2018年06月18日

初夏の葡萄畑〜HIYAKE VINEYARD〜

春先夏のような気温の日が何日もあり、例年よりも早い畑の歩みに戸惑いましたがいつのまにか葡萄の木も自分のペースを取り戻し、今年の樹形も概ね整いました。
IMG_0849.jpg

葡萄の葉っぱ小さく薄い緑色で徒長もあまり見られずとてもいい感じに進んでいます。

IMG_0848.jpg

カベルネ・ソーヴィニヨンは今こんな状態。例年よりもやや房型が大きいように感じます。
お天気に翻弄されながら作業に追われる日々が続いていますが、3か月後に迎える収穫まで一つ一つ丁寧に作業を積み重ねています。
posted by ワイナリーマダム at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・葡萄栽培

2018年06月07日

2015 レスプリ ド ヒヤケ

奥野田ワイナリー自慢の自社農園HIYAKE VINEYARD(ヒヤケ ヴィンヤード)で2015年に収穫したカベルネ・ソーヴィニヨンから生み出されたワイン、L'esprit de HIYAKE(レスプリ ド ヒヤケ)をリリースしました。日灼圃場に降り注ぐ日差しと柔らかな土の香り、しっかりとしたカベルネ・ソーヴィニヨンの果実味を感じて頂ける自信作、今回はセカンドラインとしてのリリースですがその分旨味と奥行きに富んだ柔らかい味わいのワインに仕上がっております。
IMG_1788.jpg


Domaine Okunota
2015 L'esprit de HIYAKE
(ドメーヌ奥野田/2015レスプリ ド ヒヤケ)
価格:4320円(750ml)
2015年自社農園日灼圃場収穫カベルネ・ソーヴィニヨン100%
2015年収穫月9月の様子はこちら→ http://blog.okunota.com/archives/201509-1.html
赤/ミディアムボディ
リリース日:2018年6月7日
生産本数:約600本

自社農園日灼(ヒヤケ)圃場で丹精込めて栽培、収穫したカベルネ・ソーヴィニヨンを100%用い、ふくよかな奥行きと長い余韻を楽しんでいただける赤ワインに仕上げました。苗の植え付けから長い歳月を経て、造り手として、栽培者としてようやくたどり着くことができたテロワールの魅力を余すところなく表現した渾身の作品です 。

今後の瓶熟成により、香り、味わいともに深みを増していくポテンシャルを秘めておりますので是非ゆっくりとした時の経過とともに味わっていただきたいワインです。

2015ヴィンテージは恵まれたヴィンテージに生み出されるワインに比べてカベルネ・ソーヴィニヨンの持つ果実の力強さがやや控えめであったため、HIYAKE VINEYARDのセカンドラインL'esprit de HIYAKEとしてのリリースになりました。果実味は例年よりもやや控えめながらもしっかりとしたうまみと奥行きを感じていただけるワインに仕上がっております。是非ご賞味くださいませ!!

ご注文方法:オンラインショップで承っております。



日灼圃場の美しい光景が目に浮かぶような、降り注ぐ強い日差しと焼けた土の香りをしっかりと感じていただける赤ワインに仕上がっておりますので是非ご賞味ください。
posted by ワイナリーマダム at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2017ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリ

ハナミズキ・ブラン2017ヴィンテージが仕上がりました。
ふくよかな果実味が心地よい甲州種のワイン、2017VTは柔らかい味わいの濁りワインに仕上がっています。
IMG_1729.jpg



2017La Florette
Hanamizuki blanc Cuvee NIGORI Gris

(2017ラ・フロレット ハナミズキブラン・キュベ・ニゴリグリ)

価格:2,160円(税込)
甲州市収穫甲州種100%
内容量 720ml
白/やや辛口
Alc.11.5% 
生産本数 約5300本
リリース日:2018年6月7日

丁寧に収穫した完熟甲州種を除梗した後、マセラシオンにより甲州種が持つ果実本来の味わいを最大限に引き出しています。葡萄果に付着している野生酵母で低温発酵後、丹念なバトナージュにより豊かな香り、奥行きある味わいの濁りワインに仕上げました。
ミネラルたっぷりの優しいおいしさをどうぞお楽しみ下さい。
                     
葡萄について
甲州市の契約農家さんで収穫した甲州種を100%使用しております。
甲州種はとても繊細な葡萄品種ですが、奥野田葡萄酒では農家さんの畑に何度も足を運び
特に収穫時の完熟度に気を配りながら、葡萄そのものの成分がよりリッチになるように心掛けております。

外観
葡萄の持つ味わいを最大限引き出し、味わいがよりリッチになるようにスキンコンタクトの時間を充分にとっています。香りや味わいにしっかりとした厚みを持たせ、特に2017VTはふくよかな味わいを感じていただくためにごく浅い濾過のみの濁りワインとしてリリースしています。

香り、味わい
白い花を思わせるような華やいだ香りと洋ナシのようなフルーティーな味わい、
ふくよかな果実も思わせる柔らかい味わいの濁りワインに仕上げています。
葡萄の特性を生かしたナチュラルな味わいをお楽しみください。

名前、ラベルについて
香り、味わいの印象から名前をつけ、ラベルを描き上げました。
繊細でありながら華やかさもある、庭に咲いていたハナミズキの花をイメージして出来あがったワインです。
今回は厚みのある濁りワインとしてのリリースとなりましたのでキュベニゴリグリという新たなキュベで表現をしています。

ご注文方法
弊社オンラインショップで承っております。
ご注文方法、送料等に関しましては、ホームページ・ワインリスト下の「ご注文方法」をご参照ください。


豊かな果実味と洋ナシや白いお花を思わせる華やいだ香り、柔らかでありながら奥行きある味わいが心地よいじんわり美味しい濁りワインに仕上がっております。

お食事に合わせて楽しく召し上がっていただけると嬉しいです♪


posted by ワイナリーマダム at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2016奥野田フリザンテ

果実味と酵母由来の香ばしさが心地よい濁りスパークリング奥野田フリザンテ2016ヴィンテージをリリースしました!!
IMG_1789.jpg

2016OKUNOTA FRIZZANTE
(2016奥野田フリザンテ)
価格:2,160円(税込)
2016年甲州市収穫デラウェア種100%
内容量:750ml
にごりスパークリング/白/辛口
Alc.11%
リリース日:2018年6月7日
生産本数:約3300本


夏の太陽をたっぷりと浴びた自社農園の完熟デラウェアを100%用い、
瓶内二次発酵によりフルーティーな味わいときめ細かい泡立ちが心地よい
濁りスパークリングワインに仕上げました。      
とれたて果実そのままのおいしさと酵母由来の奥深い味わいをお楽しみ下さい。
★こちらのスパークリングワインは王冠を使用しております。吹きこぼれにご注意ください。
★よく冷やしてお召し上がりください。


きめ細かい泡立ちと香ばしい奥行ある味わいが特徴の大変飲み心地よく旨味に富んだ濁りスパークリングワインです。今回の2016VTは葡萄の皮の色調が強かったためワインはややオレンジがかった色合いに仕上がっております。2017VTはワインに合わせてラベルの色調もオレンジになっています。

ご注文方法:オンラインショップで承っております。
是非ご賞味くださいませ★

posted by ワイナリーマダム at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2018年06月03日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜シャルドネ花カス取り&除葉〜

6月2日、3日の2日間、奥野田ヴィンヤードクラブで6月恒例のシャルドネ畑での作業を行いました。
IMG_1745.jpg
今年はブドウの芽が出るのも早く、毎年メンバーの皆さんと行っているシャルドネの花カス取りの時期を逃してしまうのではないかと心配をしていましたが、お天気もタイミングもピッタリ!!絶好の花カス取り日和に恵まれました。

IMG_1748.jpg
冬の剪定から5月までは座学をしっかりと行ってから畑に入るというプログラムでしたが、6月からは作業中心のプログラムに。。。到着したメンバーさんから車に乗って桜沢圃場に移動し、スタッフの指導を受けて、除葉と花カス取りの作業を開始しました。
IMG_1753.jpg
毎年行うシャルドネの花カス取り、葡萄は花が終わった後花カスが必ず出ますが、特にシャルドネに関しては他の品種と違い花カスがそのまま葡萄果に残りやすく、実が膨らみだす前に取り除いてあげることが必要です。花カスをそのままほおっておくと膨らんだ房の内側で水分を含み、病巣となって葡萄の病気の原因になってしまいます。花が終わってから実が肥大するまでのわずかな期間しか作業が出来ませんのでタイミングとお天気がとっても重要な作業です。
IMG_1769.jpg
ワイナリーの東側の急斜面に位置する桜沢圃場、2日間ともに本当によいお天気で空の青、葡萄樹の緑、白い雲のコントラストが美しく、照りつける暑い日差しとふとした瞬間に感じる心地よい風が何とも気持ち良く作業の疲れを癒してくれました。
IMG_1771.jpg
花カス取りに加えて今年プログラムに組み込んだのは除葉。文字の通り、葡萄の葉っぱを取り除いてあげる作業です。房回りの湿度を下げて、風通しを良くしてあげるのと同時にスプレーヤーがしっかりと届くよう房の下方の葉っぱを取ってあげます。上を取ってしまうと葡萄が日に焼けてしまうので葡萄樹全体と果房の場所をしっかりと確認しながらの作業になります。

IMG_1757.jpg
約2時間、除葉と花カス取り作業を行いお昼少し過ぎにみんなで畑からガーデンテラスに下りました。畑に植えてある終わりかけのあざやかなピンク色のバラの花、みんながこの畑に来るのをどうにか散らずに待っていたかのようですね(笑)帰りはずーっと下りなので歩いても15分ほどでテラスに到着しますが、この時期はちょうどサクランボの最盛期で皆さん寄り道したり、サクランボの味見や購入をしたりしながら6月の山梨を大満喫していました。

作業の後はテラスでお楽しみのランチタイム。
IMG_0772.JPG
6/2(土)にお越しいただいたOVCメンバーの皆さん
IMG_0771.-1JPG.JPG
6/3(日)にお越しいただいたOVCメンバーの皆さん
年に一度の遠足の様なシャルドネ畑での作業、おなかペコペコです。
直前に主人が誕生日だったため、皆さんにお祝いしてもらいました。
IMG_1755.jpg

本日の豪華なお弁当に合わせて楽しんでいただいたワインは、6/7リリース予定の2017ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリと本日作業をした畑からもたらされたワイン2016桜沢シャルドネ。
ハナミズキ・ブランは今回の2017VTは旨味たっぷりの濁りワインに仕上がっていますよ!!
IMG_1767-COLLAGE.jpg
そしてお昼に皆さんに召し上がっていただいた今月のマダムの一皿(笑)は6月恒例のグリーンカレー!!日差しが強くなってきたこの時期にこそさわやかに食べていただきたいスパイシーなカレーです。2日間で110人前ほど作りました!!今年も皆さん辛い辛いと言いながらおいしく食べてくれました(笑)

IMG_0770.-1JPG.JPG
IMG_0769.JPG
両日とも作業を終えた後は桜沢圃場で記念撮影!!シャルドネ花カス取り+除葉作業にお越しいただきましたメンバーの皆さん、お疲れ様でした。2日間ともに暑い日でしたが強い日差しを受けて畑の景色が本当に美しく記憶に残る2日間でした。次回7月はいつものHIYAKE VINEYARDで笠紙掛け作業!!さらに美しく成長したカベルネ・ソーヴィニヨンとのご対面を楽しみにしていてください。
また7/15の作業の後は、毎年恒例年に一度のワイナリーのナイトイベント、奥野田ワインガーデンを開催予定です!!また来月、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。


posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2018年05月31日

VIVA!!NIPPON WINE 蔵出しワインバー

5月25日(金)〜5月27日(日)の3日間、JR甲府駅北口よっちゃばれ広場にて2018春の蔵出しワインバーが開催されました。今年もたくさんのお客様が会場に足を運んでくれて、お好みのワインと美味しいおつまみ、音楽を楽しみながら過ごすとっても素敵なイベントになりました。
5月25日、27日は私と主人が、5月26日はスタッフの渡邊と細川がそれぞれブースでサービスさせていただき、たくさんのワインラヴァーの方々と触れ合う事が出来ました。私たちはスパークリング、白ワイン、赤ワイン、デザートワインと8種のワインをラインナップ!!リリース前の2017ハナミズキ・ブラン・キュベ・ニゴリグリも一足先にお出ししました!
IMG_1739.jpg


6月1日(金)〜3日(日)は蔵出しワインバーin 大阪が中之島公園中央公会堂前広場でも開催されます。
大阪でもたくさんの山梨のワイン、それに加えて関西のワインをお楽しみいただける楽しいイベントになりそうです!!
関西方面の皆さん!!是非足を運んでいただけると嬉しいです。大阪でも楽しく素敵なワインイベントになりますように。。。。
posted by ワイナリーマダム at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2018年05月26日

メーカーズディナー@レストランd(神楽坂)&メルシー会

本日は私たちもとっても楽しみにしていた神楽坂に去年オープンした話題のお店、レストランDさんでメーカーズディナー!!なんとなんと!!!今回はお店最大人数32名のゲストの皆さんをお迎えしてのワイン会、OVCメンバーさんや顔見知りのお客様も多くとってもアットホームで和やかな会になりました。
IMG_1710.jpg

まずスタートはかわいいグジェール&フリザンテで乾杯!
そして、ホワイトアスパラガスのブラマンジェ×奥野田ラマート
旬のホワイトアスパラのおいしさを思う存分堪能できるお料理。合わせたラマートは華やかな香りとドライな味わい、そしてアフターに奥行きを感じていただけるレストランのお料理に合わせていただきたい飲食店さん限定ワインです。

IMG_1711.jpg

ブイヤベースソースの中でボッシュした真鯛 フェンネルのソース×’16桜沢シャルドネ
魚介の旨味がギュッと詰まったソースと柔らかな真鯛、そして様々な食感が楽しいお料理は、デキャンタージュしてしっかりと香り、味わいを開かせたシャルドネを合わせて。。。。

IMG_1712.jpg

ベーコンとグリンピースのリゾット
驚くほどの旨味に富んだリゾットはシャルドネはもちろん、赤ワインに合わせても負けることなくとっても濃厚な味わい。

IMG_1713.jpg

鴨を包んだロールキャベツ モリーユ茸のソース
こちらにはスミレ・ルージュ、そしてワイナリーストックの2014HIYAKE VINEYARDを。。。

IMG_1714.jpg

本日は全8種類のワインをこの日のために池戸さんがテイスティングして、シェフがお料理のイメージを膨らませ作ってくれたスペシャルコースに合わせて楽しんでいただきました。本日満席でお客様は2フロア3つの島に分かれていましたがいろんなお席にお邪魔しながらワインや畑の話をさせていただき、とっても楽しい会でした。

IMG_1721.jpg

素晴らしいサービスでいつもみんなを楽しませてくれる池戸さん、そしておいしく楽しいフレンチのスペシャルコースを作ってくれた大谷シェフと。
お越しいただきましたゲストの皆様、本当にありがとうございました。

そしてこの日はその前に。。。なんと母校で恩師を囲んで同窓の皆さんとブランチとワインを楽しむ会を。。。
IMG_1736.JPG

昼間は大学の先輩であり、いつも秋のワイナリーイベントMaison de Vingeを一緒に開催しているcuicui主催の裕子さんがお料理をしてくれて4種の奥野田ワインと合わせる会をしました。恩師や同窓の方々に葡萄の品種やワイナリーについてわかりやすく説明したいと思い、今回は紙芝居形式で写真を色々使いながらワインについて説明させていただきました。(これが夜にも大活躍しました(笑)!!)今年卒業20年ぶりに訪れた母校、お世話になった恩師にワインを飲んでいただく機会が持てるなんて本当にうれしいことです。昼のメルシー会、夜のレストランDさんでのワイン会、一日を通して本当にお世話になったcuicuiの裕子さん、ありがとうございました!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2018年05月20日

八千代で楽しむ奥野田ワイン会/三重・松坂

三重県松坂にある老舗割烹旅館八千代さんで2日間に渡りメーカーズディナーをさせていただきました。
八千代さんはOVCメンバーで私達のワイナリーをいつも支えてくれている仲間のお兄様が営んでおり、会の開催に向けてご当主のお兄様も松坂からワイナリーに足を運んでいただき、打ち合わせをしたり、事前にすべてのワインをお試しいただいたりと丁寧に準備をしてくださり今回の会を実現する事が出来ました。

IMG_1555.jpg

歴史ある松坂の町に佇む八千代さんのこの建物はもともと明治末期に建てられた小津一統の小津孝之助の木造平屋建てのお屋敷で買い取ったとのこと。二階部分を増築、その後大広間の設置など数度の改築を経て現在に至っており、2016年8月、国登録有形文化財に指定されています。
2階には百畳間もあり、歴史と風格を感じさせる老舗旅館、今回は夜と翌日のランチ、2回のメーカーズディナーをさせていただき、41名の松坂のお客様と一緒に八千代さんの割烹料理と奥野田ワインのマリアージュを楽しませていただきました。
IMG_1565.jpg

先付/鱧切り落とし 梅肉 長野産桜桃
前菜/熨斗海老、蚕豆、食用ほうづき、破竹土佐煮、鮑
先吸物/白魚すまし仕立
乾杯の奥野田フリザンテ、奥野田ビアンコに合わせて美しいお料理を堪能させていただきました。お料理はどれも本当においしく、ワクワクが止まりません。この土地の豊かさを感じさせるお料理の数々。

IMG_1574.jpg

桜沢シャルドネ×鱧しゃぶ
丁寧に骨きりされた鱧のしゃぶしゃぶはお出汁に潜らせると花開き、とっても美味。関東ではなかなか食べられない憧れの食材!!鱧しゃぶは初体験でしたが本当においしくまた食べたい一品です。
もちろん桜沢シャルドネともピッタリ!

IMG_1568.jpg

造り/紀州かつお、辛子、たまり醤油
こちらは定番の奥野田ロッソに合わせて。。。
かつおが本当に新鮮で味わい深く、ロッソとの相性も抜群!!
IMG_1569.jpg

皆さんを驚かせたキンキの煮つけ!しかも一人1尾!!
美味しくほどける様に軟らかく煮たキンキはとっても甘やかでおいしく、甘やかな果実味が広がるスミレ・ルージュともピッタリです。概ねこの辺でおなかはかなり満足状態ですが、まだまだコースは続きます。

IMG_1573.jpg

しめ鯖、ホンマス筒切り塩焼き、そして松坂牛のローストビーフとお料理は続き、3点目の赤ワイン、ワインヴィーナスに合わせて。。。贅を尽くしたコースに皆さん感動の嵐でした。

IMG_1575.jpg

最後はさっぱりといちごと奥野田ドルチェを合わせて。。。。
IMG_1576.jpg

2日間に渡り松坂の皆様と素晴らしい和食コースと7種の奥野田ワインのマリアージュを楽しませていただきました。
第一回の開催ということでご当主の阪本さんご兄弟には本当にご尽力をいただき、松坂の豊かな食材を使った申し訳ないほどの素晴らしいお料理の数々と素敵なゲストの皆さんをご用意いただき、心温まる2日間でした。八千代さんで心づくしのおもてなしをいただき、この上ない感謝の気持ちでいっぱいです。
この情緒あふれる土地でご用意いただいた素敵な会がきっかけにワインが少しずつ広がり、一人でもワインラヴァーが増えてくれると嬉しいです。
八千代の皆様、メーカーズディナーにお越しいただきました松坂の皆様、本当にありがとうございました!!
またいつかこの地を訪ねて、皆様に再会できる日を楽しみにしております。

posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2018年05月18日

初夏を楽しむワイン会@とこわか/岐阜・中津川

今年で3回目になる岐阜県中津川にある日本料理とこわかさんとのコラボディナーを今年も開催する事が出来ました。昨年、一昨年は4月の会でしたので、今回は約1カ月ほど季節が進み初夏を感じる食材も取り入れていただきこの日限りのスペシャルコースを店主の早川さんに作っていただきました。

IMG_1551.JPG

お客様は昨年、一昨年に来ていただいた方も多く、今年はなんと会の開催決定後あっという間に満席に!!
3年目の今年は開催を待っていてくれるお客様がとても多く、本当にうれしいです!!
カウンターからは中庭が臨めるとても素敵なお店、夕暮れと共に会がスタートしました!!
まずは乾杯の奥野田フリザンテに合わせて先付の酒粕をテーマにした3種。
クリームチーズの酒粕漬け、酒粕のおかき揚げ、ウド土佐和え
IMG_1535.jpg

椀ものに合わせて奥野田ビアンコを。
初夏らしい焼き目を付けた若鮎と芽キャベツの柔らかい味わいが甲州を主体にしたワインにぴったり!!
IMG_1537.jpg

奥野田ロッソに合わせて、、、
カツオのたたき、伊先を雲丹醤油で。。。
イカは江胡麻油と塩で。。。
さすが奥野田ワインを知り尽くした早川さん!!最高のマリアージュでした!!
IMG_1539.jpg

スミレ・ルージュ・キュベ・エルヴァージュには雉と鴨のつくねを合わせて。。。
優しく滋味深い味わいです。
IMG_1541.jpg

ワインヴィーナス メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨンに合わせて猪のステーキを!!
急遽いい猪が入ったという事で香ばしく味わい深く焼き上げて出して頂きました。
しなやかな肉質の猪の甘い脂とワインが何とも溶け合い、素晴らしい美味しさでした。

IMG_1543.jpg

デザートは遊び心を利かせて、、、、
とこわかさん自慢の壷プリン(絶品!!)に奥野田ドルチェこのゆびとまれを直接かけていただきます。
カラメルよりも甘さ控えめ、大人のデザートの出来上がりです♪
IMG_1546.jpg

本日のワインたち。ロッソはとこわかさん秘蔵の2014ヴィンテージでした。
ワイン一つ一つの特徴と個性をしっかり引出し、楽しみませてくれるお料理とのマリアージュが最高でした。
3年間毎年来てくださっているお客様もいて私たちのワインととこわかさんのお料理の進化を見守ってくださっているようで温かい気持ちになりました。
IMG_5098.jpg

今回も素晴らしいお料理の数々を披露してくださり、私たちを楽しませてくれた店主の早川さんと!!
お客様も主人の話を楽しみに来てくださっている方もいて、楽しく和やかな時間がゆっくりと流れていきました。

今年も中津川でお会いできた皆様、店主の早川ご夫妻、いつもお世話になっている大鋸の登林さん、素敵な時間をご一緒いただきありがとうございます。

早川さんとはこれからも一緒に楽しくおいしい会を中津川でも、そして山梨でも企画したいと思っております。来年もこの場所で皆様にお会いできますように。。。。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会・メーカーズ・ディナー

2018年05月13日

2018奥野田ヴィンヤードクラブ〜5月新梢管理〜

5月12日(土)、13日(日)の2日間、2018奥野田ヴィンヤードクラブの皆さんに集まっていただき、新梢管理の座学とHIYAKE VINEYARDでの芽かき作業を行いました。
今年はOVCメンバーさんが過去最高197名いますので、作業日を2日間を設けました。毎年この芽かきの作業はその後のお楽しみがあるためか1年でも収穫に次いで人気のある作業日です。
IMG_1483.jpg

畑の中では3月に集まっていただいた時から景色が一変!!可愛らしい葉っぱと葡萄の赤ちゃんが顔をだし、畑全体を清々しく緑色に彩ってくれています。特に今年は例年よりも芽吹きが早くグングン成長しています。
IMG_1518.jpg

本日の芽かき作業は剪定で選んだ結果母子から出た必要のない芽を摘み取ってあげる作業で秋に実をつける芽を決定づける大変重要でデリケート且つ難しい作業です。出てきたすべての芽を使うのではなく、選抜した良い芽を残してあげることによって畑全体の生育が一定となり、良い葡萄が収穫できます。また数年先も見越しながら樹形全体も整えていきます。
芽かき作業は大変デリケートで難しい作業なので両日ともに座学はみっちり!!
IMG_1465.jpg

全体の座講を約1時間、その後一年生と上級生に分かれてさらに30分、いつもよりも少し長めで詳しい座講を行い、作業目的と作業手順を学んでいただきました。なにせ大切な芽は一度とってしまったら取り返しがつかないのですから(笑)

IMG_1485.jpg

皆さん長い座学で学んだことを頭に詰め込みながら、畑へ向かって作業に移ります。
今年の収穫と今後の樹形をも左右する大変難しく後戻りが出来ない作業ですので、スタッフがマンツーマン指導に当たります。今年は葡萄の成長が早く、例年よりも樹勢が強い年であることが予想されるためバランスをとるため芽かき作業は少し控えめ気味です。
IMG_1492.jpg

2名のスタッフの指導の下、メンバーさんはネームプレートが付いたMon Vigneの芽かき作業を行います。可愛い葉っぱをのぞかせ懸命に手を伸ばす葡萄の木、この時期ほど愛おしく感じるときはありません。

IMG_1495.jpg

摘み取った新梢たち。こちらは事前にスタッフが摘んだブドウの芽です。メンバーの皆さんはそれぞれ摘み取った自分の木の新梢をお持ち帰りしたりしています。

IMG_0763.JPG

お天気にも恵まれお越しいただいた全員が作業を終えてちょっと遅めのランチタイム突入!!
こちらは土曜日に集まってくれたメンバーさんたち!!
IMG_0765.JPG

日曜日のメンバーさんたち!
日曜日はお昼前から雨予報が出ていたため、作業を優先させて、作業の後に座学で復習!!この日も雨を避けながらお越しいただいたみんなが作業を終える事が出来ました。

IMG_1519.JPG

摘み取ったブドウの芽を天ぷらに!!
この時期、この場所限定の一年に一度のお楽しみです。
今年はシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨンの2種を食べ比べしていただきました。
皆さん、味わいの違いを感じていただけましたでしょうか??カベルネ・ソーヴィニヨンはこんな小さな時からカベルネだよ!!って表現している感じがあって本当に愛おしいですね!!

IMG_1502.jpg

本日のテイスティングワイン。
毎年天ぷらにハナミズキ・ブランを合わせるのが鉄板でしたが今年は残念ながら完売中の為、過去最高のおいしさと自負する(笑)奥野田ビアンコを。2016ヴィンテージはテンションあがる美しいオレンジの色調に仕上がっており、華やかな香りとキリッとドライな味わい、葡萄の皮の味わいをしっかり感じていただける余韻が心地よいワイン、天ぷらにもピッタリですね。
そして5月1日にリリースしたばかりの2016スミレ・ルージュ・キュベ・エルヴァージュ
メルロの柔らかい果実味としっとりとした奥行きある味わいが特徴の赤ワイン。柔らかくふくよかなメルロの味わいが心地よく、軽やかながらもしっかりとした余韻と旨味を楽しんでいただけるワインに仕上がっています。どちらも本当におすすめのワインです。
IMG_0762.JPG

恒例の記念写真。土曜日は珍しくガーデンテラスをバックに。
IMG_0766.JPG

日曜日にお越しいただいたメンバーの皆さんと。緑が美しいHIYAKE VINEYARDの前で。。。

2018OVCメンバーの皆さん、長ーい座学と新梢管理作業、お疲れ様でした。作業は大変難しいものですが、その作業の副産物として楽しめる摘み取った芽の天ぷら、何とも季節感を感じる味わいですよね。

次回の作業は6月、急斜面の中にあるシャルドネ畑での作業を予定しています。
葡萄は芽を出すと一気に目まぐるしく成長していき、スタッフも畑の中で奮闘する日々が続いていきます。
また次回、葡萄畑でお待ちしております。

posted by ワイナリーマダム at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ