2014年10月12日

2014甲州の仕込をしました

今年の仕込もどうにか最後の品種、甲州種まで無事たどり着くことができました。

2014ヴィンテージを振り返ってみると特に自社農園の収穫に関してはなかなか厳しいヴィンテージとなり、改めて契約農家さんのスキルの高さと安定性を思い知らされた年でもありました。
ただ結果からみると本当に素晴らしい仲間に恵まれ、収穫をお手伝いいただいた皆さんの手を借りながら丁寧に手入れを行い、すべての品種において健全果のみの仕込ができた幸せいっぱいのヴィンテージでもありました。

甲州種に関しては収穫量、葡萄のポテンシャルともに大変良い出来で、美しい赤紫色に熟した葡萄を見ると出来上がるワインが楽しみでなりません。
koshu1.jpg


8月下旬のデラウェアから始まり、シャルドネ、ミルズ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、そして甲州と収穫仕込みを繰り返してきましたが、すべての葡萄が私たちの工場内に揃い、ゆっくりと美味しいワインになる日を待ちわびています。

後はタンクや樽の中でこの葡萄たちがワインとして皆さんに飲んでいただけるその日まで大切にお世話をする毎日が続きます。今年のヴィンテージの日差しや風、そして一年で起きたことや感じたことすべてを詰め込んだそんな楽しくおいしいワインになって欲しいです。



posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104500395

この記事へのトラックバック