2012年06月10日

2012富士通ワインファーム~花カス取り作業~

昨日のOVCの作業日に引き続き、本日は富士通さんの作業日です。

長門原圃場はワイナリーから徒歩15分程の場所にある急斜面シャルドネ畑ですが、普段はなかなかご案内する機会がないので富士通さんの作業日でも年に一度こちらの畑の作業を行います。

昨日とは打って変わって、本日は暑くもなく畑作業には最適なお天気★

軽い座講を行った後、早速長門原圃場に向かって登り始めます。

IMG_1043.jpg

私たちも普段ワンコのお散歩コースにしている長門原までの道のりは、登り坂が少しきついですがハイキングにちょうど良い距離です。
山の中腹に位置しているため見晴らしは素晴らしく、甲府盆地が一望出来ます。

持ち物として皆さんに持参していただいた刷毛で、1房1房丁寧に葡萄の花カスを落としてもらいます。
とても気の遠くなる作業ですが、余計な防除を行わずに葡萄を病気から守ってあげるために大変重要な作業です。
ただ、この作業が有効な期間があまりに短いため、より効率よく花カス取りが出来る様私たちも色々な方法を取り入れながら、実験的な挑戦も含めて進めています。
ちなみに普段ワイナリーでは、1房1房木酢水で房をきれいに洗っていて、ここ1週間くらいは毎朝5時から日が暮れるまでこの作業を行っています。

IMG_1056.jpg


お天気にも恵まれていたので、お昼ごはんを挟んで午後からも同じ作業を行いました。
地味な上に大変な作業ですが、この花カスを取らずに葡萄の粒が膨らんでしまうともう取り除くことが出来なくなってしまい、葡萄の生育過程で房の中に残された花カスがスポンジの役割をして雨水などを含み病気の原因になってしまいます。
昨日同様、葡萄の木の皮もむいてあげます。

本日作業に参加して下さった富士通社員の皆さんとOVCの一部の皆様、シャルドネ畑の作業お疲れさまでした。

本日の皆さんのひと手間が、秋の健全な収穫を導いてくれます。
長門原圃場の作業プログラムは今回一度だけですが、本日皆さんにきれいにしていただいたシャルドネは
9月には収穫の時を迎えますので、是非楽しみにしていてくださいね。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56406739

この記事へのトラックバック