2014年06月28日

摘心作業@神田圃場

メルロとカベルネソーヴィニヨンを栽培する奥野田ワイナリーで最も広い面積を誇る神田(じんでん)圃場。


夏至が過ぎ、畑では摘心作業中です。
IMG_2346.JPG

今年奥野田に来て5シーズン目を迎えた細川は、伸びた枝をきれいに整理しながら留めつけています。

IMG_2354.JPG

この春から仲間入りした岡野は枝を同じ高さに切りそろえる作業を行っています。
もっとも忙しいこの時期、朝から晩まで畑の中にいるので二人とも真っ黒です。



IMG_2344.JPG

二人のスタッフの頑張りに支えられて、奥野田の畑は美しく保たれています。
posted by ワイナリーマダム at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2014年06月21日

2014年6月パナソニックエコリレー @奥野田ワインファーム

本日はパナソニックファクトリーソリューションズさんの作業日、心配だったお天気もどうにか持ちこたえて一安心、シャルドネを栽培する桜沢圃場に集合してもらいました。


IMG_2320.JPG


何とも梅雨らしいお天気、太陽は見えないものの湿度が高く汗ばむ陽気です。
この時期は夕方近くなると激しい夕立に降られてしまうことが多いので、本日は午前中に畑で作業を行い、ランチを挟んで午後から座講を行います。
2か月ぶりに集まったパナソニックの皆さんは畑に到着するや否や、その景色の変化にびっくりしていました。
4月下旬にはまだ顔を出したばかりの小さな葉っぱしかなかった畑の中は葉っぱが生い茂り、見通しの良かった垣根の畑は隣の列が全く見えなくなっています。


IMG_2328.JPG

現在の桜沢圃場のシャルドネの様子。
花がすっかり終わり、葡萄の実が膨らみ始めています。
葡萄はこのまま直径約1センチくらいまで大きくなり、ベレーゾンに入ります。

IMG_2330.JPG

本日はぐんぐんと成長する葡萄の枝を麻ひもを使って止めつける誘引作業をみんなで行いました。
この作業は畑の中の葡萄の木の樹形を整え、すべての木が同調し同じように熟度を高め収穫期を迎えるため、また来年も同じように樹形を保つために行います。
育ち盛りで隣の陣地に入り込んでいる葡萄の木も次々とみんなの手で誘引され、正しく美しく整列していきました。

畑では一年で最もめまぐるしく葡萄が成長する時期を迎え、スタッフたちも必死の作業を続けています。

パナソニックさんの次回の作業日は9月の収穫!!
それまで畑ではまだまだ厳しい戦いが続きますが、本日お世話していただいたまだ小さなシャルドネは立派に成長し、熟度を上げ、黄金色になって収穫期を迎えていることと思います。
是非楽しみにしていてください★



posted by ワイナリーマダム at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告

2014年06月15日

奥野田ワインを楽しむ会 @自然食dinning〜eat〜/名古屋

いつもお世話になっている名古屋のお酒屋さん酒のなかやの神谷さんプロディース、自然食dinning〜eat〜で奥野田ワインを楽しむ会をさせていただきました。
eatさんはまだOPEN間もないナチュラルおいしい自然食をいただけるお店です。
今回はランチワイン会、ワインアドバイザーの資格を持つ神谷さんとは昨年からお付き合いをさせていただいていて私たちのワインを知り尽くしていただいているのでお料理とのマリアージュなどお客様に楽しんでいただける様、綿密に企画をしてくださいました。


392baaca-5988-40a5-8c08-35dd30930de6wallpaper.jpg


12時過ぎにお集まりいただいたお客様の中には旦那さんの20年来のワインフレンドや昨年、一昨年も収穫に来て下さったご夫婦、また奥野田ワインをお取り寄せいただいているお客様など素敵な出会いと再会がたくさんありました。

IMG_2317.JPG

【本日のおしながき】
・野菜チップス
・旬のいさきの霜降りカルパッチョ〜大葉の和風ソース〜
・アスパラのカダイフ巻き焼き
・イベリコ豚のたたき
・穴子と雑穀の炊込みご飯

【本日の奥野田ワイン】
・奥野田フリザンテ
・奥野田ビアンコ
・ハナミズキ・ブラン
・スミレ・ルージュ
・奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜

ワインとお料理が一つ一つピッタリ合っていて、合わせることで生まれるおいしさを再発見できる楽しい会でした。参加者には熱烈ワインラヴァーも多い会だったため質問も次々飛び交いました。



IMG_2319.JPG

最後にご参加いただいた皆さん、ワイン会開催にあたってご尽力いただいた神谷さんと一緒に記念撮影★
素敵な街で素敵な方々ととても楽しい時間を共有させていただきました。
ありがとうございました★

お越しいただいた皆さんとeatさん、神谷さん、そして留守を守ってくれているワイナリーの優秀なスタッフに心より感謝します。




posted by ワイナリーマダム at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2014年06月14日

メーカーズディナー@D's kitchen/名古屋

本日は名古屋市千種にあるD's kitchenさんでワイン会、35名を超えるお客様にお集まりいただき、この日のためにシェフが用意してくれたコースディナーとなんと奥野田ワイン9種をお楽しみいただけるスペシャルな企画となりました。


IMG_2307.JPG

お客様の中にはワイナリーに足を運んでいただいたことがある方のお顔もちらほら見えて、アットホームながらも技術的な話までさせていただきほとんどしゃべりっぱなし(笑)の2時間半でした。ありがたいことに今回のワイン会は本当にたくさんの皆さんにエントリーをいただき、締め切り後も40名ほどのお申し込みをいただいたとのこと。おいしいお料理と奥野田ワイン9種類という豪華なワイン会を企画するシェフの心意気に感謝感謝です。

8cc83a86-58a5-468d-a25e-f1a15bf79b0awallpaper.jpg

【本日のディナーコース】
前菜:三河産真鯛のタコのカルパッチョ〜バジルソース〜
   パテ・ド・カンパーニュ&ドイツ産生ハム〜リコッタチーズ添え〜

パスタ:ワタリガニのリングイネ〜トマトクリームソース〜

メイン:ローストビーフ〜ヨークシャープディング添え〜

デザート:ガトーショコラ

どのお料理もシェフの食へのこだわりが感じられ、とてもおいしくワインにもピッタリ!!
なんでもワタリガニはシェフ自ら採ってきたとのこと!!蟹のうまみが凝縮された濃厚な味わいのソースのパスタはかなりのボリュームながらもあまりのおいしさにペロリとたいらげてしまいます(笑)そして、お料理に夢中でメインとデザートの写真を忘れてしまいましたが、おなか一杯大満足!!みんなが笑顔になるおいしく楽しいコースディナーでした!!



IMG_2308.JPG

本日のワインは9種類!!1種類ずつグラスを変えながらお料理とのタイミングに合わせて楽しんでいただきました。今回ご協力いただいた岐阜のお酒屋さん中山道大鋸さんでお取り扱いをいただいている1升瓶の奥野田ドルチェレゼルヴァ(2006ヴィンテージの熟成デザートワイン)などレアなワインも味わっていただいたりとまさに奥野田ワインのバリエーションを網羅した楽しい楽しい会でした。

ワイン会に足を運んでいただきました皆様、コラボさせていただきましたD's kitchenさん、そして中山道大鋸さん、ありがとうございました★
こんな素敵な出会いをきっかけにまた山梨にも遊びにいらしてくださいね♪
posted by ワイナリーマダム at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2014年06月08日

2014年度奥野田ヴィンヤードクラブ 〜シャルドネ花カス取り作業〜

朝方まで雨の心配をしていましたが、嘘のように良いお天気に恵まれOVC作業日を迎えることができました。
本日はいつも作業しているセラー前のHIYAKE VINEYARDを離れ、シャルドネを栽培している長門原圃場でシャルドネの花カス取り作業を行います。

毎年花が咲いた後の恒例の作業ですが、作業適期が非常に短く、またこの時期はお天気が崩れることが多いため、過去6年間せっかくお集まりいただいた皆さんに作業していただくことがほとんどできなかった花カス取りですが、本日はばっちり作業ができました。

IMG_2279.JPG

葡萄は花が終わった後花カスがありますが、特にシャルドネに関しては花カスがそのまま葡萄果に残りやすく、実が膨らみだす前に取り除いてあげることが必要です。
花カスをそのままほおっておくと膨らんだ実の中で水分を含み、病巣となって病気の原因になってしまいます。


IMG_2282.JPG


葡萄の花が乾いた状態の時に一房一房手で丁寧に花カスを落としてあげるという単純かつ気の遠くなるような作業なのですが、シャルドネを栽培するうえでは欠かすことのできない重要な作業です。

IMG_2278.JPG

汗ばむほどの良いお天気に恵まれ、皆さんの手を借りて長門原圃場のシャルドネの一画の花カス取りが完了しました。
あとはスタッフが頑張って作業を継続していきます。

午前中めいいっぱい作業を行い、少し遅めのランチタイム。
本日のランチメニューはこちらハートたち(複数ハート)


そして、この日の夜は第二回2014OVCお疲れ様持ち寄りワイン会も開催!!
IMG_2289.JPG

一人一本持ち寄りのワイン会、素敵な仲間との語らいとワインを楽しみ、夜は更けていきました。

OVCの皆さん、次回はいよいよカベルネ・ソーヴィニヨンの傘紙掛けです。
次回もお天気に恵まれ、みんなと一緒に楽しく作業ができますように。。。

posted by ワイナリーマダム at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2014年6月花カス取り&巻ヅル取り作業日のランチ

6月に入り、ワイナリーではいよいよ農繁期に突入しました。
5月までは全てのランチメニューを手作りマダムランチとしてお出ししていましたが、
6月からは県内のいろいろなお店にご協力をいただきながら、マダムの一品とともに楽しんでいただく、コラボランチをお出ししていきます。

IMG_2273.JPG

【6月のマダムの一品】
お野菜たっぷりのタイカレー

毎年この時期に作るスパイスたっぷり、かなり辛いマダムカレー。
梅雨の時期の暑さを吹き飛ばす甘みと辛さが絶妙なバランスで、元気モリモリ食べていただきたい一品です。


IMG_2267.JPG


IMG_2285.JPG


IMG_2334.JPG


(上)6月7日富士通作業日ランチボックス
(真ん中)6月8日OVC作業日ランチボックス
(下)6月21日パナソニック作業日ランチボックス
by Naturalia/甲府

6月のランチボックスは甲府にある自然派食材や手作り食材を扱うカフェ、Naturaliaさんにオーダー。お野菜たっぷり彩豊かなお弁当をと届けてくれました。


IMG_2295.JPG

【6月作業日のワイン】
本日は夏にぴったりのさわやかうまうまスパークリング奥野田フリザンテとシャルドネの作業日ということで桜沢シャルドネをお出ししました。
シャルドネのお世話をしてその畑から収穫して生み出されたワインを飲む、、、太陽と大地と自然の恵みを感じる幸せなひと時です。



posted by ワイナリーマダム at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日のランチetc.

2014年06月07日

2014富士通ワインファーム〜6月の作業〜

前日から激しい雨が降り、富士通ワインファームの6月作業日はあいにくのお天気となってしまいました。
当日は小雨程度だったものの、前日の大雨の影響で中央道が通行止めになり、都心からのアクセスができなかったため、お車でのお越しを予定していた方は残念ながらワイナリーにたどり着くことができませんでした。
そんなお天気のなかでもお集まりいただいた有志の皆さんとともに、梅雨の合間を伺いながら畑に向かい作業を行いました。

IMG_2254.JPG

本日はいつも作業を行っているHIYAKE VINEYARDを離れ、ワイナリーから徒歩10分ほどの急斜面に位置する長門原圃場での作業です。
中央線を眼下に臨む立っているのが大変なくらいの急斜面のこの畑では奥野田自慢のシャルドネを栽培しています。

本来だったらシャルドネの花カス取りをするはずだったのですが、雨でぬれた葡萄の花カスを取るのは難しいため、急きょメニューを変更して、元気よく伸びる葡萄の巻ヅルを取る作業を行うことになりました。

葡萄は巻ヅルをまるで手のように広げ、支線や隣の葡萄の木をつかんで上へ上へと行こうとします。
巻ヅルをほおっておくと木と木が絡まって樹形が崩れてしまうだけでなく、畑全体の湿度が高まってしまいます。
そのため、こまめに巻ヅルを除去してあげることがとても大切です。

たまに雨があたるもののどうにか午前中はお天気も持ちこたえ、作業を終えることができました。


IMG_2268.JPG


そして、作業の後はお楽しみのランチタイム。お天気が心配だったため大急ぎで作業を行った分、ランチタイムはゆっくりと楽しむことができました。(本日のランチメニューはこちらハートたち(複数ハート)
また本日は参加人数がやや少なめだったので、セラーの中にランチの支度をし、ワインとともにみんなで楽しいひと時を過ごしました。


IMG_2272.JPG

最後はお約束の記念撮影★
雨がちらついてえおりましたが、ほんの少しだけカベルネ・ソーヴィニヨンの成長の様子も説明して、本日の作業を終えました。
芽かきから約1か月、あまりに早い葡萄樹の成長に皆さん驚きと喜びを感じてくれていたようでした。

次回は7月、傘紙掛け作業です。
本日満開を迎えていたカベルネ・ソーヴィニヨン、次回お越しいただくときは実が膨らみ成長した葡萄の房が皆さんを迎えてくれるのでどうぞお楽しみに♪
次回もお待ちしております。


posted by ワイナリーマダム at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム