2013年05月24日

シャルドネの花が咲き始めました

本日はとても気持ちの良い5月晴れ、降り注ぐ日差しに葡萄の葉っぱも畑も山々もいつも以上に光り輝いて見えます。
長門原圃場、桜沢圃場のシャルドネの花が咲き始めました。

画像 1091.jpg

(OKUNOTA WINERY NAGATOHARA VINEYARD)

奥野田ワイナリーでは、それぞれの畑が担当制になっており、こちらの長門原圃場は細川が担当になっています。

画像 1099.jpg

本日の作業は、新梢管理(芽かき&誘引)です。
もうすでに日焼けで真っ黒です★

画像 1104.jpg

そしてこちらが桜沢圃場です。同じ斜面にある畑なので写真だと見分けがつきにくいですね(笑)
早く桜沢にも看板を作ってあげなくちゃあせあせ(飛び散る汗)こちらの畑は山口が担当しています。

今一分咲のシャルドネの花は週末くらいから徐々に甘い香りを漂わせ始めます。
控えめながらも甘やかな葡萄の花の香りは何とも心地よく癒される、この時期のお楽しみですハートたち(複数ハート)



posted by ワイナリーマダム at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2013年05月18日

Wine Venus 2011メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン

Wine Venusの赤ワインが出来上がりました!!
私たちで植え付けから手掛けた自社農園の葡萄のみを使って大切に造っている奥野田ワイナリーのフラッグシップワインです。
太陽と大地の恵みをたっぷり受けた奥行きある味わいをどうぞお楽しみください。


画像 1112.jpg


Wine Venus
2011Merlot&Cabernet-Sauvignon

(ワインヴィーナス 2011メルロ&カベルネ・ソーヴィニオン)

3,150円(720ml)自社農園収穫メルロ65%
自社農園収穫カベルネ・ソーヴィニヨン35%
アルコール度数:12%
赤/ミディアム〜フルボディ
リリース日:2013年5月18日
生産本数約630本

自社農園で収穫したメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを用い、12カ月のオーク樽熟成を経て生み出されたこのワインは、スミレやカシス、根菜類などを思わせる深く豊かな果実香と、樽由来のコーヒーやビターチョコレートなどの香りが溶け合い、しなやかなタンニンと酸味が、長い余韻とエレガントさを感じさせる仕上がりです。今後の瓶熟成により、香り・味わい共、さらに深みを増してゆくポテンシャルを秘めている、奥野田ワイナリーのフラッグシップワインです。太陽と大地の恵みをたっぷり受けた奥行きある味わいをどうぞお楽しみください。

2011ヴィンテージについて
2011ヴィンテージについてですが、全体を眺めて概ね 「並み」という評価のヴィンテージだったと思います。しかし、その前の2010ヴィンテージがあまりに過酷なヴィンテージであっただけに私たちにとって2011年はとても思い入れ深いヴィンテージとなりました。前年は葡萄栽培が思うように行かず、スタッフ全員で何をすれば良かったのか??今後どのように栽培に取り組んでいくべきか??をよ〜く話し合い、もう二度と2010年の様な苦しみを味わいたくない!!という強い気持ちから徹底した栽培管理を行いました。栽培スタッフの弛まぬ努力と良い葡萄を収穫したいという強い気持ちにより、私たちの畑では大変素晴らしい収穫ができたと思っております。また栽培において、何か新しい一歩を踏み出せた気がした年でもありました。自然の恵みと愛情をたっぷり受けた葡萄が醸す味わいを感じていただければ嬉しいです。


ご注文について
FAX(0553-33-9977)、お電話(0553-33-9988)、E-MAILで承っております。
ご注文方法、送料等に関しましては、ホームページ・ワインリスト下の「ご注文方法」をご参照ください。
ワインリストはこちらハートたち(複数ハート)

【お知らせとお願い】
夏期期間(6月〜9月)は、ワイン配送の際クール便の利用をお勧めしております。
クール便は、送料+1梱包あたり210円のご負担をいただきますが
ワインを安心してお手元にお届けするためにご利用をおススメしております。
ご注文の際には、クール便の指定の有無を必ずお伝えいただきます様
お願い致します。
posted by ワイナリーマダム at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2013年05月17日

富士通ワインファームワイン会

富士通フォーラム2013の夜、いつもワインファームに関わってくれている富士通の皆さんと奥野田ワイン会を行いました。
畑の作業日にはあまりゆっくりとワインを飲んだり、お話しをさせていただく機会が少ないので、本日富士通フォーラムにもお届けした富士通ワイン2012のお披露目会を兼ねて、楽しい会を企画していただきました。

参加者は総勢26名、本日はワイン8種と和食のコースのマリアージュハート(トランプ)


画像 1074.jpg

お料理はとても美味しく優しい味わいなので、特に甲州種のワインとの相性は抜群!!

やはり一番盛り上がったのは、富士通ワイン2012をお出ししたときでしょうか??

画像 1076.jpg

富士通社内の公募で選ばれたかわいらしい葡萄のラベルの富士通ワイン、ワインファームに関わってくれた皆さんには一味も二味もおいしく感じていただけたかもしれません。
まだ瓶詰したてなので、もちろん味わいは若々しいのですが、果実味と奥行きのある味わいに仕上がっており、日灼圃場特有の焼けた土の様な香りもしっかりと感じられます。
本日飲んでいただいた若々しいこのワインの味わいを記憶していただき、お手元に届く富士通ワイン2012はヴィンテージにふさわしい熟成を待って飲んでいただきたいです。
きっとより豊潤で深みのある味わいに変化していくはずですハート(トランプ)

最後にワイン会に参加して下さった皆さんと記念撮影!!
画像 1080.jpg

とっても楽しい会でしたハートたち(複数ハート)

葡萄の葉っぱが次々と顔を出し、日に日に木は成長し、畑では一年で最も大切で、忙しいシーズンを迎えようとしています。一緒に作業し、一緒に学び、また富士通さんの最先端技術に力を貸していただいて、来年も美味しいワインをお届けできればと思っております。
富士通の皆さん、今後ともどうぞよろしくお願い致します黒ハート
posted by ワイナリーマダム at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム

富士通フォーラム2013

本日は東京国際フォーラムで毎年行われている富士通のビックイベント、富士通フォーラム2013にお邪魔しました。

富士通が主催するものとして最大のイベントである「富士通フォーラム」。
「Reshaping ICT, Reshaping Business and Society」をテーマとして、より良い社会づくりや地域が抱える課題解決への取り組み、お客様ビジネスの成長・変革を支えるICT利活用、それを支える最先端のプロダクトやサービス、テクノロジーについて、セミナーと展示デモで紹介しています。

今日は出来上がったばかりの富士通ワイン2012のお披露目を兼ねており、昨年に引き続き山本社長にお渡しするセレモニー&対談をさせていただきました。

画像 1065.jpg

(写真真ん中が山本社長です)

今回お渡ししたワインは、2012年という大変恵まれたヴィンテージに収穫した葡萄ということ、また富士通さんのICTが本格始動して葡萄の品質向上に結果がもたらされてこともあり、過去3年間で最も素晴らしい出来栄えです。
今年もこうやってワインをお届けする事が出来、改めてたくさんの方々に支えられてこのワインが出来上がっていることを実感します。畑で一緒に汗を流してくれた富士通社員の皆様のところにももうじきお届けができますよ♪

また本日は午後から行われた田崎真也さんの「自然とワインの美味しい関係」という講演の中で、ほんのわずかですがご一緒させていただく予定ですので、ご挨拶と打ち合わせを。。(そして記念撮影も。。。笑)

画像 1069.jpg


田崎さんの講演は、地球温暖化が与えるワインへの影響について、コルクの品質とブショネについて、亜硫酸について等私たちも普段聞かれることの多いワインについてのお話しを本当にわかりやすく丁寧に説明してくれて引き込まれるように楽しい講演でした。その一番最後に栽培について、また富士通ワインファームの活動とワインファーム内のICTの活用の状況などを10分程おしゃべりさせていただきました。

画像 1071.jpg


流石に500名以上のお客様を前にかなり緊張していた様子です。でも、栽培、ワイン造りに懸ける思いと富士通さんとの3年間の畑の取り組みが聞いて下さっている方々に少しでも伝わっていれば嬉しいです。

講演の最後には、本日お届けしたばかりの富士通ワインも振る舞われました。
奥野田ワイナリーから最も近い自社農園「HIYAKE VINEYARD」の一画にある富士通ワインファームで収穫した昨年のカベルネ・ソーヴィニヨン100%のワインです。
まだまだ、若々しい味わいですが、太陽と大地の恵み、富士通社員の方々の愛情をたっぷり受けた葡萄の味わいを感じていただけていれば幸いです。

ハート(トランプ)感謝ハート(トランプ)
posted by ワイナリーマダム at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム

2013年05月12日

OVC懇親ワイン会をしました

5月12日のOVC芽かき作業の後、ご都合のよいメンバーさん達とお疲れ様ワイン会をしました。
普段の作業日、私たちスタッフは準備やらサービスに追われていてなかなかメンバーの皆さんとゆっくりとお話しする機会がないので、一緒にワインを飲んだり、お話しする機会を作りたいなぁーと思ってい企画してみました。
画像 1058.jpg


日曜日の夜だったので少し少なめの15名のワイン会となりましたが、その分内容が濃くとても楽しい会となりました。

ワインリストは、現在販売中のワインに加えて、1990年甲州シュールリーや2010ロゼダムール、ヴィンテージ・ブリュット2000lot.02、2010奥野田ビアンコ、2011スミレ・ルージュ、そして18日にリリース予定の2011メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン、非売品の湖山亭ルージュ等ワイナリーでストックしているワインやこれからリリースのワインを中心にお出ししました。
普段ワイナリーに深く関わってくれているメンバーさんとのワイン会だけにちょっと面白いラインナップにしてみました。

今回は、塩山駅からの帰りのアクセスが良く、しっとりとした日本家屋の一軒家で庭園を眺めながら食事が楽しめるフレンチダイニング竜さんで会を開催!!
会話が尽きない4時間に渡るワイン会(竜さんすみません。。)、私たちもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

また場所を変え、日を変えて、楽しくワインを飲む会を企画したいと思います。

posted by ワイナリーマダム at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2013年5月OVC作業日~芽かき作業+α~

本日は昨日とはうって変わって、汗ばむような良いお天気晴れ
一気に夏になったように強い日差しが照りつけています。
空の青さに吸い込まれてしまいそうです。

画像 1022.jpg


今日はOVC(奥野田ヴィンヤードクラブ)の芽かき作業日、午前9時は50名近いメンバーが集まってくれました。なかには昨日に続き、2日間参加してくれているメンバーもいます。

昨日雨に足止めをされてしまっただけに、本日の晴れは嬉しいですね。
お天気に悩まされてしまった昨日の遅れを取り戻すべく、早速座講→芽かき作業に取り掛かりました。

画像 1026.jpg


芽かき作業はとてもデリケートな作業なので、栽培スタッフの細川と山口がメンバー1人1人の葡萄の木の様子を確認しながら作業を進めていきました。


12時過ぎには芽かきをした葡萄の芽の天ぷらをメインに、楽しいランチタイム揺れるハート
作業の成果をみんなで味わうのは本当に楽しいですね。
ランチの様子とランチメニューはこちらぴかぴか(新しい)

あまりに良いお天気だったので、午後からはシャルドネを栽培する長門原圃場の葡萄の皮むき作業に向かいました。長門原圃場は中央線を眼下に見下ろす山の中腹に位置し、ワイナリーからは徒歩10分程の場所です。もちろん歩いて行ける近くの畑ですが、道のりはかなりの上り坂で炎天下の遠足は思うよりもハードです。かなり暑い日だったので、もちろん無理は禁物で体力気力に自信があるメンバーさんだけに参加していただきました。葡萄の木の皮むきは、越冬菌やカイガラムシの被害から木を守り、健全に保つために行いますが、たくさんの圃場を運営していると全ての圃場の木の皮完璧に剥くことは難しく、こうやってメンバーの皆さんの力を借りて木がピカピカになっていくことはとてもうれしく、ありがたいことです。

DSC_0174.JPG


午後3時過ぎ、シャルドネの皮むきを終え山から下ってきたメンバーの労をねぎらい、本日のプログラムが終了しました。
OVCメンバーの皆さん、暑い中の作業、お疲れ様でした。
葡萄の芽の天ぷらのお味はいかがでしたか??、
ちょっと酸味があったり、えぐみも感じたりしますが、春から夏に差し掛かるこの時期にしか味わえないさわやかな味わいですよね!
シャルドネの皮むき、少し地味な作業ですがこの一つ一つの積み重ねが葡萄の木を健全に保ち、おいしい葡萄の収穫につながっていきます。皮をむいてもらった葡萄の木もきっと喜んでいることと思います。
これから、畑では活発に伸びる雑草と戦いながら、目まぐるしく成長をする葡萄の木に置いて行かれないように作業を進める一年で最も忙しいシーズンを迎えます。栽培スタッフも日々努力し、栽培スキルを高め、作業を行っておりますので応援していてくださいね黒ハート




posted by ワイナリーマダム at 15:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2013年5月芽かき作業日のランチ

5月11日、12日の芽かき作業のランチタイムにお出ししたマダムランチをご紹介します。
画像 1015.jpg

【ランチボックス】
(右上から)
地中海風マリネ・・甘夏、オリーブ、蛸が入った初夏にピッタリなマリネです
季節のフルーツ・・パイナップル、イチゴとお庭のペパーミント
菜の花と鶏肉のゆず胡椒和え・・ゆず胡椒の風味が甲州種のワインにピッタリです♪
具だくさん彩りちらし・・・華やかな彩りのマダム特製ちらし寿司です


198862_199483310200979_1758842111_n.jpg

【本日のメインディッシュ】
葡萄の芽の天麩羅(カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、メルロなど品種を変えて色々揚げてみました)
その他、シイタケやししとう、なす等日替わりで。。。

【本日のパン】
今日は細川が桜沢圃場のヨモギを入れたヨモギフォカッチャを焼いてくれました。


画像 1064.jpg


【本日のワイン】
2012奥野田ビアンコ
2012ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン
この時期にピッタリな甲州種のワイン2種をお出ししました。


また、11日の富士通ワインファーム作業日には、OVCメンバーで身延で湯葉屋さんを営んでいる武州屋さんご夫婦からの差し入れで、美味しい生湯葉も振る舞っていただきましたよ!!(12日の皆さん、すみませんもうやだ〜(悲しい顔)

画像 1017.jpg


今回の5月まではマダムランチを中心にランチタイムを楽しんでいただきましたが、次回の作業日以降はまた色々なコラボ企画も実現できたらいいなぁなんて思っておりますので、お楽しみに♪
芽かき作業、お疲れさまでした黒ハート
posted by ワイナリーマダム at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日のランチetc.

2013年05月11日

2013富士通ワインファーム作業日〜芽かき作業〜

本日は富士通さんの芽かき作業日、明日のOVCの作業日にお越しになれないメンバーも仲間に入れてもらって総勢約50名が集まってくれました。

数日前からお天気は崩れ残念ながら本日は雨模様、午後からは雨脚が強くなりそうなので大急ぎでセラー前に移動して早速本日の芽かき作業の座講を行います。

画像 1037.jpg


芽かき作業とは、剪定時に整えた芽数を木の状態を見ながら調整をする作業で、今年の樹形を決定づける最も重要且つ難しい作業です。
またこの作業は、今年の収穫、来年以降の樹形にも大きく影響するので
いつも通りセラー前での座講をみっちり行った後、デモンストレーションを行いながらの作業となります。

画像 1049.jpg


僅かに小雨がちらついていましたが、作業はどうにか遂行でき芽かきの作業を丁寧に行いながら、お昼に天麩羅でいただく葡萄の芽を収穫♪

画像 1043.jpg


お天気にはあまり恵まれませんでしたが、午前中の作業はどうにか最後まで遂行する事が出来、無事お昼御飯に。。。。

画像 1016.jpg

食べきれないほどの沢山の芽が揚げ場に届きました(笑)


本日のランチタイムの様子とお昼のメニューはこちらハートたち(複数ハート)

テントの中でランチタイム、その間に雨はどんどんと激しくなっていき、午後からの作業はとてもできそうにないのでゆったりとグラスワインを飲みながら天麩羅を楽しむ会となりました。その間にもワインについて色々な質問が飛び交って、皆さんが栽培やワインにとても興味を持ってくれていることを嬉しく感じました。


富士通の皆さん、本日はお天気が悪い中芽かき作業お疲れさまでした。
本日畑の中で顔をのぞかせていた小さな葉っぱは、次回6月にお越しになるときには立派に成長していてきっと驚かれることでしょう♪
これから畑はトップシーズンを迎えて、毎日毎日目まぐるしく変化をしています。
また次回、畑でお会いできるのを楽しみにしてりますハートたち(複数ハート)

posted by ワイナリーマダム at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム

2013年05月05日

ワインセミナー@アンティークマーケット吹上

5月5日子供の日の本日は、名古屋吹上にあるアンティークマーケットさんで奥野田ワインと日本のチーズのマリアージュを楽しむ大人のセミナーを開催させていただきました。
一宮のプレゼンチの伊藤さん、アンティークマーケットの金本さん、そしてチーズプロフェッショナルの戸村さんとコラボさせていただき、日本のワインと日本のチーズを合わせる楽しい会が実現できました。

本日は、奥野田ワイン7種と日本のチーズ5種を順番に合わせていく企画です。
私事で恐縮ですが、元々チーズは大好きだった上、2月にフランスに行って以来、更なるチーズ好きになってしまい、今回のセミナーはお客さんよりも私の方が楽しみにしていたかもしれません(笑)
画像 1001.jpg



本日は定員を若干オーバーした23名のお客様が集まってくれました。


画像 990.jpg


きれいに盛りつけられたチーズプレートをお配りして、一点目のワイン、奥野田フリザンテからワインをお楽しみいただきます。

画像 993.jpg

チーズプロフェッショナルの戸村さんがチーズの詳しい資料を作ってくれたので、本日サーブされた日本のチーズをご紹介します。

(左側から順番に。。。)
★しおのはな
【生産者】今牧場チーズ工房(栃木県)
【乳種】牛乳
【タイプ】フレッシュ

朝一番に搾乳された質の良いミルクを厳選して使用したフレッシュチーズ。
モチモチとした独特の食感があり、特別な塩を添加して引き出されたミルクの甘さが、サッパリしながらもクセになる味わいです。

★フロマージュ・ド・みらさか
【生産者】三良坂フロマージュ(広島県)
【乳種】牛乳
【タイプ】白かび

100%自家製の山岳酪農・自然放牧の良質なミルクを使ってつくられる白かびチーズ。
柏の葉に包まれて熟成され、若いうちはほのかな酸味であっさりとしており、熟成が進むと濃厚な味わいに変身します!

★バッカス・ダルパージュ
【生産者】清水牧場(長野県)
【乳種】牛乳
【タイプ】ハード

標高1400m〜1800に広がる広大なまきばでたくましく育った牛のミルクで作られます。
中でも、高山放牧期間中の栄養たっぷりの良質なミルクで作られたダルパージュは、力強い旨みと複雑性が味わえて貴重な数量限定品です!

★茶臼岳
【生産者】今牧場チーズ工房(栃木県)
【乳種】山羊乳
【タイプ】シェーヴル

クセのない良質な山羊のミルクで作られた熟成シェーヴル。
口の中で溶けるような舌触りと、濃厚なコクが味わえます。
まだ数少ない日本のシェーヴルの中でも注目の作り手さんです!


★しののめ
【生産者】今牧場チーズ工房(栃木県)
【乳種】牛乳
【タイプ】ウォッシュ

塩水で洗いながら丁寧に熟成されたウォッシュチーズ。
しっかりしたウォッシュ香と塩味ですが、味わいはナッティでミルクの甘みがジワジワと広がり、余韻の長さが後を引きます。
ワインや温かいお料理にも相性抜群です!

ワインとの相性などの説明も交えながらワイン、チーズを順番にお楽しみいただきました。

本日は2時間の濃~い内容のセミナー、ソムリエの方も数多く出席いただいていたので、自然とセミナーも相当にマニアックな方向へと進んで行きました(笑)
栽培について、醸造について、主人も腕まくりでかなり詳しいところまでお話しをさせていただきました。

画像 1002.jpg

(チーズプロフェッショナルの戸村さん(真ん中)と♪)


本日ワインとチーズのセミナーにご参加いただきました皆さん、本当にありがとうございました(&お疲れさまでした★)日本のチーズとのコラボは初めてだったので、私たちも学ぶところが多く、とても楽しく、実り多い時間を皆さんと過ごさせていただきました。
素敵な出会いに感謝しつつ、皆様にまた会える日を楽しみにしています黒ハート




posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2013年05月04日

メーカーズ・ディナー@ルコネッサンス

GW後半の5月4日、名古屋の東別院にあるフレンチレストラン、ルコネッサンスでメーカーズディナーをさせていただきました。

画像 974.jpg


安形シェフが奏でる素材の味を大切に生かしたナチュラルフレンチとソムリエの三輪さんの素晴らしいサービスを心行くまで堪能できる洗練されたフレンチレストランです。今年3月にオープンしたばかりの新しいお店ですが、空間、お料理、サービス、、どれをとっても最高のホスピタリティを提供してくれる話題のフレンチです。

店内は落ち着きのあるモダンなインテリアでとても洗練されており、美しいテーブルセッティングを見てこれから始まるお料理への期待へ膨らみます。


ワイナリーではSOLD OUTになったワインも含めたラインナップとなりました。
__.JPG


お料理はどれも洗練されており、目でも舌でも私たちを楽しませてくれました。
初めに出てきたツブガイとウニのカプチーノ仕立て、ワインは奥野田フリザンテを合わせて会はスタートしました。
ここでソムリエは、2点目のワインにスミレ・ルージュをチョイス、温かい前菜のフォアグラにピッタリでしたよ。

そして次は、美しい野菜のバーニャカウダ。確かこのソースは牛蒡が入っていて甲州のハナミズキ・ブランとの相性抜群でした。

お魚料理は初夏らしい爽やかな味わいとバターを使った奥深い風味がお魚の味を引き立て、桜沢シャルドネと合わせることによってお料理とワインの味わいを高め合っていました。

画像 980.jpg

お肉料理には3種類の赤ワインを合わせました。なかでもワイナリーでは既に完売してる2009HIYAKE VINEYARDは数年の間に奥深い味わいを楽しめる赤ワインへと変化していてとても印象的でした。
ワイナリーで販売している時には、ヴィンテージが良かっただけに若々しさが感じられ硬い印象がありましたが、熟成により柔らかく奥行きあるワインへと変わっていました。

この後お料理は、日本人でよかった。。。。と思わせる貝の出汁で炊いたおにぎり、そしてデザートへと進んで行きました。デザートももちろん美しくとてもおいしかったです。(が、あまりのおいしさに写真を撮るのを忘れてしまいました。。。)

ワインは、やはりワイナリーでは完売しているヴィンテージ・ブリュットで〆シャンとしました。

美しくおいしいお料理を提供して下さったシェフと見事なまでにお料理とワインを融合させてくれたソムリエ、素敵な空間で心行くまでお料理とワイン、サービスを堪能できるワイン会となりました。

画像 987.jpg


メーカーズ・ディナー@ルコネッサンスにお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。素敵な方々とご一緒でき、とっても楽しく心に残る夜でした。








posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー