2017年06月30日

6月最終日。。。

本日で6月も終わり、梅雨の不安定な天候に振り回されながらもどうにかぶどう畑では今年の樹形が完成してきました。
IMG_1731.JPG

夏至が過ぎて葡萄はもっとも果実が肥大する時期です。今年も熟度の高い健全な葡萄を収穫するために一次感染を最小限に食い止める努力を畑の中で一つ一つ行っています。

IMG_1733.JPG

日本の高温多湿な厳しい夏、畑の中での戦いはまだまだ続いています。
posted by ワイナリーマダム at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2017年01月29日

剪定日和

ここ数日間はポカポカと日差しも暖かく過ごしやすい日が続いていますね。
冬のさみしい葡萄畑では剪定作業の真っ最中!!
IMG_0472.JPG

冬の長門原圃場。当たり前ですが葉っぱも下草もなく、写真を撮ってもかなり地味な光景です(笑)
この冬の光景を見るとなんだか葡萄の木が生きているのか不安になってしまいますが、4月下旬に芽吹き、青々とした葡萄畑に変化していく様は毎年のことながら心躍ります。

IMG_0463.JPG

こちらはベテランの細川さん。既に剪定作業も職人技です。葡萄の樹形にも配慮しながら今年素晴らしい収穫を実現してくれる結果母子を選び、スピーティに剪定作業を進めています。

IMG_0466.JPG

昨年から私たちの仲間に加わったNEW FACEの渡邊さん。剪定作業は今シーズン初めてです!!奥野田ワイナリーのスタッフ平均年齢もグッと若返りました(笑)ベテラン細川さんの厳しい(?)指導を受けつつ、葡萄の木との対話をしながら作業を進めています。
ぶどう畑の冬の光景、2017ヴィンテージの歩みは少しずつ進んでいます。
posted by ワイナリーマダム at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2016年06月02日

シャルドネ畑の様子@長門原・桜沢圃場

5月中旬を過ぎると同時に品種ごとに葡萄の花が咲き、甲州市はしっとりとした甘い香りに包まれます。
自社農園ではメルロが満開、カベルネが8分咲きといったところでしょうか??
とっても心地よい香りですが、葡萄の花の開花と共に畑での仕事は一気に激化し、忙しさのピークへと突入していきます。

IMG_7574.JPG

一足先に満開を過ぎたシャルドネ、花が終ったあと花カスを自分で落としてきれいにするのが他の品種に比べて苦手なシャルドネは毎年花カス取りの作業をしてあげます。


IMG_7571.JPG

長門原圃場で誘引作業をするベテランスタッフの細川さん。
既に葡萄の木と同じくらいの黒さです!!
麻ひもでぐんぐん伸びる葡萄の枝を整えてあげて、風通しを確保しています。
素晴らしい手さばきでどんどんと枝を整えていく様はまさに職人技です★

IMG_7576.JPG

そして、4月から私たちと一緒に働いている渡邊さん。
この春大学を卒業したばかりの彼女は、大学在学中にフランス留学の経験もあり、フランス語も堪能です♪
彼女のお陰で奥野田ワイナリーの平均年齢が一気に若返りました(笑)!!
厳しい細川さんの指導を受けて毎日畑で汗を流しています。

週末のOVCの皆さんとの花カス取り作業に向けて本日はシャルドネの2圃場で猛烈作業中です!!
posted by ワイナリーマダム at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2016年01月11日

真冬の葡萄畑

1月とは思えないほど毎日暖かいですね。
ややさみしげな冬の畑の光景、スタッフは剪定作業を始める準備に取り掛かっています。

019b3cda4ff836f2004afe8599749c9655b7308893.jpg

長門原(NAGATOHARA)圃場。
急斜面の垣根畑からは澄み渡る青空と山々が見え、すがすがしい気分です。

018ca256b97e3284446548022fb16307d9d34f2d62.jpg

神田(JINDEN)圃場。
整然と並ぶ冬の葡萄の木々はどこかさみしげであり、凛とした雰囲気があります。
この広大な畑からは甲州市が一望でき、とってもゆっくりとした時間が流れています。

スタートしたばかりの2016年、まだ眠っているぶどう畑に昨年は本当にお疲れ様★今年もよろしくねって挨拶回りしました(笑)



posted by ワイナリーマダム at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2015年07月30日

ヴェレゾンを迎えています

自社農園で栽培している葡萄たちがヴェレゾンを迎えています。
どの品種も今年の樹形が整い肥大期を終え、ここから先は水を引き込みながら色づき、熟度を上げていく過程に移っていきます。

01ec803196045870e30049cf64c9a2cfda1b0dfb45.jpg

長門原圃場のシャルドネ。
白ワイン用品種なので色づきはわかりませんが、もう少したつと日にかざした時に種がうっすら透けて見えるようになっていきます。今年もおいしく熟してくれますように。。。
長門原圃場、桜沢圃場のシャルドネの収穫は9月5日、6日を予定しております。

0104811913b337e93bf165c9edd3e8f632d50d15e9.jpg

こちらは神田圃場のメルロ。
次々と緑色の粒が色づき始めています。
メルロの収穫時期についてはシャルドネの1週間後、今年は9月12日、13日を予定しております。

01f86ac5b08c35513a3b44f0b7f2066d429a4c2146.jpg

毎日暑い畑の中、神田(ジンデン)圃場の垣根の中はむせ返るような暑さです。
写真ではわかりませんが、この列はちょうど品種がまたがっており右がカベルネ・ソーヴィニヨン、左がメルロです。
だんだんと色付き、水を引き込んで、葡萄たちが一歩一歩収穫に向けての歩みを進めています。

posted by ワイナリーマダム at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2015年07月14日

暑い日が続いています。。。

ここ数日、毎日暑い日が続いています。
セラー前の日灼(ひやけ)圃場も焼けつくような暑さ。
016959f1dd5e281fd891d41118d40cd68b4e66e45d.jpg

奥野田ワイナリーの自社農園は名前をすべて古くから使っている字名からとっており、この「日灼」は名前の通り一日を通して日当たりがよく、地温がとても上がる土地です。

013f306cfbeb88fc00816084b886e0f660562d1034.jpg

日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨン、今週末には元気に成長したこの子たちを雨から守るため、笠紙をかける予定です。いよいよ畑での仕事も大詰め、スタッフも葡萄ももうひと踏ん張りです。
posted by ワイナリーマダム at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2015年06月02日

6月に入りました。。

ここ数日、真夏のような暑い日が続いております。
4月下旬から5月に葡萄が芽を出し、そこから畑の中の状況は毎日めまぐるしく変化し、それにおいて行かれないようにとスタッフも真っ黒に日焼けをしながら毎日葡萄の木と格闘を続けています。
IMG_4890.JPG

こちらは本日の神田(じんでん)圃場の様子です。
この畑はメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培している奥野田ワイナリーの最も広い自社農園です。
心地よい風が通り、小川のせせらぎが聞こえ、遠くには中央線の電車が臨めるロケーションの良い畑ですが、一列がとても長いためスタッフ泣かせの畑でもあります。
IMG_4887.JPG

これはメルロの花。。ほぼ満開で畑の中は甘くしっとりとした香りに包まれています。
まだ始まったばかりの今年の栽培において最も過酷なシーズン、畑の中では収穫に向けて永遠とも思えるような戦いが始まっています。
posted by ワイナリーマダム at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2014年08月03日

収穫まであと1ヵ月

自社農園の葡萄も色づきが始まり、いよいよ収穫まであと1ヵ月ほどです。
9月には、シャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンの順番で自社農園の葡萄を収穫していきます。

IMG_2482.JPG

こちらは神田圃場のメルロ。今年は房数は例年よりもやや少なめ、房型もやや小ぶりに感じます。

IMG_2481.JPG

週末はOVCメンバーさんにお声掛けして、葡萄の病果を取り除く作業を行いました。
土曜日は長門原圃場のシャルドネ、日曜日は神田圃場のメルロのお手入れをしました。
この作業は、病果を取り除き病気の進行を防ぐため、房の風通しを良くして葡萄を健全に保つため、また1ヶ月後に控えた収穫作業をスムーズに進めるために行います。
IMG_2476.JPG

収穫まであと1ヵ月、葡萄と向き合いながら今できることを一つ一つ積み重ねています。

posted by ワイナリーマダム at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2014年06月28日

摘心作業@神田圃場

メルロとカベルネソーヴィニヨンを栽培する奥野田ワイナリーで最も広い面積を誇る神田(じんでん)圃場。


夏至が過ぎ、畑では摘心作業中です。
IMG_2346.JPG

今年奥野田に来て5シーズン目を迎えた細川は、伸びた枝をきれいに整理しながら留めつけています。

IMG_2354.JPG

この春から仲間入りした岡野は枝を同じ高さに切りそろえる作業を行っています。
もっとも忙しいこの時期、朝から晩まで畑の中にいるので二人とも真っ黒です。



IMG_2344.JPG

二人のスタッフの頑張りに支えられて、奥野田の畑は美しく保たれています。
posted by ワイナリーマダム at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2014年05月28日

シャルドネの開花が始まっています

シャルドネの花が咲き始めました。


画像 1111.jpg


まだほんの一分咲き程度ですが、畑に入るとしっとりとした葡萄の花の香りが漂ってきます。

画像 1112.jpg


葡萄は青空に向かってめいいっぱい手を伸ばし、ぐんぐん大きくなっていきます。

畑のなかでは一年で最も忙しいシーズンに突入、これから約2か月間葡萄の木と下草とスタッフの激闘が続きます。
posted by ワイナリーマダム at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2014年01月14日

剪定作業開始!!

本日から剪定作業を開始しました。
剪定作業が始まると改めて新しい一年がスタートしたことを実感し、気が引き締まる思いです。

画像 005.jpg

木と対話をしながら剪定を進める細川と昨年誘引に使った麻ひもをはずしてあげる山口、今年もここから収穫まで一つ一つの作業を積み重ねていきます。

画像 011.jpg

厳しい冬の寒さをじっとこらえている葡萄の木々たちに、去年はお疲れ様、今年も頑張ってね。。。そんな風に声を掛けてあげたい気持ちになります。
posted by ワイナリーマダム at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2013年08月23日

収穫直前のワイナリー犬

今年はとにかく鹿の被害があちらこちらの畑でも出ていて、私たちの圃場でも鹿に食べられた跡が、、、

色々と対策をしているのですが、このまま被害が続くと畑の葡萄がどんどんと減ってしまいます。

ここのところワイナリー犬のチョコとマロンもたまに畑に出張して、夜の畑の安全を守ってくれています。

鹿は臆病なので、大きな音や鳴き声が聞こえると恐れをなして、逃げていくようです。

チョコもマロンも葡萄を守るというワイナリー犬としての使命に燃えています(嘘です)

昨晩はワンコの様子を見に畑に行く途中で、ついに鹿さん4匹に遭遇!!

大きな雄鹿で、角までいれると体調2メートル位はありそう。私たちの姿をみると山に逃げて行きました。

収穫まであと2週間ちょっと、不安で眠れない夜が続きます。

画像 1306.jpg


2週間後にはいよいよ自社農園の最初の収穫、シャルドネ収穫会を控えています。
どうにか鹿の被害からも逃れ、皆さんと一緒に良い葡萄を収穫したいと思っています。

只今シャルドネ収穫会の参加メンバーを募集中!!(詳しくはこちら
是非是非お誘い合わせの上、ご参加ご協力をいただけます様お願い致します。

posted by ワイナリーマダム at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2013年08月18日

桜沢圃場〜鳥獣対策〜

今年は例年にも増して、鳥獣被害の声が聞こえてきて、私たちの畑でもあちらこちらで被害が見受けられます。

シャルドネ収穫まであと3週間、私たちが収穫する前に鳥や鹿に葡萄を食べられてしまうわけにはいきません。

山口が担当しているこの桜沢圃場は彼女のお盆休みが始まる前日、鳥よけと麻ひもが張り巡らされ必死の鳥獣対策が。。。。


__.JPG


鳥さん、鹿さん、収穫まで大人しくしていてください。
posted by ワイナリーマダム at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2013年06月01日

シャルドネの花カス取り

今年は例年よりも葡萄の花の開花が少し早いようで、ここ数年間シャルドネの花カス取りは6月10日前後にしていましたが、今年は1週間早い本日、まさに花カス取り作業日和を迎えてしまいました。
来週末に予定しているOVC作業日や富士通さんの作業日で花カス取り作業を行う予定が、葡萄の生育を見ながら急遽本日OVCメンバーで有志を募って作業を行うことになりました。

画像 007.jpg


このシャルドネの花カス取り、毎年私たちを悩ます大変時間がかかる気の遠くなるような作業です。
落花期〜幼果期、シャルドネは花が咲いた後の花カスが房に残ってしまい、そのままほおっておくと灰カビ等の原因になってしまいます。

その可能性をできる限り取り除くため、またできるだけ防除での対処に頼らない栽培方法で
葡萄を収穫するために、私たちの圃場ではここ数年間葡萄をごく薄い木酢水できれいにしていあげていました。
作業は、毎朝5時前から夕方暗くなって房が見えなくなるまで行い、1週間以上の時間を費やしていました。
毎年毎年シャルドネ栽培者を悩ます花カス取り、どうにか良い方法はないかと毎年色々試してみていました。ブロアで花カスを飛ばしたり、刷毛で払ったり、水で洗ったり。。。。

でも今年、ついに最も効率がよく、効果が期待できる方法を編み出しました。
その方法は「手で払う」という一見原始的な方法(笑)
でもこれが一番早く、確実に花カスが取れるのです。
こだわる点は、化繊が含まれた(綿100%は×)軍手を使用して払うということ。

もちろん一房一房丁寧に優しく作業をしていきます。
画像 003.jpg

作業前のシャルドネ。花カスがたくさんついています。

画像 005.jpg

こちらが作業後のシャルドネです。がくや弁が落ちとってもピカピカぴかぴか(新しい)です。

画像 006.jpg

なんと手前のひと房からこんなにたくさんの花カスが取れるのです。
花カス取りと同時に、シャルドネは少し実が込んでしまう傾向にあるので実も少し取り除いてあげています。

毎年この作業は相当に時間がかかっていただけに今年の発見(??)はとても有意義でした。

集まってくれた数人のOVCの有志の皆さんと作業を行い、本日長門原圃場の花カス取りは完了しました。
作業を手伝ってくれた皆さん、ありがとうございます。

posted by ワイナリーマダム at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 自社農園・葡萄栽培

2013年05月24日

シャルドネの花が咲き始めました

本日はとても気持ちの良い5月晴れ、降り注ぐ日差しに葡萄の葉っぱも畑も山々もいつも以上に光り輝いて見えます。
長門原圃場、桜沢圃場のシャルドネの花が咲き始めました。

画像 1091.jpg

(OKUNOTA WINERY NAGATOHARA VINEYARD)

奥野田ワイナリーでは、それぞれの畑が担当制になっており、こちらの長門原圃場は細川が担当になっています。

画像 1099.jpg

本日の作業は、新梢管理(芽かき&誘引)です。
もうすでに日焼けで真っ黒です★

画像 1104.jpg

そしてこちらが桜沢圃場です。同じ斜面にある畑なので写真だと見分けがつきにくいですね(笑)
早く桜沢にも看板を作ってあげなくちゃあせあせ(飛び散る汗)こちらの畑は山口が担当しています。

今一分咲のシャルドネの花は週末くらいから徐々に甘い香りを漂わせ始めます。
控えめながらも甘やかな葡萄の花の香りは何とも心地よく癒される、この時期のお楽しみですハートたち(複数ハート)



posted by ワイナリーマダム at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年05月10日

甲州の苗木を植えました

本日甲州の苗木の植え付けをしました♪

IMG_0895.jpg


これまで自社農園では、ワイン醸造用葡萄のシャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを中心に栽培を行ってきましたので、甲州種については着手をしてきませんでした。
私たちはまだ初代の歴史のないワイナリーですので、もちろん代々受け継がれている畑は1枚もありません。
そのため、1996年に栽培に着手したときにはまだ県内でも実績のない垣根栽培のワイン醸造用葡萄への取り組みを行い、古くから地元で栽培されていた甲州種に関しては全て信頼のおける契約農家さんにお願いをしてきました。
しかし、お世話になっている農家さんの高齢化に伴い、ここ数年は甲州種の仕込み量を減らしてきましたので、私たち自身も栽培に着手していくことになりました。

本日植え付けた50本の苗木から葡萄を収穫して、ワインになるのはまだまだ先のことですが、自分たちで植え付けをした初めての甲州種、今後の成長がとても楽しみです★
posted by ワイナリーマダム at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年04月26日

シャルドネの葉っぱが出ました★

今日はあいにくのお天気、長門原圃場から見る景色もかすんでいます。
IMG_0877.jpg


シャルドネの葉っぱの赤ちゃんがかわいらしく顔をのぞかせはじめています黒ハート
圃場全体には展葉1,2枚といったところ、写真はちょっと慌てものの木です。

長門原圃場は一昨日今年初の草刈りを終え、本日は小雨のちらつく中、日灼圃場の草刈り作業をしています。

葡萄の葉も畑に生えている雑草も暖かくなってきて一斉に動き始めて、なんだかこちらも身が引き締まる気持ちです。




posted by ワイナリーマダム at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年04月12日

畑の様子~長門原圃場~

暖かくなってきて長門原圃場から見える景色も大分春らしくなってきています。
足元にもマメ科の雑草やタンポポがあちらこちらに見え、ようやく葡萄の木も目覚め始めようとしています。

IMG_0761.jpg


シャルドネを栽培するこの畑は、急斜面に位置していてすぐ下には中央線の電車が見えます。

IMG_0759.jpg


シャルドネの芽もぷっくりと膨らみ始めています。
発芽までもう少し、今年はどんな成長を見せてくれるか楽しみです★
posted by ワイナリーマダム at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2012年02月12日

デラウェア剪定

今年から栽培することになった菱山のデラウェアの畑です。

只今剪定真っ最中!!

IMG_0454.jpg




posted by ワイナリーマダム at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年09月24日

カベルネ・ソーヴィニヨン収穫会~富士通ワインファーム~

今年で2年目となる富士通さんとの畑での活動。

奥野田ワイナリー自社農園日灼圃場内の一画を富士通ワインファームとして
富士通社員の皆さんが葡萄の育成を体験したり、自然保護について考えたり、生物多様性について学んだりする活動を行っています。

年間数回の作業日を設け、富士通社員の皆さんが私たちと一緒に畑で汗を流してくれています。

その活動の集大成、待望の収穫会の日がやってきました。

やはり収穫は他の活動に比べてもかなり人気の様子、抽選で選ばれた70名もの参加者が集まってくれました。
皆さんが葡萄の栽培に興味を持っていくれていて、私たちとしてもうれしい限りです。


IMG_0313.jpg


まずは、私たちの畑の理念やこだわり、今年のヴィンテージや葡萄の状態、畑での注意点、収穫の手順等等を
テントの下で説明します。

その後、畑に移動して実際に収穫作業開始!!

IMG_0319.jpg


収穫直前に襲った台風の影響もあり、葡萄は玉割れしているものも少しありましたが、

昨年の厳しいヴィンテージの反省も踏まえて、春からの徹底管理の甲斐あって畑全体には

とても健全で熟度の高いカベルネ・ソーヴィニヨンがたわわに実りました。

昨年に引き続き収穫に参加してくれた方、収穫に至るまでの作業に何度も足を運んでくれた方、

OVCにもご参加している熱心な富士通社員の方などなど、本当にたくさんの方がこの日を楽しみにしてくれて

いたことをとてもうれしく感じました。


IMG_0314.jpg


葡萄は1房1房丁寧に処理を行い、収穫カゴに入れていきます。

参加者皆さんの真剣な収穫作業は、秋晴れの気持ちの良いお天気も助けて
ぐんぐん効率を上げていき、富士通ワインファーム内の葡萄300kgを含む820kgのカベルネ・ソーヴィニヨンを収穫しました。



富士通2011収穫会.jpg


ご参加いただきました皆様、収穫作業お疲れさまでした。
本日収穫していただきました葡萄が、美味しいワインになって皆様にお届けできる日を楽しみにしていてくださいね。



posted by ワイナリーマダム at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培