2016年02月18日

微笑みの国タイへ〜日本大使館訪問、そしてバンコク最後の夜〜

タイ旅行記、4日目。

01a6578439b137b83de6332e8af2baa95c51da8074.jpg

充実した1泊2日のカオヤイへの旅を終え、昨夜再びバンコク入り。素晴らしいお天気に恵まれ早朝ホテルのボートに乗ってチャオプラヤー川を、そしてスカイトレインに乗り換えて現地の出勤するビジネスマンに紛れてアソークに向かいました。
本日はこの旅のスペシャルイベント、日本大使館の訪問です。
まずは富士通タイへ訪問、本日の大使館訪問に向けての打合せ、古川社長、そしてずーっとお世話になっている清宮さんと共に本日大使とお話しさせていただく内容を確認します。
そしていよいよ大使館へ。今まで体験したことのない厳しいセキュリティーの先、一等書記官とお話をさせていただきながら、いくつかの部屋を移動して、全権大使執務室へお邪魔しました。
01b82e7cb9d7cca57e7c737dce7e4372e39f0dc429_00001.jpg

たくさんの幸運とたくさんのご尽力をいただいてかなった今回の大使の表敬訪問ですが、緊張と同時にとても楽しくお話をさせていただく事が出来、葡萄栽培、ワイン醸造に関わるものとして今後の農業の方向性や可能性についてあらゆる方面からお話をさせていただき、たくさんの貴重なご意見をいただく事が出来ました。
お忙しい中時間を作ってくださった佐渡島大使、恩田一等書記官、井上一等書記官、富士通タイ古川社長、清宮さん、ありがとうございました★
01e793441db9bc23f5d8f760a26044f71b02f76eca.jpg

大使表敬訪問の後は一度ホテルに戻ってお疲れ様ランチ。ホテルのボートで対岸にあるタイレストランサラリムナムヘ。以前夜に来たこともあるのですが今回はランチに来てみました。

01fe5ced23adf445e3806ead87864d31d349116b79.jpg

夜はタイの古典舞踏ショーを見ながらタイの伝統料理のコースをいただけますが、ランチは少しカジュアルな雰囲気のタイ料理のブッフェスタイルです。こちらのレストランは雰囲気も良く、お料理もどれを食べても本当においしくおススメ!!デザートもたくさんあって目移りしちゃいますよ。

01dc7260e311b608e3110c9c4ebe45632ddce7f3e9.jpg

そして夜は再び富士通の皆さんと合流して、今人気のワインレストランへ。
こちらのお店はワインショップとレストランが併設されていて、好きなワインをショップで選んでレストランでいただけるスタイル。オーストラリアとイタリアのワインの品ぞろえがとてもよく、まだタイ産のワインは置いてありませんでしたが、きっとこれからじわじわタイ国内にもワインが浸透して行くのではないかなぁと感じました。まだまだタイでは一般的にはやや高級なイメージのワインですが、このようにカジュアルにワインが楽しめるお店が増えてくれるとワインの消費量も増えていくのでしょうね。
バンコク最後の夜をご一緒させていただきました富士通タイの皆様、楽しい時間、貴重なお話をありがとうございました★
015b6d57dbb14049a3e866f7003fff7efd62f373cf.jpg

バンコク最後の夜、滞在中何度も乗った大好きなボートで夜景を眺めて乗り納めを(笑)
この川沿いの美しく何とも東洋的な雰囲気が一日の疲れを癒してくれます。
01143bce46d6610208b86545618a993492e906f2bf.jpg

たくさんの素敵な出会いに感謝しつつ、美しい光景、おいしいお料理、流れていくかけがえのない時間を思い起こし、バンコク最後の夜が更けていきました。
また遠くないいつか、この微笑の国に戻ってこれる日まで。
〜タイ旅行記・完〜
posted by ワイナリーマダム at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜

微笑みの国タイへ〜ヘウナロック滝&直チャイ牧場〜

タイ旅行記、3日目の朝はカオヤイで迎えました。
01d6c85ba1d988e8bde1df667b6711584f4d66321c.jpg

山岳リゾートだけあってバンコクに比べると涼しく過ごしやすいです。
昨晩はカオヤイナショナルパークのナイトサファリに申し込んで、自然の山を巡りながら野生の動物達とご対面、たくさんの鹿やサルはもちろん、想像を超えた大きさのヤマアラシや4頭の象の親子等の動物と出会う事が出来ました。本日は早朝よりナショナルパークのふもとにあるヘウナロック滝へ向かいます。
01d6b4e32d45b47bb8f77a8283f9792415bf788551.jpg

ナショナルパーク内滝へ続く過酷な道の入り口で。。自然遺産でもある手つかずの自然を楽しめるこのエリアへは入場料が掛かり、外国人観光客は400バーツとやや高め(1500円ほど)、タイの方の入場は40バーツなので約10倍です(笑)
01ae49f9476ad3138b5c20ddff2f6e91ca3f5064c4.jpg

滝は徒歩20分ほどの場所にあるのですが、かなり緊張感の高まる木の吊り橋や見たことのない急な階段を経て、たどり着きます。行も帰りもかなりハードな道のりです。
滝は乾季のためあまり水量が無かったのですが、きっと雨季に来ればかなり迫力があるとこでしょう!!
帰りの道のりが行き以上にハードでかなりのエネルギーを使いました(笑)

017c913e5b94a0c07bb8e675dc2979e9254b1dace5.jpg

そして次は農業視察を兼ねてアジア最大の牧場、チョクチャイファームへ。
01c2f17f8d95e35eb858222beae18cb78ebd709f55.jpg

厳選された牛の誕生秘話をビデオで鑑賞したり、搾乳体験、アイスや牛乳の製造工程の見学、ガンマンや乗馬、アニマルショー、そして広大な牧場をトロッコで巡りながらカウガールのお姉さんの説明を受けたりとファームツアーは内容盛りだくさんの2時間!!腹ペコのままツアー終了は15時過ぎ、牛さんたちについて学んだあとで不安でしたがファームで大人気のステーキを遅いお昼ご飯に頂き、カオヤイを後にしました。
ちなみにこちらのステーキは本当に大人気でお昼時には2時間待つこともあるそうですよ。

014e8ea00692ee393dcbf5a0c7ba3f16f64c8bfb69.jpg

2軒のワイナリー巡りやナイトサファリ、そして滝や牧場と大自然に抱かれた素晴らしい土地で充実した楽しい時間をカオヤイで過ごし、また3時間ほどかけてバンコクに戻ってきました。明日はいよいよ今回の旅の最大ミッションが待っています。バトラーさんが部屋に持ってきてくれたレモングラスのジュースに癒されて、バンコク3日目の夜が更けていきました。
posted by ワイナリーマダム at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜

微笑みの国タイへ〜Granmonte Vineyard/カオヤイ〜

2件目のワイナリーはアソークバレーにある家族経営のワイナリーGranmonte Vineyard。
先ほどのPB VALLEYに比べるとやや小さめながら、こちらもかなり立派なワイナリーです。

016d70368ee8173f4fb12146e396da38debca06527.jpg

こちらのワイナリーでも収穫祭を間近に控え活気に満ちていて、ぶどう畑の入り口には収穫に来てくれるお客様をお迎えするかわいい門が造ってありました。畑にはシラーやバルベーラ、グルナッシュなどの品種が栽培されており、収穫直前の完熟葡萄がたわわに実っていました。

01c6de75dc4ef61ff7b55a7b901920c84fa8f2f691.jpg

併設のレストランも素敵です。ちょうど乾季に当たるこの時期はお庭のテーブル席も気持ちよさそうですね。
01dd87cfcc434c00a75e363832582f9df644e0c927.jpg

畑の中にセンシングシステムを発見!!うちの圃場にあるものとうり二つです。広大な畑をしっかり管理し、危険をいち早く察知するための助けとして活用しているのでしょう。。。
どのようなデータが取れているのかうちの畑のデータと見比べてみたいものです。
01337b2121a633a3e5c991da3068676a5754299546.jpg

バンコクよりもやや気温が低く、乾季のためにとても心地よい気候、きっと葡萄の栽培においてこの時期の収穫が最も適していると判断して常夏のタイでは収穫期を2月に持ってくるようにしているのだと思います。実は2毛作とかしているのかなぁ??なんて考えながらワイナリーを訪れたのですが、収穫は年に1回だけのようです。ワインの品質は高く、特に白やロゼはとてもおいしいのですが全体的にはやや価格が高めの印象がありました。きっと現在はまだまだタイ国内ではワインは高価なものなのだと思いますが、ワイナリーの取り組みは素晴らしくこの先どのように発展し、ワインがタイ国内に浸透していくのか楽しみです。
posted by ワイナリーマダム at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜

微笑みの国タイへ〜PB VALLEY WINERY /カオヤイ〜

タイ2日目(2/13)、早朝富士通タイに赴任中の清宮さんがお迎えに来てくれてみんなでカオヤイへ。
カオヤイはバンコクから約200q、3時間ほどの場所にあり、自然遺産でもあるカオヤイナショナルパークを中心にゴルフリゾートやワイナリー、牧場などがある緑いっぱいの山岳リゾート地域です。
長ーい道のりなので途中で朝食をいただいたりしながら、お昼ちょっと前にカオヤイに到着。
まずは、PB VALLEY WINERY を訪れました。
旅の計画を立てるまではタイでワインを造っていることを知らなかったのですが、あまりに立派なワイナリーで驚きました!まるでナパヴァレーにでもいるようです(私は行ったことはありませんが。。。(笑))
01b9b135d880ce1167bd9011ea11f458c1d1f64da9.jpg

申し込んだツアーまで少し時間があったのでワイナリーレストランでランチを。
エントランスと建物もとても素敵で、レストランの客席からは広大な葡萄畑が見渡せます。
012858865b9bfe1dd168756f0584a7035a180fc0fb.jpg

まずはワインのテイスティングセットを。赤、白、ロゼの3種でそれぞれ品種はテンプラニーニョ、シュナンブラン、ロゼは数種のブレンドです。それぞれのワインの特徴などもテイスティングシートに記載されています。
014b457cf551b05960377f61cefb6a048ccf8f0009.jpg

レストランでは色々なお料理をオーダーしてみたのですが、こちらは若い小さな葡萄の葉っぱに肉みそをまいて食べるワイナリーらしい一皿。肉みそは甘辛く味付けされており、ライムやナッツをトッピングしていただきます。葡萄の葉っぱは大きくなると筋が固くかなりえぐみと酸味、苦みが気になるのですがこの葉っぱはまだ小さく柔らかくとても食べやすかったです。
0198b03b2f384ac27eca48e6612cd1aa9eeec0f483.jpg

園内には大きな川が流れていたりととても贅沢なワイナリー。半屋外のレストランは雰囲気も良く、ついつい長居をしてしまいそうな雰囲気です。なんでもこちらのワイナリーはタイ最大のビールメーカーのシンハビールと同じ一族の経営とのこと、立派なワイナリーですね(笑)
01b43e128f230423bb6befe8c4deabb388dba158fe.jpg

広大な葡萄畑をゴンドラに乗ってめぐり、醸造施設やワインの醸造過程を案内してくれる約1時間のワイナリーツアーに参加しました。
01d3f35a72b1cec1cbdb009066a041681c00a457e7.jpg

こちらはタンク室、常夏のタイだけに空調にはとても気を配っていてしっかりと温度管理がされていました。清宮さんと一緒にタンクの前で。。。
016338b406b7a5759710a05ab9fb293a2b746b8f2c.jpg

こちらは樽庫。ワイン小樽、中樽、大樽とワインの種類によって使い分けています。比較的古い樽を大切に使っている印象を受けました。
01765922892d191f9396458a5dd4b86663b0fdbfbf.jpg

広ーい葡萄畑のほとんどは垣根栽培ですが、一部棚栽培のエリアも。こちらはおそらくテンプラニーニョだと思われます。
一番驚いたのはタイでは2月が収穫期という事!!葡萄がたわわに実る時期にワイナリーに訪れることがあまりないのでなんだかうれしかったです。施設、レストラン、ツアーの在り方、とてもうらやましく学ぶところが多いワイナリーでした。ワインのお土産を買ってPB VALLEY WINERYを後にし、2軒目のGrandmonte Wineryへ。。。。

posted by ワイナリーマダム at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜

微笑みの国タイへ〜バンコク到着編〜

2月12日〜2月17日までタイに行ってきました!!
今回はたくさんのラッキーが重なって主人にとっては初めての、私にとっては20年ぶり2度目になるタイの訪問が実現しました。

早朝4時過ぎに山梨を出発し、約6時間のフライト、夕刻タイのスワンナプーム国際空港へ。
約1時間ほどの移動でバンコクの中心地に到着します。と言ってもタイは渋滞がすごいため時間帯によって大きく所要時間が違います。真冬の日本から常夏のタイへ、私たちの旅がスタートしました。
今回の旅は、盛りだくさん!!
4泊6日で3か所のホテルに泊まり、2日目からはバンコクから約200q離れたカオヤイへ、3日目夕刻に再びバンコクに戻ってくるというとても慌ただしいプログラム、もちろんテーマはワインと農業ICTです。

ずっと訪れたかったタイですが、今回の旅の計画を後押ししたのは富士通さんとの畑での取り組み、また農業ICTの取り組みでずーっとお世話になってきた清宮氏が昨年からタイへ赴任になったことがきっかけ。現地での交通やワイナリー訪問、また今回の旅の目玉でもある日本大使館訪問等タイでのスケジュールをコーディネートしてくれたおかげで本当に素晴らしく、充実した旅になりました。
今回はそんなタイ訪問の旅行記をブログで少しだけ紹介したいと思います。

01ef5ca43b2123dfc82a32c73c9db3107f52e526e2.jpg


早速ホテルにチェックイン!!
チャオプラヤー川沿いに立つ本日のホテル、お部屋からの川の眺め、行き交う船の様子は本当に癒され、まさにオリエンタルムード満点です!!

01c352815735514057f2520367d99a87024418651e.jpg


お庭も青々と緑が生い茂り、真冬の日本から来た私たちには緑がまぶしくすら感じるほど。リバーサイドにはテラスやバーがあり、本当に素敵な雰囲気です。
0166ecb49232b474f6472c275afe48b72b69b06b1f.jpg

ホテルの専用ボートに乗ってチャオプラヤ川を移動。そしてバンコク最初の夜は2012年にオープンをしたバンコクの新ナイトスポット「アジアティーク ザ リバーフロント」へ。倉庫跡地を再建築して作られた今一番話題のマーケットです。観光客向けのアジア雑貨やお土産店、バンコクで人気のファッションや雑貨などの小売店1,500店に加え、約40店のレストランが揃っています。

01084fed3c285cdec51f00aacaa6833214d1f81110.jpg

金曜日の夜という事もあり、非常に込み合っていましたがどうにかリバーフロントにあるお目当てのタイ料理レストランに。私も主人も大好きなタイ料理、この気候、この料理にはやはりビールが合いますね(笑)

0150119125ae9982e8e6f23ba312240e50cd01328c.jpg

ホテルの美しいプールサイド。旅の疲れをしっかり取って、明日は早朝からカオヤイに向けて出発です!!
まだまだ続くタイ旅行記、お付き合いくださいませ♪
posted by ワイナリーマダム at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記〜ワインを訪ねて〜