2013年06月01日

シャルドネの花カス取り

今年は例年よりも葡萄の花の開花が少し早いようで、ここ数年間シャルドネの花カス取りは6月10日前後にしていましたが、今年は1週間早い本日、まさに花カス取り作業日和を迎えてしまいました。
来週末に予定しているOVC作業日や富士通さんの作業日で花カス取り作業を行う予定が、葡萄の生育を見ながら急遽本日OVCメンバーで有志を募って作業を行うことになりました。

画像 007.jpg


このシャルドネの花カス取り、毎年私たちを悩ます大変時間がかかる気の遠くなるような作業です。
落花期〜幼果期、シャルドネは花が咲いた後の花カスが房に残ってしまい、そのままほおっておくと灰カビ等の原因になってしまいます。

その可能性をできる限り取り除くため、またできるだけ防除での対処に頼らない栽培方法で
葡萄を収穫するために、私たちの圃場ではここ数年間葡萄をごく薄い木酢水できれいにしていあげていました。
作業は、毎朝5時前から夕方暗くなって房が見えなくなるまで行い、1週間以上の時間を費やしていました。
毎年毎年シャルドネ栽培者を悩ます花カス取り、どうにか良い方法はないかと毎年色々試してみていました。ブロアで花カスを飛ばしたり、刷毛で払ったり、水で洗ったり。。。。

でも今年、ついに最も効率がよく、効果が期待できる方法を編み出しました。
その方法は「手で払う」という一見原始的な方法(笑)
でもこれが一番早く、確実に花カスが取れるのです。
こだわる点は、化繊が含まれた(綿100%は×)軍手を使用して払うということ。

もちろん一房一房丁寧に優しく作業をしていきます。
画像 003.jpg

作業前のシャルドネ。花カスがたくさんついています。

画像 005.jpg

こちらが作業後のシャルドネです。がくや弁が落ちとってもピカピカぴかぴか(新しい)です。

画像 006.jpg

なんと手前のひと房からこんなにたくさんの花カスが取れるのです。
花カス取りと同時に、シャルドネは少し実が込んでしまう傾向にあるので実も少し取り除いてあげています。

毎年この作業は相当に時間がかかっていただけに今年の発見(??)はとても有意義でした。

集まってくれた数人のOVCの有志の皆さんと作業を行い、本日長門原圃場の花カス取りは完了しました。
作業を手伝ってくれた皆さん、ありがとうございます。

posted by ワイナリーマダム at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 自社農園・葡萄栽培

2013年05月24日

シャルドネの花が咲き始めました

本日はとても気持ちの良い5月晴れ、降り注ぐ日差しに葡萄の葉っぱも畑も山々もいつも以上に光り輝いて見えます。
長門原圃場、桜沢圃場のシャルドネの花が咲き始めました。

画像 1091.jpg

(OKUNOTA WINERY NAGATOHARA VINEYARD)

奥野田ワイナリーでは、それぞれの畑が担当制になっており、こちらの長門原圃場は細川が担当になっています。

画像 1099.jpg

本日の作業は、新梢管理(芽かき&誘引)です。
もうすでに日焼けで真っ黒です★

画像 1104.jpg

そしてこちらが桜沢圃場です。同じ斜面にある畑なので写真だと見分けがつきにくいですね(笑)
早く桜沢にも看板を作ってあげなくちゃあせあせ(飛び散る汗)こちらの畑は山口が担当しています。

今一分咲のシャルドネの花は週末くらいから徐々に甘い香りを漂わせ始めます。
控えめながらも甘やかな葡萄の花の香りは何とも心地よく癒される、この時期のお楽しみですハートたち(複数ハート)



posted by ワイナリーマダム at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年05月10日

甲州の苗木を植えました

本日甲州の苗木の植え付けをしました♪

IMG_0895.jpg


これまで自社農園では、ワイン醸造用葡萄のシャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを中心に栽培を行ってきましたので、甲州種については着手をしてきませんでした。
私たちはまだ初代の歴史のないワイナリーですので、もちろん代々受け継がれている畑は1枚もありません。
そのため、1996年に栽培に着手したときにはまだ県内でも実績のない垣根栽培のワイン醸造用葡萄への取り組みを行い、古くから地元で栽培されていた甲州種に関しては全て信頼のおける契約農家さんにお願いをしてきました。
しかし、お世話になっている農家さんの高齢化に伴い、ここ数年は甲州種の仕込み量を減らしてきましたので、私たち自身も栽培に着手していくことになりました。

本日植え付けた50本の苗木から葡萄を収穫して、ワインになるのはまだまだ先のことですが、自分たちで植え付けをした初めての甲州種、今後の成長がとても楽しみです★
posted by ワイナリーマダム at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年04月26日

シャルドネの葉っぱが出ました★

今日はあいにくのお天気、長門原圃場から見る景色もかすんでいます。
IMG_0877.jpg


シャルドネの葉っぱの赤ちゃんがかわいらしく顔をのぞかせはじめています黒ハート
圃場全体には展葉1,2枚といったところ、写真はちょっと慌てものの木です。

長門原圃場は一昨日今年初の草刈りを終え、本日は小雨のちらつく中、日灼圃場の草刈り作業をしています。

葡萄の葉も畑に生えている雑草も暖かくなってきて一斉に動き始めて、なんだかこちらも身が引き締まる気持ちです。




posted by ワイナリーマダム at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年04月12日

畑の様子~長門原圃場~

暖かくなってきて長門原圃場から見える景色も大分春らしくなってきています。
足元にもマメ科の雑草やタンポポがあちらこちらに見え、ようやく葡萄の木も目覚め始めようとしています。

IMG_0761.jpg


シャルドネを栽培するこの畑は、急斜面に位置していてすぐ下には中央線の電車が見えます。

IMG_0759.jpg


シャルドネの芽もぷっくりと膨らみ始めています。
発芽までもう少し、今年はどんな成長を見せてくれるか楽しみです★
posted by ワイナリーマダム at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年02月12日

デラウェア剪定

今年から栽培することになった菱山のデラウェアの畑です。

只今剪定真っ最中!!

IMG_0454.jpg




posted by ワイナリーマダム at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年09月24日

カベルネ・ソーヴィニヨン収穫会~富士通ワインファーム~

今年で2年目となる富士通さんとの畑での活動。

奥野田ワイナリー自社農園日灼圃場内の一画を富士通ワインファームとして
富士通社員の皆さんが葡萄の育成を体験したり、自然保護について考えたり、生物多様性について学んだりする活動を行っています。

年間数回の作業日を設け、富士通社員の皆さんが私たちと一緒に畑で汗を流してくれています。

その活動の集大成、待望の収穫会の日がやってきました。

やはり収穫は他の活動に比べてもかなり人気の様子、抽選で選ばれた70名もの参加者が集まってくれました。
皆さんが葡萄の栽培に興味を持っていくれていて、私たちとしてもうれしい限りです。


IMG_0313.jpg


まずは、私たちの畑の理念やこだわり、今年のヴィンテージや葡萄の状態、畑での注意点、収穫の手順等等を
テントの下で説明します。

その後、畑に移動して実際に収穫作業開始!!

IMG_0319.jpg


収穫直前に襲った台風の影響もあり、葡萄は玉割れしているものも少しありましたが、

昨年の厳しいヴィンテージの反省も踏まえて、春からの徹底管理の甲斐あって畑全体には

とても健全で熟度の高いカベルネ・ソーヴィニヨンがたわわに実りました。

昨年に引き続き収穫に参加してくれた方、収穫に至るまでの作業に何度も足を運んでくれた方、

OVCにもご参加している熱心な富士通社員の方などなど、本当にたくさんの方がこの日を楽しみにしてくれて

いたことをとてもうれしく感じました。


IMG_0314.jpg


葡萄は1房1房丁寧に処理を行い、収穫カゴに入れていきます。

参加者皆さんの真剣な収穫作業は、秋晴れの気持ちの良いお天気も助けて
ぐんぐん効率を上げていき、富士通ワインファーム内の葡萄300kgを含む820kgのカベルネ・ソーヴィニヨンを収穫しました。



富士通2011収穫会.jpg


ご参加いただきました皆様、収穫作業お疲れさまでした。
本日収穫していただきました葡萄が、美味しいワインになって皆様にお届けできる日を楽しみにしていてくださいね。



posted by ワイナリーマダム at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年09月22日

台風15号

全国各地で被害の様子が報じられ、都心でも交通網が麻痺して
帰宅難民化している方々の様子がニュースで流れました。

豪雨と強い風が私たちの住んでいる場所でも吹き荒れ、収穫を間近に控えた
カベルネ・ソーヴィニヨンの畑も台風の影響を確実に受けています。
残念ながら、畑全体に玉割れも見受けられます。

IMG_0310.jpg


それでも、ここまで健全かつ良い状態で持ってこれたので壊滅的被害はなく、収穫時の処理は増えてしまったものの最小限の被害に止まったと思っております。

この時期は毎年台風が発生し、特に晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンは大きな影響を受けてしまいますが、
自然界のことなのでどうにもこうにも手の打ちようがありません。

ただ、ここまですべきことはすべき時に全てしてきたため、後は運を天に任せて
週末の収穫を迎えるだけです。

葡萄を心配してご連絡をくださった皆様、ありがとうございます。
スタッフだけでなく、お客様たちも遠くから葡萄を応援してくれていることはとっても嬉しく、
また栽培をしていく上でも励みになります。


IMG_0309.jpg


カベルネ・ソーヴィニヨンは、毎年台風に悩まされ、収穫直前まで何があるかわからない
とても栽培が難しい葡萄品種です。
私たちも、毎日お天気情報を見ながらどうにもならないとわかっていながらも、一喜一憂してしまいます。

でも、遠くからも葡萄に愛情を送ってくれている方々の存在は本当に支えになっていますし、
葡萄にも良く言い聞かせなくっちゃと思います。

収穫間近のカベルネ・ソーヴィニヨン、今週末まで元気に日灼圃場を彩っていてほしいです。

posted by ワイナリーマダム at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年08月08日

デラウェアが色づき始めています

今年の春から着手している「菱山圃場」です。

デラウェアを栽培する一枚のとても広い棚畑です。

私たちの圃場のワイン用品種は全て垣根栽培の為、こちらの畑には春から結構苦労してきました。

食用のデラウェアと違い、私たちの圃場ではジベ処理(種なしブドウを造るためにぶどうの成長を促進する作業)
を行わないため周りの食用デラウェアと比べるとぶどうの生育がゆっくりです。

収穫は今月の27日、28日を予定しています。

色づき始めたデラウェアはとってもかわいらしいです。
IMG_0225.jpg


収穫まであとわずか、このままおいしく熟度をあげてくれることを願っています。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年07月11日

7月11日葡萄の様子〜カベルネ・ソーヴィニヨン〜

画像 024.jpg


日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンです。

昨年のことがあってか、今年は春の段階からベト病注意報が県内ではささやかれていましたが

私たちの畑では今のところ、かなりいい感じです。

特にカベルネ・ソーヴィニヨンは房型も大きく、軸もしっかりとしています。

このまま、何事もなくしっかりと色づいて収穫期を迎えてくれるとよいのですが。。。

昨年の葡萄を見ているお客様に「今年は去年よりいいね!!」といわれると

つい「でしょ??でしょ??」と言いたくなってしまいます(笑)

ヴィンテージもあるでしょうが、今年は葡萄の栽培にあたっているスタッフみんなが

生育ステージをしっかりと意識しながら、やるべきことをやるべき時に一つ一つ行ってきたことが

今の葡萄の状態を導いてくれたのだと思っています。

まだまだ、収穫するその日まで何が起こるかはわかりませんが、スタッフ達は過酷な農繁期を

葡萄と向かい合いながら送ってきました。

もちろんまだ畑でしなければならない作業はありますが、最も過酷な時は過ぎ、

やるべきことはやってきましたので、後は収穫までの天候と神様に任せるだけです。
posted by ワイナリーマダム at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年06月18日

花カス取り

落花期〜幼果期の今、葡萄は花が咲いた後の花カスが房に残ってしまい、そのままほおっておくと灰カビ等の原因になってしまいます。

その可能性をできる限り取り除くため、またできるだけ防除での対処に頼らない栽培方法で
葡萄を収穫するために、私たちの圃場では葡萄をごく薄い木酢水できれいにしていあげています。

1房1房この作業を行うのですが、思った以上に大変です。

短い時期にピンポイントで行うことが作業効率と効果を上げるカギとなります。

画像 001.jpg
花カスをきれいに落とした葡萄の房の赤ちゃんはピカピカぴかぴか(新しい)

この作業は、なぜか子供におしゃれをさせるような気分で、葡萄に対する愛おしさが増しますハートたち(複数ハート)

実際は体中、木酢の臭いが染み付いてしまいますが。。。。(笑)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年06月14日

カベルネ・ソーヴィニヨンも満開です

日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンも本日満開を迎えています。

P6140577.JPG


そんな中、昨日、今日の日程で圃場のセンシングシステムの取りつけ作業と構築を富士通チームさんが行ってくれました。

P6140575.JPG


畑に取り付けられたセンサーによって、毎時間ごとの温度をパソコンにデータ送信して
一日の中での気温差やシーズン通しての積算温度を事務所にいながら確認することができます。

また、リアルタイムの圃場の様子を写真で確認することもできちゃいます。

今までの栽培ノウハウに加えて、葡萄の着色に大きく影響する夜間の温度変化や圃場ごとの温度変化をより正確に把握し、高い品質の葡萄の収穫に生かしていきたいと思っています。
センサー取り付け作業、システムの構築にあたってくれた富士通の皆様、2日間暑い中での作業、ありがとうございました黒ハート





posted by ワイナリーマダム at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年05月23日

菱山デラウェア

今年、新たに着手し始めた菱山にあるデラウェアの畑です。

私たちの圃場のほとんどは垣根栽培のため、先日から作業し始めたこの棚のデラウェアには
細川始めスタッフみんなが苦労しています。

P5210554-2.JPG


そんな私たちをしり目に、葡萄の木は「さぁ、伸びていくぞ~」って言っているみたいです。

頑張って木の成長に追い付いていかないと。。。。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年04月18日

長門原圃場・補修、誘引完了

3月からとりかかった長門原圃場の補修作業、誘引が終わりました。

すごい急斜面に位置するこの圃場は、今年着手から10年を迎えました。

長い歳月の中で、垣根の安定した独立が緩み始めてきたため、今回は垣根同士を上に張ったパイプで連結させて安定させる補修を行いました。

物干し竿のように思えますが、横に張ったパイプが垣根同士を支えて圃場全体を

頑丈にしてくれています。

もちろん、作業中にタオルを掛けておくこともできる優れものです(笑)

細川が毎日せっせと畑に足を運んで補修を行ったので今年はご褒美に素晴らしいシャルドネを収穫させてくれることでしょう♪

P4160521.JPG


posted by ワイナリーマダム at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年04月10日

圃場におけるセンシング環境構築のための実証実験

未だかつてない難しい題名のブログですよね。

先日、昨年から企業の農園づくりプログラムで一緒に栽培を行っている富士通滑ツ境本部のご厚意で
富士通ネットワークイノベーションセンターの高い技術をお借りして、圃場内のセンシング環境構築のための実証実験を行いましたぴかぴか(新しい)

センシングシステムの目的は、葡萄畑の温度情報をセンサー活用によりタイムリーに遠隔測定を行い、パソコン画面で積算温度や温度変化の推移をデータ化し、葡萄の生育や収穫適期をより正確に把握することが目的です。
もちろん今までも積算温度や気温変化に加え、糖度や種の様子等多方面から収穫期を決定していましたが、より精度を高めるため、富士通さんが開発してくれたセンサーを畑で使わせていただくことになりました。

これにより、葡萄の着色に大きく影響する夜間の温度変化や圃場ごとの温度変化、ヴィンテージの特性などをいち早く察知し、より高い品質の葡萄の収穫に生かしていければよいと思っています。

本日の実証実験結果は良好、早速取り付けへと進めていく予定です。

なんとこのセンサーは、ワイナリーからの指示で圃場の写真を写し、データとしてワイナリーで見ることもできる優れものです。

本日お越しいただきました富士通精鋭部隊の皆さんとの記念写真です黒ハート

P4080507.JPG

私と主人の間にあるのが畑に取り付けるセンサーボックス(実験用)です。
実物はこの半分くらい小さいものになるとのことです。
農業のIT化も日々進化していますが、葡萄の生態をより深く把握するための
ツールとして栽培にも最大限に生かしてより高品質な葡萄の収穫を目指していきたいと思います。

posted by ワイナリーマダム at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年03月20日

長門原圃場 メンテナンス中

夢郷葡萄研究所の圃場の中で、最も新しい畑である長門原圃場は2001年シャルドネの植え付けから10年が経過し、垣根の栽培設備の修復に取り掛かっています。

主な修復のポイントは、まず結果母子を誘引する支線の地面からの高さ、今までよりももう少し低めに誘導するように修復しています。
合わせて垣根の設備の補強も行っていきます。

P3160503.JPG


ちょっとわかりづらいですが、支線(横に張っているワイヤー)を緩めたところです。

この後両端のパイプを補強し、ワイヤーの高さを揃えてきれい張っていきます。

畑のメンテナンス作業は、剪定が終わって芽が出る前に行います。

メンテナンス終了後、4月中旬くらいまでに誘引を完了できる様進めています。
posted by ワイナリーマダム at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2010年11月28日

畑でのワインセミナー

2日連続で畑でのランチワインセミナーを行いましたハートたち(複数ハート)

このセミナーは日ごろから行っているものではありませんが、お客様のご要望と私たちのスケジュールがあった時に完全予約制で行ったりしています黒ハート
ご要望によって内容は少しずつ変わってきますが、セラーを案内したり、畑の説明をしたり、ランチを食べながらワインセミナーを行ったりと畑からワインまで盛りだくさんで楽しんでいただくツアーです。

   畑のご案内


   PB280340.JPG

普段のゲストルームを離れてランチセミナーはセラー前で行います。

幸い、2日間とっても暖かな日差しに恵まれ、和やかな雰囲気で楽しいランチセミナーをすることができました。

収穫を終えた畑は、少しさみしげですが葡萄がたわわに実っている時期を想像しながら皆さん真剣に耳を傾けてくれました。

通常畑のご案内はしておりませんが、やはり畑を見た後に飲むワインはほんの少しだけおいしさが増すようです(笑)

お越しいただきました皆様、ありがとうございました★


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2010年11月15日

葡萄の木の紅葉

葡萄の木の紅葉が見頃です黒ハート

今年の夏の暑さのせいか葡萄の葉っぱは例年より疲れ気味で、落葉がいつもより早いようです。

今年一年、厳しい夏にも耐えてよく頑張ったねexclamation

    葡萄の紅葉
posted by ワイナリーマダム at 15:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2010年07月04日

本日の作業at長門原圃場

毎日ぐんぐん伸びる新梢が、強風や雨で止め付けがはずれてしまったり、垣根の上のほうでバラけてしまったため、昨日、今日と夏期剪定、誘引作業を行いましたわーい(嬉しい顔)

        夏季剪定作業中!!

途中、ゲリラ豪雨に襲われながらもどうにか作業完了!!

こんなに畑がきれいになりましたよぴかぴか(新しい)

長門原圃場作業終了後の様子
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2010年04月17日

畑の様子〜神田圃場〜

ここ数日間4月とは思えない寒い日が続き、昨晩は雪が降りましたが本日は久しぶりに暖かなお天気になりました晴れ

  本日の神田圃場

神田(じんでん)圃場は、メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培している私たちの所有する一番広い面積を要する畑ですが、樹齢はいよいよ10年を超え、地力も安定してきましたし、樹体も充実してきましたハートたち(複数ハート)

誘引された枝の先から樹液(命の水)があふれ出しています。

この畑はワイナリーから少し離れている為、なかなかお見せする機会がありませんが、特にこの時期は圃場までの道々にさくらんぼの花が咲き乱れ、すぐ近くには立派なしだれ桜も咲いていますぴかぴか(新しい)
posted by ワイナリーマダム at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培