2019年10月17日

台風19号の被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます

先週末日本各地を襲った台風19号、その被害の大きさにただただ驚くばかりです。
多くのお客様、関係者の方々からご心配のメールやお電話をいただき、心より感謝申し上げます。

幸い、奥野田ワイナリーは醸造場、ガーデンテラス、自社農園全てにおいて大きな被害は出ておらず、どうにか台風19号をやり過ごすことが出来ました。
通常ならばもっともお客様が多い10月ですが、交通網への影響はかなり深刻で中央道、中央線などが止まってしまっているため多くの方がご予定していた山梨入りを断念せざるを得ない状況が未だ続いています。
ただ、全国の被害の様子を思えば、まだまだ日常とは程遠い生活を強いられている方々も多く、一日も早く平穏な日常を取り戻して頂ける様祈るばかりです。

ワイナリーでは、スタッフみんなで今できることをコツコツと進めています。


IMG_6212.jpg

こちらは今年10/1にリリースしたばかりの2019奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜クリアボトルバージョンです。(通常はグリーンボトルでの販売になります)
白ワインなのですが、マセラシオンを丁寧に行っているためこうやって透明ボトルを積み上げると美しいオレンジの色調になっています。
IMG_6469.jpg

現在ワイナリーで販売させていただいている分はこちらのクリアボトルになりますので是非可愛らしい色調と共に2019年の恵みをお楽しみください。

日本全国の台風の被害を受けた皆様が一日も早く平穏な生活に戻れますように。。。
posted by ワイナリーマダム at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月08日

甲州仕込を終え、2019年の葡萄がすべてワインへの歩みを始めています

8月の中下旬から始まり、長いようで短い1ヵ月半の収穫仕込み期間。

IMG_6386.jpg

デラウェア、ミルズ、シャルドネ、マスカットベイリーA、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンと品種を変えながら仕込を繰り返してきて甲州でいよいよ最期を迎えました。

IMG_6382.jpg

契約農家さんの甲州畑。陽の光を受けて光り輝く甲州は本当に美しいです。
陽に透けた熟した葡萄の美しさはこの時期だけのお楽しみ。その美しい光景は疲れを吹き飛ばしてくれます。

IMG_6419.jpg

2019年の仕込は今年入った2名の新人スタッフが加わりやや賑やか。
新人スタッフの紹介はまた後日ゆっくりします。
2019年は例年に比べてとても厳しいヴィンテージになり、日照不足に加え春先から初夏にかけての雹の被害、そしてシャルドネの畑に関しては深刻な鳥獣被害と苦労の絶えない年でした。シャルドネは昨年比の4割減、また赤ワイン用品種に関してはやや着色障害も見られこれから歩むワインの道のりもなかなか厳しいものになりそうです。しかし皆さんに力を借りて畑の中で丁寧に手入れをし仕込をした葡萄はこの厳しいヴィンテージを勝ち抜き、生き残ったたくましい葡萄たち。そんな力強い葡萄がどのようなワインになっていくのかしっかりと道筋を整えてあげながら見守っていきたいと思います。
今年も本当にたくさんの皆様に関わっていただきこの最も忙しいシーズンを乗り越える事が出来ましたことを心より感謝します。2019年の気候と風、そして関わってくださったすべての皆さんの汗と思いを乗せて、味わい深いワインになってくれることと思いますので楽しみにしていてくださいね。
posted by ワイナリーマダム at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月02日

2020年度奥野田ヴィンヤードクラブメンバー募集!!

奥野田ワイナリーでは、カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培する自社農園「HIYAKE VINEYARD(ヒヤケヴィンヤード)」を舞台に2020年度一緒に活動をして下さる仲間を募集しています。
奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)は、畑の中で共に学び、共に作業し、季節を感じながらワインを楽しむクラブ活動です。
わたしたちと一緒に一年間活動して下さる楽しい仲間のご参加を心よりお待ちしております。
今までの活動の様子はこちら
IMG_6228.jpg

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 


2020年度奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)


OVCは、真冬の剪定から秋の収穫まで一年間私たちと一緒に圃場を舞台に活動するクラブです。
年間5回〜の作業日には葡萄の生育ステージにあわせて私たちが長年培ったノウハウを座学で学んでいただきしっかりと葡萄栽培についての知識を深めた後、実際に畑での作業を一緒に行っていただくプログラムです。
また、栽培、ワインの両面でのスキルアップ向上を目指し、ランチではその時もっとのお勧めのワインをセミナー形式でティスティングしていただきお料理とのマリアージュを通して、
ワインの楽しみ方も学んでいただきます。
栽培とワインというキーワードで、座学と実践を踏まえて一年間一緒に作業し、楽しみ、高めあうクラブ活動です。私たちと一緒にワインライフを楽しんでみませんか??


主な活動・特典
☆ご入会いただきました際には奥野田ヴィンヤードクラブ(OVC)会員証を発行いたします。
☆OVCメンバー様は日灼圃場メンバー様指定エリアの中からセレクトしたご自分の葡萄の木にネームプレートを付けていただくことができます。
☆葡萄の成長に合わせて年間5回〜の作業日を設け、座講、作業の両面から栽培知識を高めていただきます。
☆年間通して様々なイベントに特別価格で優先的に参加していただくことができます。
☆OVCメンバー様は年間通してワイン購入時に割引特典を設けております。
☆ご自分のネームプレートの付いた木から収穫した最高の1房をお持ち帰りいただけます。
☆収穫終了後にはOVC会員様限定の名前入り記念ワインをプレゼントさせていただきます。(1口1本)


栽培品種
カベルネ・ソーヴィニヨンを中心に奥野田ワイナリーが栽培するシャルドネ、
メルロ等のワイン用品種

クラブ年会費
お1人様1万円(初年度登録料別途1000円)
(1年毎の契約となり、入会時、または更新時のお支払いとなります。)

契約期間
2020年1月〜2020年末日

作業圃場
日灼圃場を中心とした奥野田ワイナリー自社農園
※作業スケジュールは2019年年末までにお知らせいたします。

お申し込み方法
2020OVCお申し込みフォームで承っております。
お名前(ローマ字表記もお知らせください)、郵便番号、ご住所、お電話番号、E-MAILアドレス、主な交通手段をお知らせください。
追ってご連絡させていただきます。

お申込み期日
2019年12月25日
定員になり次第、募集を終了しますのでお早めにお申し込みください。


楽しい仲間のご参加を心よりお待ちしております!!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
IMG_0437.jpg

2月剪定作業
IMG_1039.jpg

3月誘引作業
IMG_1485.jpg

5月芽かき作業
IMG_0769.JPG

6月シャルドネ花カス取り
IMG_1995.jpg

7月笠紙掛け作業
IMG_2952.jpg

9月OVCカベルネ・ソーヴィニヨン収穫会
IMG_0783.JPG

posted by ワイナリーマダム at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2019年10月01日

2019奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜

摘みたてデラウェアの味と香りをギュギュッとボトルに詰め込んだ自信作
「奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜」を今年もリリースしました♪
毎年10月1日にリリースしているこのワイン、2019ヴィンテージはデラウェアの蜂蜜を思わせるような果実味とさわやかな酸が心地よい、葡萄をそのままほおばっているかのような甘酸っぱいフレッシュな味わいをお楽しみいただけます。秋の訪れと共に是非飲んでいただきたいとってもチャーミングなワインです。
IMG_6380.jpg


2019奥野田ドルチェ
〜このゆびとまれ〜
価格 1600円(税込1760円)
生産本数約5300本
リリース日:2019年10月1日
甲州市収穫デラウェア100%
白/甘口  アルコール度:8.5%

※こちらの画像は数量限定のクリアボトルバージョンです。
通常はグリーンボトルでのお届けになります。
マセラシオンによりワインはややオレンジがかった色調になります。

大切に栽培された完熟デラウェアの持つ濃厚な甘みと豊かな酸味、果実の持つみずみずしさをそのまま瓶の中に封じ込めたミネラルたっぷりのおいしさをどうぞお楽しみください。
新酒の時期にいち早く皆様にお目見えする奥野田ドルチェはもちろん今お飲みいただいても十分おいしいですが、クリスマス、お正月を超えた時期から味わいがより馴染み、一層おいしく召し上がっていただけます。
また熟成させると徐々に黄金色に変わり、濃厚な蜂蜜のような味わいもお楽しみいただけます。
ワインのご注文、お問い合わせはお電話(0553-33-9988)、オンラインショップ、E-MAILで承っております!!
今年のデラウェアの仕込の様子はこちら!!
摘みたてデラウェアのふくよかな味と香りをどうぞお楽しみくださいませ!!



posted by ワイナリーマダム at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン

2019年09月23日

2018神田カベルネ収穫会

9月23日(月/祭)に2019年最後の自社農園収穫会、神田カベルネ収穫会をしました。
IMG_6262.jpg

9月7日のシャルドネ収獲会から始まった自社農園の収穫、メルロ収穫会、富士通ワインファーム収穫会、OVC収穫会を経て3週間にわたる収穫もこの日が最後です。
IMG_6282.jpg

最終日は今回の収穫の全日程の中で最も天気が不安定で台風におびえながら迎えました。電車が止まったり、台風の被害を大きく受けるような事態ではないもののお天気は朝から降ったりやんだり。。。でも驚く事に40名を超える皆さんが誰一人として欠けることなく集まってくれて私たちが本当に驚かされました。これはもう感謝以外何もありません!!
IMG_6277.jpg

お天気の様子をうかがいながら、みんなで一丸となって丁寧に収穫を進めていきます。
雨脚が少し強くなったときはみんなで大きなピンクの奥野田テントに入って収穫したり、、、こんな厳しい状況も楽しみながら収穫を進めてくれる皆さんのおおらかさに癒される場面が多々ありました。
IMG_6287.jpg

作業を進めていくうちに徐々に青空ものぞきはじめ、清々しい時間もありました。
IMG_6290.jpg

休憩中は雲の合間から除く空と畑の写真を撮ったり、いつものようにおやつをつまんだり。。。
IMG_6322.JPG

シャルドネ、メルロ、神田カベルネの全5回の収穫会では早朝に新潟の社長の先輩が送ってくれたおいしい新米のおにぎりを毎回50個、おやつのマダムピクルスとフレンチトースト、ランチの時には一足先に収穫したワイン用ブドウを使ったコンフィチュールを楽しんでいただきました。今年もたくさん作りましたが、美味しく食べてくれる皆さんの笑顔が何よりもうれしいです。
IMG_5057.jpg

過酷な状況下でしたがお昼過ぎには神田カベルネ・ソーヴィニヨン630キロの収穫を終えガーデンテラスに戻りお楽しみのランチタイム。はじめましての方もたくさんいましたが、みんな収獲を共にした楽しい仲間!!あっという間に打ち解けて楽しいランチタイムになりました。
IMG_6311.jpg

この日のグラスワインは奥野田ビアンコ&レスプリ ド ヒヤケ。
そしてその後は思い思いにお好みのワインをグラスで楽しんでいただき、収穫の疲れをいやすとともに仲間との語らいを楽しんでいただきました。
IMG_5053.jpg

長いようで短かった自社農園の収穫、3週間全7日間で350名以上の素晴らしい仲間が収穫のお手伝いをしてくれました。3週間、収穫仕込みメドレーが続き体力的には疲れもたまってきていましたが、毎週末お会いできるたくさんの素敵な方々に癒され、元気をもらいながらどうにか今年も乗り切る事が出来ました。また今年も中心になって収穫を引っ張ってくれたOVCの熟練メンバーさんの大きな支えをいただき、収穫最終日を無事迎える事が出来ました。

畑に集い、汗を流し、同じ時間を過ごし、そして一緒に収穫の喜びを分かち合ってくれた多くの仲間に心より感謝です。決して恵まれたヴィンテージではありませんでしたが、皆様一人一人の愛情を受けた葡萄がどんな味わいに醸されるのか。。。再び奥野田に集い、この3週間を思い起こしながら味わうワインの味はヴィンテージの良い悪いなんて言うものを越えてきっと格別なものになるに違いありません。
2019年の収獲を支えてくださったすべての皆様、本当にありがとうございました!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告

2019年09月22日

2019奥野田ヴィンヤードクラブ収獲会

9月22日(日)、2019年度奥野田ヴィンヤードクラブ収獲会を開催しました。
IMG_5035.jpg

今年で11年目になる奥野田ヴィンヤードクラブの活動ですが、200人以上の仲間に恵まれ今年一年間を歩んできました。今年も2月の剪定から葡萄の生育ステージに合わせて畑で学び作業をしてきたメンバーの皆さん、剪定、誘引、芽かき、シャルドネの花カス取り、傘紙掛けそして、ようやく収穫の時を迎えました。本日はなんと97人ものメンバーさんが収穫に集まってくれました。

IMG_6238.jpg

一年間作業をしてきたセラー前の垣根畑、HIYAKE VINEYARDではカベルネ・ソーヴィニヨンたちがお出迎え。2019ヴィンテージは日照不足などの原因により例年よりも色付きがあまり良くなく、出来栄えとしてはやや厳しい年となりましたが、それでもこの畑に関しては病果もなく、皆さん一目散にご自分の木に駆け寄っていきました。
IMG_6242.jpg

OVCではメンバーさん一人一人自分の木があり、この日はその木の中の最高の一房をプレゼント!!
大事に育ててきた自分の木は愛しさもあり、皆さんどのかわいい房を連れて帰ろうか。。。思いめぐらせながら収穫を楽しんでいました。見てるこちらも幸せな気持ちになります。
IMG_6253.jpg

ご自分の木の収穫を終え、本日連れて帰る愛しいカベルネ・ソーヴィニヨンを選んだあとは畑全体の収穫作業を行います。畑に入る前にはスタッフからはさみの使い方や管理方法、収穫や葡萄の手入れの仕方、収穫籠への葡萄の詰め方等の説明を行い、みんなで精度の高い収穫を目指して作業を進めます!!

IMG_6255.jpg

台風が接近していてお天気も不安でしたが、そこは日ごろから行いが良いメンバーさん、一日を通して雨に降られることもなく順調に収穫が進んでいきました。

IMG_6254.jpg

みんなが集中して畑の中が静まり返る瞬間。畑の中に90人以上いるなんてウソみたいに静かな瞬間があります。
IMG_6256.jpg

そして本日OVCのメンバーさんみんなで1300キロのカベルネ・ソーヴィニヨンを収穫!!昨日の富士通さんと合わせてHIYAKE VINEYARD全体で2100キロの収穫が出来ました。皆さん本当にありがとうございました!!厳しいヴィンテージで葡萄の色付きは完ぺきとは言えませんでしたがそれでも病果などが無くしっかりと収穫量が得られて今年の自社農園では一番の成績となりました。
IMG_6321.JPG

作業の後はお楽しみのランチタイム。
ガーデンテラス定員オーバーの人数でしたが一年間一緒に過ごしてきた仲間たち、みんな仲良く、和気あいあいとテーブルを囲みワインと食事を楽しんでくれました。
IMG_6310.jpg

本日のグラスワインは軽やかな濁りの赤スパークリングの奥野田ベリザンテ。そして本日収穫したHIYAKE VINEYARDからもたらされたワイン、L'esprit de HIYAKE。

IMG_6257.jpg

そしてお弁当に加えてワインに合わせて今年収穫したカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネを煮詰めて造ったコンフチュールも召し上がっていただきました。

たくさんの素敵なメンバーと共に迎えた2019VT、皆さんと収穫した葡萄がワインになってお目見えするのは約2年後以降、どんな味わいを奏でてくれるのか今から楽しみでなりません。決して恵まれた素晴らしい年ではありませんでしたが、皆様に摘み取っていただいた葡萄一粒一粒の味わいをしっかりと楽しんでいただけるような味わい深いワインに仕上げていきたいと思います。
次のOVCの活動は2か月後のお疲れ様会。ちょっと期間が空いてさみしくなりますが(笑)また次回、元気な皆さんのお顔を拝見できるのを心待ちにしています。
今年で11年目になるOVCですが、何年もにわたって私たちを支えてくださっているメンバーさんがたくさんいます。巡ってくるヴィンテージごとに忘れがたい思い出があり、その年その年の気候や思いがワインになります。畑での時間を共にした仲間とまたこのヴィンテージを振り返りながらグラスを傾ける日を心待ちにしています。
OVCの皆さん、収穫お疲れ様でした。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野田ヴィンヤードクラブ

2019年09月21日

2019富士通ワインファーム収穫会

9月21日(土)、今年で10年目の活動となる富士通ワインファーム収穫会を迎えました。
IMG_6228.jpg

2019年は厳しいヴィンテージで、日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨンも病果はほとんどないものの例年に比べると色調が真っ黒々とはいかず今一歩。
IMG_6225.jpg

台風の接近でお天気も心配でしたが、どうにか持ちこたえ過ごしやすい収穫日和に恵まれました。
最初はまず収穫はさみの注意点や使い方、収穫の仕方をスタッフから詳しく説明、その後畑に入って収穫作業に移ります。
IMG_6230.jpg

今年も畑を見守ってくれた富士通さんのフィールドサーバーがある富士通ワインファームエリアから早速収穫スタート!!一房一房丁寧に収穫して、葡萄を眺め、丁寧に病果や青玉を除去し収穫カゴに入れていきます。
IMG_6234.jpg

この日は気温も上がらず収穫作業もすいすいと捗ります。富士通ワインファームエリアを含む日灼圃場のカベルネ・ソーヴィニヨン約800キロを集まってくれた約50名の富士通社員の皆さんに収穫していただきました。

IMG_5028.jpg

作業の後はお楽しみのランチタイム。お弁当とカベルネのコンフィチュール、そしてグラスワインをみんなで楽しみました。
IMG_5019.jpg

本日参加してくださった富士通の皆さんとHIYAKE VINEYARDの前で記念撮影。
今年も富士通の皆さんとこうして素敵な一日が過ごせたことに感謝しつつ、収穫してくれたカベルネ・ソーヴィニヨンを美味しいワインに醸してお届けできる様丁寧にお世話を重ねていきたいともいます。
富士通の皆様、本当にお疲れ様でした。
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 富士通GP2020ワインファーム

2019年09月15日

2019メルロ収穫会

9月14日(土)、15日(日)の2日間に渡り、自社農園神田圃場のメルロ収穫会を行いました。
IMG_6145.jpg

私たちの自社農園で最も広い面積を誇る神田圃場はメルロとカベルネ・ソーヴィニヨン2種のワイン用ブドウを栽培していて、この2日間は面積の約3分の2を占めるメルロを約85名の集まってくださった皆さんと一緒に収穫しました。
IMG_6164.jpg

9月半ばだというのに真夏のような強い日差しが照りつける中での厳しい収穫となりましたが、空の青さや時折吹くさわやかな風に秋の気配もしっかり感じられる2日間でした。
IMG_6172.jpg

集まってくださった順番に畑の説明や収獲はさみの貸し出しと注意点やお願い、その後は実際に畑の中でどのように葡萄を収穫するか、どのように収穫カゴに葡萄を詰めていくかを説明して収穫作業に取り掛かります。
IMG_6180.jpg

たくさんの方々に楽しくそして大切に育ててきた葡萄を最高の状態で収穫していただき、出来る限りおいしいワインに仕上げるために大切なことを丁寧に伝えていきます。

IMG_6152.jpg

今年は春先からの日照不足も影響し着色も完ぺきとは言えず、また病気や虫の被害も畑全体には見受けられます。一房一房丁寧に手入れをしていただき、健全で美しい葡萄のみ収穫カゴに入れるというのはとても大変で根気のいる作業。でもこんな立派なきれいな房を見つけると疲れが吹き飛びますね。
IMG_6169.jpg

初めての方も何度も収穫に来てくださっている方も入り混じっての収穫。私たちたった5人(今年増員!!)のワイナリーの収穫を支えてくれているのは長く私たちの栽培や収穫を支援してくれているお客様の存在で、暑さの中みんな声を掛け合い、時には初めての方にベテランのお客様が収穫のアドバイスをしたりと作業は大変ですが、とても楽しく充実した時間が過ぎていきます。

IMG_6175.jpg

途中休憩を取りながら作業を進めていきます。皆さんおやつをつまんだり、水分補給したり、おしゃべりしたり。。。。そして美しい垣根畑をぼんやり眺めたり。。。
IMG_6194.jpg

2日間で約1.7トンのメルロの収穫が出来ました。例年よりもかなり少ない収穫量となりましたが、お手伝いをいただきました皆様が一房一房丁寧に手入れをしながら収穫してくださったメルロを私たちも大切に醸していきたいと思います。
collage.jpg

収獲会のお楽しみ。おにぎりやおやつ、ランチワインやおつまみのご紹介。
【おにぎり】
おにぎりは朝早くに集合してくれる皆さんのために。中村の大学の先輩が栽培した特別栽培米のコシイブキの新米を収穫に間に合うようにと送ってくれます。新鮮なお米で握るおにぎりはそれだけで最高!!今年は収穫会の度に毎朝50個くらい握っているのでそろそろおにぎりマスターになれそう!!(笑)
【ピクルス】
収獲会の定番、マダムピクルス。毎年収穫会の度ごとに作っているカラフルピクルスはさわやかな酸味と優しい甘さで水分補給にもなりますし、疲れた体を癒してくれますよ。(多分(笑))
【フレンチトースト】
思いのほか人気だったので今年はフレンチトーストも作ってみました。
おやつにぴったり!!
【ランチワイン】
ランチタイムのランチワインは奥野田フリザンテ&スミレ・ルージュ
【コンフィチュール】
前の週に収穫したシャルドネのコンフィチュールをチーズに添えて。ランチタイムにワインに合わせて。。。。

IMG_4977.jpg
IMG_4986.jpg

9月14日メルロ収穫会を支えてくれた皆さん。


IMG_4994.jpg
IMG_5007.jpg

9月15日メルロ収穫会を支えてくれた皆さん。


自社農園メルロ収穫会にご参加いただきました皆さん、お疲れ様でした。
厳しい暑さの中での収穫作業でしたが集まってくれた仲間が本当に素晴らしく、スタッフみんなそろそろ疲れもピークなのですが皆様の温かいご支援に癒されるとってもハッピーな2日間でした。
皆さんと一緒に摘み取ったメルロは丁寧に一つ一つの作業を重ね、厳しいヴィンテージの葡萄ではありますが味わい深いワインに仕上げていきます。
収獲の喜びと共に出来上がったワインの味わいも皆さんと分かち合う事が出来ますように。。。
ありがとうございました!!
posted by ワイナリーマダム at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告

2019年09月13日

2019奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜ご予約承り中!!

いち早く2019ヴィンテージのおいしさをお届けします♡
夏の太陽をたっぷりと浴びた完熟デラウェア葡萄の搾りたて果汁のさわやかな甘みと
フルーティな香りをボトルに閉じ込めた自信作「奥野田ドルチェ〜このゆびとまれ〜」は、
2019ヴィンテージも10月1日発売予定です!!
このゆびとまれ2019小.jpg

2019OKUNOTADOLCE
〜このゆびとまれ〜
1,600円(税別)
内容量 720ml 
アルコール度数 8.5%
甲州市収穫デラウェア100%
白/甘口
発売日:2019年10月1日


大切に育てた種ありデラウェア葡萄を100%使い、自然の恵みをたっぷり受けた摘みたての味と香りをボトルに閉じ込め、フレッシュな酸と蜂蜜を思わせるような濃厚な甘みのワインに仕上げて皆様にお届けいたします。
まるでぶどうをそのままほおばっているかのようなフルーティーな香りと味わいを今年もご堪能ください。
2019VTデラウェア仕込みの様子はこちら
【ご注文、ご予約方法】
オンラインショップFAX(0553-33-9977)でお願いします。
もちろん現在販売中の他のワインと一緒にご注文、発送させていただくことが可能です。

●オンラインショップ、FAXから代金引換のご注文の場合…出荷準備が整い次第発送させていただきます。
●オンラインショップからクレジット決済ご希望の場合…クレジット決済ご請求書をお送りいたします。決済確認後、出荷の準備が整い次第ワインを発送させていただきます。9/25までのご予約、9/28までに決済を頂けた場合は9月出荷となります。それ以降は10月からの増税に伴い消費税10%での発送となります。

今年も秋の訪れと共に夏の太陽の恵みをたっぷり受けた自然なおいしさをじっくりとお楽しみください♪
posted by ワイナリーマダム at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイナリーからのお知らせ

2019年09月08日

2019シャルドネ収獲会

9月7日(土)、8日(日)の2日間にかけて自社農園桜沢圃場、長門原圃場のシャルドネ収獲会を行いました。
IMG_6013.jpg

急斜面にあるとっても日当たりのよい二つの垣根のシャルドネ畑は樹齢が20年を超え、毎年この斜面の特徴的な味わいを奏でてくれる私たちにとってもとっても思い入れのある畑です。
IMG_6022.jpg

2日間で約90名の皆さんに集まっていただき、シャルドネの収穫をしました。
畑では朝日を浴びたシャルドネが続々と集まってくれる皆さんをお出迎え。
IMG_6025.jpg

集まってくれた方からはさみの説明や今年の葡萄栽培について、収穫の詳しい手順や注意点などスタッフの説明を受け、畑に入って収穫作業を進めていきます。
IMG_6020.jpg

今年は春先から初夏にかけての雹の被害や梅雨明け前の日照不足など中々に難しいヴィンテージだったのに加え、この斜面は数年前から鳥獣被害に悩まされていて懸命に対策をしているものの今年の被害はかなり深刻でした。何者かに食べられてしまい、房ごとあきらめなければならない葡萄もあちらこちらに。。。。
IMG_6032.jpg

9月とは思えない暑さの中、病果を取り除き、房を丁寧にチェックしながら収穫を進めていきます。
畑の中でみんなが葡萄と向き合い、静まり返る瞬間が何とも神聖で心地よいです。
IMG_6029.jpg

厳しいヴィンテージではあるもののかごに入る葡萄は皆さんが丁寧にお手入れをしてくれた健全果のみ。
全く陽を避ける場所が無い垣根畑の作業はとっても過酷で、お昼を過ぎると地温も上がり、休憩を取りながら作業を進めていきます。
IMG_6036.jpg

そんな中でも美しく輝くシャルドネを愛おしく思ったり、その葡萄越しに広がる景色を楽しんだり時折爽やかに吹く風を感じたり。。。ここだけでしか味わえない瞬間に癒されたりします。
IMG_6091.jpg

作業の合間の休憩時間もお楽しみのひと時。みんなで集まって情報交換したり、水分補給したり、お菓子を食べたり、シャーベット食べたり。。。。 
IMG_6090.jpg

そして収獲会限定のマダムピクルスをつまんだり。。。。毎年ホントにたくさん食べてくれるこのピクルスはキュウリやニンジン、大根、パプリカ、オリーブやコリンキーなども加えて彩りよく作る奥野田名物(笑)
毎年収獲シーズンに10キロ以上仕込んでおやつに召し上がっていただいています。

IMG_6088.jpg

真夏のような厳しい暑さの中丁寧な収獲をしてくれて両日ともに色々なおやつを挟みながら収穫作業は13時過ぎまで続きました。90人もの仲間の手を借りて収穫したシャルドネは2日間で3トン。
例年よりもかなり少なめな収獲となりましたが、丁寧に病果や獣害を受けた葡萄を取り除き、美しい葡萄のみで仕込が出来るのはご支援いただいた皆さんのお陰です。
IMG_4936.jpg

7日にお越しいただきました50名の皆さんと桜沢圃場で記念撮影。
この日は暑さに加え、桜沢圃場のシャルドネを全て収穫後、そこから徒歩7分ほどの長門原圃場に移動して収穫するというとても大変な一日でした。
IMG_4960.jpg

8日にお越しいただいた約40名の皆さんと長門原圃場で記念撮影。
やはり暑い中での厳しい作業でしたが、前日からご支援いただいている有志の皆さんを中心に、収穫精度を高めながら楽しくそしてスピーディーに作業を進めていきました。正午近くにはあまりの暑さに心が折れそうになりながらもシャーベットで元気を回復して収穫を終えることが出来ました。
IMG_6063.jpg

作業の後はワイナリーのガーデンテラスに戻り、お楽しみのランチタイム。
美味しいお弁当と一緒に召し上がっていただくのは収穫したシャルドネにまつわるワインたち。
2018奥野田ビアンコはデラウェア中心の奥野田のスタンダードな白ワイン。シャルドネが味わいをしっかりと下支えしてくれてさわやかな味わいながらもその奥に旨味を感じていただける白ワインに仕上がっています。
そして2017桜沢シャルドネ。本日収穫してくれた自社農園からもたらされたシャルドネのみを使い樽発酵で仕上げたワイナリー自慢に1本。リリース時から比べると味わいのバランスが整い、果実味とこの斜面のシャルドネ特有の白い石のような香り、ミネラル感、樽由来の香ばしさや複雑さと奥行きを感じる味わい深いワインになってきています。作業を共にした仲間と思いをはせながらワインを飲むのは最高ですね。
IMG_6096.jpg

そして一足先に収穫したシャルドネで今年も僅かですがコンフィチュールを作り、まずは収穫に来てくださった皆さんにお披露目!!バケットにクリームチーズを塗ってコンフィチュールをのせて。。。
ワインのおつまみとしても最高です。こちらも毎年収穫会のお楽しみです。
IMG_4951.jpg

IMG_4965.jpg

シャルドネ収獲会にお越しいただきました90名の皆様、本当に有難うござました。
こんなにたくさんの方々がご支援いただき、なかなか厳しいヴィンテージでの収穫でしたが丁寧な作業のお陰で自社農園全てのシャルドネを収穫する事が出来ました。
翌日皆さんに収穫していただいたシャルドネは無事仕込みを終え、今はタンクの中でワインへの歩みを始めています。そして今週末のメルロ収穫会では樽詰めを終え、セラーの中で発酵を始めている予定です。
ワインになって皆さんにお楽しみいただける日はまだ先ですが、いつかまた一緒に収穫の日のことを振り返りながらグラスを傾ける日が来ることを願って。。。。
ありがとうございました!!
posted by ワイナリーマダム at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自社農園・ワイナリーでのイベント報告