2011年07月24日

久保田一竹美術館ワインフェス開催しました

河口湖にあるとっても素敵な美術館「久保田一竹美術館」でワインフェスを開催しましたハートたち(複数ハート)
日本の伝統とアジア各国のエッセンスを取り入れた解放感溢れる空間は、訪れる人の心をいやしてくれる
ゆったりとした時間が流れています。

本日の会場となるカフェテラスも夏らしくコーディネートしてくれました黒ハート
画像 049.jpg

夕方4時、日が陰り始めて涼しい風が吹く何とも気持ちの良い時間にワインフェスをスタートしました。
本日は「夏のワインの楽しみ方」をテーマに、ラ・フロレットシリーズ3種とそれぞれのワインに合わせたフィンガーフードを楽しんでいただきました。

また、アルコールを飲めない方やお車でお越しのお客様には、ワイナリーからスペシャルノンアルコールカクテル2種を召し上がっていただきましたぴかぴか(新しい)

画像 053.jpg

1点目にお出ししたノンアルコールカクテルは、ラズベリーと河口湖で収穫したブルーベリーを使った夏らしさ満点のドリンクです。
フィンガーフードは、1点目のワイン「ハナミズキブラン」に合わせてカプレーゼ、2点目の「スミレ・ルージュ」に合わせて生ハムのバジル添え、デザートワイン「ローズ・ロゼ」に合わせて白桃と黄桃のコンポートを美術館の美人スタッフの方たちが心をこめて作ってくれました。

画像 054.jpg


1時間半、テイスティングの仕方やテイスティングワインの説明、畑のことやワイン造りについてお話をさせていただきました。
特にワインとお料理とのマリアージュに関しては、是非ご自宅で気軽に試していただければ嬉しいです。黒ハート

夕暮れ時の美術館カフェテラスは、まるで日本にいることを忘れてしまうような素敵な雰囲気で、とっても優雅な気持ちにさせてくれます。

一竹美術館さんとのコラボは今後も企画していこうと思っておりますので、是非楽しみにしていてくださいね★
posted by ワイナリーマダム at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2011年07月17日

7月OVC作業日~傘紙掛け~

朝から暑さで目が覚めるほどの猛暑日、曇りを願っていましたが、願いとは裏腹に太陽が照りつける良いお天気になってしまいました晴れ
本日のOVC作業は傘紙掛け、垣根畑は棚の畑と違って日差しをよける場所がない上、日灼圃場はその名の通りとても日当たりがよく、地温が上がりやすい土地なので作業は日差しと暑さとの闘いです。

本日もいつも通り午前9時集合、前回までは午前中に座講を行っていましたが、今回は作業が中心。
とにかく、気温がピークに達する前に作業を進めるべく、傘紙掛けに取り掛かりました。

傘紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄を守ってあげるために行う作業です。
1房1房傘紙をホッチキスで留めつけて傘にしてあげる、ちょっと気の遠くなるような作業ですが
防除の効果を損なわないように、また葡萄同士が重ならないように等色々と配慮もしながら作業を進めていきます。
途中ランチタイムを挟み、作業は午後も続きます。


画像 030.jpg


メンバーさんの中には、今年3年目になるリーダーや昨年から引き続き一緒に作業をしてくれているメンバーさんもいますので、年ごとに違う葡萄の様子をしっかりと認識してくれており、葡萄の成長をたくさんの皆さんが見守って応援してくれていると思うと本当にうれしい限りです。

むせ返るような暑さの中でしたが、皆さん一生懸命傘をかけてくれて、本日は5000枚以上の傘紙かけを終了することができました。

暑い中での作業、本当にお疲れさまでした。

1月の剪定から作業を一緒にしてくれたOVCメンバーの皆さん、次回はいよいよ収穫作業です。

8月下旬、デラウェアの収穫から始まりますのでどうぞ楽しみにしていてくださいね。


画像 034.jpg

posted by ワイナリーマダム at 01:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2011.7 OVC作業日のランチ

本日のランチボックスですハートたち(複数ハート)

IMG_0191.jpg




(小鉢上)ズッキーニ、トマト、オリーブの甲州ワインビネガーマリネ夏野菜の代表、ズッキーニを使ったマリネです。
甲州ワインビネガーで酸味を利かせたさっぱりとした味わい。
ハナミズキブランに合わせて作りました。

(小鉢下)ファルファッレの冷製きのこクリームかわいらしいチョウチョの形のパスタに、きのこを使ったクリームソースをトッピング。
コクはありますが、さっぱりとした味わいです。

枝豆のペペロンチーノ枝豆を洋風に仕上げました。
チーズとガーリックの風味がきいたおつまみです。
白ワイン全般に良く合います。

キュウリやパプリカ、セロリ、ミニトマトのピクルス
お馴染みの夏野菜をピクルスに。。。
暑い日にはもってこいのおつまみです。
浅く漬けてあるのでつやつやして、お野菜一つ一つがとても可愛くなります。
もちろん、ワインとの相性もgood!!

白身魚のフライ 甘酸っぱい自家製タルタルソース添え
野菜が中心のランチボックスですが、本日は作業が過酷なため
揚げ物も加えてみました。
タルタルソースはピクルスをたっぷり使った甘酸っぱい味わいです。


なすのグリル、自家製パジルソール添え
こんがりとグリルしたなすに自家製パ汁ソースとトマトを添えました。
バジルソールの色合いと濃厚な味わいが食欲をそそります★



本日のメインディッシュ なすと鶏肉の夏カレー
夏といえばカレーでしょ??ってことで、スパイスをたっぷり使って仕上げてみました。
ご飯はターメリッククミンライス。
(例によって写真を撮り忘れてしまいました。お持ちのメンバー様はご提供ください)


デザート ライチ
本日のデザートは、ローズ・ロゼに合わせて、冷たいライチをご用意しました。
ライチを思わせる香りがあるミルズ種を実際にライチと合わせてみるといかに??
というテーマで。。。


本日のテイスティングワイン 2009ハナミズキ・ブラン、2010奥野田ビアンコ、2009桜沢シャルドネ、
   2010ローズ・ロゼ


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月11日

7月11日葡萄の様子〜カベルネ・ソーヴィニヨン〜

画像 024.jpg


日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンです。

昨年のことがあってか、今年は春の段階からベト病注意報が県内ではささやかれていましたが

私たちの畑では今のところ、かなりいい感じです。

特にカベルネ・ソーヴィニヨンは房型も大きく、軸もしっかりとしています。

このまま、何事もなくしっかりと色づいて収穫期を迎えてくれるとよいのですが。。。

昨年の葡萄を見ているお客様に「今年は去年よりいいね!!」といわれると

つい「でしょ??でしょ??」と言いたくなってしまいます(笑)

ヴィンテージもあるでしょうが、今年は葡萄の栽培にあたっているスタッフみんなが

生育ステージをしっかりと意識しながら、やるべきことをやるべき時に一つ一つ行ってきたことが

今の葡萄の状態を導いてくれたのだと思っています。

まだまだ、収穫するその日まで何が起こるかはわかりませんが、スタッフ達は過酷な農繁期を

葡萄と向かい合いながら送ってきました。

もちろんまだ畑でしなければならない作業はありますが、最も過酷な時は過ぎ、

やるべきことはやってきましたので、後は収穫までの天候と神様に任せるだけです。
posted by ワイナリーマダム at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年07月10日

富士通ワインファーム傘紙掛け

予想通りの猛暑日、9日、10日と二日に渡って富士通ワインファームの傘紙掛け作業を行いました。

しかも日差しの逃げ場のない垣根畑、傘紙掛けはかなり厳しい作業です。

カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培している日灼圃場、「ヒヤケ」とは字名から取っていますが
やはり名前の通りとても日当たりがよく、地温が上がる土地です。
冬場は、ポカポカと日が差してありがたく思えますが、夏になるとあまりの暑さに地名の由来を痛感します。


本日の作業「傘紙掛け」は、葡萄の房に傘紙をかけてあげる作業です。

昨年は梅雨前に行いましたが、今年は梅雨明け後にこの作業をすることを方針決定しました。

傘紙掛けは、雨粒に含まれるカビの胞子から葡萄の房を守ってあげるために行います。

特に晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンは、秋雨の影響を受けやすい為この作業が必要不可欠です。

画像 019.jpg


各自ご持参していただいたホッチキスを使って、1枚1枚丁寧に葡萄に傘紙を掛けていきます。

途中ランチタイムを挟んで火照った体を休め、午後からも無理のない程度に作業を進めました。


画像 022.jpg


お約束の記念撮影。

2日間で、約4000枚の傘紙をかけることができました。

暑い中作業にご参加いただきました皆さん、お疲れさまでした。




posted by ワイナリーマダム at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム

2011年07月04日

中華とワイン

いつも公私ともにお世話になっている甲府の依田酒店社長ご夫妻の行きつけのお店
「ニイハオ」という中華料理に連れて行ってもらいました。

依田酒店さんに納品に伺ったのですが、久しぶりに社長ご夫妻にお会いしたら話が盛り上がってしまい
気が付いたら1時間も立ち話、積もる話もあったので夕飯をご一緒させていただきましたハートたち(複数ハート)



本日のテーマは、「中華料理とワイン」

まずは、お店の常連依田夫妻のおススメを中心にオーダー。

メニューは何ら変わったところはないのに、お料理がちょっぴり予想を裏切る感じが面白いお店です。

たとえば、酢豚。

酢豚って言えば、赤っぽかったり、茶色っぽかったり、黒酢だったりっていうイメージですが

出てきたのは白い酢豚でしたわーい(嬉しい顔)

画像 015.jpg


でも、不思議なことに味はちょっぴりさわやかな酢豚そのもの!!

かなり色々注文しましたが、お料理全体にちりばめられたしっかりした出汁と甘みが食欲をそそり、

ワインも進みます。

本日飲んだワインは、夏らしくヴィンテージ・ブリュットと軽やかな赤ワイン奥野田ロッソ。



お料理もおいしく中華とワインのマリアージュも楽しめたことと久しぶりに依田さんご夫妻にお会いしてかなり盛り上がったことでテンションも相当上がりましたグッド(上向き矢印)

食事の様子、お料理は依田社長のブログを見てください★







posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 食・マリアージュ