2013年02月25日

ワインを訪ねて 〜ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール訪問〜

コート・ド・ボーヌからコート・ド・ニュイへと車を走らせ、ヴォーヌ・ロマネに入ります。ヴォーヌ・ロマネはコート・ドールの中でも最も輝かしい村であり、この地で生み出されるワインは華やかな果実味と官能的な香り、ボディは大変リッチで優雅なスケールが大きい長熟タイプです。車窓からは、8面のグランクリュ畑をはじめ、名だたる名醸畑を眺められ、時を超えて引き継がれているこの素晴らしい畑から生み出されるワインに思いをはせる喜びを感じずにはいられません。

本日訪れるドメーヌは名門ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スールです。
いわゆる「グロ家」の一員であるドメーヌの指揮は、現在ベルナール・グロ氏が任されています。

偉大なドメーヌ家系「グロ家」に伝わる、「クロ・ヴージョ・ミュジニー」や「グラン・エシェゾー」を所有することから、一般的に”本家”と認識されている「ジャン・グロ」「ミシェル・グロ」よりも重要な畑を持っています。

142.jpg
ドメーヌ到着!!
さすがグロ家、かなり豪華で素敵な建物(お城)です。
本日案内してくれるのはベルナール・グロ氏の叔母様に当たるマダムです。
現在は甥のベルナール氏がドメーヌを取り仕切っていますが、こちらのマダムが素晴らしいグランクリュ畑のすべてを所有しているのですから本当にすごいです★


147.jpg

ただいま改装中の樽庫を抜けてセラーの一番奥に何ともきらびやかな部屋が。。。。
なんとこちらのセラーは床の色も変えることができ、真ん中にはグランドピアノが。。。。
美しいブルゴーニュグラスを使ってこちらのスペースでワインテイスティングをさせていただきました。
あまりに優雅すぎる。。。。。
ちなみにこのセラーはロマネ・サン・ヴィヴァンの真下に位置し、この地層はロマネ・サン・ヴィヴァンの地層だそうですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

148.jpg

少々雰囲気にのまれてしまった私たちですが、マダムが順番にワインをグラスに注いでくれます。
本日いただいたワインは5種類、ヴォーヌ・ロマネ、エシェゾー、クロ・ヴージョ・ミュジニー、グラン・エシェゾー、リシュブール、、、4種類のグランクリュを飲み比べられるなんてこんな贅沢なテイスティングって。。。。と腰が抜けそうになりましたが、驚くべきはそのおいしさ。。。。
ヴィンテージはすべて2010年でしたが、もちろん若々しさもあるものの今飲んでも充分おいしく、素晴らしいの一言に尽きます。
こんなワインがあるからこそ、ブルゴーニュ好きはワインから離れられなくなってしまうだなぁと思わずにはいられない華やか且つ複雑でうっとりとするような味わいでした。
私たちが益々ブルゴーニュワインのとりこになってしまったことは言うまでもありません(笑)

155.jpg

ブルゴーニュの宿泊先オステルリー・ル・セドルに到着するころにはもうあたりはすっかり暗くなってしまいました。ホテルはライトアップされていてかわいらしいガーデンが美しく彩られていました。
最後にブルゴーニュで案内をしてくれたレザンドールのCHOQUET裕子さんと一緒に。
今回のブルゴーニュではドメーヌ訪問はもちろんのこと、裕子さんとの4年ぶりの再会もまたとても楽しみにしておりました。裕子さんのおかげでとても楽しく実りあるブルゴーニュでの時間を過ごせました。日本で、はたまたフランスで再びお会いできるのを楽しみにしています。

posted by ワイナリーマダム at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63324368

この記事へのトラックバック