2014年01月25日

2014富士通ワインファーム〜剪定作業〜

2014年度、富士通さんの最初の作業日を迎えました。
今年で5年目になる富士通さんとの取り組み、その間には当初の目的であった地域貢献や環境保全などに加えて、フィールドサーバーの開発なども進められてきました。

今年の取り組みも本日よりスタートしましたが、さらに実りある一年になればよいと思います。

IMG_1763.jpg

今年も変わらず、剪定作業からスタートします。
剪定作業とは今年実をつける枝を選んで樹形を整えてあげる作業です。
剪定作業は秋の収穫はもちろんのこと、今後数年間の樹形にも大きな影響を与える重要な作業なのでいつも以上にみっちり座講をして、葡萄栽培の基本と作業内容、作業目的を学んでいただきます。
本日は18名と何ともちょうどよい人数なので、座講はとっても心地よいワインセラーの中で。。。

入口以外の3面は土に覆われている奥野田ワインセラーは、一年を通して約12度〜18度に保たれています。

約2時間の座講の中でめいいっぱい栽培知識と剪定方法を頭に詰め込んだ後はお楽しみのランチタイム。

本日のランチはマダム特製ランチボックスと山梨名物のおほうとう。
真冬の冷えた体をポッカポカに温めてくれるお昼御飯です。
本日のマダムランチメニューはこちらハートたち(複数ハート)
IMG_1788.jpg

そしてお昼ごはんの後は、午前中にみっちり学んだ剪定作業を畑で実践!!
大変難しくデリケートな作業のため、2班に分かれてマンツーマンで作業を進めていきます。
実際葡萄の木と向き合ってみると枝を切り進めることは困難で、一つ一つ学んだことを思い起こして、確認をしながら作業していきます。

IMG_1793.jpg

作業の後は本日参加してくれたみんなで記念撮影★
OVCにもはいってくれているメンバーさんや何度も足を運んでくれている方もいて、初めてお越しいただいた方もアットホームな雰囲気の中で楽しく作業をしていただくことができてよかったです。ご参加いただきました富士通の皆さん、ありがとうございました。
本日の作業で選んだ枝が秋の収穫に向けてめまぐるしく変化していく様子をまた畑に見に来ていただけると嬉しいです。






posted by ワイナリーマダム at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86345843

この記事へのトラックバック