2011年06月27日

歌の上手な住人

我が家には、たくさんの鳥が遊びに来ます。

というより、自宅横にある物置の屋根のスレートが小鳥住宅になっていて、大体1号室〜6号室位が鳥の家族で埋まっています。

その鳥の中でひときわ歌が上手な子がいます。

画像 007.jpg


ちょっとおもしろい顔をしていますが、調べたところ「ガビチョウ」という鳥だそうです。
とっても美しい軽やかな音色で、さえずってくれます。
他の鳥の泣きまねもする器用な子だそうです。
我が家に遊びに来る子は、ウグイスの様な鳴き声でさえずります。

画像 008.jpg


ただ、よくよく調べてみると雑木林などに増えつつある鳥の様で、きれいな鳴き声を聞けることはうれしいのですがちょっと庭の手入れが必要かと反省しました(笑)

posted by ワイナリーマダム at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月26日

奥野田ワインセミナー at 河口湖久保田一竹美術館

河口湖にあるとっても素敵な美術館、「久保田一竹美術館」のカフェテラスで

ワインセミナーを開催します。

「夏のワインの楽しみ方」をテーマに、ワインにまつわるお話をしながら

ワインテイスティング、ワインセミナーを行います。

優しい緑に包まれて、静かに佇む大人の隠れ家のような美術館で、

昼下がりから夕暮れ時にかけてワインを気軽に楽しんでいただくセミナーです。

是非、この機会に一竹美術館、ワインセミナーにお越しください。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 久保田一竹美術館 奥野田ワインセミナー 

テーマ「夏のワインの楽しみ方」

開催日:7月24日(日)

時間: 15:30〜17:30

場所:久保田一竹美術館 新館 カフェテラス http://blog.okunota.com/article/46178061.html

参加費:1000円 
(+美術館入館料  ワインセミナーお申し込みの方は特典として通常入館料1300円→1000円とさせていただきます)

当日のスケジュール
     15:30 開場  カフェテラスにお越しいただき、お席でおくつろぎください。

     16:00 ワインセミナー
         「夏のワインの楽しみ方」をテーマに、ワインにまつわるお話をさせていただきます。
         また、3種類のワインのテイスティングとワインに合わせたおつまみ3種を
         マリアージュを探りながらお楽しみいただきます。
         (解説:奥野田ワイナリー 中村 雅量)

     17:30 終了予定

久保田一竹美術館 奥野田ワインセミナーお申込み方法

 奥野田ワイナリーで受け付けております。
 E-MAIL、お電話(0553-33-9988)でワイナリーにお申し込みください。
 お申込み者様のお名前、参加人数、ご連絡先をお知らせください。
 お席が埋まり次第、受付を終了させていただきますので
 お早めにお申込みいただきます様、お願い致します。



※アルコールを飲まれない方、お車を運転される方には、ノンアルコールドリンクをご用意しています。
 
※久保田一竹美術館は、季節ごとの美しさを肌で感じることができる美しい癒しの空間です。
館内は、一竹辻が花の着物の展示のほか、素敵な調度品、モダンなインテリア、季節ごとに変化するお庭の散策などもできます。
是非、セミナー開催時刻よりも早めにお越しいただき、美術館を充分にご堪能くださいませ。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



夏の避暑地として、毎年たくさんの人が訪れる河口湖畔。

久保田一竹美術館は、湖畔のにぎやかな雰囲気とは少し違うワンランク上の大人の空間です。

日本の伝統とアジア各国のエッセンスを取り入れた解放感溢れる空間で、ワインを通して

皆様とお会いできることを楽しみにしております。



IMG_0176.jpg
posted by ワイナリーマダム at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2011年06月24日

ある日の夕食

我が家の夕食風景・・・・

IMG_0182.jpg


ワイナリーにランチセミナーでお越しになる方へ度々お出ししている赤ワインご飯。
ワインに合うご飯としてどうにか定番化しようと、ちょっとずつ改良を加えています。

このご飯、赤ワインに合わせて食べていただけるように試行錯誤して作っています。
初めは、やっぱ赤ワインにはお肉??と思ってひき肉を混ぜ込む感じで作ってみましたが、イマイチバッド(下向き矢印)

現在は魚介の出汁とアンチョビの風味をアクセントにした彩り豊かなご飯へと進化しています。
もちろん赤ワインもたっぷり入っています★

本日の夕飯、メインはとろとろに煮込んだ煮豚、スティック野菜、ローストチキンとオリーブのサラダ。

脇に映ってしまったラム酒は見なかったことにしてください。


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日のランチetc.

2011年06月22日

エリソンダンジュール

塩山でお馴染みのフレンチレストラン「エリソン」が先月勝沼に拠点を移し、自然に囲まれたフレンチレストラン
エリソンダンジュール」として生まれ変わりましたハートたち(複数ハート)

画像 004.jpg


森の中に佇むお店は、まるで高原にあるレストランの様。
甲州のテロワールとフランスのエスプリをテーマに、季節を感じさせる空間とお料理を提供してくれる
癒しのフレンチレストランです。


画像 005.jpg


こちらは前菜のお皿。
オーナーご夫婦が育てたレタスを使ったサラダとアボガドと海老のサラダ。
手が込んでいながらとてもナチュラルな味わいがお店の雰囲気とピッタリですぴかぴか(新しい)
野菜やハーブは、レストランの敷地内にある農園で栽培しています。

忙しい毎日を忘れさせてくれるような、ゆったりとしたランチタイムを堪能できます。

もちろん奥野田ワインもおいしいお料理と一緒にオーダーできますので、是非足を運んでみてくださいね揺れるハート




posted by ワイナリーマダム at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・マリアージュ

2011年06月21日

久保田一竹美術館

本日は、午前中から河口湖にある一竹美術館に行ってきましたハートたち(複数ハート)

ミシュラン観光ガイドでは3ツ星を掲載したこちらの美術館は、赤松の自然林の中、雄大なる富士と清澄な水をたたえる河口湖を望む絶好のロケーションに位置します。
その佇まいは、まさにワンランク上の大人の美術館ぴかぴか(新しい)といった感じです。
美しい一竹辻が花の着物はもちろん、何ともエキゾチックで趣ある建物と調度品、四季折々楽しめる散策路など、空間そのものが一つの芸術品の様な風格を漂わせています。


IMG_0162.jpg


季節ごとの美しさを肌で感じることができる美しい癒しの空間です。


posted by ワイナリーマダム at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月18日

花カス取り

落花期〜幼果期の今、葡萄は花が咲いた後の花カスが房に残ってしまい、そのままほおっておくと灰カビ等の原因になってしまいます。

その可能性をできる限り取り除くため、またできるだけ防除での対処に頼らない栽培方法で
葡萄を収穫するために、私たちの圃場では葡萄をごく薄い木酢水できれいにしていあげています。

1房1房この作業を行うのですが、思った以上に大変です。

短い時期にピンポイントで行うことが作業効率と効果を上げるカギとなります。

画像 001.jpg
花カスをきれいに落とした葡萄の房の赤ちゃんはピカピカぴかぴか(新しい)

この作業は、なぜか子供におしゃれをさせるような気分で、葡萄に対する愛おしさが増しますハートたち(複数ハート)

実際は体中、木酢の臭いが染み付いてしまいますが。。。。(笑)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年06月14日

カベルネ・ソーヴィニヨンも満開です

日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンも本日満開を迎えています。

P6140577.JPG


そんな中、昨日、今日の日程で圃場のセンシングシステムの取りつけ作業と構築を富士通チームさんが行ってくれました。

P6140575.JPG


畑に取り付けられたセンサーによって、毎時間ごとの温度をパソコンにデータ送信して
一日の中での気温差やシーズン通しての積算温度を事務所にいながら確認することができます。

また、リアルタイムの圃場の様子を写真で確認することもできちゃいます。

今までの栽培ノウハウに加えて、葡萄の着色に大きく影響する夜間の温度変化や圃場ごとの温度変化をより正確に把握し、高い品質の葡萄の収穫に生かしていきたいと思っています。
センサー取り付け作業、システムの構築にあたってくれた富士通の皆様、2日間暑い中での作業、ありがとうございました黒ハート





posted by ワイナリーマダム at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年06月12日

負傷中

お馴染みのワイナリー犬マロン、つぶらな瞳がチャームポイントのわんこですが、先日びっこを引いていたので
病院に連れて行ってみたら、骨折してしまっていましたもうやだ〜(悲しい顔)

特に激しい運動をしたわけでも、逃走したわけでもなく、ずっとつないでいただけだったので
私たちも大きな驚きとショックを受けましたバッド(下向き矢印)

今は手術が終わり、骨がくっつくのを待っているところです。

ギブスを取ってしまったり、いたずらをしてしまわないようにカラーをつけてるので
身動きがとりづらく、ちょっとイラついている様子。。。。

でも、エリマキマロンもなかなか可愛いですぴかぴか(新しい)

P6140579.JPG




そして、マロンに引き続き私にも悲劇が。。。。

先日雨上がりに工場の階段から転げ落ちてしまいました。。。。
お尻で3,4段落ちてしまい、かなりの激痛。。。
実際はあまりの衝撃でなんで落ちたのか??どうやって落ちたのか??
全然記憶がありません。
もう少し若かったら、またはもう少し運動神経がよければちゃんと受け身がとれていたのかもしれません。。。
幸、骨折などはしていませんがマロンと共に安静にしています。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月08日

シャルドネ満開

シャルドネの花が満開です。

IMG_0151.jpg


畑の中は、ほのかな甘〜い香りでいっぱいです。


でも、花カス取りの作業は大変。。。

畑部隊は花カスを本日も取っています。。。
IMG_0148.jpg

左は、農業協力隊員の細川さんです。
ソムリエから転身して今年2シーズン目に入っていますが、昨年が嘘のような大躍進ぶり。
既に日本人離れした黒さです。
厳しい農繁期、ぶどうと毎日格闘しています。

右は、研修生の山口さんです。
山口さんは、先月から週の半分くらい一緒にぶどうの栽培をしています。
残りの半分は農業大学校に通っています。
山口さんは、2年ほど前から私たちの畑に足を運び、収穫や剪定の技術を身に付け
今回正式に山梨入りし、仲間入りしてくれています。

葡萄栽培においては、今の時期が一番の頑張りどころです晴れお天気とにらめっこしながら、葡萄の生育との追いかけっこを毎日繰り広げています。






posted by ワイナリーマダム at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業協力隊

2011年06月05日

出版記念報告会に行ってきました

鹿取みゆきさん著書「日本ワインガイド 純国産ワイナリーと造り手たち」の出版記念報告会に伺いました。

場所は銀座にあるGrape Gunpoさん。

2年半程の歳月をかけて、ワイナリーに足を運び、造り手の話を聞き、

アンケートなどによって情報収集やデータ分析を行い、ようやく今回の出版に至ったとのこと!!

本当にお疲れさまでしたハートたち(複数ハート)


本日用意された日本のワインはなんと約150種類!!

会場には所狭しと造り手や酒販店さん、飲食店さん、ワインファンの方々が詰め掛け

楽しい交流の場となっていました。

P6050571.JPG




posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月04日

OVC作業日~シャルドネ花カス取り~

本日のOVC(奥野田ヴィンヤードクラブ)作業日は、日灼圃場の誘引、圃場管理に加えて、シャルドネを栽培している長門原圃場での花カス取り作業です。

年間プログラムで作業を行うOVCは、今回辺りからぐっと座講の時間が減り、作業メインになっていきます。

午前中は、目を疑うほどのスピードで伸びている新梢の誘引作業と木の皮をむいてあげたり、巻きヅルをとっていく作業を行いましたハートたち(複数ハート)
巻きヅルを取ってあげる作業は、簡単なように思えてとても大切な作業です。
成長期の木は巻きヅルを伸ばしてどこかにつかまろうと必死です。
ほっておくと新梢は絡み合ってしまうため、こまめに巻きヅルを処理して樹形をしっかり整えてあげることが良い葡萄を収穫するためにも、圃場内の作業のしやすさの面でもとても大切です。

P6040561.JPG


ランチタイムを挟んで午後からは長門原圃場へ。。。
長門原圃場はワイナリーの西側の急斜面に位置するシャルドネの畑です。
いつも作業している日灼圃場のカベルネ・ソーヴォニヨンよりも生育が約2週間ほど早い為一日の中で2圃場の作業をすると葡萄の成長の様子がとってもわかりやすいです。

長門原圃場は、ワイナリーから徒歩10分ほど。
この時期のプチ遠足にはちょうど良い距離ですが、急斜面にあるため行きはかなりの上り坂です。
そしてなぜか長門原圃場での作業がある日はいつもとても日差しが強いような。。。

P6040563.JPG


昨年の葡萄の生育を見ながら年間スケジュールを立てて作業日を決定しているのですが
ここ3日程降り続いた雨のおかげで予想していたよりも少し葡萄の花の開花が遅れてしまったようです。
葡萄の花は、3分咲き程でしょうか??
残念ながらまだ少し花カスを取るには早かった様です。。。。。
花カス取りは、1房1房花カスを落としていただくというかなり忍耐を要する作業ですが、葡萄の病気を防ぐためには大変重要な作業です。
花カスが葡萄に付着したままになっていると雨などの水分を含み、スポンジのようになってカビなど病気の原因になります。
もちろん化学農薬を散布して病気を防ぐことは簡単にできますが、私たちはこのひと手間をかけることによりできる限り農薬に頼らない栽培を心がけています。

残念ながら花カス取りにはまだ少し早かったのですがこちらの圃場でも花カス取り作業と同時に午前中同様、巻きヅルを取ったり、気の皮をむいたりと圃場管理作業も行いました。
また、斜面から見渡せる眼下の光景とぶどうの花の香りも楽しんでいただけたようです。

P6040566.JPG


本日作業をした長門原圃場のシャルドネの収穫は9月初旬~中旬くらいです。
昨年の厳しいヴィンテージを踏まえて今年は色々な状況を想定して懸命に作業を進めています。
県内では早くもベト病注意報も発令されており、今年も決して容易なヴィンテージではないと思いますが
収穫まであと3カ月、おいしい葡萄が収穫できる様大切に育んでいきます。

本日の作業&プチ遠足、お疲れさまでした黒ハート
真冬から作業を始めて、ようやく畑もぶどう畑らしく見えてきたころではないでしょうか??
畑での作業もいよいよ佳境に入ってきています。

みんなで力を合わせて頑張りましょう♪
posted by ワイナリーマダム at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

OVC作業日ランチ~シャルドネ花カス取り~

本日のランチです。

今日は初夏らしくさわやかなワインをセレクト、ヴィンテージ・ブリュット 2000 lot.03、プログラムの中で唯一組み込まれたシャルドネの畑の作業を行うので、2009ワインヴィーナス桜沢シャルドネをランチワインとしてお出ししましたぴかぴか(新しい)

P6040559.JPG

【本日のランチボックス】
夏野菜の自家製ピクルス
ひよこ豆とクスクスのサラダ
豚肉とゴマの生春巻き
チーズと野菜のオムレツ
合鴨ロースト2010収穫シャルドネコンフィチュール添え

【本日のメインディッシュ】
クミンシードライスとタイカレー
本日のランチはちょっぴりエスニックを意識したスパイスたっぷりの初夏らしいメニューにしました黒ハート
甲州のスパークリング、シャルドネ、2種類の個性が異なった白ワインに合わせて作ってみました。
メインディッシュのタイカレーは、鶏肉をヨーグルトに漬け込みパプリカ、ピーマン、タケノコ、ヤングコーン、なす等の野菜とたっぷりのココナッツミルクを一緒に煮込んだスパイシーながらもまろやかな味わいに仕上げております。
(盛りつけに忙しくタイカレーの写真を撮り忘れてしまいました。写真を撮っていただいたOVCメンバー様は是非送ってください)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日のランチetc.

2011年06月01日

誕生日

今日は主人の誕生日ぴかぴか(新しい)

吉田にある「神道」さんで誕生日会をしました。

私の誕生日は、収穫、仕込み、このゆびとまれの瓶詰等、一年で一番忙しい時期なので
当日にお祝いができることはありませんが、主人の誕生日は畑が忙しい時期とはいえ
こうやって家族でお祝いできるのでちょっとうらやましいです。
毎年私の誕生日が近付くと主人がら「誕生日変えてくれ」と言われています(笑)

いくつになっても誕生日はうれしいものです。


P6010550.JPG

こちらは、神道さんが用意してくれたお造りのお祝いスペシャルバージョンです。
お花も添えてあって、暖かい心遣いが感じられます。

旬の食材を丁寧に料理したコース料理を堪能し、素敵な誕生日のお祝いができましたハートたち(複数ハート)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記