2011年03月24日

計画停電。。。

瓶詰の予定が計画停電のため思うように進まず、それでも停電予定に沿って
どうにかスケジュールを立てています。
甲州市はかなり積極的に停電しているため、夜は停電区域の人々が流れ込み、
飲食店はびっくりするほど混んでいます。
本日の計画停電は15:20〜、当日その時間の数時間前にならなければ、
本当に停電するのかわからないためとりあえず停電予定時間までに作業を終わらせるため
早朝から瓶詰準備に取り掛かりました。

結局、停電は取りやめになったのですが長年大活躍してくれている半自動瓶詰機が故障してしまい、
慌ててレイメイ瓶詰機+手動コルク打栓機による作業に切り替えました。

P3240508.JPG

レイメイ瓶詰機

この瓶詰機はスパークリングワインを詰める時や少量の瓶詰の時に度々登場するすぐれものの瓶詰機です。


P3240512.JPG

こちらは、本日急遽仕入れた手動コルク打栓機です。
赤いところにビンを置いて梃の原理で打栓しますが、1000本近くの打栓はかなりの根性を要します。

計画停電は本日はありませんでしたが、私たちの工場での瓶詰作業は電力の代わりに体力を使い、
わずかですが省エネに貢献できました。
posted by ワイナリーマダム at 17:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月20日

長門原圃場 メンテナンス中

夢郷葡萄研究所の圃場の中で、最も新しい畑である長門原圃場は2001年シャルドネの植え付けから10年が経過し、垣根の栽培設備の修復に取り掛かっています。

主な修復のポイントは、まず結果母子を誘引する支線の地面からの高さ、今までよりももう少し低めに誘導するように修復しています。
合わせて垣根の設備の補強も行っていきます。

P3160503.JPG


ちょっとわかりづらいですが、支線(横に張っているワイヤー)を緩めたところです。

この後両端のパイプを補強し、ワイヤーの高さを揃えてきれい張っていきます。

畑のメンテナンス作業は、剪定が終わって芽が出る前に行います。

メンテナンス終了後、4月中旬くらいまでに誘引を完了できる様進めています。
posted by ワイナリーマダム at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2011年03月12日

体験したことのないすごい揺れでした

皆様、いかがお過ごしでしょうか??
先日東北地方を中心に襲った大地震、本当に信じがたい光景が日夜テレビで映し出されています。
まずは、震災でお亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈りします。
また、いまだ被災地で苦しんでいる方々の一刻も早い救済を願っております。

私たちは、地震当時ログハウスにいました。
突然の今まで体験したことのない強い揺れに、ただただ呆然としていることしかできませんでした。
幸、ワイナリーでは被害は何もなく自宅に戻ってからテレビを通じて想像以上の惨事を目の当たりにし、自然災害の恐ろしさを痛感いたしました。
ワイナリーを心配してご連絡をいただきました皆様、ありがとうございました。
私たちもスタッフも怪我ひとつなく、元気です。


テレビを見ると、被災地の皆さんが苦しい状況下で助け合って生活している様子が映し出され、本当に心を打たれます。
また、多くの諸外国でも援助の手を差し伸べてくれていることに感謝しました。
一日も早い復興と、被害にあわれた方の安全な生活の確保を願っています。

私たちにできること、小さなことでもしていけたらと思っております。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月08日

奥野田ワイン会 at まるとく厨房

甲府市徳行にあるまるとく厨房は、お酒屋さんが経営するおいしいお酒とお料理がカジュアルに楽しめるお店です。
山梨の地酒を中心に、全国のおいしいお酒を集めたこのお店では酒蔵さんをお呼びして、お酒を楽しむ、お酒の会を開催しています。
第3回目となる今回は、初のワインの会、奥野田の会を開催することが決定いたしましたぴかぴか(新しい)
実は昨日、お店のオーナーご夫婦と私たち夫婦で当日のワイン会の打ち合わせを兼ねて実際にお出しするお料理一つ一つ念入りにワインとのマリアージュを確認しました黒ハート
当日のお料理は、この日のためにシェフが考案したスペシャルなお料理ですので、とっても楽しくおいしいワイン会になると思います。
是非お誘い合わせの上、お集まりください。

まるとく厨房 奥野田ワインの会

日時:3月15日 18:30受付 19:00開宴
場所:まるとく厨房 山梨県甲府市徳行4−11−22 
会費:7,000円
定員40名 
参加方法:完全予約制です。
     お電話でご予約をお願いします。(TEL:055−288−0433)


まるとく厨房の特別ディナーコースと厳選した奥野田ワイン、この日しか味わえないコラボレーションをどうぞ御堪能下さいませ黒ハート  

__.jpg

こちらのお料理の写真は、以前伺ったときに写したものです。
ワイン会のお料理は、当日をお楽しみにハートたち(複数ハート)
posted by ワイナリーマダム at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2011年03月06日

WINE VENUS 2009メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン

P3070477.JPG


WINE VENUS
2009メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン【オーク樽熟成】

価格 3150円(720ml)
自社農園メルロ65% カベルネ・ソーヴィニヨン35%
Alc.12% 赤/ミディアム〜フルボディ
生産本数:1200本
リリース日 3月6日

自社農園で収穫したメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを用い、12カ月のオーク樽熟成を経て生み出されたこのワインは、スミレやカシス、根菜類などを思わせる深く豊かな果実香と、樽由来のコーヒーやビターチョコレート、ココアなどの香りが溶け合い、しなやかなタンニンと酸味が、長い余韻とエレガントさを感じさせる仕上がりです。
過去に見られないほど素晴らしいヴィンテージとなった2010年、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ共に自社農園では驚くような高品質の葡萄が収穫できました。
畑に着手してから10年以上が経ち、当初思い描いていた理想的栽培とワイン造りが現実となり、ワイナリーでも喜びに沸きました。
味わい、香りともにヴィンテージを反映した高いポテンシャルのワインに仕上がっておりますので、
是非ご賞味くださいませぴかぴか(新しい)


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2010ラ・フロレット スミレ・ルージュ

P3070484.JPG


2010ラ・フロレット
スミレ・ルージュ


奥野田地区収穫メルロ100%(栽培者:的場 和明、宮原 隼人)
価格:2280円  内容量 720ml  赤/ミディアムボディ
Alc.12% 
生産本数 2400本
リリース日:3月6日

奥野田地区で収穫した糖度の高いメルロ種を用い、スミレやカシスを思わせる華やいだ果実香の中にブラックペッパーやミントなどのハーブのニュアンス、香ばしい樽香が感じられる、まろやかな膨らみと奥行きのある味わいの赤ワインに仕上げました。
外観、香り、味わいからイメージして描いたスミレのラベルとともにお楽しみください。



「La Floretteシリーズ」はこんなワインが飲みたい、という要望をを主人に伝え造ってもらったワインシリーズです。メルロ100%のこのワインは、豊かな果実味とフローラルな香りの中にあるハーブのニュアンス、香ばしい樽香が特徴のまろやかな味わいと複雑さを兼ね備えた赤ワインです。味わい、香りの方向性を決定し、製造工程を組み立て、ワインを醸造する過程でさらにイメージをふくらませ、その印象からスミレの花のラベルを描き下ろしました。女性らしい優しい雰囲気をイメージして味わい、香り、ボトル、ラベルを造り上げたワインですハートたち(複数ハート)


ご注文方法:FAX、お電話(0553-33-9988)、E-MAILで承っております。
豊かな果実味とふくよかな香りの可憐なワインに仕上がっておりますので、皆様是非ご賞味ください ぴかぴか(新しい)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2010ラ・フロレット ローズ・ロゼ

P3070470.JPG



2010ラ・フロレット 
ローズ・ロゼ


奥野田地区収穫ミルズ100%(栽培者 的場 和明)
価格:1890円  内容量 720ml  ロゼ/甘口
Alc.8.5% 
生産本数 1650本
リリース日:3月6日

華やかな香り、ふくよかな味わいを持つ希少な黒ぶどう、ミルズ種をごく浅く発酵させて、チャーミングな味わいのロゼワインに仕上げました。爽やかな甘みと酸味、バラの花やライチ、白桃を思わせる芳香のデザートワインです。
外観、香り、味わいからイメージして描いたバラのラベルとともにお楽しみください。

「La Floretteシリーズ」はこんなワインが飲みたい、という要望をを主人に伝え造ってもらったワインシリーズです。ミルズ100%のこのワインは、フルーティな味わいと華やいだ香りが特徴のとってもチャーミングなロゼワインです。ミルズ種の持つ味わい、香りを最大限に生かし製造工程を組み立て、ワインを醸造する過程でさらにイメージをふくらませ、その華やいだ印象からバラの花のラベルを描き下ろしました。サーモンピンクのほのかな色味もミルズ独自の色素から抽出した果実由来の色合いです。女性らしい優しい雰囲気をイメージして味わい、香り、ボトル、ラベルを造り上げたワインです黒ハート




ご注文方法:FAX(0553-33-9977)、お電話(0553-33-9988)、E-MAILで承っております。
豊かな果実味とふくよかな香りのとってもチャーミングなワインに仕上がっておりますので、皆様是非ご賞味くださいハートたち(複数ハート)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2011年03月05日

OVC作業日〜誘引作業〜

本日は今年二回目となるOVCの作業日、作業内容は誘引作業です。

誘引作業とは剪定作業で選んだ結果母子を支線にくくりつける作業です。
一株当たり複数個ある芽の成長をそろえて圃場全体の葡萄が同一時期に熟期を迎えるために行います。
収穫に向けて、圃場内の全ての葡萄が同じ高さになるように上に伸びた結果母子を水平に誘引していきます。
この作業は、水を上げ始めて枝がしなやかになった今の時期に行います。

午前中は、いつも通り圃場の理念や作業内容、作業目的を座講で学んでいただきました。
通常座講はセラー前で行うのですが、9時集合の作業日、朝方はまだまだ寒くて屋外での座講はあまりに厳しいので、本日は無理無理小さなログハウスの中での座講となりました。
さすがにこの部屋に30人も入るとちょっと空気が薄い感じがします(笑)



P3050492.JPG


午前中の寒さの厳しい時間帯が嘘のように、お昼近くからは暖かな日差しのポカポカ陽気となりましたハートたち(複数ハート)3月の晴れた日の畑作業は、本当に気持ちがよいです黒ハート

ランチタイムを挟み、午前中の座講を踏まえて、1月に選んだそれぞれのプレートを付けた木の誘引をしていきます。
この作業も、とても緊張感のある、葡萄の成長に大きな影響を及ぼす大切な作業ですので、マンツーマン指導で作業を進めていきます。

P3050496.JPG


誘引作業の合間は、圃場全体の管理をしました。
まず、圃場内の支線についた昨年の巻きヅルの残骸の除去、これはこれから成長していく葡萄の清潔性を高めて病気や菌の繁殖を防ぐために行います。
次に葡萄の木の皮むき、これは木の皮の中の昆虫の卵などを除去する目的です。

P3050497.JPG

メンバーの皆さんが、皮むきをしている様子です。


1つ1つでは大きな結果を生みださないように思える作業も、全ては健全な葡萄を収穫する大切なプロセスです。

posted by ワイナリーマダム at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

OVC作業日のランチ〜誘引作業〜

本日のランチボックスですハートたち(複数ハート)
P3050501.JPG


右上小鉢:エビとホワイトセロリのカクテルサラダ
右下小鉢:人参といんげんのハニーマスタード和え
真ん中:牛肉とパプリカ、アスパラガスの赤ワインBBQ
左:トルティーヤのBLTロール
写真にはありませんが、クラムチャウダースープと赤ワインご飯も作ってみました。

本日のテイスティングワインは、明日リリースの2010ラ・フロレットシリーズ、ローズ・ロゼスミレ・ルージュですハートたち(複数ハート)

2010ヴィンテージのまだ若々しいワインですが、ロゼワイン、赤ワインともにチャーミングな仕上がりで
春の屋外でのランチにピッタリでした。

お出しするワインとのマリアージュを考えながら、できる限り手作りマダムランチを提供していまするんるん
(繁忙期、収穫、仕込みシーズンはなかなか作れませんが。。。)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日のランチetc.

2011年03月03日

話飲会 at 富士屋本店グリルバー

本日は、三軒茶屋の活気あるワインバー「富士屋本店グリルバー」で桃の節句をみんなで祝う話飲会を開催しました黒ハート

アイディア満載の趣向を凝らしたおいしいお料理とワインを気軽に楽しめるスタンディングバーは、いつもたくさんのお客さんが所狭しとごった返す超人気店です。
私も先日伺って、雰囲気、お料理ともにとっても気に入ってしまい、今日のこの日を楽しみにしていました黒ハート

店内のテーブルスペースを利用してのスタンディングワイン会、今回尽力してくれたお店のソムリエさんが手際よく最初のワイン、ヴィンテージ・ブリュット2000をサーブしてくれます。

本日のワイン

ヴィンテージ・ブリュット2000 lot.03
2009ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン
2009 桜沢シャルドネ
2010ラ・フロレット スミレ・ルージュ
2009 メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン

スミレ・ルージュ、メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨンはリリース前の出来立てホヤホヤをお披露目させていただきましたわーい(嬉しい顔)


P3030476.JPG

最初のお料理、「あれ、ソフトクリーム??」と思いましたが、レバーのムースです。
可愛い見た目に反して、レバームースの濃厚な味わいが口の中に広がりテンションが上がりますグッド(上向き矢印)

P3030479.JPG

こちらは、香草ボンバー。
一度食べたら病みつきの数種の香草を韓国風に味付けしたサラダです。
このメニューに首ったけの私の熱烈なリクエストによって組み込んでいただきました。
甲州種の癒し系ワイン、ハナミズキブランととっても良く合いますぴかぴか(新しい)

DSC04908.JPG

サザエのエスカルゴ風(ごめんなさい、勝手に命名)
濃厚なサザエのうまみとガーリックバターの風味が溶けあう贅沢な一品★
桜沢シャルドネの持つ果実の凝縮感とも相性抜群です揺れるハート

その他クスクスのサラダホタルイカ添え、豪快なお肉料理や締めの味噌おにぎり等それぞれアイディア満載のお料理をいただきましたハートたち(複数ハート)
どれを食べても本当においしくて、ワインの味わいを十二分に引き出してくれるお料理ばかりexclamation


今日のコンセプトは、いつものワイン会とはちょっと違ってみんなで和気あいあいとお話しする「話飲会」、お店の雰囲気にも助けられまさに狙い通りの楽しい会となりました。

当日ご参加いただいた皆様、私たちとおいしく楽しい時間を共有していただきありがとうございましたかわいい
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

富士通GP2020プライベートワインができました

昨年1年間、夢郷葡萄研究所日灼圃場内の一角で協働協定を結び、一緒にカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培を行ってきた富士通さんのプライベートワインができました黒ハート

本日は、そのワインのお披露目と納品を兼ねて富士通川崎工場でセレモニーが行われました。

            P3030468.JPG
こちらが仕上がった富士通プライベートワインです。
ラベルは、社員の皆さんによる公募で決定したとのこと。
かわいらしく素敵なラベルですぴかぴか(新しい)

毎回公式作業日には、抽選が行われるほど参加希望者が多く、たくさんの社員の皆さんが畑に携わってくれました。
昨年は、栽培面では苦労の絶えないヴィンテージで、カベルネ・ソーヴィニヨンにおいてはベト病の発生と着色不良のダブルパンチを受けてしまいましたが、たくさんの方々のおかげで丁寧に病果を取り除き、健全果のみの仕込みを実現することができました黒ハート
こちらのワインは樽熟成6カ月、仕込みから約半年とまだまだ若いワインですが、今後の瓶熟成によりさらに香り、味わい共に深みを増していきます。
畑の情景、作業の様子を思い出しながら、飲んでいただけるとうれしいです。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム