やスタッフのアドバイスを聞きながら進めてくれます。
IMG_0723.jpg

本日の芽かき作業、一年でもとても人気のある作業。。。というのは作業で摘んだ芽を天ぷらにしていただくという、この時期、この場所ならではの一年に一度のお楽しみがあるのです!!

IMG_0731.jpg

作業の後はみんなで乾杯!!1作業日目!
IMG_0790.jpg

乾杯2作業日目!!
IMG_0810.jpg

乾杯3作業日目!!!
乾杯のワインはハナミズキブランです。
IMG_0722.jpg

長いコロナ禍で3年ぶりの芽かき作業+葡萄の芽の天ぷら、、、そんなわけで今回は予めスタッフが摘んでおいたシャルドネ、メルロの芽と皆さんに摘んでもらったカベルネソーヴィニヨンの芽の3種を食べ比べるという贅沢フルコースにしました!!
IMG_0792.jpg

葡萄の芽や葉っぱは大きくなると筋も固くなり灰汁も出てきてなかなか難しい味わいですが、この新芽の時期の天ぷらは何とも清々しい味わいです。

IMG_0735.jpg

お野菜たっぷりのお弁当と葡萄の芽の天ぷら、ワインと一緒にお楽しみいただきました。
IMG_0737.jpg

揚げたての天ぷらを品種ごと順番にお出しするためいつもよりもゆっくりペースのランチタイム。
グラスで楽しめるワインも色々ご用意して、品種ごとの味わいの違いやワインとのマリアージュなどゆっくりとお楽しみいただきました。グラスワインは4/23にリリースしたばかりのクレプスキュールやセレンディピティ、そして一番右のワインは2014年度奥野田ヴィンヤードクラブの皆さんにお渡しした記念ワイン。中身のワインは2012HIYAKE VINEYARD La Grande Anneeです。10年熟成したグレードヴィンテージのカベルネソーヴィニヨンの味わいを同じ畑で作業した皆さんと一緒に味わえるのはとてもうれしいことですね。もちろん当時からOVCで活動してくれてたメンバーさんもたくさんいてヴィンテージを越えて畑で集っていただけることに感謝と嬉しさがいっぱいです。
IMG_0724.jpg

IMG_0781.jpg

IMG_0805.jpg

芽かき作業にお越しいただきましたOVCメンバーの皆様、お疲れ様でした。3日間ともにお天気に恵まれとっても気持ちの良い作業日でした。畑を吹き抜ける風がとても心地よく自然と笑顔がこぼれるような3日間、とっても楽しかった!!次回の作業は6月、小さな葡萄の葉っぱが活発に成長してぐんぐん伸び、頼もしい姿になっているのを楽しみにしていてください。
posted by ワイナリーマダム at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2022年05月14日

「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」で奥野田ワイナリーが紹介されます

辰巳琢郎さんのワイン番組「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」で奥野田ワイナリーが紹介されます。
IMG_795.JPG

BSテレ東「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」
5/15(日曜)、5/22(日曜) 23:30〜
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/budoshu/


2週間にわたって奥野田ワイナリーが紹介されます。
久し振りにワイナリーにお越しいただいた辰巳さん、相変わらずとても気さくで素敵な方で楽しく取材をしていただきました。
シャルドネの畑や昨年完成した醸造場と新しい醸造設備、現在リノベーション中のワイナリーなど中村と辰巳さんがお話ししながらご案内しています。テイスティングは4/23にリリースしたNEWワイン3種【セレンディピティ シャルドネオランジェ、クレプスキュールシャルドネ、クレプスキュールメルロ)をマティーニ(カクテルグラス)
どんなふうになっているかドキドキです。
是非見ていただけたら嬉しいです。
posted by ワイナリーマダム at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月23日

2021クレプスキュール メルロ


IMG_0661.jpg

Domaine Okunota
2021Crepuscule Merlot

(2021クレプスキュール メルロ)
2,700円(2,970円)(750ml)
自社農園神田圃場メルロ100%
ロゼ/辛口
JANコード:4512108018758

自社農園神田圃場で収穫したメルロを美しいピンク色の辛口ワインに仕上げました。 イチゴやチェリー、プラムのような華やかでフルーティな香りとふくよかな果実味、バランスの良い酸とほのかな苦みと余韻が心地よいロゼワインです。 華やかな香りとミネラルたっぷりのおいしさを、ワインをイメージして描いたアネモネのラベルと共に是非お楽しみください。

新シリーズ「クレプスキュール」はフランス語で黄昏を意味していて、ゆったり柔らかく癒されるようなワインをイメージして名前を付け、いつか新しいワインが出来たらラベルにしたいと思っていた大好きなアネモネの花をモチーフに描きました。
2021年に新醸造場を設立し、よりおいしいワイン造りをするために栽培からすべてを見直し、新しい施設で醸造からボトリングをして初めて出来上がった新シリーズです。
今までの造りの中では得られなかったクリアで輝きある香り高いワインが出来上がりました。
新たな奥野田ワイナリーの新たなスタイルのワイン、ご賞味いただけたら嬉しいです。
posted by ワイナリーマダム at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2020セレンディピティ〜シャルドネオランジェ〜

IMG_0663.jpg

2020Serendipity〜Chardonnay Orange〜
(2020セレンディピティ〜シャルドネオランジェ〜)
3,000円(3,300円)(750ml)
自社農園収穫シャルドネ100%
オレンジ/やや辛口
JANコード:4512108017751


自社農園で収穫したシャルドネを葡萄の果皮と共に醗酵させ
シャルドネ本来の味わいをしっかりと引き出したナチュラルなオレンジワインに仕上げました。
パイナップルや南国フルーツを思わせる果実香と柔らかな味わい、バニラやカスタードクリームのような甘やかな余韻が心地よいワインに仕上がっています。
葡萄からあふれ出る味わい深さや奥行きをゆったりとお楽しみください。

「Serendipity」は造り手の遊び心から生まれた スペシャルキュベ。
かねてから造りたかったシャルドネのオレンジワイン。
葡萄の皮と果汁を赤ワインのように一緒に醸すことで葡萄そのものが持つ味わい深さを
ナチュラルに引き出したワインです。今回出来上がった2020ヴィンテージはその最初の試み。
もっと葡萄の皮のえぐみや骨格、苦味を感じる芳香に仕上がると思っていましたが、
思いの外ワインは柔らかくゆるゆるとした優しい雰囲気になっています。
シャルドネのまた違った表情をお楽しみいただけると嬉しいです。


posted by ワイナリーマダム at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2021クレプスキュール シャルドネ

IMG_0654.jpg

2021CrepusculeChardonnay
(2021クレプスキュール シャルドネ)
2,700円(2,970円)(750ml)
自社農園桜沢・長門原圃場シャルドネ100%
白/辛口
JANコード:4512108018758
自社農園で収穫したシャルドネをさわやかでフレッシュな味わいの白ワインに仕上げました。白いお花や柑橘系果実、ハーブを思わせる華やかでフルーティな香りとふくよかな果実味、バランスの良い酸とミネラル感、アフターの余韻が心地よい白ワインです。 華やかな香りとミネラルたっぷりのおいしさを、ワインをイメージして描いた白いアネモネのラベルと共に是非お楽しみください。

新シリーズ「クレプスキュール」はフランス語で黄昏を意味していて、ゆったり柔らかく癒されるようなワインをイメージして名前を付け、いつか新しいワインが出来たらラベルにしたいと思っていた大好きなアネモネの花をモチーフに描きました。
2021年に新醸造場を設立し、よりおいしいワイン造りをするために栽培からすべてを見直し、新しい施設で醸造からボトリングをして初めて出来上がった新シリーズです。
今までの造りの中では得られなかったクリアで輝きある香り高いワインが出来上がりました。
新たな奥野田ワイナリーの新たなスタイルのワイン、ご賞味いただけたら嬉しいです。

posted by ワイナリーマダム at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2022年04月04日

ハナミズキブラン、春の限定アートラベルでお楽しみください

4月になってワイナリーの周りも一面桃の花でピンク色に染まっています。
一年で一番美しく心躍るこの季節をワインでも感じてもらえたら良いなぁってことでハナミズキブランの別バージョンラベルが今年も登場!!左がおなじみにスタンダードラベル、右が春限定もう一つのハナミズキラベルです。並べて置いてもとても可愛いし、プレゼントにもおすすめです♪

IMG_0513.jpg


こちらの限定ラベルはワイナリーショップ、オンラインショップでお求めいただけます。ワインのセレクトと一緒にラベルを選ぶ楽しさも感じていただけると嬉しいです。リリースから少し時間が経って味わい深さが出てきた2020vt、春のお野菜や山菜の天ぷらに合わせてお楽しみください。

posted by ワイナリーマダム at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2022年03月21日

2022奥野田ヴィンヤードクラブ活動開始!!〜剪定作業〜

2022奥野田ヴィンヤードクラブの初回作業日をようやく開催する事が出来ました。
本来は2月に予定してたのですが、コロナで集まっていただくのが難しい状況と判断したため、ZoomでのOVCにとどまり、やっと皆さんにたくさんの注意事項をご協力していただく形で畑に集っていただく事が出来ました。密をなるべく避けるため、3連休を使って3日間の作業日を設けましたが、どの日もお天気に恵まれ、またちょうど良く参加のエントリーもばらけてくれたおかげで安心安全に会を開催する事が出来ました。
IMG_0408.jpg

まずはテラスで私たちのワイナリーについて、畑の取り組みについて、栽培ロジックについてお話しさせていただき、その後剪定作業の方法や作業目的、注意点などを概ね1時間ほどお話しさせてただきました。

IMG_0435.jpg

メモを取りながら聞いてくれるメンバーさんも多くみんな真剣!!
IMG_0423.jpg

楽しみながらも真剣に学ぶ姿勢に中村の話にも熱が入り、3日間通してメンバーさん何人もに『社長、トークがさらに進化してる!!」って言われていました(笑)

IMG_0427.jpg

座学で剪定作業についてしっかり学んだあとは畑に入って中村が剪定作業のデモンストレーション。

IMG_0436.jpg

昨年までの長梢剪定と違い、今年は短梢剪定(コルドン)を採用する方針にしたのでこれまで長くOVCで経験を積んできたメンバーさんたちも大胆なカットにびっくり!!

IMG_0412.jpg

バシバシと枝を短く切っていくたびにざわめきが起こっていました。

IMG_0414.jpg

デモンストレーションをいくつかの樹で行った後は、メンバーさんはそれぞれ自分の一年間お世話していただく木の前に行き剪定を進めていきます。高いスキルが問われる長梢剪定に比べるとコルドンは作業スピードも速く、比較的簡単なのでスタッフに相談したり、仲間同士で相談しながら皆さん自分の木の剪定を終えることが出来ました。
IMG_0440.jpg

剪定の後は葡萄の木の皮剝き作業。。。木の皮の中にいるコナカイガラムシを除去するために行います。
ペリペリとかわいた木の表皮を剥いてあげると葡萄の樹はさっぱりしてとっても気持ちよさそう。。。
3日間でHIYAKE VINEYARDの葡萄の皮はすっかり剥いてもらってさっぽり春らしくなりました。
IMG_0444.jpg

作業の後はワインセラーの見学も。。。樽のこだわりなど色々お話しさせていただきました。
IMG_0442.jpg

作業を皆さん一生懸命して待ちに待ったランチタイム。。。
ランチワインは2月にリリースしたばかりの2018奥野田フリザンテ!!
IMG_0445.JPG

長く販売してきた2017ヴィンテージは徐々に酵母感が強くなりどちらかというとちょっと重めで味わいの濃い印象でしたが、リリースしたばかりの2018ヴィンテージは林檎のような果実香のさわやかな濁りスパークリングワインに仕上がっています。作業の後の一杯にサイコーです。

IMG_0432.jpg

お弁当と2018奥野田フリザンテ。
IMG_0449.jpg

お弁当と一緒にマダム特製ミネストローネを。。。
今回は野菜をたっぷり使った具たくさんのスープを召し上がっていただきました。
毎日少し多めに作っていたので一人で3日間で概ね150人前くらいのスープを作りました(笑)
毎回お弁当と一緒にささやかな一品のおもてなしをお楽しみいただけたらいいなぁって思っています。
276007886_959461548270183_1169547838596367637_n.jpg

ワイン片手にみんなでマスク乾杯!!写真は2日目の作業日に来てくださった皆さんです。

275603693_713321223362130_8934662938750064568_n.jpg

1日目にお越しいただきましたメンバーの皆さんと。
275884065_723628252136225_2026905990631330294_n.jpg

2日目にお越しいただきましたメンバーの皆さんと。

275698148_2118424004982559_1536559512283689801_n.jpg

最終日にお越しいただきましたメンバーの皆さんと。

2022OVCの皆様、お疲れ様でした。
日ごろの行いが素晴らしいこともありお天気にも恵まれてとても楽しく充実した3日間でした。
長年OVCとして参加いただいている親愛なるメンバーさんも今年から参加いただくはじめましてのメンバーさんも楽しく学び、楽しく作業し、楽しくランチタイムを過ごして頂けて皆さんの笑顔に元気をたくさんいただきました。みんなで畑に集える喜びいっぱいの3日間でした。
次回は5月、また皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ