2012年08月05日

メーカーズディナー@京料理 松亀(愛知・一宮)

2日間3回に渡る名古屋でのワイン会も今回で最後、本日は名古屋から少しだけ足を延ばして一宮にある本格京料理のお店 松亀にお邪魔しました。
京都西陣の老舗料亭「萬亀楼」より暖簾分けを許された店主の長屋道松さんが織りなす京料理は、京懐石に基本を置き、旬の食材を吟味するのはもとより、器づかいや盛り付けにも心を尽くして目と舌で楽しませてくれます。
伝統と格式ある素晴らしい京料理と日本ワイン、私たちも初めてのテーマなのでお店に伺うことをとても楽しみにしていました。

お料理は、お皿の上に季節が表現されているかのようにどのお皿も美しく、日本人であることに喜びを感じてしまうほどにおいしかったです。
また、繊細ながらもしっかりと出汁が引かれたお料理に日本のワインは大変よく合い、ワインとお料理がお互いの良いところを引き出しあうかのようでした。



画像 465.jpg

鱧と松茸の土瓶蒸し(右上)やカラスミや煮〆た蛸、帆立や湯葉など京料理らしい伝統的なひと皿(右下)はどれも丁寧な仕事がされています。
本日のワイン会は、少人数だったこととお客様がつい先日ワイナリーにお越しいただいたばかりだということもあって、とても和やかな雰囲気で楽しい時間を過ごさせていただきました。

画像 426.jpg


こちらはみての通り鮎の塩焼きです。頭からおいしくいただけるこの鮎の塩焼にはしっかりと熟成した甲州種で作ったスパークリングワイン、ヴィンテージ・ブリュットがとても良く合いました。
この鮎のおいしさは、ワインとのマリアージュも含めて感動的でしたハート(トランプ)

世界中でもこんな繊細な食事に合わせておいしい思いができるのは日本のワインだけだと思いますし、
改めて日本の伝統的なお料理と日本ワインの相性の良さを実感しました。

楽しくおいしいワイン会、ご一緒いただきました皆さんありがとうございました★
posted by ワイナリーマダム at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57503722

この記事へのトラックバック