2011年07月11日

7月11日葡萄の様子〜カベルネ・ソーヴィニヨン〜

画像 024.jpg


日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンです。

昨年のことがあってか、今年は春の段階からベト病注意報が県内ではささやかれていましたが

私たちの畑では今のところ、かなりいい感じです。

特にカベルネ・ソーヴィニヨンは房型も大きく、軸もしっかりとしています。

このまま、何事もなくしっかりと色づいて収穫期を迎えてくれるとよいのですが。。。

昨年の葡萄を見ているお客様に「今年は去年よりいいね!!」といわれると

つい「でしょ??でしょ??」と言いたくなってしまいます(笑)

ヴィンテージもあるでしょうが、今年は葡萄の栽培にあたっているスタッフみんなが

生育ステージをしっかりと意識しながら、やるべきことをやるべき時に一つ一つ行ってきたことが

今の葡萄の状態を導いてくれたのだと思っています。

まだまだ、収穫するその日まで何が起こるかはわかりませんが、スタッフ達は過酷な農繁期を

葡萄と向かい合いながら送ってきました。

もちろんまだ畑でしなければならない作業はありますが、最も過酷な時は過ぎ、

やるべきことはやってきましたので、後は収穫までの天候と神様に任せるだけです。
posted by ワイナリーマダム at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46737157

この記事へのトラックバック