2014年09月21日

2014奥野田ヴィンヤードクラブ収穫会

怪しかった天気予報を吹き飛ばし、素晴らしい秋晴れの本日OVC収穫会を迎えることができました。
今年で6年目となるOVCの活動、冬の剪定から葡萄の生育を一緒に見つめていただいたメンバーの皆さんと今年もこの日を迎えることができました。
今年は厳しいヴィンテージですが、その中でもOVCの皆さんに協力をしていただきながら積み重ねてきた丁寧な作業の一つ一つの成果もあってか、この日灼圃場は病果もほとんど見られず大変良い状態。

IMG_2772.JPG

まずはメンバーさん一人一人のプレートの付いたご自分の木から収穫開始!!
昨年と比べると今年の出来はどうだとか。。。何年かにわたって一緒に活動してくれているメンバーさんはそんなことを話しながらご自分の木の中から最高の一房をお持ち帰りできます。
みなさん真剣にどの子が良いか迷いながら(笑)一番の美人さんを連れて帰ります。

実はOVCの活動が発足した当初、ご自分の木の葡萄はみんな持って帰ってよいという特典があったのですが、当時のメンバーの皆さんは自分の木の葡萄をワインに反映させてほしいと誰もお持ち帰りしないという心温まる事件があり、それ以降最高の一房のみをお持ち帰りいただく事になりました。


IMG_2773.JPG


OVCの中には私たちのすべての圃場の収穫に参加して、奥野田ワイナリーのすべての収穫をリーダーとして支えてくれているメンバーの方々が多く、本日の作業はそんなメンバーさんが集結しているため、びっくりするほどの急ピッチで作業が進められていきます。
本日の収穫量は870kg、昨日の富士通さんの収穫と合わせてこの日灼圃場から1890kgのカベルネソーヴィニヨンが収穫できました。
ビックヴィンテージとなった2012年、2013年に比べると1割減の収穫量となりましたが、皆さんの力を借りながら良果だけの仕込ができ、出来上がるワインも楽しみです。
IMG_2758-1.jpg

作業を終えた後のランチタイムには、「2012 HIYAKE VINYARD La Grande Annee(2012ヒヤケヴィンヤード・ラ・グランダネ)をお出ししました。
このワインは今年の年末にリリース予定の奥野田ワイナリートップキュベのワイン、ビックヴィンテージとなった2012年に収穫した日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンを100%使ったテロワールを最大限に表現した奥行きと深みを味わっていただける赤ワインです。
本日皆さんと収穫した葡萄で造ったワインも何年後かにこうやって本日の様子を思い起こしながら飲める日が来ることが今から楽しみでなりません♪

IMG_2792.JPG

最後に本日参加してくださったOVCメンバーの皆さんと一緒に記念撮影!!
今年は109名の素晴らしいメンバーさんに恵まれ、畑の中で多くの時間を共有させていただきました。
一年で最も慌ただしい収穫仕込み期間ですが、私たちの大きな支えとなってくれているメンバーの皆様に心より感謝します。

次回は11月のお疲れ様会、みんなで楽しく一年を振り返りながら労をねぎらいましょう♪
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ