2018年11月25日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜最後の作業&お疲れ様会〜

2月の剪定作業から畑で一緒に学び、作業をしてきた2018奥野田ヴィンヤードクラブの今年の活動も本日で最後、なんだか一年がたつのは本当にあっという間ですね。

2018年度は198名ものメンバーさんに恵まれ、栽培について学び作業をし、ワイングラスを傾け、畑の中の時間を共にしてきました。一年間を一緒に過ごした仲間同士の労をねぎらいつつ、本日は畑へのお礼の気持ちも込めた作業とメンバーの皆さんへの感謝の気持ちを込めたワインパーティを開催!
IMG_4069.jpg

まずはテラスで今年のヴィンテージや葡萄栽培の様子を振り返りながら畑の現状や今年収穫した葡萄の現在の醸造過程などをお話ししました。

一年間一緒に作業したヒヤケ・ヴィンヤードは、9月16日にカベルネ・ソーヴィニヨンの収穫を終え、すっかり秋色に変わっています。
IMG_3423.JPG

特に夏が暑かった今年は例年に比べての葉っぱもお疲れの様子。。。一生懸命美味しい葡萄を実らせてくれた葡萄樹たちの労をねぎらいながら、葡萄畑全体を来年に向けて整えてあげます。

IMG_1082.jpg

本日集まってくれたメンバーさんはなんと92名★
みんなで来年の剪定作業に向けての予備剪定、ワイヤーの巻ヅルや麻ひもをきれいに取り除く作業、予備剪定枝をまとめる作業を行い、新たな年も美しく熟度の高い葡萄を実らせてくれるようにお手入れをしてあげました。

IMG_3432.JPG

年明けから始まる剪定を効率良く進めるための予備剪定。葡萄樹上部を概ね140p位の高さまでカットして来年作業がスムーズに進むようにしてあげます。中にはご自分の木の葡萄の葉っぱを持ち帰るメンバーさんもいらっしゃりこんなにも葡萄の木を大切に思ってくれていることに心から嬉しくなりました。

座学、作業を含め約1時間半ほど、素晴らしい秋晴れに恵まれ畑の中はポカポカと暖かく、気持ちの良い作業でした。
一年間、作業を通じて、ワインを通じて、私たちにお付き合いをいただき、本当にありがとうございました!!

IMG_4087.jpg

作業の後はお楽しみのお疲れ様ワインパーティ!!
今年最後、恒例のみんなで乾杯写真!!テラスの建物だけでなく、デッキにもエントランスにもいっぱいだったので皆さん写真に入りきらなかったのですがとにかくにぎやかで楽しい会になりました。

IMG_3431.jpg

心を込めて手作りしたマダムプレート!
彩りが美しい紅芯大根や赤カブを中心にゆずの香りがアクセントになったカラフルピクルス、トリュフがほのかに香るタラモサラダ、たたき牛蒡のスパイシー揚げ、合鴨やコロッケをたっぷりの野菜と盛り合わせた前菜プレートです。お野菜中心のプレートはスパークリングや白ワイン、軽めの赤ワインと合わせていただく事を想像しながら作りました。おいしく召し上がっていただけたらうれしいです★

IMG_1177.jpg

今年もOVCメンバーでもある大森さんにお願いして、プロによる本格BBQ!!
とっても柔らかい牧場チキン、特製ダレでいただくローストクリスタルポーク、サーロインステーキを豪快に焼き上げ、振る舞ってくれました。おいしいお肉にみんな大興奮!!いつものカウボーイスタイルで大きなグリルで焼き上げてくれるお肉たちは絶品です!!
IMG_3396.jpg

そして今年もスタッフの細川が鉄板を担当!!100人の胃袋を満たす焼きそばを振る舞いました。
相変わらずキレッキレの鉄板捌きでした!!

IMG_3401.jpg

本日のデザートはお好みで3種のソースで楽しむパンナコッタ!!
奥野田ドルチェに合わせて母が手作りしてくれました。OVC作業日やイベントではいつもキッチンの中でお手伝いをしてくれているなくてはならない存在!私も大好きなパンナコッタを今回はリクエスト!!最後のデザートが最高の幸せに導いてくれます(笑)

IMG_3424.JPG

ワインカウンターではなべちゃんとお手伝いをいただいた一日スタッフのOVCメンバーさんでワインサーヴ。
乾杯の初リリースを直前に控えた桜沢ブリュットをはじめ約2時間半で70本以上のワインをサーブしてくれました。お手伝いをいただき、ありがとうございました!!

IMG_6662.jpg

わたしは移動しながらワインサーヴに駆けずり回っていました(笑)カウンターをお手伝いいただいたおかげであちらこちらでワインサーブをさせていただき、皆さんにスムーズにワインを楽しんでいただく事が出来たかな??
途中中村がアナウンスを入れながらこのお肉とこのワイン合わせて〜!!みたいな案内で沸かせていました♪
IMG_3398.jpg

大賑わい!!みんな和気藹々と楽しい時間が流れていきました。
IMG_3402.jpg


本日飲んでいただいた10種類のワイン達。
目玉の桜沢ブリュットをはじめ、お料理に合わせて順番に飲み進めていただき、最後はみんなで作業をしたヒヤケ・ヴィンヤードのカベルネソーヴィニヨンを垂直で飲み比べ!!
本日は皆さんにOVC記念ワインをお渡し!!
一人一人のお名前が入り、私が描いたカベルネ・ソーヴィニヨンの水彩を施したラベルの特別なワインになっております。
飲んでいただくときに収穫した葡萄がうまく思い出せるように。。。。
そんな気持ちを込めて丁寧に描いたラベルです。
本日はお渡ししたOVC記念ワイン(2016C・S)に加えて、現行ヴィンテージの2015の飲み比べをお楽しみいただきました。
こうやって一緒に集い作業した仲間と飲む作業した畑のワインは何にも代えがたい格別な味わいですね。

IMG_4082.jpg

今年は198名を超えるとてもたくさんのメンバーさんと一緒にスタートし、一年間活動を共にしてきました。
畑の中でたくさんの時間を共有し、ともに作業をし、グラスを傾けた本当に素晴らしい仲間たち、その存在が私たちにとってどれほどかけがえない存在であるかは言葉に言い表せないほどです。
一年間、私たちと一緒に葡萄の成長を見守り、お世話をしていただき、そして収獲の喜びを分かち合っていただけたことに心より感謝します。そしてまたいつの日か今年皆さんと収穫した葡萄から出来上がったワインをヴィンテージを振り返りながら一緒に飲める日が来ることを心より楽しみにしています。
2018OVCメンバーの皆様、一年間本当にありがとうございました。
心よりの感謝を申し上げます★
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年09月16日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ収穫会

9月16日、待ちに待った2018奥野田ヴィンヤードクラブ収穫祭を迎えました。
IMG_2963.jpg

2月の剪定から共に学び作業してきたOVCの皆さん、さみしい冬の畑から葡萄を見つめているからこそ収穫の大きな喜びがあります。HIYAKE VINEYARDのカベルネソーヴィニヨンはとても美しく誇らしげに今までお世話してきてくれた皆さんのお越しを待っているかのようです。

IMG_2974.jpg

昨日とは打って変わって日差しも強く残暑厳しい収穫。収獲の注意事項を受けて畑に入り作業に取り掛かります。まずは皆さん自分の木へGO!!
IMG_2952.jpg

OVCではメンバーさん一人一人自分の木があり、この日はその木の中の最高の一房をプレゼント!!
大事に育ててきた自分の木は愛しさもあり、皆さんどのかわいい房を連れて帰ろうか。。。思いめぐらせながら収穫を楽しんでいました。見てるこちらも幸せな気持ちになります。
IMG_2978.jpg

葡萄は一房一房丁寧に収穫し、他の葡萄を傷つけないように軸の部分を短く切り、房を一回り眺めてワインにふさわしくない粒を取り除きます。
IMG_2975.jpg

今年は病果はまったくないため主に手入れをするのは青玉。。。房の中にたまにある熟度が足りない青い粒は丁寧に取り除いてあげます。青玉が入るとワインにいわゆるピーマン香という青っぽい香りが出てしまいます。手入れをした房は収穫カゴに。。。4隅から葡萄を並べて層になる様に葡萄を入れていきます。上手に葡萄をかごに入れることで葡萄が傷ついたり潰れたりすることなく10キロを入れる事が出来ます。
そんな風に収穫作業にも注意がいっぱい!!でもベテランメンバーさんが他のメンバーさんの指導などもしてくれるおかげで全体の精度が上がっていきます。かなり暑い中での収穫でしたが収獲後畑に落ちた笠紙もきれいに片づけていただき、お昼過ぎには作業が終了。
IMG_2956.jpg

本日OVCの皆さんで1260kgのカベルネソーヴィニヨンを収穫、昨日の富士通さんと合わせてHIYAKE VINEYARDから2010kgの葡萄が収穫できました!
パチパチパチパチぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
IMG_3031.JPG

作業の後はお待ちかねのランチタイム!!皆さん着席して昼の宴の始まりです!!
IMG_2984.jpg

まずワインと一緒に味わってもらうのはこの日の為だけに先に収穫したカベルネソーヴィニヨンをコンフィチュールにしてクリームチーズ、ブルーチーズと合わせたおつまみ。毎年自社農園の葡萄を使ってコンフィチュールを作っているのですが製品として販売するのはシャルドネとメルロのみ。その理由はカベルネ・ソーヴィニヨンは非常に種が固くて多くて取り除くのが本当に大変だから。。。
でもこの日のためにいつもコンフィチュールを作ってくれる母が2時間以上かけて種を取りながら煮詰めカベルネソーヴィニヨンのコンフィチュールを作ってくれました。
IMG_2988.jpg

本日お出ししたワインに合わないわけがありません!!2点のランチワインの他、皆さんお好みでゆっくりとしたランチタイムにワインを楽しんでくれました。
IMG_2958.jpg

本日はOVCの皆さんにランチタイムのスペシャルサプライズが。。!!
丹波山で舞茸を栽培しているOVCメンバーさんが、旬を迎えた舞茸を天ぷらとフライにして振る舞ってくれました!!大きく素晴らしい食感の舞茸に皆さん大興奮!!
スーパーで売っているものとは味も香りも食感もまったく違い本当においしいです!!
丹波山クラブの皆さん、本当にありがとうございました!!
尚、丹波山のおいしい舞茸を思う存分楽しめるイベントが9/30に開催されます。その名も舞茸祭!!
丹波山ならではの美味しい舞茸のお料理や鹿肉を使ったお料理、ビール、日本酒もありなんと奥野田ワイナリーも出店予定です。是非是非皆さんお誘いあわせの上遊びに行ってくださいね。
舞茸祭パンフレットはこちら!!
IMG_3030.JPG

たくさんの素敵なメンバーと共に迎えた2018VT、皆さんと収穫した葡萄がワインになってお目見えするのは約2年後以降、どんな味わいを奏でてくれるのか今から楽しみでなりません。
次のOVCの活動は2か月後のお疲れ様会。ちょっと期間が空いてさみしくなりますが(笑)また次回、元気な皆さんのお顔を拝見できるのを心待ちにしています。
今年で10年目になるOVCですが、何年もにわたって私たちを支えてくださっているメンバーさんがたくさんいます。巡ってくるヴィンテージごとに忘れがたい思い出があり、その年その年の気候や思いがワインになります。畑での時間を共にした仲間とまたこのヴィンテージを振り返りながらグラスを傾ける日を心待ちにしています。
OVCの皆さん、収穫お疲れ様でした。
posted by ワイナリーマダム at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年07月15日

2018年7月作業〜傘紙掛け作業〜

本当に暑い日が続いていますね。
7月14日の3連休の初日は富士通ワインファームの皆さんと、2日目は奥野田ヴィンヤードクラブのメンバーさんと一緒に日灼圃場の笠紙掛け作業をしました。なんと2日間で160人もの仲間が集まってくれて、強い日差しと驚異的な気温の中にも関わらず、丁寧に作業をしてくれました。
IMG_1995.jpg

笠紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄の房を守ってあげるために行う作業です。いつもよりも少し短めの座講を行い、実際に畑の中でスタッフが作業の説明とデモンストレーション、そしてそれぞれ作業に取り掛かります。
IMG_1994.jpg

両日ともに引けを取らない本当に暑い日!!丁寧に一房一房傘紙を掛けていただいた葡萄はこれからの時間を雨の被害を最小限に食い止めながら色付き、熟度を増してそして収獲の時を迎えていきます。
terasu .jpg

途中のもぐもぐタイム(笑)
本日はかき氷を用意して、作業の合間にクールダウン。みんなが少しでも涼しくなってもらえるように、中村が開発した自動打ち水機(スプリンクラーを屋根にのせただけ(笑))が思った以上にいい仕事をしてくれていて皆さん喜んでくれました。本当にこれは効果大でした!!

IMG_2022.jpg

暑い中での作業、本当にお疲れ様でした!!

IMG_2068.jpg

両日ともに12時過ぎには作業が終わり、無事日灼圃場900株のカベルネ・ソーヴィニヨンに傘紙が掛かりました。
IMG_2066.jpg

本日傘紙をかけてもらったカベルネ・ソーヴィニヨンの収穫は、9月15日、16日の両日を予定しています。
皆さんが掛けてくれた笠紙一枚一枚がこの畑のカベルネ・ソーヴィニヨンを雨粒の被害から守ってくれて、9月の収穫まで健全に導いてくれます。
IMG_0774.JPG

作業の後はお楽しみのランチタイム!!
14日は富士通ワインファームの皆さんと一緒に作業、そして楽しいランチタイムを過ごしました。
IMG_0780.JPG

15日は奥野田ヴィンヤードクラブのメンバー85名の皆さんが集まってくれました。

IMG_2062.jpg

傘紙掛け作業のランチワインは、サーモンピンクのワインラベルになった2016奥野田フリザンテ2017ハナミズキ・ブラン キュベニゴリグリ!!!どちらもキリッと冷やして夏に飲んでいただきたいさわやかなワインです。今回のヴィンテージの奥野田フリザンテは、マセラシオンによりワインがデラウェアの皮の影響を受けてサーモンピンクのチャーミングな色調に仕上がっているのでラベルの色調も合わせてみましたよ!!

IMG_0773.JPG
(7/14富士通ワインファーム傘紙掛け作業記念写真)

IMG_0783.JPG
(7/15奥野田ヴィンヤードクラブ傘紙掛け作業記念写真)

笠紙掛け作業に参加してくれた富士通の皆さん、OVCのメンバーの皆さん、お疲れ様でした。
作業、チェック含め笠紙掛けのすべての作業を2日間皆さんのお力を借りながらコンプリート出来ましたことを心より感謝します。
次回はいよいよ収穫作業、9月の美しく色づいたカベルネソーヴィニヨンとの再会を是非楽しみにしていてくださいね。皆様と一緒に葡萄の成長と収穫の喜びを分かち合えるその時を楽しみにしております。
ありがとうございました!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年06月03日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜シャルドネ花カス取り&除葉〜

6月2日、3日の2日間、奥野田ヴィンヤードクラブで6月恒例のシャルドネ畑での作業を行いました。
IMG_1745.jpg
今年はブドウの芽が出るのも早く、毎年メンバーの皆さんと行っているシャルドネの花カス取りの時期を逃してしまうのではないかと心配をしていましたが、お天気もタイミングもピッタリ!!絶好の花カス取り日和に恵まれました。

IMG_1748.jpg
冬の剪定から5月までは座学をしっかりと行ってから畑に入るというプログラムでしたが、6月からは作業中心のプログラムに。。。到着したメンバーさんから車に乗って桜沢圃場に移動し、スタッフの指導を受けて、除葉と花カス取りの作業を開始しました。
IMG_1753.jpg
毎年行うシャルドネの花カス取り、葡萄は花が終わった後花カスが必ず出ますが、特にシャルドネに関しては他の品種と違い花カスがそのまま葡萄果に残りやすく、実が膨らみだす前に取り除いてあげることが必要です。花カスをそのままほおっておくと膨らんだ房の内側で水分を含み、病巣となって葡萄の病気の原因になってしまいます。花が終わってから実が肥大するまでのわずかな期間しか作業が出来ませんのでタイミングとお天気がとっても重要な作業です。
IMG_1769.jpg
ワイナリーの東側の急斜面に位置する桜沢圃場、2日間ともに本当によいお天気で空の青、葡萄樹の緑、白い雲のコントラストが美しく、照りつける暑い日差しとふとした瞬間に感じる心地よい風が何とも気持ち良く作業の疲れを癒してくれました。
IMG_1771.jpg
花カス取りに加えて今年プログラムに組み込んだのは除葉。文字の通り、葡萄の葉っぱを取り除いてあげる作業です。房回りの湿度を下げて、風通しを良くしてあげるのと同時にスプレーヤーがしっかりと届くよう房の下方の葉っぱを取ってあげます。上を取ってしまうと葡萄が日に焼けてしまうので葡萄樹全体と果房の場所をしっかりと確認しながらの作業になります。

IMG_1757.jpg
約2時間、除葉と花カス取り作業を行いお昼少し過ぎにみんなで畑からガーデンテラスに下りました。畑に植えてある終わりかけのあざやかなピンク色のバラの花、みんながこの畑に来るのをどうにか散らずに待っていたかのようですね(笑)帰りはずーっと下りなので歩いても15分ほどでテラスに到着しますが、この時期はちょうどサクランボの最盛期で皆さん寄り道したり、サクランボの味見や購入をしたりしながら6月の山梨を大満喫していました。

作業の後はテラスでお楽しみのランチタイム。
IMG_0772.JPG
6/2(土)にお越しいただいたOVCメンバーの皆さん
IMG_0771.-1JPG.JPG
6/3(日)にお越しいただいたOVCメンバーの皆さん
年に一度の遠足の様なシャルドネ畑での作業、おなかペコペコです。
直前に主人が誕生日だったため、皆さんにお祝いしてもらいました。
IMG_1755.jpg

本日の豪華なお弁当に合わせて楽しんでいただいたワインは、6/7リリース予定の2017ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリと本日作業をした畑からもたらされたワイン2016桜沢シャルドネ。
ハナミズキ・ブランは今回の2017VTは旨味たっぷりの濁りワインに仕上がっていますよ!!
IMG_1767-COLLAGE.jpg
そしてお昼に皆さんに召し上がっていただいた今月のマダムの一皿(笑)は6月恒例のグリーンカレー!!日差しが強くなってきたこの時期にこそさわやかに食べていただきたいスパイシーなカレーです。2日間で110人前ほど作りました!!今年も皆さん辛い辛いと言いながらおいしく食べてくれました(笑)

IMG_0770.-1JPG.JPG
IMG_0769.JPG
両日とも作業を終えた後は桜沢圃場で記念撮影!!シャルドネ花カス取り+除葉作業にお越しいただきましたメンバーの皆さん、お疲れ様でした。2日間ともに暑い日でしたが強い日差しを受けて畑の景色が本当に美しく記憶に残る2日間でした。次回7月はいつものHIYAKE VINEYARDで笠紙掛け作業!!さらに美しく成長したカベルネ・ソーヴィニヨンとのご対面を楽しみにしていてください。
また7/15の作業の後は、毎年恒例年に一度のワイナリーのナイトイベント、奥野田ワインガーデンを開催予定です!!また来月、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年05月13日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜5月新梢管理〜

5月12日(土)、13日(日)の2日間、2018奥野田ヴィンヤードクラブの皆さんに集まっていただき、新梢管理の座学とHIYAKE VINEYARDでの芽かき作業を行いました。
今年はOVCメンバーさんが過去最高197名いますので、作業日を2日間を設けました。毎年この芽かきの作業はその後のお楽しみがあるためか1年でも収穫に次いで人気のある作業日です。
IMG_1483.jpg

畑の中では3月に集まっていただいた時から景色が一変!!可愛らしい葉っぱと葡萄の赤ちゃんが顔をだし、畑全体を清々しく緑色に彩ってくれています。特に今年は例年よりも芽吹きが早くグングン成長しています。
IMG_1518.jpg

本日の芽かき作業は剪定で選んだ結果母子から出た必要のない芽を摘み取ってあげる作業で秋に実をつける芽を決定づける大変重要でデリケート且つ難しい作業です。出てきたすべての芽を使うのではなく、選抜した良い芽を残してあげることによって畑全体の生育が一定となり、良い葡萄が収穫できます。また数年先も見越しながら樹形全体も整えていきます。
芽かき作業は大変デリケートで難しい作業なので両日ともに座学はみっちり!!
IMG_1465.jpg

全体の座講を約1時間、その後一年生と上級生に分かれてさらに30分、いつもよりも少し長めで詳しい座講を行い、作業目的と作業手順を学んでいただきました。なにせ大切な芽は一度とってしまったら取り返しがつかないのですから(笑)

IMG_1485.jpg

皆さん長い座学で学んだことを頭に詰め込みながら、畑へ向かって作業に移ります。
今年の収穫と今後の樹形をも左右する大変難しく後戻りが出来ない作業ですので、スタッフがマンツーマン指導に当たります。今年は葡萄の成長が早く、例年よりも樹勢が強い年であることが予想されるためバランスをとるため芽かき作業は少し控えめ気味です。
IMG_1492.jpg

2名のスタッフの指導の下、メンバーさんはネームプレートが付いたMon Vigneの芽かき作業を行います。可愛い葉っぱをのぞかせ懸命に手を伸ばす葡萄の木、この時期ほど愛おしく感じるときはありません。

IMG_1495.jpg

摘み取った新梢たち。こちらは事前にスタッフが摘んだブドウの芽です。メンバーの皆さんはそれぞれ摘み取った自分の木の新梢をお持ち帰りしたりしています。

IMG_0763.JPG

お天気にも恵まれお越しいただいた全員が作業を終えてちょっと遅めのランチタイム突入!!
こちらは土曜日に集まってくれたメンバーさんたち!!
IMG_0765.JPG

日曜日のメンバーさんたち!
日曜日はお昼前から雨予報が出ていたため、作業を優先させて、作業の後に座学で復習!!この日も雨を避けながらお越しいただいたみんなが作業を終える事が出来ました。

IMG_1519.JPG

摘み取ったブドウの芽を天ぷらに!!
この時期、この場所限定の一年に一度のお楽しみです。
今年はシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨンの2種を食べ比べしていただきました。
皆さん、味わいの違いを感じていただけましたでしょうか??カベルネ・ソーヴィニヨンはこんな小さな時からカベルネだよ!!って表現している感じがあって本当に愛おしいですね!!

IMG_1502.jpg

本日のテイスティングワイン。
毎年天ぷらにハナミズキ・ブランを合わせるのが鉄板でしたが今年は残念ながら完売中の為、過去最高のおいしさと自負する(笑)奥野田ビアンコを。2016ヴィンテージはテンションあがる美しいオレンジの色調に仕上がっており、華やかな香りとキリッとドライな味わい、葡萄の皮の味わいをしっかり感じていただける余韻が心地よいワイン、天ぷらにもピッタリですね。
そして5月1日にリリースしたばかりの2016スミレ・ルージュ・キュベ・エルヴァージュ
メルロの柔らかい果実味としっとりとした奥行きある味わいが特徴の赤ワイン。柔らかくふくよかなメルロの味わいが心地よく、軽やかながらもしっかりとした余韻と旨味を楽しんでいただけるワインに仕上がっています。どちらも本当におすすめのワインです。
IMG_0762.JPG

恒例の記念写真。土曜日は珍しくガーデンテラスをバックに。
IMG_0766.JPG

日曜日にお越しいただいたメンバーの皆さんと。緑が美しいHIYAKE VINEYARDの前で。。。

2018OVCメンバーの皆さん、長ーい座学と新梢管理作業、お疲れ様でした。作業は大変難しいものですが、その作業の副産物として楽しめる摘み取った芽の天ぷら、何とも季節感を感じる味わいですよね。

次回の作業は6月、急斜面の中にあるシャルドネ畑での作業を予定しています。
葡萄は芽を出すと一気に目まぐるしく成長していき、スタッフも畑の中で奮闘する日々が続いていきます。
また次回、葡萄畑でお待ちしております。

posted by ワイナリーマダム at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年03月18日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜3月誘引作業〜

3月18日(日)は2018年奥野田ヴィンヤードクラブ第二回目の作業日。
29261926_1585639698222305_1992438073098502144_n.jpg

日差しが眩しい最高のお天気!!
可愛らしいオオイヌノフグリが畑に彩りを添えてくれて前回の作業日からたった一ヶ月で見違えるようにあちらこちらが春めいています。
IMG_1027.jpg

昨日に引き続き、本日も80名を超えるメンバーの皆さんが集まってくれてみんなで誘引作業について学びます。まずは前回行った剪定作業の復習や畑で起こっていることなどを楽しくお話。

IMG_1033.jpg

講義の後半はホワイトボードを使って誘引作業について詳しく説明していきます。
中々に難しい誘引作業ですが、ホワイトボードを使って丁寧に作業目的、作業手順を説明することによりかなりわかりやすい講義となりました。ただ1度の学びで理解することは難しく何人かのメンバーさんに「今年の講義を聞いて、3年目だけどやっとすべてのストーリーがつながった!!」って言われました。まさに石の上にも三年ですね(笑)こんなメンバーさんに支えられて今のOVCがあることを改めて実感しました。
IMG_1044.jpg

本日行う誘引作業とは2月の剪定作業で選んだ結果母子(今年収穫する枝)を支線にくくりつける作業です。
一株当たり複数個ある芽の成長を均一にして圃場全体の葡萄が同一時期に熟期を迎えるようにするために行います。収穫に向けて、圃場内の全ての葡萄が同じ高さになるように上に伸びた結果母子を水平に誘引していきます。この作業は、水を上げ始めて枝がしなやかになった今の時期に行います。誘引作業は大変難しく今年の収穫だけでなく、将来の樹形も左右してしまうため基本的にはスタッフがマンツーマン指導を行い作業を進めていきます。
IMG_1039.jpg

誘引作業のスタッフの指導の待ち時間や作業が終わったメンバーさんは葡萄の木の皮剝きを。。。カイガラムシの被害を抑えるために行う作業ですがこの人数で皮むきをしてもらうと畑中の木があっという間にきれいになります。
IMG_1020.jpg

そしてお待ちかねのランチタイム。本日のグラスワインは奥野田フリザンテ&メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン!!どちらも旨味が乗ってきていて今最高に自信があるワインたちです。

IMG_1049.JPG

そしてマダムの一品は野菜たっぷりのミネストローネ!!
昨日と合わせて畑には170名ほどの方たちが集まってくれたので、この2日間で30リットルほどのミネストローネを手作りしました(笑)野菜の旨味が染み出しだ愛情たっぷりのスープ、美味しく飲んでいただけたでしょうか??

IMG_0750.JPG

本日参加いただいたOVCメンバーの皆さんと記念撮影♪
本当に日差しが気持ち良く最高の作業日でした。
しっかりとした知識と葡萄の木の特性を理解したうえでの力加減が問われる誘引作業、難しかったですね!!
皆さん、お疲れ様でした。


そして夜は2018奥野田ヴィンヤードクラブ顔合わせワイン会!!
IMG_0785.JPG

塩山にある完熟屋さんの2階を貸し切って約50名もの大ワイン会です。
本日は既に売り切れになってしまっているヴィンテージブリュットやワイナリーでリザーブしているとっておきの2013桜沢シャルドネ、2014奥野田ビアンコ、そしてリリース前の2015HIYAKE VINEYARDなどスペシャルなラインナップで楽しんでいただきました。

IMG_1069.JPG

それぞれどのテーブルも大盛り上がり!!
ワイナリースタッフも皆さんの間に入って楽しく交流させていただきました。
一年間畑での時間を一緒に過ごすメンバーの皆さんがより充実した楽しいワインライフを送っていただける様に又色々企画していきたいと思います★是非是非お付き合いください♪

IMG_1065.jpg

ワイン会も合わせて長く楽しい一日、お付き合いをいただきました皆さんありがとうございました。

次回5月にお越しいただくときにはブドウの芽が顔をだし、畑の中の光景も一変しています。
誘引作業+ワイン会、お疲れ様でした。また次回、畑でお待ちしております。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年02月04日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ活動スタート!!〜剪定作業〜

2018年奥野田ヴィンヤードクラブの活動がスタートしました。
奥野田ヴィンヤードクラブ(通称:OVC)は、畑の中で季節を感じ、ワインを一緒に楽しみ、 畑やワイナリーでたくさんのことを共有して下さる私たちが最も大切にしているお客様たちが集うクラブです。
一年間葡萄の生育ステージに合わせた畑での作業を座講と実践で学びながら、ワインのテイスティングやマリアージュもメンバーみんなで楽しみながら高め合っていけたらうれしいです。
OVCの活動も今年でなんと10年!!今年は80名の新しい仲間を迎え190名以上のメンバーに恵まれ、これからどんな楽しい出来事が待っているか、またどんな素敵な出会いがあるのか、今からドキドキワクワクです♪
メンバーの皆様、一年間どうぞ宜しくお願い致します。
IMG_0456.jpg

毎回素晴らしい出席率の初回作業日、本日は100名近くのメンバーさんが集まってくれたためテラスの屋根に全員が入りきる事が出来ず、屋外も使って会がスタートしました。まずはワイナリーについて、私たちの目指すワイン造りについてお話をさせていただき、その後は栽培について、本日行う剪定作業について学んでいただきます。
ポカポカと日差しが暖かな日でしたのでお外での座講はとても気持ち良く、皆さんメモを取りながら真剣に講義に聞き入っていました。

IMG_0487.JPG

本日は参加いただいたメンバーさんがとても多いため、先にランチを召し上がっていただくグループと先に作業をしていただくグループに分かれて活動します。はじめましてのメンバーさんもとても多いのでまずはスタッフの簡単な紹介からスタート!!

IMG_0477.jpg

座講の後は畑に出て実際に学んだことをもとに作業を行っていきます。。。がこの剪定作業はとっても難しく奥深い。。。1度や2度や3度の座講や作業ぐらいでは到底理想的な剪定を行う事が出来ません(笑)剪定作業とは今年葡萄を収穫する枝を選ぶ作業で、今年の収穫を左右するだけでなく今後の樹形にも大きな影響を与えるとっても大切な作業。失敗は絶対に許されません。厳しいスタッフが一人一人マンツーマンでスパルタ指導をしていきます。経験を積んだ上級生は仲間同士で相談しながら、スタッフに確認しながら丁寧に慎重に剪定を進めてくれました!!素晴らしい!!

IMG_0474.jpg

ワイン女子の皆さんも指導を受けながら剪定を進めていきます。皆さん、自分のネームプレートを付けたMa Vigne(自分の葡萄の木)を丁寧に剪定していました。きれいに剪定してあげて新しく新調されたネームプレートを付けてあげると自分の樹に対しての愛情がじわじわ湧いてきますね!!!

IMG_0468.jpg

IMG_0478.jpg

さぁ、お待ちかねのランチタイム!!交代制でのランチですが作業を共にする仲間とのランチタイムは本当に楽しい時間です。剪定は葡萄樹との対話がとても大切で一つ一つの木が放つメッセージを読み解き、その木に一番ふさわしい剪定をしてあげます。とっても頭を使う作業なのでおなかもペコペコです。みんなで楽しくカンパーイ!!

IMG_0499.JPG

本日はお弁当と共に毎年初回作業日恒例の心を込めて作った山梨名物カボチャのおほうとうを。。。大きな鍋で野菜たっぷりで煮込むおほうとうは冷えた体を一気に温めてくれる魔法の郷土料理です。グラスワインは奥野田自慢のテーブルワイン、奥野田ビアンコ&ロッソを飲んでいただきました。本当に賑やかなランチタイム、配膳やお片付け等、ベテランメンバーさんをはじめとする皆さんにお手伝いをいただき、楽しく心温まるひと時でした。

IMG_0730.JPG

本日参加いただきました皆さんと記念撮影!!
2018年度OVCメンバーの皆さん、本日の作業お疲れ様でした!!
本日から一年間、メンバーの皆さんと畑の中で季節を感じながら素敵な時間と喜びを共有し、葡萄の木をしっかりと見つめながら、楽しく学んでいきたいと思います。
次回は3月、本日剪定した葡萄の枝を誘引する作業を行います。
今年も素晴らしい仲間に恵まれた喜びを感じながらまた次回皆さんとお会いできるのを楽しみにしていますね!!
2018年私たちにとっても、OVCのメンバーみんなにとっても素敵な一年になりますように。。。。
一年間どうぞ宜しくお願い致します。
posted by ワイナリーマダム at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年01月20日

Secret企画!!2018OVC Pro新年作業初め&スペシャル新年会

恒例となったOVC Pro(奥野田ヴィンヤードクラブ2年目以降のベテランメンバーさん)新年作業初め&スペシャルワイン会を開催しました!!今年も2月から始まるOVCの活動、今年は新たなメンバーさんが約80名増え、かなりの大所帯でスタートする予定です。一足お先に昨年以前からお越しいただいているベテランメンバーさんだけで新年会を兼ねた秘密の集まりを企画!!新たなスタート前に今までも私たちを支えてくれてきた大切な仲間との親睦を深め、ワインをより深く楽しむ会です。
IMG_0301.jpg

集まってくれたメンバーさんからまずは桜沢圃場に向かい、新年初作業!!
普段なかなかゆっくりと時間が取れない、でも畑の環境づくりにはとても必要な葡萄の木の皮むきをします。

IMG_0298.jpg

カイガラムシは葡萄の木の皮の中に生息しており、葡萄の木の皮を丁寧に剥いてカイガラムシを除去するのと同時に生息領域を狭めることによって葡萄の品質の向上を目指します。今日はポカポカと暖かく作業も気持ち良い一日、みんな楽しく作業してくれました!!
IMG_0302.jpg

約1時間半集中して作業をして、ちょうど冷たい風が吹き始めて来たので作業は終了。
おもてなしの準備をしたワインセラーに移動します。
年に一度のお楽しみ、OVC Pro新年会にのみ特別に行うシャルドネバレルテイスティング。
本日はちょっとしたおつまみもご用意。甲府の福寿司さんの漬けチーズや忍野の名店八洲さんから頂いた自家製からすみ、OVCメンバーさんが育てたオリーブ、ブルーチーズの小さなタルティーヌなどテイスティングの合間につまんでいただけるおつまみです。
昨年みんなで収穫したシャルドネを樽ごとの特徴などを確認しながらテイスティングをしていきます。

IMG_0312.jpg

本日テイスティングする樽は全部で6種類。1樽ずつ丁寧に汲み出してみんなで味わいを確かめていきます。

IMG_0309.jpg

樽の造りや森のこだわり等を説明しながらテイスティングは進んでいき、皆さん自分好みの味わいについて談義。
当たり前の様ですがやはりいい樽、美味しいワインが醸される樽は価格も大変高価な樽。。。なのです(笑)世の中は本当にうまくできているなぁって思ってしまいます。
それぞれ発酵が終わったシャルドネの樽ごとのキャラクター違いが比べてみるとはっきりとわかり、その味わいの違いを昨年一緒に収穫をしてきた仲間と味わうのは本当にハッピーな事ですね!!
IMG_0338.JPG

セラー内のバレルテイスティングの後は、勝沼のパパソロッテさんに移動して持ち寄りワイン会!
本日は奥野田ワインだけでなく、皆さんが持ち寄った珠玉のワインたちを思い思いに楽しむ会です。

IMG_0328.jpg

本日集まってくれたOVC Proの皆さんと一緒にまずは記念撮影♪
今までもそして今年もお世話になりますが一緒に楽しいたくさんの時間を重ねていけたらうれしいです。

IMG_0337.jpg

本日はたくさん種類のワインを持ち寄っていただきましたがその中にはバックヴィンテージの奥野田ワインもたくさん!!とても厳しかった2010年の桜沢シャルドネは熟成によって黄金色に変わっており、まるで紅茶のような香り高いワインへと熟成していて感無量でした。またセレンディピティや2011メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨンもそれぞれ熟成により素晴らしい味わいへと変化していてその味わいの変化を皆さんが一緒に喜んでくれるという幸せなワイン会となりました。ともに畑で過ごした仲間とその喜びを共有できる幸せと皆さんの奥野田愛(笑)を感じずにはいられないかけがえない時間でした。

ご一緒いただきました皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
改めまして本年もどうぞ宜しくお願い致します。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2017年11月19日

2017奥野田ヴィンヤードクラブ〜最後の作業&お疲れ様会〜

本日は2017年度奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)の最後の活動日。
2月の剪定作業から畑で一緒に学び、作業をしてきた奥野田ヴィンヤードクラブの今年の活動も本日で最後!
2017年度は163名もの本当に素敵なメンバーさんに恵まれ、楽しく一年をご一緒いただく事が出来ました。一年間ともに過ごした仲間同士の労をねぎらいつつ、本日は畑へのお礼の気持ちも込めた作業とメンバーの皆さんへの感謝の気持ちを込めたワインパーティを開催しました。
まずはテラスで今年のヴィンテージや葡萄栽培の様子を振り返りながら畑の現状や今年収穫した葡萄の現在の醸造過程などをお話ししました。

IMG_0734.jpg

一年間一緒に作業した畑は、9月17日に収穫を終え、すっかり秋色に変わっています。
今年も一生懸命美味しい葡萄を実らせてくれた葡萄たちの労をねぎらいながら、葡萄畑全体を来年に向けて整えてあげます。

0136901a3ef515df4f558abb8be4c732de93f0f5a8.jpg

本日集まってくれたメンバーさんはなんと85名★
みんなで来年の剪定作業に向けての予備剪定、ワイヤーの巻ヅルや麻ひもをきれいに取り除く作業、予備剪定枝をまとめる作業を行い、新たな年も美しく熟度の高い葡萄を実らせてくれるようにお手入れをしてあげました。

IMG_2975.jpg

年明けから始まる剪定を効率良く進めるための予備剪定。葡萄樹上部を概ね140p位の高さまでカットして来年作業がスムーズに進むようにしてあげます。中にはご自分の木の葡萄の葉っぱを持ち帰るメンバーさんもいらっしゃりこんなにも葡萄の木を大切に思ってくれていることに心から嬉しくなりました。

座学、作業を含め約2時間ほど、素晴らしい秋晴れに恵まれ畑の中はポカポカと暖かく、気持ちの良い作業でした。
一年間、作業を通じて、ワインを通じて、私たちにお付き合いをいただき、本当にありがとうございました!!

IMG_0733.jpg

作業の後はお楽しみのお疲れ様ワインパーティハート(トランプ)
今年最後、恒例のみんなで乾杯写真!!テラスの建物だけでなく、デッキにもエントランスにもいっぱいだったので皆さん写真に入りきらなかったのですがとにかくにぎやかで楽しい会になりました。

IMG_2991.jpg

心を込めて手作りしたマダムプレート!
この時期ピッタリの柚子が香るキャロットラペ、カボチャとレッドキドニーとアーリーレッドのサラダ、海老とブロッコリーのハニーマスタード和え、枝豆ペペロンチーノ、パン3種、3キロから切り出したブリー。
お野菜中心のプレートはスパークリングや白ワインと合わせていただく事を想像しながら作りました。おいしく召し上がっていただけたらうれしいです★

IMG_2999.jpg

今年もOVCメンバーでもある大森さんにお願いして、プロによる本格BBQ!!
ローストポーク、骨付き鴨、バックリブ、ステーキを豪快に焼き上げ、振る舞ってくれました。おいしいお肉にみんな大興奮でした!!本日はご夫婦と今年生まれたばかりのベビちゃんもベビーカーで参戦(笑)パパとママにエールを送っていました。
最後はデザートの焼きマシュマロまで。。。最高のパフォーマンス、最高のおいしさでした。

IMG_3023.JPG

今年もスタッフの細川が鉄板を担当!!野菜のアンチョビ炒めと焼きそばを振る舞いました。
相変わらずキレッキレの鉄板捌きでした(笑)写真は鉄板料理を一仕事終えて、お肉の切り分けをしているところです。

23782014_1951311161858507_1118031566_n.jpg

本日のデザートはゴルゴンゾーラをトッピングしたフルーツケーキ!!
奥野田ドルチェに合わせて母が手作りしてくれました。OVC作業日やイベントではいつもキッチンの中でお手伝いをしてくれているなくてはならない存在です。

IMG_0515.jpg

ワインカウンターではなべちゃん&あきこのデコボコペア(笑)でワインサーブ。
2人で60本以上のワインを注ぎました。約2時間半注ぎっぱなしです。

IMG_2995.jpg

そしてワインやお料理のアナウンスは中村が。。。間に小話も交えながら「このワインとこのお料理を合わせてみて!!」的なアナウンスをしていました。。

IMG_3007.jpg

本日飲んでいただいた11種類のワイン達。

IMG_3021.jpg

本日は皆さんにOVC記念ワインをお渡し!!
一人一人のお名前が入ったラベルは今年はデザインが一新!!(一番左)
今年から私が描いたカベルネ・ソーヴィニヨンの水彩を施したラベルになりました。
飲んでいただくときに収穫した葡萄がうまく思い出せるように。。。。
丁寧に描いたラベルです。
本日はお渡しした2017OVCワインに加えて、バックヴィンテージの飲み比べをお楽しみいただきました。
こうやって一緒に集い作業した仲間と飲む作業した畑のワインは何にも代えがたい格別な味わいですね。


IMG_0735.jpg


今年は163名を超えるとてもたくさんのメンバーさんと一緒にスタートし、一年間活動を共にしてきました。
畑の中でたくさんの時間を共有し、ともに作業をし、グラスを傾けた本当に素晴らしい仲間たち、その存在が私たちにとってどれほどかけがえない存在であるかは言葉に言い表せないほどです。
一年間、私たちと一緒に葡萄の成長を見守り、お世話をしていただき、そして収獲の喜びを分かち合っていただけたことに心より感謝します。そしてまたいつの日か今年のワインを2017ヴィンテージを振り返りながら一緒に飲める日を心より楽しみにしています。
2017OVCメンバーの皆様、一年間本当にありがとうございました。
心よりの感謝を申し上げます★
posted by ワイナリーマダム at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2017年09月17日

2017奥野田ヴィンヤードクラブ収穫会@HIYAKE VINEYARD

9月17日、真冬の剪定作業から畑で一緒に学び作業をしてきた奥野田ヴィンヤードクラブ、その集大成ともいえる収穫の日をいよいよ迎えました。

IMG_2529.jpg

HIYAKE VINEYARDの900株の美しいカベルネ・ソーヴィニヨンが集まってくれたOVCメンバーの皆さんを出迎えてくれました。今日の収穫会、大型の台風が接近しており、会の開催も危ぶまれたほどですが、朝起きたら雨が降っていない!!驚きのミラクル収穫会になりました。さすがすごい威力の晴れ男&晴れ女がいるOVC!!奇跡としか言いようがありません(笑)
IMG_2552.jpg

ワイナリーに到着した方からはさみの説明や収穫の仕方、注意点を確認して早速畑の中へ!!まずは皆さん一目散に自分のネームプレートが付いたMa Vigneへ!!皆さん、一年間頑張った葡萄の木をわが子のように愛でて、褒め称え、労をねぎらい、その中から最高に輝いている一房を連れて帰ります。
IMG_2560.jpg

一年間お世話をしてきたMa Vigneから葡萄を丁寧に収穫した後は、畑全体の収穫に取り掛かります。
IMG_2568.jpg

いつどしゃ降りになるかわからない天候の中での収穫ですのでスピーティに、
それでいて昨晩の雨で水分をたっぷり含んだパンパンの葡萄はとてもデリケートなので丁寧に収穫をしていくことが必要です。
IMG_2532.jpg

昨日の富士通さんが収穫したカベルネソーヴィニヨンと本日OVCの皆さんが収穫した677キロを合わせて、2017年HIYAKE VINEYARDからは合計1687キロのカベルネ・ソーヴィニヨンが収穫できました。収穫量はそんなに多くありませんが、よーく熟した美味しく美しい葡萄が収穫できました。
IMG_2575.jpg

収獲が終わり、みんなでテラスの屋根の中に入った瞬間、雨が降ってきました。
2017奥野田ヴィンヤードクラブ、どれだけ日ごろの行いが良いのか計り知れません(笑)
作業を通じて一年間ともに歩んできた仲間で楽しいランチタイム!!
皆さん、本当にお疲れ様でした!!
ぶどう.jpg

ランチにはこの時期の山梨ならでは!!数種のおいしい葡萄もご用意★
シャインマスカット、ロザリオビアンコ、ブラックオリンピア、ピオーネを食べ比べ!
本日収穫したカベルネ・ソーヴィニヨンも最高ですが、旬の大粒葡萄はみずみずしく本当においしい!!
IMG_2571.jpg

そして出来たてホヤホヤの今年収穫したシャルドネ、メルロのコンフィチュールをクリームチーズとともに。。。ワインにぴったりのおつまみです。
ovcshugou.jpg

最後は本日天候が不安の中収穫に集まってくれた奥野田ヴィンヤードクラブのメンバーの皆さんと記念写真!!ちょっと新鮮なアングルで(笑)一年間、葡萄の葉っぱのない真冬の剪定作業から誘引、芽かき、シャルドネの花カス取り、笠紙掛けと葡萄の生育と移り変わる季節の中での畑を私たちと一緒に見つめてくださったメンバーの皆さん、本当にありがとうございました。雨にも降られず、電車も止まらずこの上ないミラクルな収獲会でした。また当日はプライベートなことで恐縮ですが私の誕生日でメンバーの皆さんにバースディソングを歌っていただき、私にとってもこの上ない幸せな忘れがたい一日となりました。本日収穫を終えて、OVCの皆さんと次回揃ってお会いできるのは11月のお疲れ様会。秋色に色付いたHIYAKE VINEYARDで皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。お疲れ様でした〜黒ハート
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2017年07月16日

2017奥野田ヴィンヤードクラブ〜笠紙掛け作業〜

昨日の富士通ワインファームに続き、3連休2日目の本日は奥野田ヴィンヤードクラブで日灼圃場の笠紙掛け。本日はなんと78名ものOVCメンバーが作業に集まってくれました。本日も暑ーい一日になりそうです。
IMG_1877.JPG

この畑には全部で900株のカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられていて昨日富士通さんと一緒に300株、本日OVCメンバーのみんなで600株の葡萄に笠紙を掛けます。
出来るだけ日中の最高温度に達する前に笠紙掛けを終わらせるため、細かい注意事項と作業手順を説明して到着したメンバーさんからどんどん畑で作業を進めてもらいます。この畑での作業は5月の芽かき作業以来、あんなに小さかったブドウの芽がこんなに立派に成長していて皆さん喜びに沸いていました♪
今年は雨が少なく、葡萄が小さめですが、病気も見られず健全にここまで来る事が出来ました。
IMG_1882.JPG

他のワイナリーさんや畑では既に笠紙掛け作業は終わっているのですが、私たちのワイナリーでは梅雨中笠紙を掛けることによる湿度の上昇を避けるため、梅雨の終わりのこの時期に毎年行います。
笠紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄の房を守ってあげるために行う作業ですが、特に晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンは秋雨の影響を受けやすいため丁寧に笠紙を掛けてケアをしてあげます。

IMG_1885.JPG

皆さんが掛けてくれた笠紙一枚一枚がこの畑のカベルネ・ソーヴィニヨンを雨粒の被害から守ってくれて、9月下旬の収穫まで導いてくれます。お昼過ぎ、とっても暑い日でしたが皆さんの頑張りのお陰で日灼圃場900株、すべてのカベルネ・ソーヴィニヨンに傘紙が掛かりました。
01b09da0ea9f895a0958025a668279346077def5b7.jpg

作業を一緒に頑張った素晴らしい仲間とのランチタイム!!
乾杯ワインはキンキンに冷えたハナミズキ・ブラン!!!
皆さんいい笑顔です。
015f9e7bbebf1703d405d5f39d2085a29e6ca5fd13.jpg

本日は本当にたくさんのメンバーさんが参加してくれたのでこちらのエントランススペースにも特設会場を(笑)この場所は風が抜けて本当に気持ち良い特等席です。

IMG_1874.JPG

本日のランチワインは美しいオレンジ色のハナミズキ・ブランとしっとりと柔らかい果実味のスミレ・ルージュ キュベ エルヴァージュ。作業の後にみんなで飲むワインは格別です。

IMG_1872.JPG

そして特製ピクルスを。。。たびたび作ってお出しするいつものピクルスですが暑い夏の疲れを吹き飛ばしてくれる魔法のピクルスです(笑)

01786aecfd83de93ac8c503866d4bcb07de97ee86a.jpg

傘紙掛け作業を一緒にしてくれたOVCメンバーのみんなとHIYAKE VINEYARDの前で記念撮影!!
2月に活動をスタートしてカベルネ・ソーヴィニヨンの剪定、誘引、芽かき、シャルドネの花カス取りの作業を経て、本日の笠紙掛が終了。残す作業は収獲のみです。本日皆さんが笠紙を掛けてくれた葡萄たちはこれから熟度を高め、9月には美しく色づいて皆さんを畑で迎えてくれることでしょう。ここまで大切にお世話してくれたメンバーさん、そしてワイナリースタッフの丁寧な作業の積み重ねに応えて素晴らしい葡萄に成長してくれますように。。。皆さん、お疲れ様でした!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2017年05月14日

2017奥野田ヴィンヤードクラブ〜芽かき作業〜

5月13日(土)、14日(日)の2日間に渡り、奥野田ヴィンヤードクラブの皆さんと一緒に芽かき作業について学びました。
IMG_1443.JPG

HIYAKE VINEYARDではカベルネ・ソーヴィニヨンの可愛らしい芽があちらこちらで顔をだし、前回までの圃場風景とは一変、青葉が目に沁みる清々しい季節になりました。
土曜日は朝からどしゃ降りでしたが午後終了間際には小雨になり、両日とも無事座学と作業、両面から新梢管理作業について学び、理解を深める事が出来ました。

IMG_1441.JPG


本日の芽かき作業は剪定で選んだ結果母子から出た必要のない芽を摘み取ってあげる作業で秋に実をつける芽を決定づける大変重要でデリケート且つ難しい作業です。出てきたすべての芽を使うのではなく、選抜した良い芽を残してあげることによって畑全体の生育が一定となり、良い葡萄が収穫できます。また数年先も見越しながら樹形全体も整えていきます。
芽かき作業は大変デリケートで難しい作業なので両日ともに座学はみっちり!!

20170513-6.jpg

座講の後は実際に畑に出て自分のネームプレートが付いた葡萄の木の芽かき作業を行います!!
この作業は難しい上後戻りが出来ない作業だけに本日も厳しいスタッフの指導の下、マンツーマンで作業を進めていきます。

20170514.jpg

スタッフの指導を待つ間は、みんなご自分の葡萄の木の可愛らしい芽との対面の喜びに沸いていました(笑)
IMG_1455.JPG

スタッフはもちろんですが、皆さん自分の木の今年の収穫、そして今後の樹形を左右するので真剣そのものです!今年2シーズン目に入った渡邊も丁寧に指導に当たります。

IMG_1428.JPG

鬼の細川(笑)も熱血個別指導!!慎重に摘み取った芽は皆さん持ち帰ったりします。
本日は例年よりもややカベルネソーヴィニヨンの芽の成長が遅く、畑全体にはもう少し全体のバランスと成長を見届けてからの芽かきがベターなため作業は軽めです。

20170513-3.jpg

そしてそして、作業の後はお楽しみのランチタイム!!
本日は3月25日にヴィンテージが変わり、フレッシュな果実味と酵母の香ばしい旨味が楽しめる2015奥野田フリザンテ、5月8日にリリースしたばかりの美しいAKANEIROの甲州ワイン、2016ハナミズキ・ブランをご用意!!
5月は一年に一度のお楽しみ、芽かきした葡萄の芽の天ぷらをみんなでいただくのが恒例で毎年ハナミズキブランを合わせて楽しんでいただいています。

012b8242dee6b9d98880a2dd5807a1d5850d74d869.jpg

5月13日に参加いただいたOVCメンバーのみなさんとの乾杯スナップ!!
この日は朝からどしゃ降り。作業はほぼあきらめていたのですがプログラム終了前に雨が収まり、作業もしっかり出来ました。
人気のプログラムという事で今回は作業日を2日間を設け、参加が2日目に集中したためその分初日はアットホームな雰囲気の会になりました。メンバーさんがニセアカシアやふきのとうの味噌を差し入れてくれてそれぞれ天ぷら、マスカルポーネとあわせてカナッペにして、ランチにみんなでいただきました。

011d96b1d565770bdcaa2d0f5ef81c79b0af4a9004.jpg

5月14日に来てくれたメンバーの皆さん!!
この日はお天気にも恵まれ、70名以上のメンバーさんが来てくれてとってもにぎやかな会になりました。
それでも皆さん一人残らずご自分の木の芽かき作業を行い、畑からいただいた恵みを天ぷらにしてみんなで堪能しました。ゆったりと楽しむランチタイム、ともに学び作業をした仲間とのランチタイムは格別な時間ですね。

IMG_1412.JPG

本日はお弁当と一緒にブドウの芽の天ぷらを!!一年に一度、この時期この場所でしか味わえない贅沢です。大切なブドウの芽、丁寧に作業をしてその恵みを美味しくいただきます。本日はメルロとシャルドネの芽の食べ比べ、皆さん味わいの違いを感じていただけましたでしょうか??

IMG_1416.JPG

ゆっくりとしたランチタイム、その他色々なワインをグラスでも楽しんでいただき、葡萄がくれた恵みと合わせて飲み比べ!!素敵な仲間たちと共に過ごす楽しくおいしい2日間でした。

難しい芽かき作業、お越しいただきましたOVCメンバーの皆さん、お疲れ様でした。

ここから先、葡萄はめまぐるしい速さで成長をし、いよいよ本格的な農繁期に突入します。
次回は舞台を変えて、急斜面の長門原圃場、桜沢圃場でシャルドネの芽かき作業を予定しております。
また来月、皆さんと葡萄畑でお会いできるのを楽しみにしていますね!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2017年03月19日

2017奥野田ヴィンヤードクラブ〜誘引作業〜

2017年度奥野田ヴィンヤードクラブ、2度目の作業日。
本日の作業は誘引!!
暖かなお天気に恵まれた本日、集まってくれたOVCメンバーの皆さんと座学で誘引作業について学んだあと、早速畑の中で作業をしていきます。
IMG_0739.JPG

本日行う誘引作業とは2月の剪定作業で選んだ結果母子(今年収穫する枝)を支線にくくりつける作業です。
一株当たり複数個ある芽の成長を均一にして圃場全体の葡萄が同一時期に熟期を迎えるようにするために行います。収穫に向けて、圃場内の全ての葡萄が同じ高さになるように上に伸びた結果母子を水平に誘引していきます。この作業は、水を上げ始めて枝がしなやかになった今の時期に行います。誘引作業は大変難しく今年の収穫だけでなく、将来の樹形も左右してしまうため基本的にはスタッフがマンツーマン指導を行い作業を進めていきます。

IMG_0758.JPG

誘引作業を終えたメンバーの皆さんは自分の木のお手入れ。支線に絡みついた巻ヅルをきれいに掃除してあげたり、カイガラムシの被害を食い止めるため葡萄の皮むきをしたり。。。

IMG_0762.JPG

ベテランメンバーさんは少しずつ自分で誘引作業も進められるようになっています。畑の中でメンバーさん同士がコミニュケーションをとり、意見しあい、助け合いながら作業を進めていくのは本当にうれしい光景です。どうにか全員が誘引作業をしっかりと行い、葡萄の木が芽吹きを迎える準備を整えてあげたところで本日の作業は終了!葡萄畑はまだ葉もなく、さみしい光景ではあるものの下草や滴り落ちる葡萄の涙からしっかり春を感じる事が出来ます。
IMG_0773.JPG

作業の後はお待ちかねのランチタイム。本日はお弁当、グラスワインと共に特製ミネストローネです。
クミンシードやハーブがアクセントになったちょっぴりエスニックな香り漂う野菜の旨味が溶け出しだ食べるスープ、たっぷり召し上がれ!!

01d9213f8f1a578558f67d5a2da7302d34493124b5.jpg

作業の後の乾杯ワインは2014奥野田フリザンテ!!ちょうどヴィンテージ切り替えの最後のところで瓶の中で酵母の旨味が溶け合い凝縮した美味しさを味わえます。一緒に学んだ仲間との楽しいランチタイムは格別ですね!!

010abb9c1c750063adce4d1a6b76a8ce54297d99da.jpg

そして作業したHIYAKE VINEYARDの前で記念撮影!!本日は約70名ほどのメンバーさんが参加してくれました。
皆さん作業お疲れ様でした。誘引は何度やっても難しく奥深い。。。。(笑)でも皆さんが一つ一つの注意点を心に止めて作業してくれた葡萄樹は次回お越しになるときは可愛らしい葉っぱをのぞかせてくれていて、皆さんの思いを組み込みながら成長していきますのでどうか楽しみに、そして暖かく見守っていってくださいね!!

IMG_0776.JPG

そして本日は作業の後もお楽しみが。。。
2017年度2回目の作業の集まりという事で、今回は顔合わせワイン会と題して楽しい食事会をを企画してみました。こちらも50名近い大宴会!!本当にたくさんのメンバーの皆さんと楽しくお話が出来て素敵なひと時でした。

IMG_0780.JPG

ワインは贅沢に8種類+α。。。
リリース仕立てのヴィンテージブリュットヌーベルヴァーグや2014HIYAKE VINEYARD、2015Le Ballon Rouge等ワインも豪華ラインナップです。

楽しい時間をご一緒いただきました皆さん、本当にありがとうございました。
次回の作業は5月、葡萄は可愛らしい芽をのぞかせ畑の光景も一変!
次回も葡萄畑でお待ちしております!!
posted by ワイナリーマダム at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2017年02月05日

2017年度奥野田ヴィンヤードクラブ活動スタート!!〜剪定作業〜

2017年度奥野田ヴィンヤードクラブのプログラムがスタートしました!!
今年でなんと9年目を数えるOVC、わずか数名で始まった初年度が嘘のように賑やかな会になり、今年は160名を超えるメンバーの皆さんと共にスタートを切る事が出来ました。特にうれしいのは120名ほどのメンバーさんが昨年から継続してくれていること!!本当にうれしいです。今年も畑の中で学び、作業し、季節を感じながら、ワインを飲む喜びを素敵な仲間と分かち合っていきたいと思います。
IMG_0532.JPG

ログハウスでの受付後、皆さんに会員証をお渡し。会員証はお名前と共に★がついていて一年ごと増えていく★の数によって何年生かわかるようになっています。★がたくさんあればあるほど、ベテランメンバーさんの証です。受付の後はガーデンテラスに移動。これまでのワイナリーの歩みと奥野田ヴィンヤードクラブの活動について、畑での取り組みや本日の作業の説明など約1時間の座学を行いました。本日はお天気が不安定でお昼過ぎから雨の予報になっているため詳しくでも駆け足で座学を行い、早速畑にGO!!
IMG_0541.JPG

まずはデモンストレーションを行い、その後超ベテランメンバーさんは、少しずつメンバー同士で相談しながら自分の木の剪定を進めていきます。難しい木や自信が無い場合やどうしても確認したい場合、そしてなかなか思い切れず背中を押してもらいたい場合(笑)はスタッフの指導を仰ぎながら剪定を進めていきます。
IMG_0521.JPG

今年入ったばかりの一年生メンバーさんはスタッフがマンツーマン指導。それぞれの木が発しているメッセージと昨年剪定した時の作業者の意思をしっかりと汲み取りながら今年の結果母子を選び、剪定を進めていきます。
IMG_0551.JPG

結果母子(今年実を付ける母なる枝)としてふさわしい枝か??来年再来年に向けてよい樹形を確保できるか??等々色々なことに注意しながら丁寧に剪定作業を進めていきます。上級生も頭を悩ますこの作業、難しくやりがいがあり本当に楽しい作業です。ただ今年の収穫はもちろん、来年以降の樹形も左右する大切な作業なのでみんな必死に考えて最善の剪定をするために思いを巡らせていました。途中、雨にも少し降られてしまいましたがどうにか全員が自分の木の剪定を終え、それぞれネームプレートを付けて作業を終了する事が出来ました。本日剪定し、ネームプレートを付けていただいた木がメンバーさんの今年のMa Vigne(自分の木)になりますので愛情込めてお世話をして秋に立派な葡萄を収穫できる様頑張って行きましょう♪

01e81a3265494bdc5675e408de53fcb1d9cd0c8146.jpg

極寒の畑での作業の後はお楽しみのランチタイム!!
本日参加してくださった80名のメンバーの皆さんと奥野田ビアンコでカンパーイ!!

IMG_0566.JPG
ランチワインは奥野田ビアンコと桜沢シャルドネです。
作業の後のワインは格別ですね!!
015bd65b626d924cddeda419f0b19c06e3d50208a3.jpg

そして恒例の甲州名物カボチャのほうとう。野菜たっぷりで冷え切った体に染み入るおいしさ、温まります!!
昨日の富士通さんの作業と合わせて150人前以上のおほうとうを2日間で作りました(笑)おいしく召し上がっていただけましたでしょうか??
01228e905aff570f238dab1db6675e48e3251f3750.jpg

今年一年間みんなで学び作業を行う日灼圃場で記念撮影!!
012ca7455ca42e0b538bc166607cbf10972e654f2d.jpg

こちらは前日の富士通さん作業ににお越しになったOVCメンバーさんで!!
2017OVCメンバーの皆さん、剪定作業お疲れ様でした。メンバーの皆さんと今年一年間畑の中で季節を感じながら葡萄の成長を見つめ、学び、作業し、楽しい時間と喜びを一緒に感じていただけたら嬉しいです。
次回は3月、本日剪定した葡萄の枝を誘引する作業を行います。
また次回、葡萄畑でお待ちしております。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2017年01月22日

Secret企画!2017OVC Pro 新年作業初め&持ち寄りワイン会

今年も2月から2017年度奥野田ヴィンヤードクラブの活動が始まりますが、一足お先に2年生以上のベテランメンバーさんだけで、Secretな新年会を兼ねた作業初め&持ち寄りワイン会を企画してみました!
昨年から始めたこの会ですが、OVC上級生の皆さんだけの特別な会、作業、セラーでのテイスティング、ワイン会というプログラムで進めていきます。
IMG_0412.JPG

まずはみんなで桜沢圃場で葡萄の木の皮むき。私たちの自社農園の中では最も課題の多い畑で、カイガラムシの被害が深刻です。カイガラムシは葡萄の木の皮の中に生息しており、葡萄の木の皮を丁寧に剥いてカイガラムシを除去するのと同時に生息領域を狭めることによって葡萄の品質の向上を目指します。
IMG_0421.JPG

この時期にしては日差しも暖かく約1時間半の作業でしたが思った以上に成果が上がりました。
さすがベテラン集団です☆

風が冷たくなってきたところでワインセラーに移動。。。

IMG_0434.JPG

種類やローストが違う6種類の樽に入った昨年収穫のシャルドネのテイスティング!!

IMG_0428-1.jpg

それぞれワイングラスに樽からワインを汲み出していきます。
辺り一面シャルドネの心地よい香りでいっぱい☆
IMG_0432.JPG

種類ごとグラスに汲み出されたワイン達。美しく金色に輝いています。
こうやって並べて飲み比べてみると樽ごとの特徴がしっかりとわかり、それぞれ個性が感じられます。
みんなのお好みはどれだったでしょうか??(笑)昨年収穫した葡萄をみんなで味わう幸せなひと時でした。
IMG_0440.JPG

作業、セラーでのテイスティングの後はお楽しみの持ち寄りワイン会。

IMG_0442.JPG

今回は一人一本持ち寄り、泡、白、赤とバランスよく持ち寄られたワイン達をパパソロッテさんのお料理と共にこれからみんなで楽しみます。

IMG_0447.JPG

本日集まってくれたOVC Proのメンバーのみんなと(酔っぱらう前に)記念撮影!!
2月から新しいメンバーさんたちを迎えるにあたり、気持ちを一つに今年も一年間活動をしていきたいですね!!

IMG_0445.JPG

おいしく美しいお料理たち。盛り上がり過ぎて(笑)写真を取り損ねましたがリゾットやグラタン、パスタやお肉料理等々、とってもおいしかった!ワインにもピッタリでした★

IMG_0449.JPG

昨年以前からOVCを支えてくれているメンバーさんだけのSecret新年会、本当に楽しく充実したスペシャルな会になりました。人数限定だったためご参加できなかったOVC Proのメンバーさん、本当にごめんなさい。
また次回、楽しい企画を考えますので楽しみにしていてくださいね!!

今年も2月から160名以上のメンバーの皆さんと一緒にOVCの活動がスタートしますが、何よりもうれしいのは110名以上の昨年以前からのメンバーさんが今年も継続してくれるというという事!!本当に感謝です。
新たに50名ちょっとの新規メンバーさんを迎えて、奥野田ヴィンヤードクラブもメンバーの皆さんと一緒にさらに成長していけたらうれしいです。今年もワイナリーで巡る季節を感じ、畑で学び、ともに高め合い、喜びを分かち合い、そして何よりも出来上がったワインを一緒に楽しむ。。。そんなハートフルなクラブ活動になることを願って。。。。2017年も一年間宜しくお願い致します!!
posted by ワイナリーマダム at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2016年11月20日

2016OVC最後の作業&お疲れ様会

本日は2016年度奥野田ヴィンヤードクラブの最後の作業日、間冬の剪定から作業を共にしてきた仲間との2016年の活動も最後です。一緒にお互いの労をねぎらいながら、また今年も立派に実ってくれた葡萄畑に感謝しながら楽しく会を進めていきます。まずはテラスで今年のヴィンテージや葡萄栽培の様子を振り返りながら畑の現状や今年収穫した葡萄の現在の醸造過程などをお話ししました。
01cd93db80fd68ccd7039da9c7065974df8d375804.jpg

そして畑の中では今年一年頑張ってくれた葡萄の木に感謝しつつ、来年度に向けてクリーンアップしてあげる作業。
IMG_0024.JPG

年明けから始まる剪定を効率良く進めるための予備剪定。葡萄樹上部を概ね140p位の高さまでカットして来年作業がスムーズに進むようにしてあげます。

IMG_0026.JPG

またワイヤーに絡みついた巻ヅルをとってあげて綺麗にしてあげることで小さな病巣を取り除きながら清潔に保ってあげます。それと同時に今年誘引に使った麻ひもなどもきれいに撤去。
すっかり紅葉して美しく染まった畑は皆さんの手によってみるみるきれいになっていきました。
少し疲れた様子の葉っぱを見てると心からお疲れさまって言ってあげたくなりますね(笑)
IMG_0079.JPG

そして作業の後はお楽しみのお疲れ様会!!メンバーの皆さんにお手伝いをしてもらいながら準備を進めていきます。野菜を切ったり、お皿を並べたり。。。。そして今回はスペシャルメニューとしてニジマスのホイル焼きを一人一尾ご用意したのでえのきやレモンと一緒にみんなに包んでもらいました。キャンプみたいで楽しいですね。

IMG_0080.JPG

スタッフがいつも通りワインのサーブや鉄板焼きをし、OVCの仲間がソムリエを務めるラ・クッタリーナさんには藁で燻製したマグロのブルスケッタをケータリングしてもらったりとメニューもバリエーション豊富です。
01a5e8d09e37a7e520bfb5484d1b96e2777a107513_00001.jpg

準備が整いみんな席について、2016年OVC最後の乾杯!!
一年間お疲れ様でした。
IMG_0042.JPG

乾杯のワインは奥野田フリザンテ!!
マダムの前菜は、大根と柚子の桃色ピクルス、柿と春菊の彩白和え。
ラ・クッタリーナさんのマグロのブルスケッタ、この日のために静岡より直送してもらったパン。

01d6466f8483491549970f6a6212e71092e7c1c0d2.jpg

BBQスペースではOVCメンバーの大森さんがご夫婦で今年もスマートBBQを振る舞ってくれます。

016f5ea624c4a23f61e472cd48ddabdd75509c2be2.jpg

プロによるBBQはさすがのおいしさ、ワインも加速しますね(笑)
牧場チキンも、豚肉もステーキもすべて大きな塊肉で調理して切り分けてくれます。

01eaf4a943563c600c0a1fd5c1f074b1f18196e68e.jpg

本日飲んだワインの一部。なんと15種ほどのワインをワインカウンターでは順番にサーブして、お料理と併せて楽しんでいただきました。スタンダードなラインナップはもちろん、12月にリリースを予定しているヴィンテージ・ブリュット・ヌーベルバーグ(甲州スパークリング)や本日皆さんにお配りする記念ワイン2014HIYAKE VINEYARD(未発売)などスペシャルなものまで幅広く飲んでいただきました。

みんな本当によく食べ、よく飲み、笑顔が絶えない楽しいひと時でした。
会の最後には、一人一人の名前の入った記念ワインを贈呈。OVCメンバーさんからメンバーさんへ引き継がれる2年越しのHIYAKE VINEYARDのワイン。。。。畑に思いをはせながらお楽しみいただけると嬉しいです。

IMG_8636.jpg

今年は150名を超えるとてもたくさんのメンバーさんと一緒にスタートし、一年間活動を共にしてきました。
畑の中でたくさんの時間を共有し、ともに作業をし、グラスを傾けた本当に素晴らしい仲間たち、その存在が私たちにとってどれほどかけがえない存在であるかは言葉に言い表せないほどです。
一年間、私たちと一緒に葡萄の成長を見守り、お世話をしていただき、そして収獲の喜びを分かち合っていただけたことに心より感謝します。そしてまたいつの日か今年のワインを2016ヴィンテージを振り返りながら一緒に飲める日を心より楽しみにしています。
2016OVCメンバーの皆様、一年間本当にありがとうございました。
心よりの感謝を申し上げます★
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2016年09月26日

2017年度奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)メンバー募集!!

奥野田ワイナリーでは、カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培する自社農園「HIYAKE VINEYARD(ヒヤケヴィンヤード)」を舞台に2017年度一緒に活動をして下さる仲間を募集しています。
奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)は、畑の中で共に学び、共に作業し、季節を感じながらワインを楽しむクラブ活動です。
わたしたちと一緒に一年間活動して下さる楽しい仲間のご参加を心よりお待ちしております。
今までの活動の様子はこちらぴかぴか(新しい)
IMG_8444.JPG


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 


2017年度奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)

OVCは、真冬の剪定から秋の収穫まで一年間私たちと一緒に圃場を舞台に活動するクラブです。
年間5回〜の作業日には葡萄の生育ステージにあわせて必ず座講をを絡めて
しっかりと葡萄栽培についての知識を深めていただいた後、
実際に畑での作業を一緒に行っていただくプログラムです。
また、栽培、ワインの両面でのスキルアップ向上を目指し、ランチではその時もっとのお勧めのワインを
セミナー形式でティスティングしていただきお料理とのマリアージュを通して、
ワインの楽しみ方も学んでいただきます。
栽培とワインというキーワードで、知識と実践を踏まえて一年間一緒に作業し、
楽しみ、高めあうクラブ活動です。
私たちと一緒にワインライフを楽しんでみませんか??


主な活動・特典
☆ご入会いただきました際には奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)会員証を発行いたします。
☆OVCメンバー様は日灼圃場メンバー様指定区の中からセレクトしたご自分の葡萄の木にネームプレートを付けていただくことができます。
☆葡萄の成長に合わせて年間5回〜の作業日を設け、座講、作業の両面から栽培知識を高めていただきます。
☆年間通して様々なイベントに特別価格で優先的に参加していただくことができます。
☆OVCメンバー様は年間通してワイン購入時に割引特典を設けております。
☆ご自分のネームプレートの付いた木から収穫した最高の1房をお持ち帰りいただけます。
☆収穫終了後にはOVC会員様限定の名前入り記念ワインをプレゼントさせていただきます。(1口1本)


栽培品種
カベルネ・ソーヴィニヨンを中心に奥野田ワイナリーが栽培するシャルドネ、
メルロ等のワイン用品種

クラブ年会費
お1人様1万円(初年度登録料別途1000円)
(1年毎の契約となり、入会時、または更新時のお支払いとなります。)

契約期間
2017年1月〜2017年末日

作業圃場
日灼圃場を中心とした奥野田ワイナリー自社農園
※作業スケジュールは2016年年末までにお知らせいたします。

お申し込み方法
FAXお申込み用紙(0553-33-9977)、E-MAILで承っております。
お名前(ローマ字表記もお知らせください)、郵便番号、ご住所、お電話番号、E-MAILアドレス、主な交通手段をお知らせください。
追ってご連絡させていただきます。

お申込み期日
2016年12月末日
定員になり次第、募集を終了しますのでお早めにお申し込みください。

楽しい仲間のご参加を心よりお待ちしております!!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

IMG_7500.JPG

5月芽かき作業の様子。

IMG_7894.JPG

7月笠紙掛け作業。

01c787f069fa8dacaa12d3a047f0a8539bcc2f6891.jpg

7月作業の後の記念撮影!!

017348115fc42025c4bcf83ddd505754ce9a872ebb.jpg

ランチの乾杯風景★
posted by ワイナリーマダム at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2016年09月18日

2016奥野田ヴィンヤードクラブ収穫祭

9月18日、2016年度奥野田ヴィンヤードクラブ収穫祭を迎えました。
IMG_8485.JPG

美しく実るカベルネ・ソーヴィニヨン。
2016ヴィンテージは大変葡萄の出来がよく、病果もほとんどありません。
2月の剪定作業からこの畑で一緒に作業をしてきたOVCのメンバーさんとこうやって収穫の日を迎える事が出来て感無量。何年ものヴィンテージを共に過ごしてOVCを続けてくれているベテランメンバーさんとの収穫はまたさらに喜びもひとしお。様々なヴィンテージが巡ってくるからこそ、こんな年に一緒に畑で収穫をできることが特別に感じます。

IMG_8449.JPG

3連休の2日目、雨が心配な天気予報でしたが願いむなしく皆さんが続々と集合してくる中雨が降ってきてしまいました。でもさすがOVCの皆さん、ほとんどの方が雨支度万全★合羽を着て、長靴を履いて雨などものともせずに収穫作業開始です!!
IMG_8489.JPG

まずは皆さん自分のネームプレートが付いた樹から収穫。一年間愛情を注いできたご自分の木から最高の一房をお持ち帰り、あとは畑の中の他の葡萄と一緒にワインへの道のりを歩んでいきます。

IMG_8448.JPG

皆さん選びに選んで自分の木の中のとびっきりの美人さんをおうちに連れて帰ります。
後日多くのメンバーさんのSNSで拝見しましたが、大切にコンフィチュールにしている方がとっても多くたった一房の葡萄を愛おしみながら楽しんでいる様子がとても微笑ましかったです。

IMG_8492.JPG

雨に濡れた葡萄は非常にデリケート、すでに熟度がかなり上がっているため雨による玉割れも所々で見られます。とにかく丁寧に収穫し葡萄の負荷をかけないようにきれいにかごに詰めていく。。。そこに最も注意を払いながらの収穫を進めていきます。お昼過ぎ、1079キロの葡萄を収穫し、昨日と合わせてHIYAKE VINEYARD全1689キロのカベルネ・ソーヴィニヨン収穫が終了しました。つい2日前までは畑の中でたわわに実っていた葡萄がすっきり全て収穫でき、安堵感と共にちょっとさみしい気持ちにもなりますね。落ちた笠紙もすべて拾っていただき、作業を共にした仲間とのランチタイムへ。雨も皆さんの情熱に根負けしたのか、、、降られた時間はごくわずかで途中からは思いがけず心地の良い収穫となりました。

IMG_8513.JPG

恒例のお疲れ様乾杯ショット!!
本日は70名以上のOVCメンバーが来てくれていて満員御礼。写真に入りきらなかったメンバーさんごめんなさい。。。楽しい収穫を終え、いつも以上にランチタイムは盛り上がりを見せました★
IMG_8517.JPG

お弁当と共にお出ししたシャルドネ、メルロのコンフィチュール、クリームチーズに添えて。。。
ランチワインは奥野田フリザンテと2013HIYAKE VINEYARD La Grande Annee。
この畑で3年前に収穫したカベルネ・ソーヴィニヨンから生み出されたワイン、今年の葡萄がどんな素晴らしいワインになってくれるのか。。。期待を膨らませながら味わいました。

image13JPG.JPG

2016OVCメンバーの皆さんと一緒に畑の前で記念撮影。
2月の剪定から、誘引、芽かき、笠紙掛けを経て、また途中ではシャルドネの花カス取りもして、季節を超えて一緒に作業をしてきた素晴らしい仲間との収穫、感無量ですね。
この素敵なメンバーと共に迎えた2016VT、本当に忘れがたい素晴らしい年となることでしょう♪
次のOVCの活動は2か月後のお疲れ様会。ちょっと期間が空いてさみしくなりますが(笑)また次回、元気な皆さんのお顔を拝見できるのを心待ちにしています。
OVCの皆さん、収穫お疲れ様でしたハート(トランプ)
posted by ワイナリーマダム at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2016年07月17日

2016奥野田ヴィンヤードクラブ作業日〜笠紙掛け作業〜

2016OVC5回目の作業は笠紙掛け、ここ数日間天気予報にヒヤヒヤさせられましたがどうにかお天気も持ちこたえ、笠紙掛け日和に恵まれました!!気温が高く、作業は大変だけど雨が降らなくて本当によかったです。
本日はOVCのメンバーさん75名が集まってくれて昨日作業した富士通さんに引き続き、HIYAKE VINEYARDのカベルネ・ソーヴィニヨン900株に笠紙を掛けました。

IMG_7886.JPG

笠紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄の房を守ってあげるために行う作業です。いつも通り短い座講を行い、実際に畑の中でスタッフがデモンストレーション、そしてそれぞれ作業に取り掛かります。

IMG_7894.JPG

まずは皆さん、ご自分のプレートが付いた葡萄樹から作業開始!!そして畑全体の葡萄の笠紙を掛けていきます。

IMG_7891.JPG

一房一房笠紙を掛けるごとに葡萄に対する愛情が芽生えて、、こんな暑い中の作業でも、とても愛おしい気持ちになります。


IMG_7888.JPG

皆さんが掛けてくれた笠紙一枚一枚がこの畑のカベルネ・ソーヴィニヨンを雨粒の被害から守ってくれて、9月の収穫まで導いてくれます。

IMG_7883.JPG

作業を始めて3時間半、HIYAKE VINEYARDのすべてのカベルネ・ソーヴィニヨンにおよそ1万6000枚の笠紙が掛かりました。ベテランメンバーさんは厳しく圃場内をチェックしてくれて作業終了★
ランチの前にみんなでお疲れ様かき氷、作業の疲れを癒しました!!

017348115fc42025c4bcf83ddd505754ce9a872ebb.jpg

そして作業の後はお楽しみのランチタイム!!
恒例のみんなで乾杯写真★お疲れ様でしたー!

IMG_7879.JPG

お弁当は鶏牛蒡ごはんや地中海風サラダ、鶏肉のイタリアントマト焼きやハンバークといった作業の後にも大満足の彩ボリューム弁当&自家製ピクルス、合わせたワインは奥野田ビアンコと奥野田ベリザンテ!!
チョウチョがトレードマークの2本のワイン、体に染み入るような柔らかい味わいで夏にはピッタリです。是非きりっと冷やしてご賞味ください黒ハート
01c787f069fa8dacaa12d3a047f0a8539bcc2f6891.jpg

笠紙掛け作業に参加してくれたOVCの皆様、お疲れ様でした。
作業、チェック含め笠紙掛けのすべての作業をコンプリート出来ましたことを心より感謝します。
2月から一緒に作業してきた2016ヴィンテージ、いよいよ次回は収穫の時を迎えます。
葡萄の成長に合わせて畑に足を運び作業してくれたメンバーの皆さんと共に収穫の日を迎え、喜びを分かち合えることを今から心待ちにしておりますね!!
posted by ワイナリーマダム at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2016年06月05日

2016奥野田ヴンヤードクラブ〜シャルドネ花カス取り作業〜

本日は奥野田ヴィンヤードクラブ6月作業日、明け方近くに雨が降り始め、本日予定している花カス取りの作業にはちょっと厳しい天候となりました。

10時過ぎ、続々と集まってくれる皆さんの足取りに合わせてか雨もやみカラッとは晴れてくれないものの雨の時間が少なかったからかもしかして作業が出来るかも。。。という事でみんなで長門原圃場に向かいました。
6月の作業日だけはいつも作業している日灼圃場を離れ、工場から10分ほどの斜面にあるシャルドネの畑での作業になります。

IMG_7585.JPG

長門原圃場、この畑にはシャルドネが約1200株植えてあり、斜面からは中央線の線路と塩山を一望できる私たちの自慢の畑です。到着したメンバーさんから順番にスタッフの説明を受け、花カス取り作業に取り掛かります。


IMG_7598.JPG

葡萄は花が終わった後花カスが残ります。他の品種は自分でその花カスを飛ばす力を持っているのですが特にシャルドネに関しては花カスがそのまま葡萄果に残りやすく、実が膨らみだす前に取り除いてあげることが必要です。
花カスをそのままほおっておくと膨らんだ房の内側で水分を含み、病巣となって病気の原因になってしまいます。

IMG_7600.JPG

葡萄の花が終わって、葡萄の実が膨らむまでのわずかな期間しかできない作業ですのでお天気はいまいちですが幸い適期に皆さんに集まっていただく事が出来ましたのでとにかく集中して作業を行っていきました。

IMG_7589.JPG

葡萄の花カスをとってあげるという単純に思える作業ですが、この作業は本当にシャルドネの品質を上げてくれます。花カスの掃除をしてもらったシャルドネはピカピカに!!本日の地道な作業が収穫の時には素晴らしく重要な作業だったことを皆さん実感してくれることと思います。
IMG_7613.JPG

ややドS傾向にある(笑)奥野田ヴィンヤードクラブ、しばしお昼をお預けにして長門原圃場に続き、桜沢圃場に移動してさらに作業を進めていただき、午後1時過ぎにようやくみんな揃ってお昼ご飯★
恒例のみんな揃って乾杯PHOTO黒ハート
IMG_7578.JPG

さわやかな白ワインに合わせたお弁当はオレンジと鴨のサラダやサーモンのポテトチーズ焼き等彩美しく仕上げてもらいました。そして本日はマダム特製スパイシータイカレーを召し上がっていただきました。(写真はまだ調理中の様子です)
いつも以上に辛くてスパイシー、皆さんあまりの辛さに疲れが吹き飛ぶほど驚いていました(笑)

IMG_7579.JPG

そして本日のランチワインはキンキンに冷えた奥野田フリザンテと本日お世話をしていただいたシャルドネを100%使って樽発酵を行った桜沢シャルドネ!!

作業を共にした仲間と共に頂くランチ&ワインは最高です★

皆さま、本当にお疲れ様でした!!
次回7月は再び日灼圃場に戻って笠紙掛けを行います。
夜には奥野田ワインガーデンも予定しておりますのでお楽しみに★
それではまた次回、お待ちしております!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ