2013年11月16日

メーカーズディナー@辯松/浜松

浜松の夜は、老舗料亭辯松さんでワイン会をさせていただきました。
以前からお付き合いをいただいている辯松の松山さんは今年のカベルネ・ソーヴィニヨン収穫会にもご家族みんなで来てくださっており、それをきっかけに今回の会の開催していただくことになりました。

IMG_1558.JPG

木を基調にした洗練されたお店の入り口を入ると松山さんとお母様がお出迎え!!
先日収穫にお越しいただいた時の写真がきれいに飾られており、優しい心遣いが感じられます。

本日はとてもたくさんのお申し込みをいただいたとのことで当初予定していた個室に加え、カウンターにもお客様に座っていただき2つの空間でお楽しみいただきました。

辯松さんには以前からずっと来たかったので、今回のワイン会は私たち夫婦もとても楽しみにしておりました。
そして辯松さんがこの日のためにご用意してくれたコース料理は、奥野田ワインのそれぞれの味わいを考え、お料理と合わせたときにおいしさが数倍になるよう計算された、相性抜群、まさに感動モノのコース料理でした!!


IMG_1565.JPG

先付:あぶり〆鯖と自家製ザワークラフト添え/次郎柿の花びら、ザクロ添え

こちらのお料理には奥野田フリザンテを。。。
花びらに見立てた次郎柿の間にはフロマージュブランと甘エビが。。。
口の中に広がる旨みと甘みにこれから続くお料理たちに益々期待が膨らみます。
そしてあぶり〆鯖、こちらもとてもおいしい。


椀物:紅葉鯛の蕪蒸し、ユリ根あん
甲州種100%のワイン、ハナミズキ・ブランに合わせて作ってくれたお料理。
ハナミズキ・ブランの優しい味わいと蕪の柔らかな甘みが寄り添い、相性抜群です。

IMG_1567.JPG


焼き物:子持ちアユの甲州焼き、胡桃の香り、栗チップス

食べた皆さんが歓声を上げるほどおいしかった一品。子持ち鮎の食感と濃厚なうまみがシャルドネによく合い、感動的です。

IMG_1569.JPG

右のお料理はからすみとへしこの稲庭カルボナーラ。
左はうなぎと原木しいたけの揚春巻き。
このお料理には、ワインヴィーナスメルロ&カベルネ・ソーヴィニヨンを合わせました。
うなぎの濃厚な味わいとしいたけの旨みがメルロの土を思わせるようなニュアンスと非常によく合い、
こんなにも私たちのワインを知ってくれていておいしさを引き出していただいていることがとてもうれしかったです。
オリジナリティ溢れるお料理の数々は本当においしく驚きの連続でした。
このおいしいマリアージュをご参加いただいた皆さんと共有しながら楽しい時間が過ぎていきました。

煮物は浜松豚の煮豚、海老芋あん、カベルネのコンフィチュール。
写真がうまく撮れずご紹介できないのが残念です。
こちらのお料理に合わせたワインは、12月1日リリース予定のHIYAKE VINEYARDです。
一足先に本日ご参加いただいた皆さんにご賞味いただきました。

IMG_1574.JPG


ご飯に浜松オリーブの飯蒸しの朴葉焼をいただき、最後はデザート!!
こちらはミルズを煮詰めて作った大学芋、胡桃アイス添え
もちろんローズ・ロゼとの相性は抜群で、まさにローズを飲むために作っていただいたスイーツです。

IMG_1576.JPG

本日のワインたち。
こんな素敵なお店がお近くにある浜松の方は本当に幸せだなぁって思える素敵なひと時でした。
集まってくれたお客様たちもみなさんワインが大好きで、畑のこと、醸造のこと等々、本当に興味深く耳を傾けてくれました。

本日ワイン会にご参加いただきました皆様、そして私たちのワインを最高においしく感じさせてくれる素晴らしいお料理を作ってくれた辯松の松山さん、本当にありがとうございました。

次回お店に伺い、皆様に再びお会いできることを楽しみにしていますね!!
posted by ワイナリーマダム at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81026812

この記事へのトラックバック