2018年08月04日

メーカーズディナー@紀尾井町 藍泉

ニューオータニにある日本料理のお店、紀尾井町・藍泉(らんせん)さんでメーカーズディナーをさせていただきました。

今回は藍泉さんでは初めてのワインの会という事で、お声掛けを頂けたことをとてもうれしく思い、この日を迎えることを本当に楽しみにしておりました。
凛としたお店の洗練された雰囲気、個室やカウンター、バースペースなどそれぞれ趣が違う美しい空間を擁していて季節ごとのお料理ときめ細かく温かいサービスを提供してくれます。
今回はカウンターのみ13席の大変贅沢な会。お店に普段から足を運んでいらっしゃるお客様とワイナリーにお越しいただいたことのあるお客様がちょうど半分くらいでしたが、本当にゲストの方々も素敵な方ばかりでした。乾杯はやはり暑い中お越しいただきましたゲストの皆さんに召し上がっていただきたい濁りスパークリング奥野田フリザンテを。。。お料理は夏らしい鱧ざくです。
IMG_2309.jpg

ワインに合わせることをイメージして作ってくれたスペシャルな前菜の一皿。
〇百合根黒豆茶巾
〇ミニトマト甘酢漬け
〇石川芋田楽
〇白瓜雷干し 唐墨和
〇チーズフライ
〇鱚香味焼 
本当に美しく楽しい宝石箱のような一皿でした。合わせたワインは、ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリ。
甲州種の味わい深さと旨味を充分に引き出したワインが一つ一つのお料理と優しく融合して、至福のひと時でした。
IMG_2310.jpg

じゃがいものすり流し おろし柚子 スナップエンドウ煮凍
器が運ばれてきた瞬間に香る柚子が何ともさわやかな一皿。真ん中にはスナップエンドウと雲丹の煮こごりが浮かんでいます。こちらには、ハナミズキブランと2015桜沢シャルドネを合わせて。。。。
このお料理が感動的においしくって和の繊細な味わいに酔いしれるひと時でした。。。。
IMG_2312.jpg

涼しげな竹の器に入ったお造り。
ヒラメは紫蘇と薬味で白ワインに合わせて。。。。マグロはわさび醤油で2015スミレ・ルージュ・キュベ・エルヴァージュに合わせて。。。。
IMG_2313.jpg

宮崎牛ロース 夏野菜色々 翡翠ソース
お肉がおいしくっておいしくって感動!!合わせたワインは、スミレ・ルージュに加えて、この日のために特別に用意させていただいたトップキュベのHIYAKE VINEYARD LGA 2013!!
偉大なヴィンテージのHIYAKEを合わせて最高のお肉をいただくとっても贅沢な瞬間でした。
付け合せのホワイトアスパラをはじめお野菜も味わい深く、また九条ネギの翡翠ソースがお肉にさわやかな香りを添えてくれます。
IMG_2315.jpg

太刀魚板雲丹ミルフィーユ ミニトマト白扇揚げ 万願寺
最後のお料理は贅沢な和フリット
合せるワインを私たちも悩んだのですが、ここは最も自信がある旨味たっぷりのスパークリングワイン、ヴィンテージブリュット・ヌーベルヴァーグを。。。
こちらのワインはまだリリース前のものをお持ちしました。
1990年と2016年の甲州種のワインをブレンドして瓶内二次発酵によって造った味わい深いスパークリングワインです。フレッシュな甲州種だけでは得ることのできない旨味と奥行きがあり、しっかりとした赤ワインの後でも美味しく召し上がっていただけます。もちろんお料理との相性も抜群で感動的でした!!
そして最後のデザートはパティシエさんがこの日のために作ってくれたブルーチーズのアイスクリーム。
私たちの最もチャーミングなデザートワイン、ローズロゼと合わせて幸せな晩餐はフィナーレを迎えました。

IMG_2317.jpg

本日お料理に合わせてご用意したワインたち。
憧れのお店の素晴らしいお料理に負けずよりおいしさを引き出してくれるように最高のラインナップをお楽しみいただきました。
バックヴィンテージの桜沢シャルドネやヴィンテージにも恵まれたトップキュベのHIYAKE、そしてリリースを控えたヴィンテージブリュット等どのワインもお料理と美しいマリアージュを奏でてくれて私たち自身がとても幸せな会になりました。

IMG_2335.jpg

最後に藍泉の皆様と。。。総料理長の八田さんをはじめ、料理長、パティシエ、ソムリエ、スタッフ皆さんで素晴らしいお料理とサービス、空間を作り上げていて、このお店でワインディナーをさせていただけたこと、そして私たちのワインを楽しんでいただけることをとてもうれしく誇りに思いました。
いらしてくれたお客様も本当に素敵な方ばかりで会話も弾みあっという間に時間が過ぎてしまいました。
お越しいただきましたゲストの皆様、藍泉の皆様、楽しいひと時をご一緒いただき本当に有難うござました!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2018年08月03日

8月になりました!!

毎日暑いですね!!
甲州市も今まで経験したことが無いほどの暑さが続いております。
8月を迎え、あっという間に自社農園の収穫スタートまであと1カ月となりました。
今月後半からはいよいよ2018年の仕込がスタートし、目が回るような慌ただしい毎日が約1か月半続きます。

IMG_1005.jpg

こちらはHIYAKE VINEYARDのカベルネ・ソーヴィニヨン。
ここ2、3日でかなり着色が進んだ様子です。こちらの畑のカベルネソーヴィニヨンは収穫まであと1か月半、暑さに負けず、頑張ってほしいですね。

IMG_1006.jpg


8月はお盆期間中を含め定休日に当たる水曜日(8日、15日、22日、29日)以外は休まず営業しております。

お盆期間中はスタッフはお休み、夫婦だけでゆったりと営業しておりますので常時ワイナリーでお客様をお待ちする事が出来ません。又お盆明けからはいよいよデラウェアの仕込が始まり大変慌ただしい毎日を送っております。
お越しいただく際には必ずご予約をいただけます様お願い致します。
お越しいただきましたお客様を出来るだけお待たせしたくありませんので、お越しいただく直前でもご一報をお願い致します。また収穫仕込み期間はやむを得ず、ワイナリーでのご案内やテイスティングが出来ない場合がございます。大変心苦しいのですが、小さなワイナリー、少人数のスタッフでワイン造りに取り組んでおりますので何卒ご了承ください。

それでは皆様、暑さ対策を充分にして楽しい夏をお過ごしくださいね。
posted by ワイナリーマダム at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2018年07月15日

2018奥野田ワインガーデンを開催しました!!

夏の特別企画、一夜限りの奥野田ワインガーデンを今年も開催しました!!
奥野田ワインガーデンは夏の夕暮れから夜にかけてのロマンチックな時間を、カジュアルに楽しくカッコよく飲み明かそうという年に一度のスペシャル企画です。
IMG_1983.jpg


昼間の笠紙掛け作業から来てくれている奥野田ヴィンヤードクラブのメンバーさんやそのお友達、お問い合わせをいただいたリピーターのお客様で60名の定員をはるかに超え、定員いっぱいいっぱいの75名のゲストの皆さんにお集まりいただきました。昨年に引き続き、ブログでの募集をできないまま開催の運びとなりましたが、こんなにもこの会を楽しみにしてくださっている方達がたくさんいることに本当に感謝です。夕方テラスにはお手伝いをしてくれるOVCメンバーさんが少しずつ集まり、野菜を切ったり、盛り付けを手伝っていただいたりと準備の協力をしてくれました。
IMG_0790.JPG

まずは昼間すべてのカベルネ・ソーヴィニヨンに傘紙が掛かったHIYAKE VINEYARDをご案内。畑の状況や栽培について説明をします。そして畑から戻ってくるといよいよパーティがスタート!!
75名の皆さんと大盛り上がりの乾杯です!!ウェルカムスパークリングはまだリリース前のシャルドネスパークリング、桜沢BRUTです♪
IMG_2254.JPG

今年も楽しいコラボがたくさん!!
まずは奥野田のパーティではおなじみ、BBQインストラクターの大森さんが今年も豪快においしいお肉をどんどん焼いてくれます。鴨、クリスタルポーク、ステーキ等々、皆さんワイルドに焼き上げられたお肉に大興奮でした!

IMG_2255.JPG

仲良しの料理研究家の若菜先生はお野菜たっぷりの夏メニューを。
八ヶ岳湧水鱒を使ったフィッシュ&チップスやトウモロコシの冷製ポタージュ等の特製プレートや新鮮野菜の彩が美しいサラダ、そして〆のトマトチキンのスパイシーカレー等美味しく元気になるお料理を作ってくれました。

IMG_2252.JPG

東京高島平にあるとっても素敵なイタリアン、ラ・クッタリーナからシェフ兼ソムリエのKassaiさん&パティシエ森山さんが来てくれました。フォアグラのテリーヌや砂肝のコンフィなど丁寧で美しいお料理3品とデザートにサバランを作ってくれました。ラ・クッタリーナさんはkassaiさんが一昨年までOVCに入っていてくれてたりワインでのお付き合いをいただいていたり、昨年はお店でメーカーズディナーもさせていただいたりと、本当に親しくさせていただいてる私たちスタッフみんな大好きなお店。奥野田ワインを知り尽くしたお二人がワインに合わせて作ってくれたお料理は本当に絶品でした!!
IMG_2095-COLLAGE.jpg

奥野田スタッフもそれぞれ大活躍!!オーナーは会の進行やワインの説明等を。細川は得意の鉄板捌きで今年もアンチョビキャベツや〆の焼きそばを作ってくれました。そして私と渡辺さんは受付やワインのサーヴを。。。クッタリーナのソムリエkassaiさんもワインのサービスをしてくれました!!
IMG_0916.jpg

こちらはデッキのテーブル!!畑を臨める特等席です。ワイン片手に畑を見ながらたのしい時間を過ごしてくれました!!

IMG_2098.jpg

皆さん、思い思いにお料理を頂いたり、お料理に合わせて色々なワインを試してみたり、仲間との会話を楽しんだりとゆっくりと時間が進んでいきます。

IMG_2156.jpg

日が暮れてくると本当に大人っぽくっていい雰囲気!!これぞ年に一度の夜のイベント、ワインガーデンの醍醐味ですね。
IMG_0957.jpg

最後はパティシエの森山さん特製のサバランと奥野田ドルチェでデザートタイム。。。

IMG_2118.jpg

本日飲んだワインは13種、1人一本以上80本ほどのワインを皆さん飲んでいただけました。
本当に皆さん良く食べ飲んでいただきましたね!!

2018奥野田ワインガーデンにお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。
素晴らしい仲間たちの協力をいただき、無事会を開催する事が出来ましたことを心より感謝するのと同時に、本当に多くの仲間に支えていただいていることを改めて実感できる機会にもなりました。
またコラボしてくださった素敵な仲間によって会が一回りも二回りも楽しくおいしいものになり、まさにみんなで作り上げた空間時間を本当に愛おしく感じました。
これからもワインや食を通じてもっともっと楽しんでいただけるような会を企画していきたいと思います。
多くの方々と触れ合い、グラスを傾け、会話を楽しみ、私たちもバタバタと忙しい中でもとてもハッピーに満ちたひと時を過ごさせていただきました。
ワインが繋げてくれた素敵な出会いと集まってくれた素敵なゲストの皆様に心より感謝!!


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告

2018年7月作業〜傘紙掛け作業〜

本当に暑い日が続いていますね。
7月14日の3連休の初日は富士通ワインファームの皆さんと、2日目は奥野田ヴィンヤードクラブのメンバーさんと一緒に日灼圃場の笠紙掛け作業をしました。なんと2日間で160人もの仲間が集まってくれて、強い日差しと驚異的な気温の中にも関わらず、丁寧に作業をしてくれました。
IMG_1995.jpg

笠紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄の房を守ってあげるために行う作業です。いつもよりも少し短めの座講を行い、実際に畑の中でスタッフが作業の説明とデモンストレーション、そしてそれぞれ作業に取り掛かります。
IMG_1994.jpg

両日ともに引けを取らない本当に暑い日!!丁寧に一房一房傘紙を掛けていただいた葡萄はこれからの時間を雨の被害を最小限に食い止めながら色付き、熟度を増してそして収獲の時を迎えていきます。
terasu .jpg

途中のもぐもぐタイム(笑)
本日はかき氷を用意して、作業の合間にクールダウン。みんなが少しでも涼しくなってもらえるように、中村が開発した自動打ち水機(スプリンクラーを屋根にのせただけ(笑))が思った以上にいい仕事をしてくれていて皆さん喜んでくれました。本当にこれは効果大でした!!

IMG_2022.jpg

暑い中での作業、本当にお疲れ様でした!!

IMG_2068.jpg

両日ともに12時過ぎには作業が終わり、無事日灼圃場900株のカベルネ・ソーヴィニヨンに傘紙が掛かりました。
IMG_2066.jpg

本日傘紙をかけてもらったカベルネ・ソーヴィニヨンの収穫は、9月15日、16日の両日を予定しています。
皆さんが掛けてくれた笠紙一枚一枚がこの畑のカベルネ・ソーヴィニヨンを雨粒の被害から守ってくれて、9月の収穫まで健全に導いてくれます。
IMG_0774.JPG

作業の後はお楽しみのランチタイム!!
14日は富士通ワインファームの皆さんと一緒に作業、そして楽しいランチタイムを過ごしました。
IMG_0780.JPG

15日は奥野田ヴィンヤードクラブのメンバー85名の皆さんが集まってくれました。

IMG_2062.jpg

傘紙掛け作業のランチワインは、サーモンピンクのワインラベルになった2016奥野田フリザンテ2017ハナミズキ・ブラン キュベニゴリグリ!!!どちらもキリッと冷やして夏に飲んでいただきたいさわやかなワインです。今回のヴィンテージの奥野田フリザンテは、マセラシオンによりワインがデラウェアの皮の影響を受けてサーモンピンクのチャーミングな色調に仕上がっているのでラベルの色調も合わせてみましたよ!!

IMG_0773.JPG
(7/14富士通ワインファーム傘紙掛け作業記念写真)

IMG_0783.JPG
(7/15奥野田ヴィンヤードクラブ傘紙掛け作業記念写真)

笠紙掛け作業に参加してくれた富士通の皆さん、OVCのメンバーの皆さん、お疲れ様でした。
作業、チェック含め笠紙掛けのすべての作業を2日間皆さんのお力を借りながらコンプリート出来ましたことを心より感謝します。
次回はいよいよ収穫作業、9月の美しく色づいたカベルネソーヴィニヨンとの再会を是非楽しみにしていてくださいね。皆様と一緒に葡萄の成長と収穫の喜びを分かち合えるその時を楽しみにしております。
ありがとうございました!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年06月18日

初夏の葡萄畑〜HIYAKE VINEYARD〜

春先夏のような気温の日が何日もあり、例年よりも早い畑の歩みに戸惑いましたがいつのまにか葡萄の木も自分のペースを取り戻し、今年の樹形も概ね整いました。
IMG_0849.jpg

葡萄の葉っぱ小さく薄い緑色で徒長もあまり見られずとてもいい感じに進んでいます。

IMG_0848.jpg

カベルネ・ソーヴィニヨンは今こんな状態。例年よりもやや房型が大きいように感じます。
お天気に翻弄されながら作業に追われる日々が続いていますが、3か月後に迎える収穫まで一つ一つ丁寧に作業を積み重ねています。
posted by ワイナリーマダム at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2018年06月07日

2015 レスプリ ド ヒヤケ

奥野田ワイナリー自慢の自社農園HIYAKE VINEYARD(ヒヤケ ヴィンヤード)で2015年に収穫したカベルネ・ソーヴィニヨンから生み出されたワイン、L'esprit de HIYAKE(レスプリ ド ヒヤケ)をリリースしました。日灼圃場に降り注ぐ日差しと柔らかな土の香り、しっかりとしたカベルネ・ソーヴィニヨンの果実味を感じて頂ける自信作、今回はセカンドラインとしてのリリースですがその分旨味と奥行きに富んだ柔らかい味わいのワインに仕上がっております。
IMG_1788.jpg


Domaine Okunota
2015 L'esprit de HIYAKE
(ドメーヌ奥野田/2015レスプリ ド ヒヤケ)
価格:4320円(750ml)
2015年自社農園日灼圃場収穫カベルネ・ソーヴィニヨン100%
2015年収穫月9月の様子はこちら→ http://blog.okunota.com/archives/201509-1.html
赤/ミディアムボディ
リリース日:2018年6月7日
生産本数:約600本

自社農園日灼(ヒヤケ)圃場で丹精込めて栽培、収穫したカベルネ・ソーヴィニヨンを100%用い、ふくよかな奥行きと長い余韻を楽しんでいただける赤ワインに仕上げました。苗の植え付けから長い歳月を経て、造り手として、栽培者としてようやくたどり着くことができたテロワールの魅力を余すところなく表現した渾身の作品です 。

今後の瓶熟成により、香り、味わいともに深みを増していくポテンシャルを秘めておりますので是非ゆっくりとした時の経過とともに味わっていただきたいワインです。

2015ヴィンテージは恵まれたヴィンテージに生み出されるワインに比べてカベルネ・ソーヴィニヨンの持つ果実の力強さがやや控えめであったため、HIYAKE VINEYARDのセカンドラインL'esprit de HIYAKEとしてのリリースになりました。果実味は例年よりもやや控えめながらもしっかりとしたうまみと奥行きを感じていただけるワインに仕上がっております。是非ご賞味くださいませ!!

ご注文方法:オンラインショップで承っております。



日灼圃場の美しい光景が目に浮かぶような、降り注ぐ強い日差しと焼けた土の香りをしっかりと感じていただける赤ワインに仕上がっておりますので是非ご賞味ください。
posted by ワイナリーマダム at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2017ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリ

ハナミズキ・ブラン2017ヴィンテージが仕上がりました。
ふくよかな果実味が心地よい甲州種のワイン、2017VTは柔らかい味わいの濁りワインに仕上がっています。
IMG_1729.jpg



2017La Florette
Hanamizuki blanc Cuvee NIGORI Gris

(2017ラ・フロレット ハナミズキブラン・キュベ・ニゴリグリ)

価格:2,160円(税込)
甲州市収穫甲州種100%
内容量 720ml
白/やや辛口
Alc.11.5% 
生産本数 約5300本
リリース日:2018年6月7日

丁寧に収穫した完熟甲州種を除梗した後、マセラシオンにより甲州種が持つ果実本来の味わいを最大限に引き出しています。葡萄果に付着している野生酵母で低温発酵後、丹念なバトナージュにより豊かな香り、奥行きある味わいの濁りワインに仕上げました。
ミネラルたっぷりの優しいおいしさをどうぞお楽しみ下さい。
                     
葡萄について
甲州市の契約農家さんで収穫した甲州種を100%使用しております。
甲州種はとても繊細な葡萄品種ですが、奥野田葡萄酒では農家さんの畑に何度も足を運び
特に収穫時の完熟度に気を配りながら、葡萄そのものの成分がよりリッチになるように心掛けております。

外観
葡萄の持つ味わいを最大限引き出し、味わいがよりリッチになるようにスキンコンタクトの時間を充分にとっています。香りや味わいにしっかりとした厚みを持たせ、特に2017VTはふくよかな味わいを感じていただくためにごく浅い濾過のみの濁りワインとしてリリースしています。

香り、味わい
白い花を思わせるような華やいだ香りと洋ナシのようなフルーティーな味わい、
ふくよかな果実も思わせる柔らかい味わいの濁りワインに仕上げています。
葡萄の特性を生かしたナチュラルな味わいをお楽しみください。

名前、ラベルについて
香り、味わいの印象から名前をつけ、ラベルを描き上げました。
繊細でありながら華やかさもある、庭に咲いていたハナミズキの花をイメージして出来あがったワインです。
今回は厚みのある濁りワインとしてのリリースとなりましたのでキュベニゴリグリという新たなキュベで表現をしています。

ご注文方法
弊社オンラインショップで承っております。
ご注文方法、送料等に関しましては、ホームページ・ワインリスト下の「ご注文方法」をご参照ください。


豊かな果実味と洋ナシや白いお花を思わせる華やいだ香り、柔らかでありながら奥行きある味わいが心地よいじんわり美味しい濁りワインに仕上がっております。

お食事に合わせて楽しく召し上がっていただけると嬉しいです♪


posted by ワイナリーマダム at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2016奥野田フリザンテ

果実味と酵母由来の香ばしさが心地よい濁りスパークリング奥野田フリザンテ2016ヴィンテージをリリースしました!!
IMG_1789.jpg

2016OKUNOTA FRIZZANTE
(2016奥野田フリザンテ)
価格:2,160円(税込)
2016年甲州市収穫デラウェア種100%
内容量:750ml
にごりスパークリング/白/辛口
Alc.11%
リリース日:2018年6月7日
生産本数:約3300本


夏の太陽をたっぷりと浴びた自社農園の完熟デラウェアを100%用い、
瓶内二次発酵によりフルーティーな味わいときめ細かい泡立ちが心地よい
濁りスパークリングワインに仕上げました。      
とれたて果実そのままのおいしさと酵母由来の奥深い味わいをお楽しみ下さい。
★こちらのスパークリングワインは王冠を使用しております。吹きこぼれにご注意ください。
★よく冷やしてお召し上がりください。


きめ細かい泡立ちと香ばしい奥行ある味わいが特徴の大変飲み心地よく旨味に富んだ濁りスパークリングワインです。今回の2016VTは葡萄の皮の色調が強かったためワインはややオレンジがかった色合いに仕上がっております。2016VTはワインに合わせてラベルの色調もオレンジになっています。

ご注文方法:オンラインショップで承っております。
是非ご賞味くださいませ★

posted by ワイナリーマダム at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2018年06月03日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜シャルドネ花カス取り&除葉〜

6月2日、3日の2日間、奥野田ヴィンヤードクラブで6月恒例のシャルドネ畑での作業を行いました。
IMG_1745.jpg
今年はブドウの芽が出るのも早く、毎年メンバーの皆さんと行っているシャルドネの花カス取りの時期を逃してしまうのではないかと心配をしていましたが、お天気もタイミングもピッタリ!!絶好の花カス取り日和に恵まれました。

IMG_1748.jpg
冬の剪定から5月までは座学をしっかりと行ってから畑に入るというプログラムでしたが、6月からは作業中心のプログラムに。。。到着したメンバーさんから車に乗って桜沢圃場に移動し、スタッフの指導を受けて、除葉と花カス取りの作業を開始しました。
IMG_1753.jpg
毎年行うシャルドネの花カス取り、葡萄は花が終わった後花カスが必ず出ますが、特にシャルドネに関しては他の品種と違い花カスがそのまま葡萄果に残りやすく、実が膨らみだす前に取り除いてあげることが必要です。花カスをそのままほおっておくと膨らんだ房の内側で水分を含み、病巣となって葡萄の病気の原因になってしまいます。花が終わってから実が肥大するまでのわずかな期間しか作業が出来ませんのでタイミングとお天気がとっても重要な作業です。
IMG_1769.jpg
ワイナリーの東側の急斜面に位置する桜沢圃場、2日間ともに本当によいお天気で空の青、葡萄樹の緑、白い雲のコントラストが美しく、照りつける暑い日差しとふとした瞬間に感じる心地よい風が何とも気持ち良く作業の疲れを癒してくれました。
IMG_1771.jpg
花カス取りに加えて今年プログラムに組み込んだのは除葉。文字の通り、葡萄の葉っぱを取り除いてあげる作業です。房回りの湿度を下げて、風通しを良くしてあげるのと同時にスプレーヤーがしっかりと届くよう房の下方の葉っぱを取ってあげます。上を取ってしまうと葡萄が日に焼けてしまうので葡萄樹全体と果房の場所をしっかりと確認しながらの作業になります。

IMG_1757.jpg
約2時間、除葉と花カス取り作業を行いお昼少し過ぎにみんなで畑からガーデンテラスに下りました。畑に植えてある終わりかけのあざやかなピンク色のバラの花、みんながこの畑に来るのをどうにか散らずに待っていたかのようですね(笑)帰りはずーっと下りなので歩いても15分ほどでテラスに到着しますが、この時期はちょうどサクランボの最盛期で皆さん寄り道したり、サクランボの味見や購入をしたりしながら6月の山梨を大満喫していました。

作業の後はテラスでお楽しみのランチタイム。
IMG_0772.JPG
6/2(土)にお越しいただいたOVCメンバーの皆さん
IMG_0771.-1JPG.JPG
6/3(日)にお越しいただいたOVCメンバーの皆さん
年に一度の遠足の様なシャルドネ畑での作業、おなかペコペコです。
直前に主人が誕生日だったため、皆さんにお祝いしてもらいました。
IMG_1755.jpg

本日の豪華なお弁当に合わせて楽しんでいただいたワインは、6/7リリース予定の2017ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリと本日作業をした畑からもたらされたワイン2016桜沢シャルドネ。
ハナミズキ・ブランは今回の2017VTは旨味たっぷりの濁りワインに仕上がっていますよ!!
IMG_1767-COLLAGE.jpg
そしてお昼に皆さんに召し上がっていただいた今月のマダムの一皿(笑)は6月恒例のグリーンカレー!!日差しが強くなってきたこの時期にこそさわやかに食べていただきたいスパイシーなカレーです。2日間で110人前ほど作りました!!今年も皆さん辛い辛いと言いながらおいしく食べてくれました(笑)

IMG_0770.-1JPG.JPG
IMG_0769.JPG
両日とも作業を終えた後は桜沢圃場で記念撮影!!シャルドネ花カス取り+除葉作業にお越しいただきましたメンバーの皆さん、お疲れ様でした。2日間ともに暑い日でしたが強い日差しを受けて畑の景色が本当に美しく記憶に残る2日間でした。次回7月はいつものHIYAKE VINEYARDで笠紙掛け作業!!さらに美しく成長したカベルネ・ソーヴィニヨンとのご対面を楽しみにしていてください。
また7/15の作業の後は、毎年恒例年に一度のワイナリーのナイトイベント、奥野田ワインガーデンを開催予定です!!また来月、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年05月31日

VIVA!!NIPPON WINE 蔵出しワインバー

5月25日(金)〜5月27日(日)の3日間、JR甲府駅北口よっちゃばれ広場にて2018春の蔵出しワインバーが開催されました。今年もたくさんのお客様が会場に足を運んでくれて、お好みのワインと美味しいおつまみ、音楽を楽しみながら過ごすとっても素敵なイベントになりました。
5月25日、27日は私と主人が、5月26日はスタッフの渡邊と細川がそれぞれブースでサービスさせていただき、たくさんのワインラヴァーの方々と触れ合う事が出来ました。私たちはスパークリング、白ワイン、赤ワイン、デザートワインと8種のワインをラインナップ!!リリース前の2017ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリも一足先にお出ししました!
IMG_1739.jpg


6月1日(金)〜3日(日)は蔵出しワインバーin 大阪が中之島公園中央公会堂前広場でも開催されます。
大阪でもたくさんの山梨のワイン、それに加えて関西のワインをお楽しみいただける楽しいイベントになりそうです!!
関西方面の皆さん!!是非足を運んでいただけると嬉しいです。大阪でも楽しく素敵なワインイベントになりますように。。。。
posted by ワイナリーマダム at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ