2024年05月12日

2024奥野田ヴィンヤードクラブ〜新梢管理〜

5/11(土)、5/12(日)の両日、5月晴れの気持ちの良いお天気の中OVCの皆さんと新梢管理作業を葡萄畑で行いました。

IMG_5353.jpg

上手に2日間60名様ずつメンバーさんが分かれてくれて、それぞれの日で最初はシャルドネを栽培する長門原圃場で、そのあとはHIYAKE VINEYARDのカベルネソーヴィニヨンの新梢管理と葡萄の皮むき作業を行いました。

IMG_5354.jpg

3月にお集まりいただいた時とは畑の景色が様変わりしていて、葡萄畑の中はまだ出たばかりの小さなかわいらしい葉っぱでいっぱい。
IMG_5404.jpg

まずは葡萄の木の中で位置がふさわしくない芽や明らかに成長が遅れている芽、不定芽などを摘んでいきます。
メンバーの皆さんには主に主幹の下の方にひょっこり出ている不定芽を中心に除去してもらいます。
葡萄の芽かき作業の後は同じエリアの葡萄の木の皮をむいてあげます。
いつも皆さんが作業をしてくれるHIYAKE VINEYARDに比べると長門原圃場はまだまだ皮むきが徹底されていないので主幹を覆っていた葡萄の皮を剥いてもらった葡萄の木がすっきりサマー仕立てとなり気持ちよさそうに涼しげに見えました。
IMG_5358.jpg

斜面にあるシャルドネの畑から下ってきた後はテラスで本日の作業について座学でお勉強。
葡萄の芽かきは今年実をつけるのにふさわしくない芽や成長が遅れている芽などを摘んであげることで畑の中全体が同調しながら生育ステージを進み、同じ時期にしっかり熟期を迎えられるように行います。
作業の意味や目的を知り、秋の葡萄畑、その先ある来年再来年の樹形を想像しながら作業をするとまた栽培の奥深さを感じることができます。

IMG_5373.jpg

改めて座学を踏まえて今度はHIYAKE VINEYARDで芽かき作業&葡萄の皮むき。
必ずきれいな手で芽かきをして、芽かきが完全に終わってから皮むきに取り掛かります。皮をむいた手には雑菌や汚れなどがついてしまうので葡萄の新梢を触るときにはいつもきれいな手で作業をすることも重要なポイントです。

IMG_5380.jpg

OVC5月の作業1日目にお越しいただきました皆様とHIYAKE VINEYARD前で記念撮影。
この日は電車が停まってしまったりお集まりいただいた皆さんにはご苦労をおかけしましたがお天気もよくとても楽しい一日でした。

IMG_5417.jpg

OVC5月の作業2日目にお越しいただいた皆様と長門原圃場で記念撮影。

IMG_5400.jpg

そして年に一度のお楽しみ!!皆さんに摘んでいただいた芽を天ぷらにして食べ比べ。シャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨン、比べてみると味わいがまったく違って面白い!!そしてリリースしたばかりのハナミズキ・ブランにぴったりすぎて最高に幸せなひと時でした。
IMG_5414.jpg

恒例の奥野田ワインバーも大盛況!!天ぷらをつまみながら皆さん思い思いにグラスワインや仲間とシェアしてボトルワインをお楽しみいただきました。不覚にも用意したワインが足りなくなるという事態に。。。(笑)本当によく食べてよく飲んで最高に楽しい会でした。
ご参加いただきましたOVCの皆様、ありがとうございました。

次回は6月、除葉作業を予定しています。きっとお越しになるとあまりに立派にぐんぐん伸びる葡萄の木に驚かれることでしょう!!また次回、葡萄畑でお待ちしています。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月31日

奥野田ワイナリー自社農園ワイン用葡萄植樹会のお誘い

奥野田ワイナリーでは1996年にブドウ栽培をスタートさせ、シャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン等のワイン用葡萄の垣根栽培に長年着手してきました。今では葡萄畑は樹齢を重ね、毎年自社農園から私たちの想いが詰まった多くのワインが出来上がっています。

長い歳月畑を運営する中で少しずつ枯れてしまったり、畑の中でどうしても葡萄の生育が弱いエリアが出てしまったりと葡萄畑の中で植えた葡萄樹が欠損している箇所が少し目に付くようになってきました。

今年はまとまった良いの苗を入手することができましたので畑の中の欠損箇所に葡萄の木を補ってあげる植樹作業をしたいと思います。

植樹作業はとてもデリケートな作業ですが、ご参加いただける皆さまのお力をお借りし、今後の葡萄の生育と圃場の充実に思いをはせながら丁寧に行っていきたいと思います。

植樹作業につきましてはしっかりと説明、指導をさせていただきながら慎重に進めていきます。

ランチはみんなでワイナリーガーデンテラスでグラスワイン、またはブドウジュースとともに楽しみたいと思います。

私たちにとっても、ご参加いただく皆様にとっても有意義で楽しく感慨深い一日になりますように。。。

たくさんの皆様のご参加をワイナリー一同、心よりお待ち申し上げております。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

★奥野田ワイナリー自社農園葡萄植樹会★

●日 時●
4月20日(土)メルロ・カベルネ・ソーヴィニヨン植え付け会@神田圃場
4月21日(日)カベルネ・ソーヴィニヨン植え付け会@HIYAKE VINEYARD


●集合時間●
9:00
※4/20は9:00に塩山駅から畑への送迎があります。

●集合場所●
4月20日 (土)
塩山駅南口 または 奥野田ワイナリーショップ&サロン

【電車でお越しの方】
塩山駅からの送迎は9:00を予定しています。
送迎をご利用いただく場合は塩山駅電車到着時間と送迎をご利用の旨をお知らせください。
送迎時間以外の到着の場合は奥野田ワイナリーショップ&サロンにお越しください。
また駅から畑間を何度か送迎させていただく際お待たせしてしまうことがありますが何卒ご了承ください。
送迎車に乗る前に必ずお手洗いを済ませてください。

【お車でお越しの方】
奥野田ワイナリーショップ&サロン前にお越しください。

4月21日(日)
奥野田ワイナリーショップ&サロン
ショップで受付を済ませていただき、テラスに移動してください。
お車でお越しの客様は受付後、駐車場にご案内します。

●作業圃場●

4月20日(土)メルロ・カベルネ・ソーヴィニヨン植え付け会@神田圃場
4月21日(日)カベルネ・ソーヴィニヨン植え付け会@HIYAKE VINEYARD

●参加費●

4.000円(おやつ、昼食、グラスワイン付)

●持ち物●
飲み物、軍手、ハンドシャベル、またはハンドスコップ

●備考

作業しやすい服装でお集まりください。
また、日焼け対策、日よけ対策、は万全にご準備をお願いします。

●参加お申込み方法●
植樹会のお申し込みはこちら!! → http://www.web.okunota.com/shokuju/index

参加お申込み期限

4月16日(火)

※参加者が定員に達し次第、締め切らせていただきますのでお早めにご連絡お願いいたします。


当日は、ご協力してくださる皆様と作業を通じて楽しい一日にしたいと思っておりますので是非是非お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。
もちろん植え付け作業の詳しい手順は丁寧にご説明してから作業に取り掛かりますので、初めての方でも大丈夫です。
それでは、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
IMG_3988.jpg



posted by ワイナリーマダム at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月10日

2024奥野田ヴィンヤードクラブメンバー募集!!

奥野田ワイナリーでは、カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培する自社農園「HIYAKE VINEYARD(ヒヤケヴィンヤード)」を舞台に2024年度一緒に活動をして下さる仲間を募集しています。
奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)は、畑の中で共に学び、共に作業し、季節を感じながらワインを楽しむ大人のクラブ活動です。
わたしたちと一緒に一年間活動して下さる楽しい仲間のご参加を心よりお待ちしております。
今までの活動の様子はこちら
01ac03e059880fa52518d9d9b627f1b9f8a2404bc8.jpg

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 


2024年度奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)

OVCは、真冬の剪定から秋の収穫まで一年間私たちと一緒に圃場を舞台に活動するクラブです。
年間5回〜の作業日には葡萄の生育ステージにあわせて私たちが長年培ったノウハウを座学で学んでいただきしっかりと葡萄栽培についての知識を深めた後、実際に畑での作業を一緒に行っていただくプログラムです。
また、栽培、ワインの両面でのスキルアップ向上を目指し、ランチではその時もっとのお勧めのワインをセミナー形式でティスティングしていただきお料理とのマリアージュを通して、ワインの楽しみ方も学んでいただきます。
栽培とワインというキーワードで、座学と実践を踏まえて一年間一緒に作業し、楽しみ、高めあうクラブ活動です。私たちと一緒にワインライフを楽しんでみませんか??


主な活動・特典
☆ご入会いただきました際には奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)会員証を発行いたします。
☆OVCメンバー様は日灼圃場メンバー様指定エリアの中からセレクトしたご自分の葡萄の木にネームプレートを付けていただくことができます。
☆葡萄の成長に合わせて年間5回〜の作業日を設け、座講、作業の両面から栽培知識を高めていただきます。
☆年間通して様々なイベントに特別価格で優先的に参加していただくことができます。
☆OVCメンバー様は年間通してワイン購入時に割引特典を設けております。
☆ご自分のネームプレートの付いた木から収穫した最高の1房をお持ち帰りいただけます。
☆収穫終了後にはOVC会員様限定記念ワインをプレゼントさせていただきます。(1口1本)


栽培品種
カベルネ・ソーヴィニヨンを中心に奥野田ワイナリーが栽培するシャルドネ、
メルロ等のワイン用品種

クラブ年会費
お1人様11,000円(初年度登録料別途2000円)
(1年毎の契約となり、入会時、または更新時のお支払いとなります。)
※参加の際には参加費がその都度かかります。(ランチ、グラスワイン付き)

契約期間
2024年1月〜2024年末日

作業圃場
日灼圃場を中心とした奥野田ワイナリー自社農園
※作業スケジュールはお申込みをいただきました方に順次お知らせいたします。

お申し込み方法
2024OVCお申し込みフォームで承っております。
お名前(ローマ字表記もお知らせください)、郵便番号、ご住所、お電話番号、E-MAILアドレス、主な交通手段をお知らせください。
追ってご連絡させていただきます。

お申込み期日
2023年12月24日
定員になり次第、募集を終了しますのでお早めにお申し込みください。


楽しい仲間のご参加を心よりお待ちしております!!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

IMG_4296.jpg

2023年OVCお疲れ様会の記念写真です


posted by ワイナリーマダム at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年08月27日

2023シャルドネ収穫会

いよいよ自社農園の収穫仕込みがスタート!!
8月26日(土)、27日(日)の2日間、自社農園桜沢圃場、長門原圃場のシャルドネを集まってくれた約60人の仲間とともに収穫しました。
IMG_3787.jpg

全体的には雨が少なくとてもいいヴィンテージでしたが収穫直前に雨の日が続きスタッフたちは収穫当日を迎えるまで不安な時間を過ごしていました。ですが、葡萄も私たちの思いにこたえてくれて本当に素晴らしい出来栄え!!無事収穫の日を迎えられ感無量です。
IMG_3800.jpg

お集まりいただいた方から一年間栽培を頑張ってきたスタッフから収穫の説明を受けます。収穫の仕方、手入れの仕方、かごの詰め方、かごの運び方まで細かく打ち合わせをして収穫作業がスタート!!

IMG_3802.jpg

熟度が高まり葡萄の皮が薄くなったシャルドネ、陽を受けると中の種がうっすらと透けて見えて宝石のように美しいですぴかぴか(新しい)

IMG_3789.jpg

収穫初日は桜沢圃場のシャルドネを収穫したのち、歩いて長門原圃場に移動して収穫を進めるというとてもハードな一日でしたが、こんな美しいシャルドネが収穫でいるとわずかですが(笑)疲れも吹き飛びます。

IMG_3795.jpg

両日ともに最高のお天気ゆえに残暑厳しく作業も大変でしたが、桜沢シャルドネ1585キロ、長門原シャルドネ1910キロ、2日間で3495キロの美しいシャルドネを収穫しました。朝から集まってくださり、葡萄と向き合い、丁寧に収穫をしてくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。
IMG_3792.jpg

8月26日(土)に集まってくれ皆様。
桜沢圃場のシャルドネ収穫をコンプリートさせ、長門原圃場に移動してさらに収穫を進めるという初日にして最もハードな収穫日でした。丁寧な収穫、本当にお疲れ様でした。
IMG_3815.jpg

8月27日(日)に集まってくれた皆様。
広い長門原圃場での丁寧な収穫、ありがとうございました。葡萄も美しくみんなで収穫の喜びを分かち合え、とても楽しいひと時でした。お疲れ様でした。

IMG_3826.jpg

作業の後はワイナリーガーデンテラスに戻ってみんなでランチタイム。
乾杯のワインはシャルドネ収穫会にちなんでアネモネ・シャルドネ
ハーブや白いお花を思わせるさわやかな果実味が心地よい昨年収穫したシャルドネから作った白ワインです。
収穫会恒例のマダム亜貴子のピクルスとともに。今回はディルの香りがさわやかな夏らしいピクルスにしました。
IMG_3832.jpg

こちらも収穫会恒例!!事前に収穫しておいたシャルドネをコンフィチュールにしてバケットにチーズと一緒に載せて召し上がっていただきます。シャルドネの収穫作業をした後に、同じ畑から収穫したシャルドネのワインとシャルドネのコンフィチュール、最高のマリアージュです。コンフィチュールは毎年お菓子教室を主宰していた母が作ってくれていて収穫会の時に皆さんに召し上がっていただくのと同時に数量限定で販売もしています。とても人気で毎年すぐに売り切れてしまいますが、シャルドネの果実そのままの味わいがとてもおいしくチーズやお肉料理に合わせてワインのおつまみにしていただくと最高です。
370321299_1675456482934417_372860128849930305_n.jpg

8/26にお越しいただいた皆さんの乾杯風景!!
369672538_773742641215720_115365799122678796_n.jpg

8/27にお越しいただいた皆さんの乾杯風景。
両日ともにランチタイムはお好みでグラスワインを飲んだり、収穫を一緒にした仲間とボトルをシェアしてワインを楽しんだりとゆっくりと和やかな時間。。。こうやって一緒に収穫をした仲間と楽しむワインは格別で本当に尊いひと時です。。
IMG_3846.jpg

その日のうちに皆さんに収穫していただいたシャルドネを仕込みました。
搾汁機の中のシャルドネはキラキラと美しくおいしいワインになる予感しかしません(笑)
IMG_3836.jpg

ワイナリーでの収穫仕込みシーズンはまだ始まったばかり。。。
スタッフもクタクタに疲れていますが、ワインを愛する大切な仲間たちに支えていただきながらしっかりと葡萄を見つめ、2023シーズンを大切に丁寧に進んでいきたいと思います。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年07月16日

2023奥野田ヴィンヤードクラブ〜傘紙掛け作業〜

今年も2月からスタートした奥野田ヴィンヤードクラブの活動、寂しい葡萄畑で剪定を学んだ時と同じ畑と思えないほどに青々とした葉っぱとかわいらしい葡萄が実る美しい畑に成長しました。
9E4A328F-B8BB-4700-AA6F-ACB8E3A6650B.JPG

ここまで2023年の作業日はずーっと雨に見舞われてきたにもかかわらず、今回はカンカン照りの良すぎるお天気となり、作業を進めるのにはやや厳しい天候でした。
雨は嫌ですが、カンカン照りもつらいので薄曇りくらいを所望したのですが、叶いませんでした。。。

3EA18E1B-F04C-4DAC-874D-10D9FCA554D1.JPG

1房1房丁寧に傘紙をかけてあげてここから秋の収穫までの間雨粒から葡萄たちを守ってあげます。

IMG_3452.jpg

暑さと闘いながらの傘紙掛け作業でしたら皆さん効率よく作業を進めてくれたおかげで日灼圃場のすべての葡萄に傘がかかりました。

IMG_1326.jpg

畑の中で気持ちよさそうな葡萄たち。
IMG_3461.jpg

7月のランチワインは美しいピンク色の濁りロゼスパークリング、キンキンに冷えたスパークリングが暑さで火照った体にしみわたります。
合わせたマダムの一皿は夏の定番スープ、ガスパチョ。完熟トマトをたっぷり使って濃厚な味わいに仕上げました。スープの上にはきゅうりのピクルスを散らしてオリーブオイルをかけて。。。
ベリザンテとガスパチョの夏の最強マリアージュをお楽しみいただきました。
362994675_3508883632721829_5127066882163361072_n.jpg

傘紙掛け作業に来てくれたOVCの皆さんで乾杯!!
暑かったけど一房ずつ葡萄に傘をかけてあげるとより一層愛情が高まり、秋の収穫が待ち遠しくなります。
次回畑に来ていただくときには緑の初々しい葡萄たちが真っ黒に熟して皆様に摘み取ってもらうのを待っています。OVC収穫会は9月16日(土)、17日(日)の2日間、皆様のお越しを心よりお待ちしています。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月14日

「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」で奥野田ワイナリーが紹介されます

辰巳琢郎さんのワイン番組「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」で奥野田ワイナリーが紹介されます。
IMG_795.JPG

BSテレ東「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」
5/15(日曜)、5/22(日曜) 23:30〜
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/budoshu/


2週間にわたって奥野田ワイナリーが紹介されます。
久し振りにワイナリーにお越しいただいた辰巳さん、相変わらずとても気さくで素敵な方で楽しく取材をしていただきました。
シャルドネの畑や昨年完成した醸造場と新しい醸造設備、現在リノベーション中のワイナリーなど中村と辰巳さんがお話ししながらご案内しています。テイスティングは4/23にリリースしたNEWワイン3種【セレンディピティ シャルドネオランジェ、クレプスキュールシャルドネ、クレプスキュールメルロ)をマティーニ(カクテルグラス)
どんなふうになっているかドキドキです。
是非見ていただけたら嬉しいです。
posted by ワイナリーマダム at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月04日

11/7、ワインツーリズムやまなし2021秋を開催します!!

11月7日(日)、塩山エリアと一部の牧丘エリアのワインツーリズムやまなし2021が開催されます★
今年は新型コロナの感染予防を徹底しながら、200人という小規模でのとっても贅沢な開催となります。

ワインツーリズムとは、葡萄とワインの産地を訪れ、ワイナリーを巡り、造り手と触れ合い、そこで生み出されるワインを味わい、そのワインが生まれた土地を散策しながら食や文化を楽しむ、そんな旅のスタイルです。

私たち奥野田ワイナリーでは少し歩きながら周りの葡萄畑の光景も見ていただきたいという事でお馴染みのテイスティングルームではなく、セラー前のオープンスペース、奥野田ガーデンテラスでのワインテイスティングに畑の案内を交えた30分のワインツーリズムスペシャルコースをバスの運行に合わせて開催する予定です。この日限りのとってもスペシャルで楽しいコースになっておりますので是非是非奥野田ワイナリーにお越しくださいね!!
IMG_6589.jpg
※こちらの写真は2019年度2000人規模で行われた際の写真です。
今回は200人規模ですので少人数での開催となり、ゆったりとお楽しみいただけます。

また、醸造場の前ではグラスワインやおつまみを楽しんでいただける奥野田ワインカフェも開催!!
皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

奥野田ワイナリーのプログラム

45分に1本到着するバスに合わせて畑やセラーをご案内した後、ガーデンテラスにてセミナー形式のテイスティングを行うワインツーリズム限定ミニツアーを開催します。
テイスティングワインはいま最もホットな奥野田ワイン4種類を予定しております。
順番にワインをお出ししながらワインについて、合わせていただくお料理について丁寧にご説明させていただきます。
所要時間は30分です。
効率よくワイナリー巡りをしていただける様、45分に1本の運行となっているバスの時間に合わせてプログラムを開催します。
ワイナリー前のバス停から今回の会場になっているガーデンテラスは徒歩2分ほどです。
すがすがしい秋風と美しい紅葉をお楽しみいただきながら、ワインを通じて皆さまと楽しいお時間をご一緒できることをスタッフ一同楽しみにしております。
ワインツーリズムスペシャルツアー参加費:お一人様500円
(テイスティングワイン4種/ハナミズキブラン・桜沢シャルドネ・スミレルージュ、奥野田ドルチェを予定しています)
IMG_4052.jpg

バスを降りて醸造場前からツアーがスタートします。

IMG_3359.jpg

収獲を終えたカベルネ・ソーヴィニヨンの畑をご案内。
IMG_6594.jpg
ガーデンテラスでのワインテイスティング
IMG_3405.jpg

ガーデンテラスで4点のワインを説明を交えながらテイスティング
※一昨年お出ししたテイスティングワインです。今年はアイテムが異なります。

※少人数のスタッフで運営している小さなワイナリーです。
ワインツーリズム当日はバスの運行に合わせて30分のスペシャルツアープログラムのみを行っておりますのでプログラム以外でのご案内が難しいです。何卒ご理解のほどお願い致します。
お時間に余裕がありましたら是非ゆったりと醸造場前のスペースでお待ちいただき、次のバスが来るのと同時にスタートするミニツアーにご参加ください。

ワインの販売について
気に入っていただけたワインがございましたらぜひともお求めください。
ワインは醸造場前のかわいいピンク色の奥野田テントで販売、ワインカウンターでお渡しします。
配送ご希望の場合はご注文時にお申し付けください。
是非お気に入りの一本を見つけていただけたら嬉しいです。


奥野田ワインカフェ
醸造所前ではこの日限りの奥野田ワインカフェをオープン。奥野田ビアンコやロッソなどの定番ワインをはじめ、2018ヴィンテージの甲州ワインに1990年のリザーブワインを加えて瓶内二次発酵で仕上げたヴィンテージブリュットなど気まぐれでスペシャルなラインナップを予定しています。
ツアーの時間を待ちながら、またツアー後ゆったりとおつまみと共にグラスワインもお楽しみいただけると嬉しいです。
FOODはワインに合う色々なおつまみや手作りお菓子も数量限定で販売、青空の下で楽しんでいただけます。
バスを待ちながら、醸造場前のひと時も楽しい時間を過ごして頂けるとれしいです。
ご予約で販売しました奥野田ワイナリー特製ランチボックスもこちらでのお渡しになります。
バスの運行に関しましてはこちら!!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

小さなワイナリーですので、不自由をお掛けすることもあるかもしれませんが、
スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

それでは、ワインツーリズム当日にお会いできるのを楽しみにしております。

※写真は全て2019年度2000人規模で行われた際の写真です。
今回は200人規模ですので少人数での開催となり、ゆったりとお楽しみいただけます。
posted by ワイナリーマダム at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月22日

2021デラウェア収獲仕込がスタートしました!!

2021年度の収穫仕込がいよいよスタートしました!!
F6FC0E44-BEB9-4AE8-A1DC-C8DA2B8679C3.jpg

いつもは契約農家さんのデラウェアからシーズンがスタートするのですが、今年は長年デラウェアを栽培してくれていた農家さんの畑を春から借り受けて管理をしてきて、自社管理畑のデラウェアの収穫から一年で一番忙しいシーズンに突入しました。直前の長雨の影響があったもののとてもいい状態で収穫にこぎつけることが出来、私たちも今年入ったスタッフも清々しい気持ちで収穫を迎えることが出来ました。

IMG_3632.jpg

昨年から続くコロナ禍でたくさんの皆さんにお手伝いを頂く事が難しい状況ですが、人数を制限しながら色々注意事項を設けながら収穫作業を進めました。私たちにとって初めて収獲する畑なので無事に収穫を終えれるかどうか、とても不安でしたが初日は思った以上にスムーズに収穫が進み、お手伝いいただきました皆さんに感謝です。

IMG_3639.jpg

一房一房丁寧に収穫し、房を一周見渡して劣化部分や雨の影響で玉割れをしている部分を取り除き、収穫カゴに詰めていきます。
IMG_3641.jpg

美しい赤紫色の愛おしいデラウェア。サクサク進むとても楽しい収穫でした。
IMG_3644.jpg

ヴィンヤードクラブのメンバーさんを中心にお手伝いを頂いたのですが、みんな奥野田Tシャツで収穫してくれてます。こうやってお揃いのTシャツで作業する事で一体感も生まれウキウキしますね。
デラウェアは2日間で約1700キロの収穫。畑で収穫しながら手入れを行い、健全果のみを醸造場に持ち帰るといういつもの奥野田スタイルの収穫をお越しいただいた皆さん全員が実践してくれて2021ヴィンテージの素晴らしい幕開けになりました。ありがとうございました!!
IMG_3653.jpg

2日目は1日目に予想以上に収穫作業が進んだため、収穫は約1時間ほどで終了。。。
その後はお越しいただいた皆さんにお願いしてわずかに作業を残してしまった日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンの傘紙掛けをしました。助かりました!!
IMG_3655.jpg

僅かに傘のかかっていなかったエリアの傘紙を掛けていただき、日灼圃場全900株のカベルネ・ソーヴィニヨン全ての葡萄に傘紙が掛かりました。この畑の収穫は奥野田ヴィンヤードクラブのメンバーさん限定で9/18、9/19に行う予定です。収穫まであと1ヵ月。。。。今はまだ緑の粒と黒い粒の入り混じった状態ですが収穫を迎えるころは真っ黒に輝くカベルネ・ソーヴィニヨンを愛でていただきたいです。
IMG_3646.jpg

作業の後は山梨のお野菜たっぷりのお弁当と恒例のマダム特製ピクルス。。。
屋外のテラスは県独自のグリーンゾーン認証施設になっていて、感染対策万全で準備しました。色々気を付けたり、お願いしたりの中ですが皆さん本当にしっかりと感染対策に気配りをしてくださり、楽しいランチタイムとなりました。
IMG_3658.jpg

山梨県は前々日からまん延防止地域になり、一日を通してお酒の提供が出来ず、ワイナリーでもテイスティングや収穫にお越しいただいた皆さんにもワインの提供が出来ません。。。そこで今回は毎年作っているコンフィチュール用に収穫したシャルドネの果汁を取ってソーダで割ったスペシャルシャルドネジュースでおもてなし。さわやかなシャルドネの味わいを皆さんとても喜んでくれて私たちも嬉しかった!!翌週はいよいよシャルドネの収穫。。。その時もこの時期にしか味わえないこのシャルドネジュースをお出ししますのでお楽しみに!!

今年もいよいよシーズンがスタート!!素晴らしい滑り出しが出来たので良いワインが出来るよう一つ一つ丁寧に作業を積み重ねていきたいと思います。世の中は本当に大変な状況ですがそんな事とは関係なく葡萄は実り収穫の時を迎えてくれています。色々大変なことがある分、人の優しさを感じたり、ささやかなことに幸せを感じたり。。。そんな毎日です。収獲したデラウェアは10月1日には毎年リリースしている奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜として皆さんにお目見えします。
葡萄のおいしさを存分に引出し美味しいワインに仕上げてお届けしますので是非楽しみにしていてくださいね。
IMG_3665.jpg

今年からこの春出来た新工場で仕込をしています。搾汁機なども新しくなりました!!まだまだ慣れない環境、使い慣れない醸造機械に翻弄されながらも今まで以上に美味しいワインを造るべくみんな格闘中です!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月18日

2021奥野田ビンヤードクラブ〜傘紙掛け作業〜

2021年は長引くコロナ禍の中で奥野田ヴィンヤードクラブの活動もほとんどできず、YOUTUBEなどを使いながらの作業案内などでここまで学んできましたが7月は通常の3分の1以下の人数に制限して4日間にかけて傘紙作業を行いました。
IMG_3506.jpg

HIYAKE VINEYARDのカベルネたち、、、元気いっぱい夏の日差しを浴びてピカピカです。OVCの活動はコロナに振り回されている間にすっかり夏になってしまいましたが、葡萄たちはそんな世間の状況関係なしにスタッフたちにしっかりお世話してもらってすくすく育っています。

IMG_3501.jpg

まずはガーデンテラスで座学。。。ここまでの栽培の流れや土壌について、葡萄の生理学について学び、この美の作業である傘紙掛けの目的や効果、作業方法などを約45分間学びます。
毎回行うこの座学が奥野田ヴィンヤードクラブの人気の秘密です(笑)
IMG_3433.jpg

座学の後は畑でのデモンストレーション。スタッフの細川が作業の手順を実際に畑の中で実演。傘紙掛けの注意点などをしっかり学びます。

IMG_3515.jpg

そしていよいよ作業開始。今回は4日のすべての作業日が晴天!!晴れ男が多いOVCですが、それにしてもお天気が良すぎて驚きです。

IMG_3454.jpg

畑の中でも感染防止の為皆さんにマスクの着用をお願いして、作業をしていただきました。暑い上にマスクをしての作業は本当に大変。それだけに体調管理や水分補給には十分気を配りながら作業をしていきます。

IMG_3436.jpg

4日間どの日も気温がとても高かったので、かき氷休憩をみんなとっても喜んでくれました!
畑全体の葡萄に傘紙を掛け、最後にOVCメンバーエリアにあるご自分の木に傘をかけて今年も雨粒から葡萄を守ってあげます。

A84A487F-CD03-47B9-85F7-45EF86A75B24.JPG

丁寧に傘をかけてもらって誇らしげに整列するカベルネ・ソーヴィニヨンたち。9月後半に迎える収穫が今から楽しみでなりません。このような厳しい状況での作業でしたが、色々な注意点をお願いする中での作業は本当に大変!!でも皆さん一人一人が高い意識を持ち、感染防止と丁寧な作業を心掛けてくれたお陰で本当にハッピーな4日間でした。ありがとうございました!!

IMG_3533.jpg

作業の後はランチタイム。ランチワインはリリース仕立ての2018桜沢シャルドネ。長らく2017ヴィンテージを販売してきましたがコロナ禍のお陰で少しリリースが遅れた2018ヴィンテージは味わいがとてもまろやかになっていて果実味と奥行き、余韻の長さをしっかり感じていただけるワインに仕上がっています。また大人気スパークリングワイン、ヴィンテージブリュット2018+も久しぶりにリリースしたので皆さんにご紹介しました!

IMG_3442.jpg

ランチはコロボックルさんの地元の野菜を使ったお弁当と夏のマダムのスペシャリテ(笑)、ガスパチョをお出ししました。上は完熟トマトで丁寧に作った酸味をしっかりと効かせたガスパチョ、下の方は枝豆をピューレにした濃厚な味わいが楽しめます。まさに食べるスープという作業の後にはうってつけのとってもおいしい夏のスープです。
IMG_3521.jpg

ランチの後は今年の春に出来た新工場をご案内。。。導入した搾汁機の説明やこだわり等話し出したら止まらない時間が続きました(笑)この新工場は今年の仕込から稼働する予定です。

4日間にわたる傘紙掛け、暑かったけどとても楽しく有意義でハッピーな時間でした。
まだまだ先が見えない状況が続いていますが、安全を第一に考え出来ることを一つ一つセレクトして前に進んでいきたいと思います。

今年の仕込スタートまで約1ヵ月、2021ヴィンテージの葡萄のポテンシャルを最大限に引き出し、そしてその力を新たな工場で最高に引き出したワインが出来るようにしっかりと準備を整えてあと1ヵ月を過ごしたいと思います。

posted by ワイナリーマダム at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月24日

2021ゴールデンウィークのワイナリーの営業について

ポカポカと暖かな日差しが心地よい最高の季節!!
本当だったら思う存分お出掛けを楽しみたいところですが、新型コロナの感染が広がっていて今年のGWは我慢が必要なお休みになってしまいますね。

奥野田ワイナリーでは感染対策をしっかりとした上で、人数制限を設けながらGW期間中4/29〜5/5まで定休日にあたる水曜日も含めて休まず営業をする予定です。

ご案内やテイスティングも行っていますが、ご予約制になりますのでワイナリーにお越しいただける方は事前にごご予約を頂けますようお願い致します。
ワイナリーのご予約はこちらから→ http://web.okunota.com/tour/

またワイナリーゲストルームにご入室の際にはアルコール消毒、計温をお願いし、ご案内中であってもマスクの着用をお願い致します。
ご案内中の大声のでおしゃべりは控えていただき、お越し頂く皆様が安心してワインをセレクトいただけるような環境づくりを徹底したいと思います。
IMG_3112.jpg

色々ご不便をお掛けする事も多いデリケートな時期になりますが、今の我慢が実を結び一日も早く皆様が安心して過ごせる日常が戻りますように。。。。
posted by ワイナリーマダム at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月28日

2020年もありがとうございました!!

2020年も残すところあとわずか・・・・
今年も本当にお世話になりました。
今年はコロナに振り回されたとても厳しい一年でした。
今まで当たり前と思っていた日常とは全く違った毎日、どのようにお客様とスタッフの安全を確保しながら
日々を過ごせばよいのかという課題に毎日のように悩まされました。
でもそんな厳しい状況だからこそ支えてくれる仲間やワインを飲んでくださるお客様、大切に販売をしてくださるお取引先様の存在の温かさ、優しさを例年以上に感じ、心から感謝の気持ちを感じることが出来た一年でもありました。
まだまだ厳しい状況は続いていますが、いつかこの月日を懐かしく思いながらワインを気兼ねなく酌み交わす日が来ることを願うばかりです。

奥野田ワイナリーでは本日で2020年の営業を終了します。
年始は1月7日より営業をスタートします。

ワインのご注文、発送は全て1月7日以降順次対応させていただきます。

今年も一年間、本当にありがとうございました。
健やかに楽しい年末年始をお過ごしください。
今年の分まで来年は良い年になりますように。。。。

IMG_2582.jpg
posted by ワイナリーマダム at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月05日

2020CONFITURE〜Cabernet-Sauvignon〜

毎年ご好評いただいております自社農園のワイン用ブドウを使ったコンフィチュール!!
ここ数年は収穫会にお越しのお客様への販売で売り切れてしまっていましたが、今年はワイナリー店頭とオンラインショップにて収獲会での販売には間に合わなかった(笑)カベルネ・ソーヴィニヨンのコンフィチュールを販売します。
すべて手作業でお造りしているため数量はわずかですが、丁寧に作ったナチュラルな味わいのコンフィチュールです。今年は長門原シャルドネ、神田メルロのコンフィチュールも造ったのですがこちらはすでに完売。
一番最後に出来上がったカベルネ・ソーヴィニヨンは葡萄の凝縮感を感じていただけるとっても濃厚な味わいになっています。

IMG_2828.jpg


2020コンフィチュール 
カベルネ・ソーヴィニヨン
2020年自社農園HIYAKE圃場収穫カベルネ・ソーヴィニヨン
価格 1200円(税込1296円¥/150g)


自社農園の垣根畑で大切に栽培したカベルネ・ソーヴィニヨンを一粒一粒丁寧に摘み取って、小さな鍋でじっくりと時間を掛けて煮詰めたコンフィチュールです。
ナチュラルな果実の味わいを楽しんで頂く為、果皮や種も一緒に煮詰めています。
ヨーグルトのソースはもちろん、合鴨や生ハム、お肉料理やチーズに添えてワインのお供に召し上がっていただくのもオススメです。

コンフィチュールはワイナリー店頭、オンラインショップにて販売しております。
数量限定ですのでお早めにお求めください。
オンラインショップはこちらぴかぴか(新しい)
カベルネ・ソーヴィニヨンの味わいを是非ワインと共にご賞味くださいませ。

posted by ワイナリーマダム at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月19日

2020奥野田ヴィンヤードクラブ〜少人数で傘紙掛け作業〜

7月18日、19日の2日間に渡り、日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンに傘紙を掛けました。
今年は新型コロナの影響でなかなか皆さんにお集まりいただく事も出来ずどのように作業をしようか試行錯誤でしたが人数を制限しながら、感染防止に注意を払いながら安全に出来る範囲での作業を行いました。
IMG_1732.jpg

世の中はこんなに大変なことになっているのに葡萄畑では例年と変わらず葡萄がすくすく育っています。
昨年の樹勢を見ながら今年は少し実を多めに置いているため葡萄はたわわに実り、みんなをお出迎え。
IMG_1752.jpg


いつも通りテラスで座学をして、その後傘紙掛けのデモンストレーション、そしてまずはご自分の名前の付いた葡萄の木のもとに行き傘紙を掛けてあげます。

IMG_1734.jpg

2日間の作業、18日は雨模様で降ったりやんだりのお天気に振り回され、19日はカンカン照りの暑さに悩まされました。そんな中でも皆さん頑張って作業を進めてくれました。
IMG_1765.jpg

他のワイナリーさんでは既に梅雨前に傘紙掛け作業を終えているケースも多いのですが、私たちのワイナリーでは梅雨中笠紙を掛けることによる湿度の上昇を避けるため、梅雨の終わりかけのこの時期に毎年行います。

IMG_1761.jpg

笠紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄の房を守ってあげるために行う作業ですが、特に晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンは秋雨の影響を受けやすいため丁寧に笠紙を掛けてケアをしてあげます。
IMG_1739.jpg

年々メンバーさんが増えているOVC、ここ数年は傘紙掛け作業は2日間で概ね150名様ほど皆さんと作業をしていましたが、今年はこの厳しい状況の中で一日の人数を概ね35名以下に制限して屋外での作業中もマスクを着用し、テラスでも向かい合いにならないように配慮をして、しっかりとスペースを空けて、その上でアルコール消毒や手洗いを徹底するという注意事項がたくさんの作業となりました。でも全員が快く協力してくれたおかげでどうにか実現が出来ましたことに感謝以外有りません。
IMG_1767.jpg

傘紙を掛けてもらった日灼圃場のカベルネソーヴィニヨン。残念ながら畑全体は傘紙が掛からず半分近いエリアがまだ残っていますが、今年の長く過酷な梅雨のお天気とにらめっこしながら残りのエリアの傘紙掛けをスタッフで進めていこうと思います。
IMG_1757.jpg

今回もランチのおつまみはマダムピクルス。ありきたりですが、夏のおつまみは奥野田名物のピクルスに限ります!!夏から収穫にかけて奥野田ワイナリーに作業にお越しいただく際にはピクルス攻撃に合う事を覚悟しておいてくださいね(笑)

IMG_1763.jpg

本日のランチワインは珍しく奥野田ロッソ。夏なので冷やしてサービスさせてもらった奥野田ロッソはとっても軽やかでそれでいて味わい深いチャーミングな赤ワインです。夏に冷やして飲んでいただくのが本当におすすめですよ。

2月に活動をスタートした2020奥野田ヴィンヤードクラブですが今年は新型コロナの影響で2月の剪定作業を行った後、誘引作業、芽かき作業、シャルドネの花カス取りはお休み。。。。その間youtubeで作業の様子を配信したり、zoomOVCを開催したりとお越しいただけない中でも皆さんに畑の様子をお伝えできたらと色々チャレンジしてきました。
傘紙掛け作業はこうやって少人数ながら作業を行う事が出来ましたが、これも厳しいガイドラインを定めさせてもらってご協力いただけるメンバーさんあってこそ!!そして当然のことながらまだまだ不安な毎日が続いていてご自分と大切な方達のために自粛をしてくださっているメンバーさんもたくさんいます。本当に厳しい2020年ですが、お会いできても出来なくてもともに葡萄を応援してくれるメンバーの皆さんの存在が私たちの大きな力になっています。本日皆さんが笠紙を掛けてくれた葡萄たちはこれから熟度を高め、9月には美しく色づいて皆さんを畑で迎えてくれることでしょう。きっとどんな年よりも忘れがたい年になるだろう2020年。。。ここから先もまだまだ不安な日々は続きそうですが絶対絶対いい葡萄を収穫して美味しいワインを造るので楽しみにしていてくださいね。
作業をしてくださったメンバーの皆さん、お疲れ様でした!!

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月31日

3月も終わり。。。

明日から4月がスタートします。
例年だったら美しく咲き誇る桜や桃の花の美しさ、草木の青さ、春風の心地よさにウキウキする季節ですが今年は深刻なニュースに心痛める不安な毎日が続きます。
健康を第一に考えて注意深く、でも穏やかに毎日を過ごし、そして一日も早く平和な日常が取り戻せることを願っています。
IMG_0900.jpg

ワイナリーでは3月にハナミズキ・ブラン、スミレ・ルージュの新ヴィンテージをリリースしてワインリストも華やぎを増しました。ご家庭での食事や家飲みで楽しんでいただけたら嬉しいです。厳しい状況ではありますが、普段は気づかないささやかな楽しみや幸せ、そして温かく支えてくださる方への感謝の気持ちを大切にしながら過ごせて行けたらいいなぁって思います。
こんな時だから普段は出来ないお料理にワインを合わせたり、そんな楽しみも。
私たちのワインがご家庭の春のテーブルの彩になればうれしいです。
ワイナリーオンラインショップはこちら!!
posted by ワイナリーマダム at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月10日

2019ワインツーリズムやまなし、ありがとうございました!!

★2019ワインツーリズムやまなし★
今年は3日間に渡りが開催され、奥野田ワイナリーが位置する甲州市は11月10日(日)たくさんのお客様をお迎えしとても賑やかな一日になりました。

町を散策しながらワイナリーを巡りながら、ワイングラス片手に楽しめるイベントという事ですっかりワインラヴァーの間ではおなじみになったワインツーリズム、今年も県内外からたくさんの方々が参加し、奥野田ワイナリーを訪れてくれました。

例年通り私たちは45分ごとにワイナリーに来るバスの運行に合わせて、30分のワインツーリズム限定スペシャルツアーを企画、短い時間の中で畑をご案内し、セラーを見て、ガーデンテラスで4種のワインテイスティングをするという普段は1時間で行っているワイナリー満喫コースをギュギュっと凝縮して短い時間ながら内容の詰まった欲張りツアーを行いました。

IMG_6609.JPG

午前9時過ぎ、最初のバスがワイナリー前に到着!!
最初のバスからたくさんのお客様が降りてくださって、本日最初のツアーがスタートしました。
長い長い一日の始まりです。

IMG_6610.JPG

ワイナリーから徒歩2分ほどの場所にあるカベルネソーヴィニヨンの垣根畑、HIYAKE圃場へ。
収穫を終えてすっかり秋色に色づいた畑は日差しを浴びてとってもキレイぴかぴか(新しい)
IMG_6589.jpg

畑の中では私たちの栽培ロジックや栽培に対する考え方を御案内します。

IMG_6601.jpg

畑の次は樽の説明。
只今セラーがパンパンで皆さんに入っていただく事が出来なかったので本日はテラスに樽を並べて樽の種類なども詳しく説明し、樽越しに見える秋の畑の光景と共に楽しんでいただきました。

IMG_6605.jpg

そしてセラー前のテラスで4種のワインのテイスティング。
奥野田フリザンテ(デラウェア/スパークリングワイン)、スミレ・ルージュ(メルロ)、メルロ&カベルネソーヴィニヨン(赤/樽熟成)、奥野田ドルチェ(デラウェア/デザートワイン)を説明を交えながら順番に召し上がっていただきました。

IMG_6594.jpg

普段はテイスティングは醸造場2階のゲストルームで行いますが、本日はテラスのオープンスペースで。。。秋の気持ち良い空気の中での楽しいプチツアーになりました。

IMG_6595.jpg

ワイナリー前では一日限りの奥野田ワインカフェをオープン!!
奥野田ビアンコや奥野田ロッソのスタンダードな奥野田ワインをはじめ、リリース仕立ての2019ローズ・ロゼや2017メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン、そして本日のスペシャルワインとしてお出ししたヴィンテージブリュットヌーベルヴァーグなど5種のグラスワイン、また自慢の自社農園産のメルロのジュースなどを楽しめる憩いのカフェスペースにしてみました。

IMG_6604.jpg

おつまみも張り切って色々作りました。

★柿と彩り野菜のピクルス
★海老とブロッコリーと玉子のサラダ
★カボチャとクリームチーズのデリサラダ
★柿生ハムカマンベール
★マダム特製ミネストローネ
★カベルネソーヴィニヨンの自家製コンフィチュールとクリームチーズのサンド
IMG_6602.jpg

グランマの牛蒡スティックフライト手羽元スペアリブの甘唐揚げ

お天気が良かったのでワイナリー前のテーブルスペースも気持ち良く過ごして頂けたようでよかったです。
ツアーでバスの時間も忙しいのですが、来年以降もっともっと居心地良くってバスに乗るのを一本送らせてしまいたくなるような空間にしたいと思います(笑)

今年もたくさんの皆さんにお越しいただく事が出来、あわただしい中でもとても充実した幸せな一日を過ごす事が出来ました。又何度もワイナリーに足を運んでくださっているにも関わらずこの機会にも顔を見せてくれるお客様達、毎年一番に私たちのワイナリーを遠方から訪ねてくださるお客様達の存在に、忙しい中で本当にホッと心が温まり、嬉しく癒されました。ありがとうございました!!


2019ワインツーリズムやまなしにご参加いただきました皆様、お疲れさまでした。
充実した楽しい一日を過ごせましたでしょうか??
今回は初めての3日間での試みだったのですがまだまだ山梨の魅力は果てしないので(笑)
また山梨に、甲州市に、塩山に、そして私たちのワイナリーに遊びにいらしてくださいね。
季節を変えてまた皆様にまたお会いできることをスタッフ一同心より楽しみにしております。
ありがとうございました!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月17日

台風19号の被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます

先週末日本各地を襲った台風19号、その被害の大きさにただただ驚くばかりです。
多くのお客様、関係者の方々からご心配のメールやお電話をいただき、心より感謝申し上げます。

幸い、奥野田ワイナリーは醸造場、ガーデンテラス、自社農園全てにおいて大きな被害は出ておらず、どうにか台風19号をやり過ごすことが出来ました。
通常ならばもっともお客様が多い10月ですが、交通網への影響はかなり深刻で中央道、中央線などが止まってしまっているため多くの方がご予定していた山梨入りを断念せざるを得ない状況が未だ続いています。
ただ、全国の被害の様子を思えば、まだまだ日常とは程遠い生活を強いられている方々も多く、一日も早く平穏な日常を取り戻して頂ける様祈るばかりです。

ワイナリーでは、スタッフみんなで今できることをコツコツと進めています。


IMG_6212.jpg

こちらは今年10/1にリリースしたばかりの2019奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜クリアボトルバージョンです。(通常はグリーンボトルでの販売になります)
白ワインなのですが、マセラシオンを丁寧に行っているためこうやって透明ボトルを積み上げると美しいオレンジの色調になっています。
IMG_6469.jpg

現在ワイナリーで販売させていただいている分はこちらのクリアボトルになりますので是非可愛らしい色調と共に2019年の恵みをお楽しみください。

日本全国の台風の被害を受けた皆様が一日も早く平穏な生活に戻れますように。。。
posted by ワイナリーマダム at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月08日

甲州仕込を終え、2019年の葡萄がすべてワインへの歩みを始めています

8月の中下旬から始まり、長いようで短い1ヵ月半の収穫仕込み期間。

IMG_6386.jpg

デラウェア、ミルズ、シャルドネ、マスカットベイリーA、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンと品種を変えながら仕込を繰り返してきて甲州でいよいよ最期を迎えました。

IMG_6382.jpg

契約農家さんの甲州畑。陽の光を受けて光り輝く甲州は本当に美しいです。
陽に透けた熟した葡萄の美しさはこの時期だけのお楽しみ。その美しい光景は疲れを吹き飛ばしてくれます。

IMG_6419.jpg

2019年の仕込は今年入った2名の新人スタッフが加わりやや賑やか。
新人スタッフの紹介はまた後日ゆっくりします。
2019年は例年に比べてとても厳しいヴィンテージになり、日照不足に加え春先から初夏にかけての雹の被害、そしてシャルドネの畑に関しては深刻な鳥獣被害と苦労の絶えない年でした。シャルドネは昨年比の4割減、また赤ワイン用品種に関してはやや着色障害も見られこれから歩むワインの道のりもなかなか厳しいものになりそうです。しかし皆さんに力を借りて畑の中で丁寧に手入れをし仕込をした葡萄はこの厳しいヴィンテージを勝ち抜き、生き残ったたくましい葡萄たち。そんな力強い葡萄がどのようなワインになっていくのかしっかりと道筋を整えてあげながら見守っていきたいと思います。
今年も本当にたくさんの皆様に関わっていただきこの最も忙しいシーズンを乗り越える事が出来ましたことを心より感謝します。2019年の気候と風、そして関わってくださったすべての皆さんの汗と思いを乗せて、味わい深いワインになってくれることと思いますので楽しみにしていてくださいね。
posted by ワイナリーマダム at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月21日

2019年仕込がスタートしました!!〜まずはデラウェア〜

いよいよ2019年の仕込がスタートしました!!

先週末から醸造場には次々デラウェアが運び込まれ、それと同時に私たちの最も忙しいシーズンが始まりました。
画像 521.jpg

2019年は春先の雹害をはじめ、日照不足などにも悩まされ中々に厳しいヴィンテージ。。
毎年最初に仕込をするデラウェアに関しても例外ではなくどの契約農家さんも例年に比べると収量も少なくやや厳しい状況でした。
IMG_5906.jpg

収獲、工場に運び込まれたデラウェアは、一歩一歩ワインになる歩みが始まっております。
IMG_5895.jpg

デラウェアは除梗(茎の部分を取り除く事/写真は除梗機に葡萄を投げ入れている様子です)、搾汁し、フレッシュジュースになって発酵の段階へと進んでいき、3種類のワインが出来上がる予定です。
IMG_5876.jpg

1種類は10月1日に早くもお目見えする奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜(ご予約スタートしています/オンラインショップは9/1〜)、もう1種類は瓶内二次発酵による濁りスパークリングワインの奥野田フリザンテ、そして食事に合わせて是非飲んでいただきたい奥野田の定番テーブルワイン奥野田ビアンコ。どのワインもデラウェアのおいしさを余すところなく表現したとっても自慢のワインです。

今年もデラウェアからスタートした約2ヵ月に渡る怒涛の収穫仕込みメドレー、しっかりと葡萄と向き合い、2019ヴィンテージもおいしいワインが出来るようスタッフ一同励んでいきたいと思います。

そして来月7日からはいよいよ自社農園の収穫も始まります。
自社農園最初の収穫品種はシャルドネ、翌週はメルロ、そしてその翌週はカベルネ・ソーヴィニヨンと続いてきます。
只今自社農園の丹精込めて栽培をしてきた葡萄の収穫を一緒にしてくれるメンバーさんを募集中です。
ご参加いただく皆様と心を一つにし、楽しい収穫会にしたいと思っておりますので
お誘い合わせの上、是非ご参加ご協力をお願い致します。
収獲会のご案内、エントリーはこちら!!
約2ヶ月間、気を引き締めて楽しみながら濃密な時間を送りたいと思います。
posted by ワイナリーマダム at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月23日

メーカーズディナー@ブラッセリーミエル(埼玉県吉川市)

昨年に引き続き、埼玉県吉川市にある私たちの大好きなお店ブラッセリーミエルさんにてメーカーズディナーを企画していただきました。
IMG_5332.jpg

お店に入ると今回も可愛らしいテーブルセッティングが!!ぴかぴか(新しい)見てるだけでウキウキしてきます。
今年のテーブルフラワーは黄色を中心にしたとても明るいミニアレンジが一人一人の席に置いてあり、メッセージが書いてあるというおもてなしの気持ちが伝わるとても素敵なコーディネートになっていました。

IMG_0718.jpg

ブラッセリーミエルはお料理を作るお兄さんとサービスとお店の運営をする弟さん、小谷野ご兄弟のとっても素敵なお店。今年はワイナリーの春のパーティに遠くからお越しいただき、ご自分で捕った魚介を使ったブイヤベースやチョコレートのテリーヌを振る舞ってくれました。優しい人柄がダダ漏れのお二人(笑)、ファンも多く今回の会もありがたいとこに一般告知前に満席をいただいたとの事でその愛されっぷりが伺えます。
IMG_5335.jpg

ヴィンテージブリュットでの乾杯と同時にディナーがスタート!!
エスカルゴ、海老、ウド、牛蒡のパートブリック包み焼き ニンニクとパセリのピューレを添えて。。。
パートブリックの包み焼きはまるでお楽しみ袋のように中から色々なおいしいものが出てきてパセリとニンニクのピューレがそのアクセントになりとても楽しくおいしい一皿。にんにくの香りが食欲をそそります。
IMG_5336.jpg

帆立貝のポワレ フランス産ジロール茸の軽いスープ仕立て。
帆立ときのこの香り高い旨味に富んだ一皿。ワインは桜沢シャルドネ2ヴィンテージの飲み比べを合わせて楽しみました。現行VTの2017とミエルさんのセラーで熟成をしてくれた2014VT。やはりシャルドネは熟成と共に香りが広がり奥行きと深みが出てきますね。2014VTは思ったよりも葡萄の力も強く、まだまだ今後の熟成も期待できる感じでした。こうやってお店でおいしくなるまで熟成して頂けることが何より光栄ですし、そのワインをみんなで楽しめることが嬉しいです。
IMG_5337.jpg

フランス産マダムピュルロー家シャラン鴨のメイプルシロップ焼き焦がしオニオンのジューと自家製デュカを添えて。。。
とっても希少なシャラン鴨のメイン。絶妙な火入れでお肉のしなやかさそのおいしさが最高に引き出された一皿。メルロのスミレ・ルージュ、柔らかさを感じるカベルネソーヴィニヨンのレスプリドヒヤケ、2つの赤ワインと共に楽しみました。

デザートはメロンのジュレとフロマージュブラン。最高においしく奥野田ドルチェにぴったりなデザートにもかかわらずここで食べるのに夢中で写真を撮り忘れるという痛恨のミス。
大変おいしゅうございました。
IMG_5342.jpg

本日ミエルさんのコースと一緒に飲んだ奥野田ワインは8点。それぞれ個性をしっかり感じていただきながらお料理とのマリアージュを探り楽しみました。ヴィンテージの飲み比べや品種の飲み比べなど説明を交えながらお客様も私たちもミエルの皆さんも一体になったワイン会でした。
IMG_5354.JPG

ご参加いただいた皆さん、小谷野ご兄弟との記念撮影。今年も楽しくアットホームな雰囲気の中でこの日のためにご用意いただいた丁寧なお料理と私たちのワインを皆さんとご一緒できて本当に楽しいディナーでした。
ご参加いただきました皆様、ミエルの皆様、ありがとうございました。
小谷野さんご兄弟とはこれからも色々な形でご一緒させていただく予定ですので是非是非皆様お楽しみにしていてくださいね。また来年、吉川でお会いできるのを楽しみにしております。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月15日

2017スミレ・ルージュ・キュベ・エルヴァージュ

愛らしいスミレの花をあしらったメルロの赤ワイン、2017ヴィンテージは葡萄の凝縮度が素晴らしくふくよかで厚みのある果実味を楽しんでいただける赤ワインに仕上がっております。是非ご賞味ください。

IMG_4415.jpg



2017 La Florette
Sumire rouge Cuvee Elevage
(2016ラ・フロレット スミレ・ルージュ キュベ エルヴァージュ)

価格:2700円(税込2916円)(750ml)
赤/ミディアムボディ
甲州市奥野田地区収穫メルロ100%(栽培者:奥野田ワイナリー、宮原 隼人、的場 和明)
Alc.12% 
リリース日:2019年3月15日
生産本数:約4000本

※今回にヴィンテージより750mlの容量が変更になり価格が変わりました。


甲州市奥野田地区で収穫した糖度の高いメルロ種を用い、スミレやカシスを思わせる華やいだ果実香の中にブラックペッパーやミントなどのハーブのニュアンスを感じる果実の凝縮感あふれる赤ワインに仕上げました。キュベ エルヴァージュは今までのスミレルージュよりも長期の古樽熟成を行う事で葡萄のポテンシャルを存分に引き出しながらより深い奥行と複雑さが感じられるまろやかな味わいに仕上げています。外観、香り、味わいからイメージして描いたスミレのラベルとともにお楽しみください。

メルロ100%のこのワインは、豊かな果実味とフローラルな香りの中にあるハーブのニュアンス、香ばしい樽香が特徴のまろやかな味わいと複雑さを兼ね備えた赤ワインです。味わい、香りの方向性を決定し、製造工程を組み立て、ワインを醸造する過程でさらにイメージをふくらませ、その印象からスミレの花のラベルを描き下ろしました。女性らしい優しい雰囲気をイメージして味わい、香り、ボトル、ラベルを造り上げたワインです。
特に今回リリースした2017ヴィンテージは葡萄の凝縮度が素晴らしく、収穫時には干し葡萄化した素晴らしい糖度の葡萄も多く見られその分出来上がったワインもアマローネのような果実の厚み甘みを感じていただける仕上がりです。これからの熟成もとっても楽しみな赤ワイン、是非ご賞味ください。


ご注文方法
弊社オンラインショップ、お電話(0553-33-9988)、E-MAILで承っております。
ご注文方法、送料等に関しましては、こちらをご参照ください。

posted by ワイナリーマダム at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記