2009年05月30日

日灼圃場〜新梢管理〜

本日はカベルネ・ソーヴィニヨンの畑「日灼圃場」で新梢管理作業を行いました。

芽かきと言われるこの作業は特に難しく収穫量に大きな影響を与える
慎重な作業になるので午前中は、ログハウスでみっちり座講を行い、
午後から作業に取り掛かります。

芽かきとは1月の剪定時にある程度整えた芽数を房の状態を見ながら
芽の数の調整をする作業です。
新梢が混みあわないように1株10芽前後を目標に整えていきます。
夢郷葡萄研究所ではお花が咲いた後に芽かきをする方針にしています。
蓄積養分消費中に樹体へのショックを最小限に抑えるためです。

午前中の座講の後、お昼までのちょっとの時間は恒例の草刈り作業をしましたあせあせ(飛び散る汗)
草刈りは畑を運営する上で、とても重要な作業で、わが社のロータリーモアは
主人が使いやすいように改造を施したものですexclamation×2
普通の草刈り機は左右両方にハンドルがありますが、わが社の草刈り機は左のハンドルを取ってしまい、右側にしかハンドルがありません。
これは垣根の畑の草刈りをする時に葡萄に傷を付けないためです。
見た目ちょっと不思議ですが、とっても使いやすくて主人ご自慢のようです黒ハート

今日は葡萄のオーナーさんに草刈りをしていただきました☆
一生懸命してくれたので、見違えるようにきれいになりましたぴかぴか(新しい)
      草刈り   草刈り後

午後はいよいよ実際に芽かき作業をしていきます。
オーナーさんはとっても勉強熱心で、畑作業も詳しいのでスムーズに仕事が進み、あえて言うならいつも通り私が足を引っ張ってしまいましたたらーっ(汗)

      芽かき&草刈り   芽かき 

時間はかかったもののどうにか芽かきを終わらせ、込み合っていた枝や葉っぱも
すっきりグッド(上向き矢印)

心なしか葡萄の木も気持ちよさそうにそよいでいましたハートたち(複数ハート)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

新梢管理作業日〜本日のランチ〜

心配とは裏腹にお天気も良かったので畑の中でランチをしましたるんるん
まさに「葡萄畑の真ん中で」です黒ハート

本日は大サービスでワインを3種類飲みましたかわいい

飲んだワインはNEW RELEASEの「La Florette2008」、2000年夢郷奥野田甲州、ミルズと
白ワイン特集でした。

まず前菜でお出ししたのは、サーモンと我が家のハーブを使った生春巻き春らしく筍と青梗菜のキッシュカマンベールの我が家のバジル包み天然酵母パンですレストラン


前菜の盛り合わせ

ご飯は定番の赤ワインごはんexclamation
日によって赤ワインを使い分けていますが、本日はカベルネ・ソーヴィニヨンの作業なので
ワインも奥野田EVを使いました。
このところ特にご好評をいただいている私のオリジナルメニューですわーい(嬉しい顔)

定番☆赤ワインごはん

そして、本日のメインは豚肉の赤ワイン煮込み
本日のワインは甲州を中心とした白ワインなので、ちょっと心配でしたが、夢郷甲州の熟成した深みのある味わいにとってもマッチしました。

豚肉の赤ワイン煮込み

作業の合間のランチタイムは、葡萄畑の中で葡萄の花の香りに包まれながらのどかで心が洗われるようなゆったりした時間でしたぴかぴか(新しい)
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 作業日のランチetc.

2009年05月27日

ワインの配達

今日は主人と二人で、配達です。
普段、営業の佐藤が配達に行くことが多いのですが今日は東京に出張に出ているため、
主人と二人で行くことに。。。

せっかくのお出かけなので、ランチを韮崎にある「キュイエット」さんでいただきました。

とてもかわいい一軒家のレストランでお庭には薔薇の花がたくさんあり、今ちょっと興味を持っているガーデニングの参考にしようと一枚パチリぴかぴか(新しい)

キュイエットのガーデン

インテリアもとっても素敵で、もちろんお料理もおいしくて優雅なランチタイムを過ごせましたるんるん

     キュイエット メイン    キュイエット デザート

その後は、忙しく納品へ。。。

普段、ワイナリーに缶詰めになっていることが多いので、久しぶりのドライブ(納品)は楽しかったです♪
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・マリアージュ

2009年05月19日

5月ワインセミナー

今日は月に一度の田崎セミナーの日です揺れるハート

年度初めの4月、5月は新しい生徒さんもいるので、テイスティングコメントの基礎的な説明もあり、昨年同様緊張はあるものの少しだけ以前よりも和らいだ気がします手(チョキ)

本日のセミナー講師は、以前もブログに書いたアピシウスの情野さんです。
という訳で、本日のランチはちょっと奮発してアピシウス黒ハート

以前もご紹介しましたが、雰囲気、サービス、お料理、ワインとどれをとっても
素晴らしいお店で、私も大のお気に入りですハートたち(複数ハート)

まずはアミューズをいただきました。
三元豚のハムで春野菜をくるんださっぱりとしたお料理でした。
また、テーブルに用意されるオリーブもとっても美味です☆
加えてシャンパン「Bollinger」をいただきました。
複雑なアロマと濃厚でコクのある味わい、さっぱりとしたアミューズにぴったりです☆

オードブルは、私はお肉料理でクラッシック・パテ・ド・カンパーニュを、
主人はお魚料理でスクランブルエッグ、金目鯛、帆立のアンサンブルをいただきました☆
ワインはグラーブのソーヴィニヨン・ブラン、セミヨンを合ていただきました。
こちらのワインは熟成感のあるミネラルが厚いしっかりとした白ワインでした。
三元豚のハムクラッシック・パテ・ド・カンパーニュスクランブルエッグ、金目鯛、帆立のアンサンブル

メインディッシュはお肉好きなので二人とも仔羊腿肉のロティをオーダーしました。
勧めてくれたワインはサンテミリオンのメルロ☆
本日いただいたワインはお料理を選んだあとにすべてお任せで出していただいたものです。
言うまでもなくお料理はどれも素晴らしく、ワインとのすべてのマリアージュが完璧でしたぴかぴか(新しい)

お楽しみのデザートは目にも楽しいワゴンサービスですグッド(上向き矢印)
私はピスタッシェのタルト、パリ・ブレスト、サワーチェリーのタルトを、主人は洋ナシのムースやバラのソルベなどをオーダーしていましたるんるん
仔羊腿肉のロティ、そのジュのソースでシンプルにワゴンのデザートデザート
心もおなかも大満足、ワインもたくさんいただいてしまい、ほろ酔い気分で、それでも緊張感を高めながらセミナーに向かいました。

本日のセミナーテーマはエルミタージュでした。
白はヴィオニエ種のもの1本、マルサンヌ種のもの2本、赤はシラー種が2種類出品されました。
とても伝統のあるワインだけあり価格は25000円を超えるものが2本も出品されました晴れ
是非、ジビエに合わせたい、そんな気持ちで歴史ある素晴らしいワインを味わいました。
(あまりに高価なワインだったので、もちろん飲み干しで。。)

それと、本日私にとって嬉しい出来事が、、、
帰り際に講師の情野さんにテイスティングの力がついてびっくりしたと
お褒めの言葉をいただきましたぴかぴか(新しい)(お世辞かもしれませんが。。)
もちろん私もくじけずに昨年から勉強していますが、右も左もわからないところからの
スタートだったため、成長が分かりやすいという理由が大きいと思います。
ブログをご覧になってくださっている皆さんは、とても楽しいワインセミナーだと
思っていらっしゃると思いますが、3日前から胃が痛くなるほどの緊張の中で
ラベルを隠されたワインのテイスティングです。
マイクでテイスティングコメントをする時は未だに声が震えて、自分でも何を言っているのか
わからなくなってしまいます。
でも、こんな風に褒めていただけると単純なのでまた頑張ろう♪って気分になります。
胃が痛くなるのはいつまでたっても変わらないと思いますが、、(笑)






posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ワインセミナー

2009年05月18日

2008年収穫甲州種ワインリリース☆

新しい甲州種のワインが出来上がりましたぴかぴか(新しい)

奥野田地区の2軒の契約農家で収穫した糖度の高い完熟甲州種を
房のままそっと搾汁し、小さなタンクで仕込みました。
葡萄果に付着していた野生酵母で低温発酵後、
シュールリー期間を経て白い花を思わせるような華やいだ香りと
洋ナシのようなフルーティーな味わい、フレッシュな酸が心地よい
洗練された味わいの白ワインに仕上げました。

        La Florette
       
☆La Florette 2008☆
2008年奥野田地区収穫甲州種100%
価格 2100円
Alc.11.5% やや辛口

5月23日(土)リリース予定です黒ハート
みずみずしい甲州種の華やいだ香りと味わいをご堪能くださいハートたち(複数ハート)

posted by ワイナリーマダム at 15:48| Comment(10) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2009年05月15日

日本の文化〜ろうそく能〜

今日は夕方から河口湖で行われた「ろうそく能」に行ってみましたぴかぴか(新しい)


            ろうそく能   ろうそくの通路
もちろん私も主人も能については全くのド素人ですが、こんな日本文化を
楽しめる大人にちょっと憧れるところもあり(笑)出かけてみることに黒ハート

二部構成になっていて、前半は狂言、後半は能の舞台となります。
狂言はストーリー的にも楽しく、またとてもわかりやすいので
私たちでも十分楽しめます。
お能は、ゆったりとした時間の流れの中で舞と歌を楽しむものらしいのですが、
やっぱりちょっと私には早かった。。。と感じてしまい、
日本文化の奥深さをまざまざと認識させられてしまいましたたらーっ(汗)

外に出ると通路にはろうそくが灯っていて、なかなかの風情でした。
お能の楽しみ方はいまいち習得できませんでしたが、こんな機会があったら また出かけてみたいと思います。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月07日

葡萄の花芽 in 長門原圃場

私たちは現在、ワイン醸造をする「奥野田葡萄酒」と葡萄を栽培する「夢郷葡萄研究所」の
二社を運営しています。
夢郷では主にワイン専用品種を栽培していますが、4つある圃場ではとってもかわいい
葡萄の芽がいっせいに顔を出しています☆

これはシャルドネを栽培している夢郷長門原圃場ですぴかぴか(新しい)




長門原圃場



急斜面の畑にこれから花を咲かせ、果実になる小さな花芽がたくさんついていますハートたち(複数ハート)

葡萄の花はシャルドネが5月下旬、メルロが6月上旬、カベルネ・ソーヴィニヨンは6月中下旬に見ごろを迎えます。

花が咲いた畑の中は甘い香りでいっぱいになりますグッド(上向き矢印)



葡萄の花芽



posted by ワイナリーマダム at 11:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培