2013年03月23日

2013富士通ワインファーム〜誘引作業〜

本日は富士通ワインファーム誘引作業日、春らしい暖かな日差しの心地いいお天気に恵まれました。
本日もたくさんの富士通社員の皆さんが集まってくれて、早速セラー前で座講を始めます。
誘引は大変難しくデリケートな作業のため、たっぷりと座講の時間をとって作業方法、作業目的の理解を深めたうえで畑に入ります。

画像 911.jpg


本日行う誘引作業とは1月の剪定作業で選んだ結果母子を支線にくくりつける作業です。
一株当たり複数個ある芽の成長を均一にして圃場全体の葡萄が同一時期に熟期を迎えるようにするために行います。
今年から富士通さんのプログラムも1月の剪定作業からのスタートとなり、年間通して作業を行うようになりましたので、前回もご参加いただいたメンバーの皆さんは作業の流れが今までよりもつかみやすかったのではないでしょうか??

午前中いっぱいはたっぷりと座講を行い、ランチタイムを挟んで午後からは実際に畑に出て、作業を行いました。
この日のランチメニューはこちらハートたち(複数ハート)

画像 922.jpg

誘引はかなり難しく失敗(枝を曲げようとして折ってしまうこと)すると取り返しがつかないため、慎重に作業を進めます。
基本的にはスタッフの指導のもとマンツーマンで行い、その他の時間はお馴染みのぶどうの木の皮むき作業をしてもらいました。
画像 925.jpg


ぶどうの木の皮むきは地味な作業ですが、皆さん無心で作業してくれたお陰でぶどうの木はツルツルピカピカぴかぴか(新しい)
ぶどうの木も長い冬を乗り越え春を迎えて薄着になったみたいです(笑)

1月の剪定、剪定した結果母子を横に倒し支線に括りつける誘引、次は5月の芽かき作業です。
次回皆さんにお会いする時にはかわいらしい小さな葉っぱが畑のあちらこちらに見え、愛おしく感じていただけることでしょう♪
富士通の皆さん、誘引作業お疲れさまでした。
また次回、畑でお会いできるのを楽しみにしています黒ハート

posted by ワイナリーマダム at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64058953

この記事へのトラックバック