2011年09月30日

コンフィチュールができました★

自社農園のワイン用葡萄、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨンを丁寧に煮詰めた
コンフィチュールができました。

画像 131.jpg


今年もほんのわずかですが、販売しています。
勝沼のチュイールママ、シュガーマダムの協力をいただき、
手間暇かけて丁寧に作ったコンフィチュールです黒ハート

コンフィチュール シャルドネ
2011年9月10日自社農園長門原圃場収穫
価格 880円(170g)

9月10日にお客様たちと収穫した長門原圃場のシャルドネを一粒一粒丁寧に摘み取って、
小さな鍋でじっくりと時間を掛けて煮詰めたコンフィチュールです。

シュガーマダムのシャルドネコンフィチュール作りの様子はこちらハートたち(複数ハート)


コンフィチュール カベルネ・ソーヴィニヨン
2011年9月25日自社農園日灼圃場収穫
価格 880円(170g)

9月25日に日灼圃場で収穫したカベルネ・ソーヴィニヨンをコンフィチュールにしました。
きれいな色合いとともに濃厚な果実味を御堪能ください。

シュガーマダムのカベルネ・ソーヴィニヨンコンフィチュール作りの様子はこちらハートたち(複数ハート)


どちらもナチュラルな果実の味わいを楽しんで頂く為、果皮や種も一緒に煮詰めています。ヨーグルトのソースはもちろん、合鴨や生ハムに添えてワインのお供に召し上がっていただくのもオススメです。

どちらも数量限定、ワイナリーの店頭販売とお問い合わせを頂いた場合のみの販売となっております。


摘み立てのぶどうの味わいをどうぞ御賞味くださいませぴかぴか(新しい)


画像 137.jpg
posted by ワイナリーマダム at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリー

2011年09月25日

カベルネ・ソーヴィニヨン収穫会~奥野田ヴィンヤード倶楽部~

待ちに待った2011年度OVC(奥野田ヴィンヤード倶楽部)収穫会の日がやってきました。


昨日に引き続き、HIYAKE VINEYARDでカベルネ・ソーヴィニヨンの収穫を行います。
本日は、OVCの皆さんだけの収穫となりました。

1月の剪定から一緒に作業を共にして来てくれたメンバーの皆さん、
皆さんの愛情とご協力のおかげで無事本日を迎えることができたと思っております。
冬から座講と作業を繰り返し、一緒にワインを飲み、畑での時間を共有していただいた皆さんは
今や奥野田ワイナリーの良き隣人となっています。

本日は、収穫メニューは比較的軽めなため、午前中には収穫を終わらせ
午後は仕込みの体験と見学を予定しています。

まずは、収穫の手順を一通り説明して、早速畑へ。。。

名称未設定-1.jpg

昨年に引き続き収穫に来てくれているメンバーさんがとても多い為、昨年の厳しいヴィンテージから考えると
今年の収穫はとっても楽しく、楽に感じていただけたようです。


IMG_0322.jpg


病気や劣化はほとんどなかったため、葡萄は摘み取ってほぼそのままカゴに入れることができる
状態でした。

でも、こうやって私たちの畑のヴィンテージの違いをしっかりと感じてくれる方々の存在が
とても大きな支えになると同時に、これからの活力にもなります。

IMG_0328.jpg


手際良く午前中のうちに940kgの収穫を終わらせ、お昼ごはんとランチワインを楽しんだ後、
午後からは昨日の富士通さんの収穫量と合わせて、1760kgのカベルネ・ソーヴィニヨンの
仕込み作業に移ります。


まずは、収穫した葡萄を除梗機に入れて、梗の部分を取り除きます。
今年は特に大きくて立派な房型の葡萄が多かっただけに、あっという間にクラッシュされてしまう
この工程は例年以上に物悲しい感じに思えてしまったのは、私だけでしょうか??


IMG_0334.jpg


除梗機に葡萄を一カゴずつ投げ入れる作業は、参加者の方々も一緒に行いました。

そして、こちらがクラッシュされて出てきたカベルネ・ソーヴィニヨンの果実です。

IMG_0332.jpg


この後クラッシュされたカベルネ・ソーヴィニヨンは、醗酵の工程へと移っていきます。

収穫にご参加いただきました皆様、本当にお疲れ様でした。
皆様のおかげでとても正確な収穫作業を終え、無事仕込み作業に移ることができました。

圃場の特性とヴィンテージを最大限表現したおいしいワインを皆様にお届けできる日をお楽しみに☆

posted by ワイナリーマダム at 19:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2011年09月24日

カベルネ・ソーヴィニヨン収穫会~富士通ワインファーム~

今年で2年目となる富士通さんとの畑での活動。

奥野田ワイナリー自社農園日灼圃場内の一画を富士通ワインファームとして
富士通社員の皆さんが葡萄の育成を体験したり、自然保護について考えたり、生物多様性について学んだりする活動を行っています。

年間数回の作業日を設け、富士通社員の皆さんが私たちと一緒に畑で汗を流してくれています。

その活動の集大成、待望の収穫会の日がやってきました。

やはり収穫は他の活動に比べてもかなり人気の様子、抽選で選ばれた70名もの参加者が集まってくれました。
皆さんが葡萄の栽培に興味を持っていくれていて、私たちとしてもうれしい限りです。


IMG_0313.jpg


まずは、私たちの畑の理念やこだわり、今年のヴィンテージや葡萄の状態、畑での注意点、収穫の手順等等を
テントの下で説明します。

その後、畑に移動して実際に収穫作業開始!!

IMG_0319.jpg


収穫直前に襲った台風の影響もあり、葡萄は玉割れしているものも少しありましたが、

昨年の厳しいヴィンテージの反省も踏まえて、春からの徹底管理の甲斐あって畑全体には

とても健全で熟度の高いカベルネ・ソーヴィニヨンがたわわに実りました。

昨年に引き続き収穫に参加してくれた方、収穫に至るまでの作業に何度も足を運んでくれた方、

OVCにもご参加している熱心な富士通社員の方などなど、本当にたくさんの方がこの日を楽しみにしてくれて

いたことをとてもうれしく感じました。


IMG_0314.jpg


葡萄は1房1房丁寧に処理を行い、収穫カゴに入れていきます。

参加者皆さんの真剣な収穫作業は、秋晴れの気持ちの良いお天気も助けて
ぐんぐん効率を上げていき、富士通ワインファーム内の葡萄300kgを含む820kgのカベルネ・ソーヴィニヨンを収穫しました。



富士通2011収穫会.jpg


ご参加いただきました皆様、収穫作業お疲れさまでした。
本日収穫していただきました葡萄が、美味しいワインになって皆様にお届けできる日を楽しみにしていてくださいね。



posted by ワイナリーマダム at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年09月22日

台風15号

全国各地で被害の様子が報じられ、都心でも交通網が麻痺して
帰宅難民化している方々の様子がニュースで流れました。

豪雨と強い風が私たちの住んでいる場所でも吹き荒れ、収穫を間近に控えた
カベルネ・ソーヴィニヨンの畑も台風の影響を確実に受けています。
残念ながら、畑全体に玉割れも見受けられます。

IMG_0310.jpg


それでも、ここまで健全かつ良い状態で持ってこれたので壊滅的被害はなく、収穫時の処理は増えてしまったものの最小限の被害に止まったと思っております。

この時期は毎年台風が発生し、特に晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンは大きな影響を受けてしまいますが、
自然界のことなのでどうにもこうにも手の打ちようがありません。

ただ、ここまですべきことはすべき時に全てしてきたため、後は運を天に任せて
週末の収穫を迎えるだけです。

葡萄を心配してご連絡をくださった皆様、ありがとうございます。
スタッフだけでなく、お客様たちも遠くから葡萄を応援してくれていることはとっても嬉しく、
また栽培をしていく上でも励みになります。


IMG_0309.jpg


カベルネ・ソーヴィニヨンは、毎年台風に悩まされ、収穫直前まで何があるかわからない
とても栽培が難しい葡萄品種です。
私たちも、毎日お天気情報を見ながらどうにもならないとわかっていながらも、一喜一憂してしまいます。

でも、遠くからも葡萄に愛情を送ってくれている方々の存在は本当に支えになっていますし、
葡萄にも良く言い聞かせなくっちゃと思います。

収穫間近のカベルネ・ソーヴィニヨン、今週末まで元気に日灼圃場を彩っていてほしいです。

posted by ワイナリーマダム at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年09月14日

メルロの棚畑

今週末の仕込みに向けて、契約農家さんの畑を見に行きました。

房型は例年よりもやや小さいながら、しっかり色づいており、熟度も上々ハートたち(複数ハート)

画像 129.jpg


仕込みも楽しみです。
posted by ワイナリーマダム at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリー

2011年09月11日

2011シャルドネの仕込み

昨日収穫会にご参加いただいた皆さんと丁寧に収穫したシャルドネを本日早朝から仕込みが始まりました。

画像 119.jpg


手入れも行いましたが、健全かつ葡萄の皮が薄くなり日に透かして見ると種が見えるほど
熟度の高い葡萄が収穫できたので、仕込み作業もウキウキですハートたち(複数ハート)

画像 115.jpg


徐行後の葡萄の粒もとっても美しいですぴかぴか(新しい)

おいしいワインになりますように。。。。
posted by ワイナリーマダム at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリー

2011ミルズの仕込み

早朝からのシャルドネの仕込みに続き、本日第二弾ミルズの仕込みも始まりましたあせあせ(飛び散る汗)

画像 122.jpg


とっても香り高い満丸の果実がかわいらしい葡萄です黒ハート
葡萄をそのまま食べてもおいしく、果肉がぷりぷりとした触感。
果実の時からチャーミングな香りと味わいを持っています。


収穫量は、例年よりもやや少なめ。。
もともとミルズは希少な葡萄ですが、今年はさらに希少みたいです。

大切に仕込んで、美味しいローズ・ロゼに生まれ変わりますのでお楽しみに揺れるハート


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリー

2011年09月10日

2011 シャルドネ収穫会

9月10日早朝6時、ワイナリーログハウスにはシャルドネ収穫を一緒にしてくれる仲間が
続々と集まりました。

本日の収穫はシャルドネ、収穫圃場は自社農園長門原圃場です。

ワイナリーから登って登って徒歩15分程の山の中腹に位置する畑です。
急斜面の為作業は大変ですが、樹齢を重ねたシャルドネはとても高いポテンシャルを発揮していて、
私たちが最も自慢にしている畑です。
ワイナリーから少し離れているため普段は中々ご案内できませんが、こうやってたくさんの方々が
収穫に来てくれるのは本当にうれしいことです。

画像 103.jpg

(朝靄の長門原圃場)


昨年2010年シャルドネ収穫は、県内全域にベト病の被害が見受けられ、私たちも大変な収穫を余儀なくされました。
その反省もあり、今年は春先から例年以上にストイックに圃場管理を徹底してきました。
数日前の台風の影響は免れなかったものの、それでも私たちの圃場はヴィンテージに対して
熟度、糖度、健全さ全てにおいて合格点をつけれるレベルに達したと思っています。


今年は葡萄に穴をあけてしまう虫がかなり多く発生しましたが、圃場全体を徹底的に管理することにより
例年通り殺虫剤も使用せず、忍んできました。
手入れは、少し必要なもののやるべきことはやるべき時に全て行ってきたので、皆さんにお見せするのに
恥ずかしくない品質の葡萄が実を結んだと思っております。


画像 100.jpg


収穫の注意点や手入れの方法、葡萄を収穫カゴに入れる方法、道具の管理等々、一連の説明を行った後、
実際畑に入って収穫作業を行います。

スタッフ含め30名で本日の収穫がスタートしました。

画像 097.jpg


日中は、35度と秋晴れというには暑すぎるほど気温が上昇し厳しい作業になりました。

私たちの圃場では、葡萄の手入れを全て畑で行い、ワイナリーには健全果のみを運びこむ方針なため

日を遮ることのできない垣根畑での作業は、葡萄と太陽両方との格闘です。

お茶の時間やランチタイムを挟みながら、収穫作業は午後3時半過ぎまで行いました。

収穫量は1570kg、参加者みんなの手でひと房ひと房丁寧に葡萄の手入れをして熟度の高い健全果のみの

収穫ができました。

画像 108.jpg


一緒に収穫をして下さった皆様、本当に精度の高い収穫をしていただきありがとうございました黒ハート

厳しい暑さの中での長時間に渡る収穫作業でしたが、楽しんで作業してくれている参加者の皆さんを見て、

私たちもうれしさ数万倍でしたハートたち(複数ハート)

本日収穫したシャルドネは、明日の早朝から仕込み作業に入ります。

ご参加いただきました皆さんの愛情がたっぷり詰まったおいしいワインになると思いますので

楽しみにしていてくださいね。

ありがとうございました★



posted by ワイナリーマダム at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告

2011年09月01日

収穫カゴ

デラウェアの収穫が終わり、大活躍した収穫カゴをきれいに洗います。

収穫カゴは、10kgの葡萄を収穫、計測して工場に運び込みますが、
2011デラウェアの収穫総数は5500kgでしたので、550個のカゴの洗浄のお仕事ができてきます。

奥野田ワイナリーでは、この収穫カゴの洗浄をぬかりなく行うことをモットーにしています。
シーズン中、何度も使うものですがその都度手間暇をかけて元通りピカピカの状態にします。

まず、水で大まかな汚れを落とし、そのあとカゴ専用の洗浄機に入れます。

概ね1カゴ辺り2分くらいの時間をかけて洗浄し、目安としてはカゴにサンドイッチをそのまま詰めても
安心して食べられるくらい!!

カゴをピカピカにすることによって、私たちも収穫を手伝ってくれるお客様も契約農家さんも葡萄に感謝し、
葡萄を愛しみ、丁寧に収穫してくれます。
カゴが汚いとついつい葡萄がつぶれてしまったり、余計なものがカゴに入ってしまうことが気にならなくなってしまうものです。


時間のかかる大変な作業ですが、次の収穫でも気持ちよく使える様、ピカピカぴかぴか(新しい)にしますハートたち(複数ハート)

画像 095.jpg




posted by ワイナリーマダム at 17:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ワイナリー