2009年08月30日

仕込みをしました〜ミルズ〜

昨日早朝収穫したミルズを本日仕込みました黒ハート

契約農家の的場さんがこの品種を毎年丁寧に栽培してくれています。
ミルズは日本にも畑が2枚しか存在しない大変希少な葡萄で、私たちはちょっと贅沢にロゼよりの白ワインとして仕込んでいますが、見ての通り黒葡萄ですハートたち(複数ハート)
果実の時からライチや桃のような香りを持っており、とても肉厚でおいしい葡萄です。

今年のヴィンテージはじっくり時間をかけて、来年春先にピンク色のデザートワインとして皆様にお目見えする予定ですかわいい



           ミルズ
posted by ワイナリーマダム at 15:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ワイナリー

2009年08月28日

シャルドネ収穫会〜参加者募集〜


来たる9月6日(日)にいよいよ自社農園第一弾、シャルドネ収穫会をします黒ハート

私たちが丹精こめて育ててきた自慢の圃場で、一緒に収穫をしてくださる方を募集しております。

ワイナリーからちょっと離れているため、なかなか普段はご案内できないシャルドネの畑ですが私たちがとても自慢にしている圃場です。
きっとあまりの急斜面と甲府盆地を見渡す絶景に驚かれること間違えなしです☆

〜自社農園シャルドネ収穫会〜

日時:9月6日(日) 

集合時間:朝8時(交通機関などの都合もありますので10時まで受付をします)

集合場所:奥野田ワイナリーテイスティングルーム
      圃場は徒歩10分くらいのところにあります。
      移動は徒歩、運がよければケットラ荷台に乗車できます(笑)

場所:自社農園長門原圃場 http://www.okunota.com/hatake002nagatohara.html

    自社農園桜沢圃場  http://www.okunota.com/hatake002sakurazawa.html

シャルドネを栽培している二つの圃場は場所もとても近く、地質、傾斜もほぼ同じ環境です。
当日は主に長門原圃場の収穫をします。

参加費:無料(昼食代2000円を各自ご負担お願いいたします)

持ち物:軍手、マイハサミなど、その他ご自慢の作業グッズがございましたら是非ご持参お願いします。

備考:本気の収穫です。作業しやすい服装でお集まりください。
    また、日焼け対策、日よけ対策、虫よけ対策は万全にご準備をお願いします。

参加お申込み方法:収穫をお手伝いしていただける場合は、こちらのメールで、
    参加者名、参加人数、到着時間、交通手段を9/3(木)までにお知らせください。
    追ってご連絡させていただきます。
    参加者が集まり次第、締め切らせていただきますのでお早めにご連絡お願いいたします。


私たちのすべての圃場をご覧になったことのある数少ないお客様全員が、最も驚かれるスキー場のような急斜面に位置した垣根畑です。
畑が出来上がるまでは大変な苦労を伴いましたが、その甲斐あって今は
毎年素晴らしいシャルドネが実を結んでいますハートたち(複数ハート)


当日は、ご協力してくださる皆様と収穫を通じて楽しい一日にしたいと思っておりますので是非是非お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

それでは、お待ちしております。

長門原圃場
posted by ワイナリーマダム at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2009年08月27日

〜このゆびとまれ2009〜ご予約受付中

夏の太陽をたっぷりと浴びたデラウェア葡萄の、搾りたて果汁のさわやかな甘みと、フルーティな香りをボトルに閉じ込めた自信作、「このゆびとまれ」は今年も10月1日に皆様にお目見えします。


このゆびとまれ

このゆびとまれ2009 (720ml)
価格 1,365円 
アルコール度数 8.5%
奥野田地区収穫デラウェア100%

発売日:2009年10月1日


8月下旬に収穫したデラウェア葡萄の、自然の恵みをたっぷり受けた摘みたての味と香りをボトルに閉じ込め、蜂蜜を思わせるような濃厚な味わいのワインに仕上げて皆様にお届けいたします。


数量限定となりますので、お早めにご予約ください。

ご予約は、お電話、FAXE-MAILでお願いします。
今年も秋の訪れと共に自然の恵みをじっくりとお楽しみくださいませ黒ハート


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2009年08月25日

今年の仕込みが始まりました〜デラウェア〜

いよいよ2009年度の仕込みがスタートいたしましたかわいい

私たちのワイナリーでは、先日お客さまにも収穫に参加してもらったデラウェアから仕込みがスタートします。

収穫した葡萄は1カゴずつ除梗機に入れ、果梗を取り除き、実を潰します。

除梗機から出てきたデラウェアのつぶは、まるでカラフルなジェリービーンズみたいですハートたち(複数ハート)
デラウェア

この後スキンコンタクトを行い、搾汁し、醗酵に移ります。今はタンクの中で、おいしいワインになるのを今か今かと待ちわびています。


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリー

2009年08月23日

デラウェア収穫

本日デラウェアを集まっていただいたお客様と一緒に収穫しました黒ハート

朝8時に集合し、みんなでワイナリーから歩いて5分ほどの畑へと移動グッド(上向き矢印)

初めに、収穫の注意点、葡萄果の選別の仕方などを説明し、実際に作業に取り掛かります。

集まってくれた収穫部隊の方々の中には、毎年収穫に来てくれるかなりの上級者もいれば、初めての方もいます。

収穫を開始すると、皆さん無心になって作業に集中し、畑の中は静まり返り、聞こえるのは蝉の声だけです。。。。

当初の予定では、夕方までの作業でしたが、たくさんの皆さんが協力してくれたこと、参加者一人一人が一生懸命作業してくれたことで予想以上に作業がはかどり、お昼前に畑の中のすべての葡萄を収穫することができましたぴかぴか(新しい)



デラウェア収穫の様子


ランチは勝沼に新しくオープンしたCafe Tuileへ。

参加者全員の自己紹介を済ませ、食事を取りました。

収穫ランチ・Cafe Tuile

Cafe Tuile 

TEL:0553-44-2727


今回は、ちょっと無理を言って贅沢なランチメニューを構成してもらいました。

まずはとっても濃厚で甘い完熟トマトのサラダ。
疲れた体にトマトのうま味が浸透します。

前菜の盛り合わせは、みょうがのサラダや奥野田自社農園で昨年収穫したシャルドネのジャムを添えたレバーなど夏らしい一皿でしたかわいい

夏野菜カレーも彩豊かで、とってもおいしかったです。

写真を撮り忘れてしまいましたが、デザートに奥野田ミルズのジュレと紅茶のシフォンケーキもいただきました黒ハート

テラスでゆったりとした楽しいランチタイムをみんなで過ごしました。

       前菜の盛り合わせ     夏野菜カレー


今回のデラウェア収穫は比較的急な企画でしたが、たくさんの優秀な収穫部隊の方々に参加していただき、楽しく、正確で、スピーディーな収穫ができましたるんるん
本日、収穫したデラウェアは2009このゆびとまれとして、10月1日にリリースしますのでお楽しみに黒ハート
収穫していただいた皆様の葡萄に対する愛情もおいしさのエッセンスとしてワインに加わっているのではないでしょうか??
ご参加いただきました皆様、朝早くからありがとうございましたハートたち(複数ハート)


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告

2009年08月18日

葡萄の収穫〜参加者募集〜

お盆も明けて、いよいよ収穫シーズン到来ですハートたち(複数ハート)

今年も10/1リリース予定のこのゆびとまれの原料となるデラウェア葡萄の収穫をします。

今年は、契約農家さんの畑の収穫をお手伝いすることになり、一緒に収穫に参加してくださる方を募集しています。

収穫の手順は、私たちできめ細かく指導しますので、皆様奮ってご参加ください。


〜デラウェア収穫〜


デラウェア収穫日:8月23日(日)

集合時間:朝8時(10時まで受付)

昼食:Cafe Tuile
   甲州市に新しくできたカフェでランチを取ります。
   ランチタイムにみんなで移動します。

終了予定時間:午後4時位
 作業終了後、テイスティングルームで簡単な座談会をいたします。

参加費:無料(昼食代のみ各自でご負担お願いいたします)

参加方法:お電話、FAX、E-MAILで受け付けております。
参加者名、参加人数、到着時間、交通手段をお知らせください。
定員になり次第、締切となりますので、参加希望の方はお早めにご連絡ください晴れ

備考:収穫作業は、結構ハードです。
   動きやすい服装でお集まりください。
   日焼け対策、日よけ対策、虫よけ対策は各自で準備をお願いします。


奥野田ワイナリーが位置する牛奥の傾斜は、日本のデラウェアの発祥地と言われています。
その斜面で古くからデラウェアを栽培している契約農家さんが、このゆびとまれのために丹精をこめて育てたとっても甘い葡萄を収穫します。
このデラウェアの強い甘みとしっかりとした酸味が、濃厚な味わいのこのゆびとまれとなって皆様にお目見えする予定です。

収穫は、とても大変な作業ですがみんなで力を合わせて、楽しい一日にしたいと思っていますので、皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加お願いしまーすかわいい

     デラウェア     Cafe Tuile
posted by ワイナリーマダム at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2009年08月15日

葡萄の様子〜メルロ〜

神田圃場のメルロです。

いい色になってきましたぴかぴか(新しい)

葡萄は、こうやって一粒ずつ色づいていきますグッド(上向き矢印)

この畑のメルロは樹齢10年目を迎えますが、旺盛だった樹勢は治まり、葉の大きさや色が理想的になってきています。
樹体が逞しくなろうとする力が穏やかになり、そのエネルギーが実を熟させようとする力へと変わっていきます。

収穫は9月中旬から下旬にかけてです。

今後、日中の強い日差しと夜の涼しい風が続くことで葡萄果はより複雑な成分を生成しながら熟度を増していきます。

今は大きな台風などが来ない様、祈るばかりです。



メルロ
posted by ワイナリーマダム at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2009年08月10日

色づき始めていますよ

すっきりしないお天気が続き、あちらこちらで葡萄の病気がささやかれていますが、私たちの圃場では全ての病気の可能性があるものの危険な状態は見受けられません。。。

私たちの選択している平垣根の栽培方式は、降雨の後、短時間で葡萄樹が乾くため一次感染後の発症がおこりにくく、また畝を正確に南に向けてあることも病気の発症を防ぐ要因の一つになっています。

お盆以降夜温が下がり始めてから葡萄は酸度を下げながら糖度を増していくデリケートな状態に入りますが、今年のような天候の場合、特に注意が必要で気が抜けません手(グー)

畑の運営で私たちが心掛けていることは、病気を恐れて農薬を散布することはせずに、多様性のある雑草を管理(草刈り)しながら地温を上昇させ善玉土壌微生物の生育に努めることです。

農薬の散布は、畑全体の生態系を乱すことになるため一度使用すると使い続けなければならなくなります。
そのスパイラルは、安全でおいしいワインを飲んでいただきたいという私たちの気持ちとは反するため、徹底した土壌管理に努め病気が発症しにくい畑を造っていくことがとても大切です。




この写真は、本日夕方の神田圃場です。
メルロは今の所、色の入り方、果実の状態共にとっても良好です黒ハート
カベルネ・ソーヴィニヨンもところどころ色が入ってきましたハートたち(複数ハート)

品種ごとの葡萄の様子は、後日お伝えいたします♪
神田圃場
posted by ワイナリーマダム at 19:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2009年08月03日

8月ワインセミナー

本日は田崎ワインセミナーのため、東京へ。

今日はシャトーラグランジュを垂直テイスティングしました。

シャトーラグランジュは1855年のメドック格付けでは3級に列せられましたが、当時のオーナーの不徳から格付けにそぐわないワインしか生み出さない時代が長く続いたそうです。1983年に日本のサントリーが経営を引き継ぎ、畑を整備し、醸造面でも最新式のジャケット式ステンレス製発酵タンクをメドックで初めて導入するなど数々の改良を重ねた結果、名声を取り戻すのに当初10年以上かかると思われていたシャトーを、2〜3年で立て直すことに成功しました。
現在は安定して質の高いワインを生産し、85年から植え付けた優秀なブドウの苗木が20年に近い樹齢を重ねてきたこともあり、ますますその 品質は上がってきています!

いつものセミナーとは少し違う形式で、はじめにビデオでシャトーの歴史、畑やワイン造りへの取り組みをご説明いただき、その後テイスティングに移りました。

ヴィンテージ毎にしっかりとした個性が感じられ、本日テイスティングした中で最も古い2002ヴィンテージすらまだ若々しさを感じるワインで、もちろん今飲んでも十分楽しめますが、今後さらに深みを増していくポテンシャルを感じました黒ハート


シャトーラグランジュ



posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインセミナー